みなかみ町の最近のブログ記事

先日、鳥居に茅の輪が飾られているのを見に来た村主八幡神社ですが、

その鳥居の脇に、見事な欅がありました。村主の大欅と書かれています。

202107131.jpg

樹のサイズが石に書かれていましたが、なんだかもっと大きいような

気がします。

202107132.jpg

石に刻まれた大欅の紹介文をUPにしました。 なるほどぉ。

樹齢600年、すごいですね。尺貫法が行われている時なので、

書かれてから50年以上は経っているのでしょうね。

20210713.jpg

根元には、大きなコブのようなものがあり、この樹が自ら修復した

のかもしれません。樹の持つエネルギーが推し量られます。

202107133.jpg

社殿の方から見ると、枝が大きく広がっているのがわかります。

しかも大きい! 見事です。寄らば大樹の陰というけれど、

大きな樹の下には、何か安心感があります、カミナリの時以外はね。

この樹にまた会いに来ることにします。

202107134.jpg

webセミナー

| コメント(2)

先日商工会からwebセミナーのお知らせチラシが送られてきました。

みなかみ町は、あまりこういうものが来ないので、珍しいです。

今はオンラインで見聞きする事が出来るようになったので、出かけなくても

自分の聞きたい事、知りたい事を選べるので、ありがたいです。しかも

時間も都合の良い時間で聞くことが出来るようになっているので、それも

助かります。項目をチェックして、色々聞いてみたいです。

202107121.jpg

伊賀野の花畑

| コメント(2)

国道17号線を新潟方面に向かって右の山間に伊賀野という所が

あります。もう何年も前に、そこに住む電設会社の社長さんが

農作放棄地を借りてほうき草(コキア)を一面に植えました。

コキアは、緑の頃は丸くて可愛く、秋には赤や濃いピンクに紅葉して

ずっと楽しめます。地域の方々も喜んで他の花を植えたり草刈りを

して、その地区全体で楽しまれるようになりました。今年はそこで

4日に七夕祭りが行われ、明日11日には、イベントもあるようです。

202107101.jpg

先日写真を撮りに行ったら、草刈りを一休みしていた方から下の

チラシをいただきました。昼間は鳥の声しか聞こえない山間に

楽しい音楽と人の声が響くことでしょう。お天気に恵まれ密にならず

皆様が楽しめますように。

202107102.jpg

村主神社

| コメント(2)

7月のみなかみ町の広報に載っていた村主神社の記事です。

車で5分位の場所にありますが、今まで行ったことがありませんでした。

202107091.jpg

一礼して、参拝させていただきました。もう茅の輪の色が変わって

いたので、設置されたのは、春だったのかもしれません。

お昼近かったので、太陽が上からさして明るい社殿でした。鬱蒼とした

雰囲気が多い中で、ちょっと安心感のある神社です。

202107092.jpg

村主という地名の八幡神社なのですね。いつも村主神社と言っていたのは、

通称ですね。

202107093.jpg

明るい社殿は、ガラス戸もピカピカで、手入れが行き届いているようです。

地元愛かな? (笑

202107094.jpg

ここには、八幡社とあります。 金の葵の御紋が・・・由緒ありそうですね。

名胡桃城が近くにあり、名胡桃の総鎮守である、と、鳥居の脇に書いて

ありました。

202107095.jpg

太々神楽の舞台もやっぱり立派でした。秋には地元の方々の神楽が

奉納されるのでしょうね。家からホントに近い所で新名所発見でした。

町の広報のおかげで、私の狭い視野も広がりました。ありがたいです。

202107096.jpg

田んぼのカモ

| コメント(2)

今年も近くの田んぼにカモがやってきました。いつもいるのではなくて、

どこからか、朝夕飛んできます。去年初めて見たのですが、今年も同じように

6羽のご一行さまです。この田んぼは、田植えが他より遅いので奥に見える苗

よりずっと小さく、カモがエサを取るのにちょうど良いのでしょうか、でも

それをどうやって知るのか不思議ですね。カモにも備わったSNSがあるのかな?

202107071.jpg

朝ちょうど通りかかったら、いたので車の中からそっと撮りました。遠いので

トリミングしました。3羽ともちょっと警戒してますね。

202107072.jpg

でも車から降りなかったので、安心してまたお食事。去年は一眼を構えたら

みんな飛び去ってしまったので、気の毒でした。脅かさないようにそっと

見守りたいです。

202107073.jpg

みなかみ町のノルンスキー場で、毎年行われている「すいせんまつり」が今日から

始まります。今年は、お花だけでなくいろんな企画もあって、10月31日までと、

期間も長いです。

202104171.jpg

バーベキューも出来るようですね。すいせんが見ごろの頃は、リフトで上空から

楽しんで、またゆっくりと身近で見ながら散策コースを降りてくると二重に満喫出来ます。

202104172.jpg

花苗の販売もしていて、しっかりとした苗を少しお安く買うことが出来ます。

様々な花は、見ているだけでも楽しいです。

202104173.jpg

今年は、初めてトロールが登場。ノルンスキー場に実際には居ないでしょうけど、

北欧の伝説では、何か物がなくなったら、トロールがどこかに隠した、とも

言われているようなので、こうした宝探しになったのでしょうか。

安全に安心して、自然の中で楽しんでいただけると良いですね。

202104174.jpg

みなかみ町に新しく珍しい料理を提供する食堂が出来ました。

その名も「お山の食堂 たんとくわっさい」、ジビエ料理のお店です。

今、都市でも人気のジビエ料理、ヘルシーなことが一番の理由ですね。

みなかみ町では、猟師の方も多くいらっしゃるので、まさに産地?です。

店主で料理長の阿部さんは、鉄砲撃ち。その手で仕留めたからこそ、無駄なく

丁寧にすべてを活かすべく、美味しく調理して提供してくれています。

と、あたかも食べてきたような事を申しておりますが、これは、娘の受け売り。

肉好きな娘が、お友達とその味覚を堪能してきたと、写真だけくれましたmmm

そしてこれはパテ。永遠に食べ続けていたいくらい美味しいとか、お友達は、

リスのように両方のほっぺたに入れておきたい、と言っていたそうです。

202104121.jpg

何はともあれ、みなかみの名店の一つになっていくのは間違いないです。

良いお店が出来るのは何より嬉しいことですね。

202104122.jpg

ワクチン接種

| コメント(2)

みなかみ町から新型コロナワクチン接種のお知らせが配られました。

高齢者なので、4月頃には、クーポン券が送られてくることでしょう。

かかりつけ医に聞いたところ、現在治療中のものとワクチンの副作用は、

無いそうで、受けても差し支えないとの事でした。ただし本人の意思が

あれば、ですね。元気になって、仕事に復帰出来た時には、人に接する機会が

多いので、注射は嫌いだけど受ける必要がありますね。無料ですから、

ありがたいことです。

202103111.jpg

広報の表紙に

| コメント(2)

毎月1日と15日に配られるみなかみ町の広報誌、3月1日号の表紙は、

先日ご紹介したプロの写真家が撮った竹灯籠でした。竹灯籠のイベントは、

日枝神社、たくみの里の熊野神社、湯宿温泉の3ヶ所で行われました。私は

残念ながら、日枝神社しか見ることが出来なかったのですが、この熊野神社が

一番人気の場所だったそうです。これを見ると、確かにね~ と思います。

こうして町中の人に見ていただけることが出来て、ボランティア精神だけで

関わって来た実行委員の人たちも報われますね。何だかありがたかったです。

202103101.jpg

先週の土曜日まで16日間開催されていた「かがようあかり竹灯籠」

ですが、私は2月22日(月曜)にやっと見に行ってきました。

猿ヶ京温泉の日枝神社は、境内に入ったことが無かったので、

どのような道がわからなかったのですが、このように神社まで

明かりで案内してありました。

202103041.jpg

左右からの明かりで、木の根が出て歩きずらい所も、杖を必要とする

私には、安心でした。ありがたいです。

奥に見える竹灯籠への嬉しいいざないとなります。

202103042.jpg

これは、なんでしょう。丸太をくり抜いて明かりを入れ、はめ込んだ

ガラス玉で、ほのかな色どりを出しています。周りの光も綺麗です。

202103043.jpg

こちらが全体。倒れず、折れない程度に入れた切込みが放射状に

光を放っていました。こんな道案内もオシャレですね。

訪れる人のためにした工夫に、心が籠っていると感じました。

202103044.jpg

ちょっと引いてスマホで撮ったら、人が写っていました。誰かと

思ったら、連れていってくれた主人でした。私を先に下して駐車場

からいつの間にか到着。明かりに見とれて、つい夢中になっていた

という訳ですね(笑;

立っているのが不安定で、まだ一眼を使えませんが、美しい明かりを

しっかりと目に焼き付けてきました。

202103045.jpg

水上・雪松

| コメント(2)

先日、知り合いから餃子をいただきました。水上の雪松というお店のものです。

自宅から車で20分位のところにあるのですが、私はぜんぜん知りませんでした。

ところが、これが全国区! 昨年東京の町田市に住んでいる娘から「雪松の

チラシが新聞に入っている」とラインがありました。娘と孫5人のライングループは

4人が群馬県内に住んでいるのに、知っていたのは一人だけ。ホントに小さなお店

だそうですが、冷凍で発送をしたところ全国に広まったとか。販売の手法がいかに

変わったか、を思い知らされました。

202103021.jpg

いただきものなので、金額はわかりませんが、1パック18個入りでした。

皮がモチモチしてとても美味しかったです。知らないところに名店有り、ですね。

今度は水上のお店を探して行ってみたいと思います。ごちそうさまでした^-^

202103022.jpg

プロの腕前

| コメント(2)

みなかみ町のプロの写真家、daisuke_matsuda_sasukeさんの作品を

掲載許可いただき、投稿させてもらいました。美しいですねー

IMG_0105600.jpg

上の写真が、左。こちらが右の顔部分です。光輝いています。

IMG_0101600.jpg

その上がこちら、右鳳凰の羽の部分。

IMG_0100600.jpg

これは、なんと可愛い。かぐや姫ですね。竹の光る所を切ったら・・・まさに

こんな感じだったかもしれませんね。daisuke_matsuda_sasukeさんは、この

サイトで額装を販売していて、みなかみ町の風景が手に取るように楽しめます。

地元愛ですね。

IMG_0102600.jpg

黒のパッケージに雪の谷川岳を銀で描いています。オシャレですよね。

みなかみ町が誇る店の一つ、育風堂精肉店さんが作った雪サラミと言います。

育風堂さんは、生ハムが有名ですが、このサラミも人気が高まってきてTVで

紹介されてからは、中々入手困難になっています。しっかりと時間をかけて

作っているからですね。

IMG_5560600.jpg

雪サラミの雪の所以は、この周りの白さにあるようです。パックの中の薄皮を

剥くとこの白は、無くなりますが、熟成されて染み出した塩分が水おしろいの

ようになって、サラミを綺麗にお化粧してくれています。薄く切って口に

含むと、まろやかな塩味と粒コショウの刺激がサラミ独特の味を引き立てます。

IMG_5562600.jpg

実はこれ、もうとっくにいただいてしまったのですが、育風堂さんのご厚意で

分けてもらったので、今頃のご紹介となりました。

生ハムのハモンみなかみといい、雪サラミといい、この他にもソーセージや

絶品のコンビーフも育風堂の若いご当主が、肉のうまみを追求して作りました。

谷川岳から吹き下ろす冷たい風と、利根川源流の水の美味しさを肉の味に

しっかり込めた職人技です。

IMG_5563600.jpg

みなかみキャンドルナイト冬至2019が、12月21日(土)開かれます。

17時からで、場所は上越クリスタルという老舗のガラス工場です。

みなかみ町観光協会のイベント情報は、こちらです。その一部から

【イベント内容】
・エコキャンドル作り(300円)
・サンドブラスト体験(500円~)
・飲食コーナーやレストランも営業します
 (レストラン:17:00~(ラストオーダー18:30)、飲食コーナー 17:00~20:00)

 飲食コーナーではびーどろ内のカフェのほかに地元のパン屋さん、

 タルト屋さんが出店予定です。
・お楽しみ抽選会(詳細は当日発表します)やその他楽しい企画もご用意しています!
・世界のガラスの歴史が学べるガラスアート美術館がこの日だけ入場無料!
・地ビールも販売します!

あまり寒くならず、たくさんのお客様が楽しめますように。

写真は、みなかみ町観光協会のイベント情報からお借りしました。

candlenight600.jpg

ふるキラフェスと題して何回かご紹介してきましたが、8月31日から

たくみの里をメイン会場として行われる

花と緑のぐんまづくり:ふるさとキラキラフェスティバルの会場内容を含む

チラシが出来、住民に配布されました。

hanatomidorino20191600.jpg

長期に渡ってイベントが行われ、どのように展開されるのか、ドキドキです。

hanatomidori2019ura600.jpg

こちらは、中央がたくみの里のマップになっていて、見開きが大きかったので、

クリックしていただくと大きい画像になります。右端の✖をクリックすると元の

サイズに戻ります。竹灯籠の写真も載っていますね。七宝焼の家の大堀由里が

発案してみなさまの協力の元、飾られる予定です。楽しみですね。

hanatomidorinakamatome1200.jpg

尚、ブログは明日から8月末までお休みさせていただきます。実店舗の繁忙期と

群馬の名物?カミナリ様のお出ましシーズンになる為、PCを開いている時間に

限りが出てきてしまうためです。再開いたしましたら、また是非ご覧いただけると

大変ありがたいです。よろしくお願いいたします。暑さの折りお体大切にお過ごし

ください。

4月、GWの前にノルンスキー場に行ってきました。スキー場の

シーズンは終わって、水仙まつりが開かれたところです。

IMG_4500600.JPG

寄せ植えのオブジェ。オシャレです。水仙まつりは、5月19日までやっています。

IMG_4501600.JPG

水仙はまだでしたが、この斜面いっぱいに咲くことになります。ライトアップや

キャンドルも並べられ、とても見事です。

花苗の販売もしているので、買ってきました。良い苗なので、早くいかないと

売り切れるため、来たという訳です。花は、七宝焼の家とキャンドルの家の

新しく作った花の看板に娘が添えました。

DSC_0366600.JPG

花のボードが見事です。花一つ一つではなく、ケースに入ったまま組み立てられて

いるので、一つのブロックは大きいのですが、それを上手に組み合わせています。

可愛いですね。

DSC_0359600.JPG

ひと月前までは、このゲレンデにボーダーやスキーヤーが沢山楽しんでいた

ことでしょう。これからは花の季節、虫や動物たちもそろそろ出てくるかな?

一時静かなスキー場も楽しみました。

DSC_0358600.jpg

スカイランタン

2月16日(土)みなかみ町の道の駅水紀行館で、スカイランタンの

イベントがあったので、行ってきました。スカイランタンは、タイの

コムローイと同じですが、日本では安全上大きなものは揚げられないので

サイズの小さなものです。

IMG_4029600.JPG

スカイランタンを街中で行うイベントは初めてでしたので、ランタンには細い糸が

付けられていて回収出来るようになっていました。

IMG_4048600.JPG

雪もひどく降り出して、風も強いため、どんどん上げることが出来ず、

安全第一です。ランタンを上げる希望者は、1,000円でランタンに願い事を

書くことが出来ます。

IMG_4075600.JPG

小一時間ほど写真を撮りながら見ていましたが、すっかり雪だるまのように

なってしまったので、最後まで見ることはできませんでした。でも多くの人が

寒さも諸とせず楽しんでいる様子で、行った甲斐がありました。あと2回、

みなかみ町藤原雪まつりと、ノルンスキー場で行いますので、楽しみに

したいと思います。ありがたいです。

skylantan600.jpg

みなかみ町紅葉マップ

なかなかスッキリとした青空に出会えない毎日ですが、半袖が長袖に、その上に

また羽織るものも必要になってきました。TVのニュースで紅葉情報も流れて

いますね。山の色が変わってきているのも、はっきりとわかります。

今日は、4つの小学校の体験学習が入れ替わりで入っています。目の回るような

一日になると思いますが、良い思い出作りのお手伝いが出来るよう頑張ります。

お天気も味方をしてくれますように。

写真は、みなかみ町の紅葉マップです。たくみの里は下のやや左に

載っていますね。11月はじめ頃まで、どこかしらで紅葉を楽しめます。

img00311.jpg

上毛高原駅ホール展示

年に一、二回、七宝焼の家の福田茂が、上越新幹線上毛高原駅の

ホールに展示を行います。みなかみ町観光課が管理をしている

スペースで、上毛高原駅から場所を提供してもらっています。

町内のアウトドアスポーツをアピールしたり、つるし雛の展示、

みなかみに18種類ある温泉各地の紹介等々、新幹線をご利用の

方々や、町の方に楽しんでいただけるスポットとなっています。

IMG_2215600.jpg

福田は、郷土の歴史・民俗・習慣などに興味を持ち、地元の方々と

企画を持っているので、町の担当者から依頼があると、展示させて

もらっています。

IMG_2217600.jpg

今回は、「それな~に」と題してⅠ~Ⅵまで(内容は利根沼田の民俗資料に

基づき、面白い習慣やまじないなどを紹介したもの)と地域の札所巡り、残して

置かなくていいのかという疑問を持った風景を18枚のパネルにしました。

IMG_2218600.jpg

IMG_2221600.jpg

IMG_2220600.jpg

3月23日までの展示になりますので、機会がありましたら、

ぜひご覧ください。

IMG_2219600.jpg

藤原雪まつり

今日、明日3月10日、11日、みなかみ町藤原で藤原雪まつりが

行われます。昨年までは、かまくら祭り&キャンドルナイトという

名称でしたが、アート性を大きくして雪との対比ならではの美しさを

演出してくれるようです。楽しみですね。

fujiwarayukimaturi1600.jpg

プロジェクションマッピングなのかなと思っていましたら、

デジタル掛け軸と言って、建物にカラフルな模様が投影される

ようです。見てみたいものですね。お天気に恵まれますように。

fujiwarayukimaturi2600.jpg

猿ヶ京武者行列2017

10月21日(土)当日になってしまいましたが、たくみの里にも近い猿ヶ京温泉の

三国街道で、本日武者行列が行われます。猿ヶ京温泉には、上杉謙信がさした

杖が根付き、花を咲かせたと言われる見事な桜の大木があります。

謙信がこの三国街道を行軍したのは有名で、それにちなみ有志が凛々しい甲冑姿で、

町を練り歩くというイベントです。艶やかな着物姿の姫❔も参列すると思います。

musyahyouretu2017059.jpg

飲食ブースでは、謙信ではなく、上杉けんちんうどんも振舞われ、楽しいおまつり

となることでしょう。天候に恵まれ、寒かったり風が強かったりしませんように。

笑顔のあふれる一日になりますように。

musyahyouretu2017ura060.jpg

みなかみユネスコエコパーク登録が決定し、みなかみ町の自然の素晴らしさ、

自然を生かして人が暮らしている融合が、世界に認められました。

写真をクリックすると大きくなります。別ウィンドウですので、右端の×で

閉じられます。

ekopark2040.jpg

水が美味しくて、その流れの美しさは、県境に連なる山々が浄化してくれて

いるのではないかと思います。またここに住む人も、それをとても大切に

しています。その思いが今回の登録達成に繋がりました。

写真をクリックすると大きくなります。別ウィンドウですので、右端の×で

閉じられます。

ekopark3041.jpg

この町で生まれた人、移り住んだ人、様々な人たちが、この自然に

魅せられていると思います。これからも益々自然に注目し、大切に

愛着を持って暮らしていくことでしょうね。

ちなみに、たくみの里も移行地域として「日々のくらしと経済活動を

行う中で豊かな森と水の持続的な利用を積極的に行うエリア」として

この地域の名を連ねています。

ekopark1039.jpg

先日、登録記念式典がありました。その時に配られたリーフレット(上)と

記念の品(下)です。人も自然の一員として共に暮らしていきたいですね。

IMG_1007.jpg

https://www.shippouyaki.net/blog/image/baner111.jpg
https://www.shippouyaki.net/blog/image/%230194saidyou.jpg
https://www.shippouyaki.net/blog/image/glaspendantsaidyou.jpg

ウェブページ

七宝焼の家