たくみの里の最近のブログ記事

一里塚の看板

| コメント(0)

たくみの里は、はいり口がいくつかあり、その一つ、工業団地側のところが

旧三国街道になっていて、一里塚があります。写真の道路がその街道。奥を

左にまがったところがたくみの里のエリアになります。

202104251.jpg

三国街道を調べていた主人が、ここに注目して地元の人の話も参考にし

一里塚の看板を正式に立てることが出来ました。以前は、元からあった

大きな木が枯れてしまい、草も生え放題で見る影もなかったのですが、

やっと綺麗になりました。

202104252.jpg

花も植えて、草刈りもまめにしています。おかげで、自分の家もたまに

草刈りしてくれるようになったので、ありがたいです(笑

看板には古絵図もついているので、街道の昔が偲ばれるのではないかと

思います。

202104253.jpg

季節が進むときれいにしておくのは大変な事ですが、頑張って

三国街道と、その須川宿であるたくみの里へ続く道しるべを

守れるといいですね。

202104254.jpg

今日4月24日(土)18時からテレビ朝日の番組「人生の楽園」で

たくみの里のカフェ夢やさんが放映されます。夢やさんは、

七宝焼の家のすぐそばにあり、イベントで音楽が流れると良く聞こえる

距離です。

以下は観光協会からのお知らせです。楽しみですね。

人生の楽園「卯月の四 女性3人夢追うカフェ〜群馬・みなかみ町」

【番組内容】「女性が輝ける場所を作りたい」と、たくみの里で

カフェ&ギャラリーを開いた、夢美さん、隆子さん、かつ子さん。

女性3人の日常と、『夢や』に訪れる人々との交流を紹介します。

番組HP: https://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/

マップは、クリックすると少し大きくなります。×印で元に戻ります。

202104241.jpg

トリミングした画像の赤で囲ったところが七宝焼の家、キャンドルの家、夢やさん

を確認出来ます。

202104242.jpg

広報の表紙に

| コメント(2)

毎月1日と15日に配られるみなかみ町の広報誌、3月1日号の表紙は、

先日ご紹介したプロの写真家が撮った竹灯籠でした。竹灯籠のイベントは、

日枝神社、たくみの里の熊野神社、湯宿温泉の3ヶ所で行われました。私は

残念ながら、日枝神社しか見ることが出来なかったのですが、この熊野神社が

一番人気の場所だったそうです。これを見ると、確かにね~ と思います。

こうして町中の人に見ていただけることが出来て、ボランティア精神だけで

関わって来た実行委員の人たちも報われますね。何だかありがたかったです。

202103101.jpg

先週の土曜日まで16日間開催されていた「かがようあかり竹灯籠」

ですが、私は2月22日(月曜)にやっと見に行ってきました。

猿ヶ京温泉の日枝神社は、境内に入ったことが無かったので、

どのような道がわからなかったのですが、このように神社まで

明かりで案内してありました。

202103041.jpg

左右からの明かりで、木の根が出て歩きずらい所も、杖を必要とする

私には、安心でした。ありがたいです。

奥に見える竹灯籠への嬉しいいざないとなります。

202103042.jpg

これは、なんでしょう。丸太をくり抜いて明かりを入れ、はめ込んだ

ガラス玉で、ほのかな色どりを出しています。周りの光も綺麗です。

202103043.jpg

こちらが全体。倒れず、折れない程度に入れた切込みが放射状に

光を放っていました。こんな道案内もオシャレですね。

訪れる人のためにした工夫に、心が籠っていると感じました。

202103044.jpg

ちょっと引いてスマホで撮ったら、人が写っていました。誰かと

思ったら、連れていってくれた主人でした。私を先に下して駐車場

からいつの間にか到着。明かりに見とれて、つい夢中になっていた

という訳ですね(笑;

立っているのが不安定で、まだ一眼を使えませんが、美しい明かりを

しっかりと目に焼き付けてきました。

202103045.jpg

今治みかん

| コメント(2)

道の駅たくみの里から今治みかん販売のお知らせをもらいました。

今、たくみの里は、株式会社になっています。(元は農村農園公社でした)

社長が今治のご出身で今治の道の駅の経営を立て直した実績の持ち主です。

たくみの里もコロナ下でのお客様の減少で、幾多の困難を乗り越えている、

まさにその最中だと思います。

今治と言ったら、まずタオルが思い浮かびますね。上質なタオルは、

日常使いに心地よいものです。 今、日本中で豊富な種類のあるミカン、

どのようなお味でしょうか。

202102281 .jpg

申し込んで半月以上、やっと届きました。特別企画の詰め合わせセット。

「せとか」は、一番の甘さとジューシーさでした。大きさは、

温州みかんのLLサイズ位。主人と二人で1個をオレンジのように切って

いただきました。はるみとかんぺいも甘くてミカンというより

食べやすいネーブルのよう。滅多に食べない高級品を頂きました。

思いがけず、ありがたかったです。たくみの里の知恵を絞った経営、

順調にいきますように。

202102282.jpg

プロの腕前

| コメント(2)

みなかみ町のプロの写真家、daisuke_matsuda_sasukeさんの作品を

掲載許可いただき、投稿させてもらいました。美しいですねー

IMG_0105600.jpg

上の写真が、左。こちらが右の顔部分です。光輝いています。

IMG_0101600.jpg

その上がこちら、右鳳凰の羽の部分。

IMG_0100600.jpg

これは、なんと可愛い。かぐや姫ですね。竹の光る所を切ったら・・・まさに

こんな感じだったかもしれませんね。daisuke_matsuda_sasukeさんは、この

サイトで額装を販売していて、みなかみ町の風景が手に取るように楽しめます。

地元愛ですね。

IMG_0102600.jpg

竹灯籠で鳳凰

| コメント(2)

竹灯籠の話題ばかり投稿しています

先日のかがようあかりオープンに私は行くことが出来なかったので、

孫娘たちが美しい竹灯籠の鳳凰写真を送ってくれました。それを

ここに載せようと記事を作ったのですが、どうしても表示されません

でした?????何か理由があるのかもしれませんね。不思議。

これはお婆さんが加工して遊んだアニメーション。もう一つ上の

サイズだとハッキリするのですが、2MBになってしまうので、

アップロードできませんでした。残念。

明日は、もっと美しい写真をご覧いただけますので、お楽しみに♬♬

anigif200.gif

TV、新聞で

| コメント(2)

度々登場する「かがようあかり 竹灯籠」のイベント、12日から

始まりましたが、読売新聞やNHK630でも取り上げていただいて

地域の皆様に知ってもらっています。ありがたいですね。

202102211.jpg

NHKほっとぐんまの放送は、ほんの2~3分でしたが、見ている方が多く、

娘さん見たよとメールをくれる人もありました。

202102212.jpg

この委員長が、七宝焼の家の主で、わが娘大堀由里です。

連日竹灯籠作りや設置などで、大分疲れた顔をしています(笑;

202102213.jpg

鳳凰の目には、特性のガラス玉をはめ込んであります。とアップで説明して

くれました。TVを写真に撮ったので、竹が赤くなっていますが、実際は緑色です。

202102214.jpg

足の爪先もしっかりアップで紹介してくました。この竹灯籠作りは、多くの人が

関わっています。コツコツ作り上げたものをみんなで楽しむのが、目的の一つです。

鳳凰は、幸せなところに舞い降りるそうです、多くの人がそれを感じてくれますように。

明後日まで竹灯籠の話題になります。

202102215.jpg

寺通りさんぽ

| コメント(2)

2月も半ばを過ぎて、ひな祭りが間近になってきました。

たくみの里でも道の駅豊楽館に、つるし雛や段飾りのひな様が

沢山飾られて、それはそれは華やかになりました。

今年は、大々的に宣伝はしていないので、いつもおいでになる方々が

楽しんでいらっしゃいます。12日にもNHK630の気象予報士お姉さんが

紹介してくれました。写真は、たくみの里内3つの通りのうちの寺通りで

独自に行っているひなめぐりです。色々なお店で特徴のあるひな様を

見られるのも楽しいことですね。

202102181.jpg

今日から

| コメント(2)

かがようあかり竹灯籠、今日から始まります。数日前から弓張り月を朝の光の

中から探すのが楽しみでしたが、もう完全に見えなくなってしまいました。

新月に入ったんですね。これから数日間闇夜。晴れていれば夜空は星の輝きが

美しいことでしょう。竹灯籠のイベントは、その月の光を補う事が出来るで

しょうか。人々が集えなくなってしまったこの頃、地域の人が大切にしている

地元の神社で同じ光を見て、少しでも癒されたり繋がりを思い起こすことが

出来るといいですね。今日私は都合で見に行く事が出来ませんが、何やら

大作もあるとか、楽しみにしているところです。お天気に恵まれますように。

202102121.jpg

昨年に続き、竹灯籠イベント「かがようあかり」を2月12日(金)~2月27日(土)

まで行います。場所は、猿ヶ京温泉相俣地区にある日枝神社、湯宿温泉中心部の

ゆじゅく温泉ゆうえんちと昨年開催したたくみの里熊野神社の3ヶ所です。

この期間は、新月から満月までとなりますので、月の満ち欠けと竹灯籠の灯りを

ともに楽しんでいただけると思います。お天気が荒れませんように。

20210201.jpg

七宝焼の家の大堀由里を始めとして、いろんな人がそれぞれのご都合で、製作中

です。穴開けしない人は、デザインの紙を竹に張ったり、持ち帰って空いた時間に

作業をしたり、差し入れだけの方ももちろん大歓迎されて、参加していただいて

います。先日は移動式のトイレを差し入れてくださり、大いに助かったそうです。

202102012.jpg

密にならないように、しかも作業場は、ほとんど外に近い状態で、換気の心配は

全くありません。一本一本、地道にただ穴を開けていることに専念しているのは、

邪念も無くなるかもしれませんね。様々な人がかかわってくれて、それに対して

感謝の気持ちしかない、と本人も言っています。いよいよ来週になりました、

ゆっくりと静かに美しい明かりを楽しめる、待ち遠しいです。

202102013.jpg

竹灯籠作り

| コメント(0)

昨年7月末にこのブログをお休みしてから、半年近く経って、2021年1月に

なってしまいました。その間、何してたの? というのは追々という事で^^;

本日より再開いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

この切り抜きは、2020年7月20日の上毛新聞です。昨年のたくみの里熊野神社での

竹灯籠奉納に続き、今年は2月の新月から満月までの期間、猿ヶ京温泉の日枝神社

に奉納します。その製作を掲載してくれました。2021年1月には群馬テレビが取材、

19日にテレビ放映されました。地味に準備を進めている者たちにとって、こうした

事は実にありがたいです。

202101241.jpg

こちらは、昨年もご紹介した「みんなの想火」のたくみの里のメイン竹灯籠です。

当日近くまで、何回か仕上がった竹灯籠をご紹介出来ればいいなと考えています。

お天気が荒れることなく、住民の皆様や温泉のお客様が静かに楽しめる、癒しの

場所となってくれることを祈っています。

202101242.jpg

たくみの里の竹明かりをお伝えしています。メインのモニュメントは、制作者の

大堀由里の他、たくさんの方々が携わってくれたそうです。真ん中にある

MINAKAMIの文字が入った竹灯籠も、みなかみ町の200名以上の方が持って

写真を撮るのに協力してくれました。それを実行委員が動画にしたものも作り、

みなかみ町の人は、その中に知っている人をきっと見つけることが出来るでしょう。

ハートの真ん中にみんなの想いがこもる、まさに「みんなの想火」そのもの

ですね。

IMG_6067600.jpg

この写真もプロの写真家によるもので、使用を快く許可してくれました。

人と繋がる想い、人を信じて任せる想い、自分の想いが独りよがりでなければ

人が共感してくれるという事を、実行委員さんたちは、身をもって知ったかも

しれませんね。小さな明かりがいつまでも心に残りますように。

IMG_6070600.jpg

7月23日(木)に行われた「みんなの想火」によるたくみの里の竹明かり

イベント模様です。こちらは、開始直前の様子で、今まさに笛太鼓の演奏が

始まる所。ステップに置かれた竹明かりも綺麗です。

IMG_6045600.jpg

和紙と竹で出来ている和傘を舞台小物として使っています。竹灯籠に和傘、

似合いますね。現在は、少し配置を変えて8月末まで展示してあるそうです。

ソーラーで灯しているものは、お天気の具合によって付かないこともあるかも

しれませんが、夏休み中のお客さんも楽しんでいただけると思います。

明日もう一日続きます。

IMG_6062600.jpg

7月23日に行われた日本全国竹明かりイベント「みんなの想火」、たくみの里の

催しを動画や写真でいただいたので、少しずつご紹介したいと思います。

メインのモニュメントがこちら。ハート型に竹を組み合わせて作ってあります。

真ん中にMINAKAMIの文字も竹に穴を開けて。私は夜の運転が出来ないので

見に行かれませんでしたが、実際は、もっと綺麗だっただろうなと思います。

地元の方々の笛や太鼓で、全部の竹明かりが一斉に点灯して開始になりました。

翌日上毛新聞のトップに写真を載せていただき、実行委員長の娘が大変

喜んでいました。携わった方がみんな楽しんで作ってくれたという事で、

この写真もプロの方の全くのご厚意でいただきました。ありがたいです。

2020-07-26600.jpg

たくみの里の入り口付近に一里塚があり、七宝焼の家の主人が数年前から

整備を町に申し出ていました。一週間程前、やっと綺麗になって看板も

立ちました。

DSCN8171600.jpg

以前は、こんな状態で、斜めになっているのは枯れてしまった松の木です。

一里塚には、必ず木が植えられていて、旅人がそこで休めるようになって

いたそうです。この枯れた松は、そのためにお役目を果たしていたのかも

しれませんね。

kousinto.jpg

これも数年前に撮った写真ですが、桜だけはまだ元気なので、来年は整備

された一里塚で綺麗に咲いてくれることでしょう。楽しみです。

P424006911600.jpg

利根沼田地域に配られるタウン誌"たにがわ"が、7月23日の竹灯籠イベント

お知らせを載せてくれました。マイタウンたにがわは、毎月1日と25日に

発行されていて、地域のイベントやその取材記事を載せてくれる生活に

密着したタウン誌です。

tanigawa2042600.jpg

当日は、たくみの里の総合案内所前で催しをするので、駐車スペースも

沢山あり、思い思いの場所で演奏や竹灯籠の明かりを楽しんでいただけます。

tanigawa041600.jpg

日本中の各都道府県で、一斉に催されるので、お住いの地域を確認して

いただいて、楽しまれるのも良いと思います。日本の元気を世界に発信出来るのは

嬉しいことですね。ぜひご一緒に楽しみましょう。

1694-IMG_4105600.jpg

さくらんぼ

| コメント(2)

たくみの里周辺の果樹園やさくらんぼ園では、サクランボ狩りが始まって

います。外出自粛が緩和されるのに、かろうじて間に合いました。良かった。

DSC_3659600.jpg

七宝焼の家とキャンドルの家の近くにある、ふれあいの家さんに行って、

写真を撮らせてもらいました。

DSC_3677600.jpg

ホントに可愛いです。こんな可愛い実が沢山なっているのを見るだけでも

嬉しくなります。ここまでにするのは、温度管理やその他様々なご苦労が

あると思います。

DSC_3674600.jpg

近年は、学校の体験学習などでも子供さんたちが来ていましたが、今年は

それもなく、このような風景を見せてあげられないのが残念です。

DSC_3672600.jpg

ほほを寄せたみたい。さくらんぼの代表みたいな粒ですね。土日は、人出も

あるかもしれないので、平日の静かなたくみの里で、甘酸っぱい初恋の味、

存分に味わってもらいたいです。

DSC_3671600.jpg

たくみの里のわらアート、イノシシ親子がお着換えします。

今は身ぐるみ剝がれた状態。木と竹の骨組みが風を通して健康チェック出来ますね

DSC_3298600.jpg

耳はそのままです。鼻の穴は、このようになっていたのですね、面白い♪

DSC_3281600.jpg

後ろから失礼。尻尾もそのままでした。うり坊の右側には、道路を挟んで

お寺さんがあり、親イノシシの左下にある茶色の看板がたくみの里を示しています。

DSC_3286600.jpg

呼ばれたように下を見ると、可愛い花。フウロの仲間でしょうか。一つだけ

咲いていました。

DSC_3283600.jpg

田んぼの水鏡に骨組みを映して、また沢山人が来てくれるのを

待っています。

DSC_3304600.jpg

この稲が実る頃には、楽しく賑わって、収穫の喜びをみんなで分かち合うことが

出来ますように。

DSC_3309600.jpg

1月25日(土)~2月9日(日)までたくみの里、湯宿温泉、猿ヶ京温泉にて

かがよふあかりと題して、竹灯籠の明かりを楽しむイベントが行われます。

その間は、新月から満月になります。竹灯籠の小さな丸が作るラインと月明かり

はどのような競演をしてくれるでしょうか。静かで温かみを感じながら冬の夜の

灯が作る美を、ぜひ楽しんでいただきたいと思っています。

kagayouakari600.jpg

竹灯籠

| コメント(0)

今日12月22日(日)開催の、たくみの里クリスマストーチナイトで

13:00から竹灯籠作りのワークショップが行われます。

七宝焼の家の大堀由里が、その担当となっていて、彼女のインスタから

許可を得て写真を借りてきました。ドリルと各種サイズのビットで

このように穴を開けますが、その前に竹の節を抜いたり、表面を磨く

作業もあって、ワークショップではそこまでの準備は整えています。

IMG_5202.jpg

明かりが入るとラインが浮き上がってきて綺麗です。このように

模様が整っていなくても、十分綺麗なので、だれでも作ることが出来ます。

IMG_5203.jpg

光源は、LEDライトを使っています。

IMG_5205.jpg

竹灯籠だけのイベントも2020年1月24日から企画されていて、たくみの里の

熊野神社で約一か月位開催することになっています。この間は、ちょうど

新月から満月になるそうで、月の明かりとの競演も期待できます。

後日その詳細もお知らせいたします。お楽しみに。

IMG_5204.jpg

イベントのお知らせが続きます。明日12月22日(日)は七宝焼の家、キャンドルの家

のある、たくみの里でクリスマストーチナイトと題して、暖かい火を囲んで楽しめる

冬ならではのイベントが行われます。夏のキャンプファイヤーも大きな楽しみですが、

温もりと穏やかな灯が何とも言えない癒しを生み出すのは、この時ならではかも。

日中には、竹灯籠のワークショップも行われ、七宝焼の家の大堀由里が、ご指導

させていただきます。ご自身で作った竹灯籠のラインが灯されると、その美しさに

感動されると思います。ご自宅でも良いですが、会場でぜひお楽しみいただけると

楽しさの共有が出来て、なお一層のことと思います。好天に恵まれますように。

torch2019s.jpg

たくみの里では、わらアートが人気になっていますが、来年の干支にちなんで、

わらネズミが出来上がりました。地元の有志の方々のお手伝いで、しっかりした

骨組みに編んだわらで仕上がり、よく出来ているなぁと感心します。

IMG_5143600.jpg

道の駅の庭に設置されています。お豆腐屋さんの福寿茶屋の前なので、

よく目について、人気となることでしょうね。

IMG_5142600.jpg

お隣には、大きなイヌワシも。イヌワシは、みなかみ町の象徴です。

後ろの白い大きな建物は道の駅の豊楽館、右の山は、駒形山。良い眺めです。

IMG_5137600.jpg

イヌワシは、大きくて立派です。二つとも、今にも動いていきそうですね。

たくみの里の大きな駐車場の目の前ですので、お出での際はぜひお楽しみください。

IMG_5139600.jpg

たくみの里わらアートが揃い、それぞれを巡るマップも出来ました。

12月の末頃まで、設置されているとのことです。その後は、猿ヶ京温泉などに出張展示するものも

あって、またその場所でお客様の目を楽しませてくれることでしょう。

七宝焼の家とキャンドルの家の前は、庄屋通りになっていますので、すぐ斜め前に釈迦三尊のアートが

見られます。秋の日、それぞれの場所をゆっくりと散策して紅葉と一緒にお楽しみください。

waraart029800.jpg

阿波踊り

| コメント(0)

10月28日(日)に、たくみの里では、一年の収穫を祝う豊楽祭りが

行われました。盛りだくさんのイベントと美味しいものが揃って

たいそう賑わいました。

DSC_1700600.jpg

七宝焼の家、キャンドルの家にも体験のお客様が来て下さったので、お店から

出なくても賑わいが伝わってきました。でもカラス天狗神輿の掛け声だけ聞いて

いると、気もそぞろ(笑

DSC_1757600.jpg

そろそろ終わりという頃になって、お店の前の通りで阿波踊りの披露が始まりました。

賑やかなお囃子と女性たちの涼やかな掛け声が、ワクワク感を盛り上げます。

DSC_1722600.jpg

カラス天狗神輿もお店の前を通ってくれました。

DSC_1764600.jpg

後から、可愛い子供のカラス天狗神輿。今年はちょっと担ぎ手が少ないみたい。

でもみんな楽しい一日を過ごされたことでしょう。ありがたかったです。

DSC_1771600.jpg

豊楽まつり2019

| コメント(0)

今年も豊楽まつりの時になりました。一年の収穫祭も兼ね、たくみの里の一番

大きなお祭りです。人も沢山出て賑わい、楽しい雰囲気があふれます。

今日明日、お天気に恵まれて皆様が秋の味覚を堪能していただけますように。

hourakumaturi2019026.jpg

今日26日(土)は、午後から武者行列があります。たくみの里の熊野神社で

出陣式をして、練り歩きます。明日はカラス天狗神輿の他イベント盛りだくさん。

食べたり見たり買ったり、たくみの家で体験したり、大いにお楽しみください。

hourakumaturi20192027.jpg

千日紅

| コメント(0)

たくみの里では、ふるキラフェスのために植えられた花々が

まだ綺麗に咲いています。白馬のカンタくんがいる駒形山のふもと

では、摘み取りが自由に出来る千日紅の花壇があって、そちらは

そろそろ終盤のようです。先日お花をもらったのでドライフラワーにする

為に窓辺につるしました。

DSC_1524600.jpg

開花の期間が長い上に、元々乾燥したような花なので、ドライにしてもずっと綺麗。

それ故、千日咲いている千日紅というらしいです。

DSC_1529600.jpg

よく見ると、種の出たような穴があります。そういえば、このあたりに花びらの

ようなものが出ているのを見たことが・・・調べてみると、やはり菊の花の

ような所は苞だそうです。ヒユ科と書いてありました。改めて見てみると

知らないことの発見があって、楽しいことですね。

DSC_15291600.jpg

七宝焼の家とキャンドルの家がある、たくみの里は、道の駅に

なっています。たくみの里自体は、広い地区に体験工房が点在

していて、中心的存在の農村農園公社が入口付近に大きな建物と

広い駐車場を構えています。写真の左端にある建物がそれです。

DSC_1193600.jpg

道の駅としてどこまでの範囲になるのか

詳しくはわかりませんが、今行われているふるキラフェスは、たくみの里

全体となっています。公社の建物が一部改築されて、各体験工房の作品を

展示販売してくれるようになりました。

IMG_4724600.JPG

上の棚の2BOXがキャンドルの家、下3BOXは七宝焼の家で使わせてもらいました。

七宝焼の家の方は、製品の販売もしています。キャンドルの家は、扱いも大変

なので、体験の説明だけになっています。ご覧になった方が、お店にも足を運んで

いただけたら、嬉しいですね。ありがたいです。

IMG_4723600.JPG

7月31日から開催している花と緑のぐんまづくり2019インみなかみのメイン会場が

たくみの里になっています。この駐車場も三分の二ほどは見事な花壇が出来ました。

他にも大きな駐車場があるので、広い道の駅での駐車は安心です。

DSC_1263600.jpg

入り口の灯籠も花越しに見ると風情を増しますね。

DSC_1284600.jpg

実に様々な花が植えられていて、たいしたものです。

DSC_1277600.jpg

ドレスのようなフリルが見事! 葉ケイトウですね。

DSC_1280600.jpg

鮮やかな赤のドレス。白い葉と組み合わせて、彩りはプロの技でしょうか。

DSC_1278600.jpg

ひっそりとムラサキシキブもかわいい。どこを見ても感心するばかり。壁にも

寄せ植えの額のようなものも飾ってあって、個人の名前が張ってありました。

外で長く咲かせるのも技術の要ることでしょうね。一つ一つゆっくり見てみたいと

思いました。

DSC_1282600.jpg

ふるキラフェスと題して何回かご紹介してきましたが、8月31日から

たくみの里をメイン会場として行われる

花と緑のぐんまづくり:ふるさとキラキラフェスティバルの会場内容を含む

チラシが出来、住民に配布されました。

hanatomidorino20191600.jpg

長期に渡ってイベントが行われ、どのように展開されるのか、ドキドキです。

hanatomidori2019ura600.jpg

こちらは、中央がたくみの里のマップになっていて、見開きが大きかったので、

クリックしていただくと大きい画像になります。右端の✖をクリックすると元の

サイズに戻ります。竹灯籠の写真も載っていますね。七宝焼の家の大堀由里が

発案してみなさまの協力の元、飾られる予定です。楽しみですね。

hanatomidorinakamatome1200.jpg

尚、ブログは明日から8月末までお休みさせていただきます。実店舗の繁忙期と

群馬の名物?カミナリ様のお出ましシーズンになる為、PCを開いている時間に

限りが出てきてしまうためです。再開いたしましたら、また是非ご覧いただけると

大変ありがたいです。よろしくお願いいたします。暑さの折りお体大切にお過ごし

ください。

ふるキラプレイベント

またイベントのお知らせです。今週末6月15日(土)16日(日)に

先日お知らせしたふるキラフェスのプレイベントが、たくみの里で

行われます。15日(土)は、FMぐんまの公開生放送。たくみのお店にも

パーソナリティの内藤さんや、お笑い芸人のどちらかが、取材に訪れるようです。

七宝焼の家にも来るかもしれません、楽しみですね。FMぐんまをお聴きになれる

地域の皆様、ぜひお楽しみください。

furukirapure1021.jpg

furukirapure2022.jpg

ふるキラフェス

ふるキラフェスって、なんでしょう。ふるさとキラキラフェスティバルの

略です。花と緑のぐんまづくりと題し、その実現を群馬県で行っていて、

ふるさとキラ...はサブタイトルです。その2019がたくみの里をメイン会場として、

8月31日(土)~9月23日(月)まで、みなかみ町で行われます。

以前、県で行われた緑化フェアの理念に基づき、花と緑にあふれた元気で

美しい地域づくりのため、県内各地で毎年開催しています。

みなかみ町では、町民のアイデアも取り入れて、このフェスを盛り上げていきます。

夏から秋への季節を楽しみたいものですね。

hanahaku2019017600.jpg

たくみの里で数年前まで、周遊馬車を引いていた白馬のカンタ、

今は、同じたくみの里の寺通りにある厩舎?でゆっくりと過ごしています。

谷川岳が真っ白になった朝、もしかしたらカンタと一緒に撮れるかなと思い、

店に行く前に寄り道してみました。ドンピシャ!まるでモデルのように❣

DSC_0198600.jpg

おはよう、と声をかけるとこちらを向いてくれました。カワイイ。

綺麗にしてもらっていて、幸せだ。

DSC_0199600.jpg

などと言っていると、お世話している矢部さんという人が声をかけてくれました。

今日はカンタもいいけど、駒形山も良く見えて良いよ、と。駒形山は、寺通りの

正面に見えるたくみの里の象徴の一つです。この岩に馬が見えるので、この名前

だそうですが、私には今までわかりませんでした。

DSC_0204600.jpg

矢部さんが、図に書いて説明してくれところによると、全部で3頭の馬がいるとのこと。

でも、この白線で書いたものは、矢部さんがカンタを見て気が付いたもので、

カンタが教えてくれた、とおっしゃっていました。なるほどです。そのほかにも

駒形山にまつわる話が面白く、きっとお客さんにも楽しんでいただいている

のでしょうね。たくみの里にいらした際は、ぜひカンタと矢部さんを訪ねて

楽しいひと時をお過ごしください。

DSC_0204moji.jpg

たくみの里のひなめぐりが、昨日3月1日から始まりました。

今年で9回目となります。例年行っていた福引が無くなり、体験や

お買い物、お食事などをなさった方々に申し込んでいただいて、

後日抽選となります。豪華賞品が沢山の方に当たるといいですね。

hinameguri2019600.jpg

3月31日(日)までの期間中、絵手紙無料講習やお茶会(500円)などもあり、

楽しくたくみの里で過ごしていただけると思います。スタンプラリーが

出来るお店は、店頭にピンクの看板が立っているので、すぐにわかります。

梅などやっと咲きだした春の花も、お出迎えしてお待ちしております。

hinameguri2019ur600.jpg

2月19日(火曜日)たくみの里事業者懇親会に参加しました。

これは、今回で3回目になります。たくみの里で店舗を経営する

若手が企画して、たくみの里に関わる全ての事業者を対象になっています。

飲食店や工房はもとより、道の駅に野菜などを収めている農業関係の

方々も含まれているので、まさに異業種交流会ですね。

会場の日帰り温泉遊神館(ゆうしんかん)にはお雛様が飾られていました。

IMG_4081600.jpg

ブルーベリーの生産者の方がお一人いらして、「ここが上座だな」とつぶやきながら

そこから一番離れたところに席をとられました。さすがです。

IMG_4082600.jpg

私も早く着いたので、お雛様のお顔を拝見していたら、とてもかわいいことに

気が付きました。最近のひな様なのでしょうか。なんと美人なんでしょう。

IMG_4088600.jpg

あらら、この方は誰でしたっけ? こちらもイケメン。私は子供の頃からお雛様を

持っていなかったので、あまり良く見ることはありませんでしたから、下のお侍は、

おじいさんばかりかと思っていました。目から鱗(笑

IMG_4087600.jpg

飲んでおしゃべりして、大いに楽しんで会は終了。最高の満月が

輝いて見送ってくれました。左のライトは、娘の大堀由里が作った竹灯籠。

この日、お貸ししたので、遊神館の玄関先に飾られてありました。

この竹灯籠は、今後製作から設置まで多くの人の協力を得て作り続ける予定です。

この優しい明かりが、たくみの里とその周辺を更に繋げていくことでしょう。

楽しみでありがたいです。

IMG_4105600.jpg

わらアートまつり

今、たくみの里には、大きなわらアートが7つ設営され、本日

11月3日(土曜日)たくみの里わらアートまつりが行われます。

このブログでも、10月30日11月1日とわらアートをご紹介してきました。

waraart2018002.jpg

今年初の試みのイベントですが、たくみの里内にあるわら細工の家が

ご協力くださり、事前にわら細工のワークショップも行われました。

稲刈りも終わった里山に、実りの結集のようなわらのアートは、

ピッタリの雰囲気だと思います。今日は他のお楽しみもたくさん

ありますので、ぜひ山里ののどかな風景と秋の恵みを味わってください。

waraartura013.jpg

わらアート・イヌワシ

今週は、たくみの里のわらアートをご紹介しています。

今日は、道の駅の豊楽館に作られた、イヌワシです。

みなかみ町は自然豊かで、良い環境に生息するイヌワシがその象徴

です。つまりイヌワシは、私たちの誇りみたいなものですね。

完成間近なイヌワシのわらアートです。

IMG_3476.JPG

どのくらいの大きさでしょうか、はるかに見上げる高さです。

骨組みがしっかりしているような感じがしますね。

IMG_3482.JPG

胸も足も丈夫そうで、見事です。

IMG_3477.JPG

女性たちがワラをまとめる作業をしていました。たくさんの人の手が

携わっていたんですんね。豊楽館の窓ガラスにイヌワシの顔が映っていました。

遠くの山を見つめるようです。

IMG_3479.JPG

鋭い目と嘴が印象的です。

11月中は、展示されているそうで、多くのお客様に楽しんでいただけますね。

IMG_3483.JPG

わらアート

昨年の12月に、このブログでもご紹介したわらアートが、新しく

お召し替えをしています。10月23日に撮ったもので、始まりですね。

IMG_3385.JPG

木と竹の骨組みだけだと、恐竜のようにも見えてきますね。力強いです。

IMG_3389.JPG

こちらは、うり坊。去年ご紹介した時には無かったのですが、その後

生まれました(笑

IMG_3390.JPG

目玉! 鉛管は、鼻の孔ですね。今度はピンクじゃなく、きれいな

ブルーがいいなぁ^^

IMG_3387.JPG

柵も作られて、作業の様子の写真も張られています。今年は、装いも新たになる

ようですよ。

IMG_3391.JPG

親子になった写真もあります。私が土筆と一緒に撮った時は、うり坊はいなかった

けど、生まれたのはいつだったか・・・でも、まだスキーの出来る頃だったと

思います。

IMG_3392.JPG

うり坊、可愛いですね。お客さんも一緒に写真を撮ったりして、楽しんで

いました。今週末には、わらアートのワークショップもあります。完成が

楽しみですね。たくみの里の入り口で皆様をお出迎えしてくれることでしょう。

IMG_3393.JPG

たくみの里豊楽祭り2018

明日10月28日、今年もたくみの里豊楽祭り2018が行われます。

今日は、猿ヶ京温泉の武者行列があり、秋の風情の中、

楽しいイベントでたくみの里は、賑わいます。ぜひお出かけください。

img00411.jpg

毎年のお楽しみの他に、たくみの里でお出迎えするのが、大きなワラアート

です。イノシシの親子がワラの衣を新しくお着換えしてもらっています。

今日中に完成するかもしれませんね。作業風景が見られたらラッキー。

目も口も満足で元気ももらえる、豊楽祭りをぜひお楽しみください。

img00511.jpg

リボンツリー

リボンツリーの入ったジェルキャンドルを作りました。

ガラスで出来た木に、赤のリボンを巻き付けて結んだように作られた

オーナメントです。華やかなクリスマスツリーではないので、

あまり目立ちませんが、私はこのツリーが好きです。たまに気が付いて

これでジェルキャンドルを作ってくれる人がいるので、嬉しくなります。

IMG_3409.JPG

キャンドルといっても、芯が入っていないので、火をつけることは出来ません。

飾り用ですね。反対側には、カラフルなビー玉を入れ、それにも飾りをつけて

遊んでみました(笑

IMG_3411.JPG

上から見ると、散らしたラメの粒がゴミのように見えてしまいますね。

実際は、もう少し綺麗になっていますので、たくみの里キャンドルの家に

お越しの際は、ぜひご覧になってください。クリスマスも、もう少しに

なりましたね。

IMG_3415.JPG

庄屋様の柿の木

たくみの里の柿の実が綺麗に色づきました。花があまりなくなるころなので、

このオレンジ色は、良く目立ちます。

IMG_3396.JPG

そしてこの実は、白壁の土蔵にも良く似合います。これで青空だったら最高なの

ですが・・・

IMG_3395.JPG

実がたわわです。今年は生り年なのでしょうか。たくさんの実りを見せてもらうのは

なぜかホッとした気分になりますね。ありがたいです。

IMG_3399.JPG

こちらのお宅は、七宝焼の家とキャンドルの家が面している庄屋通りの名前の

由来にさせてもらっています。秋の風情がよく似合う、たくみの里の象徴とも

なりますね。

IMG_3405.JPG

武者行列2018

10月27日(土曜日)今年も三国街道の武者行列が行われます。

猿ヶ京温泉をベースに、各地の甲冑愛好家たちも集まり、勇壮な甲冑武者の

パレードです。

img00711.jpg

今年の行軍は、猿ヶ京温泉だけでなく、たくみの里でも行われるため、

今から楽しみにしています。今年は図入りのマップなので、とても

わかりやすいです。

musyaura00911.jpg

上下分割して拡大しました。図の左方向が新潟に続く道となっていて、三国峠はすぐ先です。新潟は

近いですね。

musyaura009600w.jpg

こちらがたくみの里です。たくみの里は、須川平といって、国道17号線から少し上がった所にあります。

山に囲まれ静かな良いところです。七宝焼の家とキャンドルの家は、グリーンの庄屋通りの起点でA地点です。

行軍のある赤いラインは、旧の三国街道ですので、タイムスリップして楽しめると面白いですね。

稲刈りも終わった須川平に、賑やかな声が響き渡ることでしょう。

musyaura009t.jpg

秋のたくみの里

今年は、秋も少し早くて、紅葉もきれいになってきました。

七宝焼の家のほうき草もすっかり色づいています。色つきはじめに

台風が来たので、倒れてしまいましたが、めげていませんね。

IMG_3353600.jpg

瓶洗いブラシのようなチカラシバ、青空を背景にしてみました。

自分の背中もシャンと伸びたような気がしてきます。

IMG_3352600.jpg

秋のたくみの里は、遠足シーズン。子供たちが体験をしたり、野仏巡りをします。

このマップを持って、9つの野仏を探し当てるのですが、たくみの里は広いので、大変です。

今年の平日は、あまりお天気が良くなかったですが、歩き回るには、ちょうど良かったかも

しれませんね。

IMG_3348600.jpg

上の野仏巡り用マップの裏がこちらです。それぞれの場所にスタンプが置いてあるので、

9つ満たせれば、全踏破となります。グループに分かれて、マップを見ながらタイムに

間に合うよう真剣な表情もかわいいです。車に気をつけて、探し当て楽しい遠足にしてもらいたいです

IMG_3349800.jpg

たくみの里マップ

たくみの里のマップが秋バージョンになりました。

みなさまのご意見で、少し見づらかった点も改めたそうです。

折りたたみ式の表紙部分がこちらです。

IMG_3360600.jpg

こちらが裏表紙。どちらも秋色満載ですね。

IMG_3361.JPG

中を開くとこうなります。マップ部分は、すっかり秋の風景で明るさが出ました。

実りの秋のたくみの里が、楽しげです。各通りの部分が色分けされていますが、

周りの詳細部分も全体的に、淡いそれぞれのカラーになってわかりやすいです。

クリックすると少し大きい画像になります。大きい画像の右上の×をクリックすると

元に戻ります。

IMG_33561200.jpg

こちらが、マップ裏の各家の詳細です。飲食店もずいぶん増えました。

農園のご案内では、果物狩り、野菜、花などおなかも満たせます。

これもクリックすると少し大きい画像になります。大きい画像の右上の×を

クリックすると元に戻ります。

楽しげなマップを見ながら、散策したり、ご家族でサイクリングも安心です。

心に残る思い出をぜひ作っていただきたいなぁと、わくわくしています。

IMG_33581200.jpg

8月にこのブログでもご紹介した、たくみの里のフルーツランド桃李館改め

MOGITORE(モギトーレ)の嬉しいお知らせです。

Mogitore.jpg

建物には、桃李館の文字が記されているいますが、この名前の意味を

知る人は、少ないかもしれませんね。桃や李(すもも)が豊富に実る温暖な

理想郷。ユートピアなんですよね。昔、漢文で習いました。素敵な名前でした。

mogitore3.jpg

それはともかくとして、たくみの里で実った果物を使って、見た目も綺麗で

美味しそうなスィーツやグルメの食べ放題が、7日(日)8日(月)に行われます。

生憎私はお店があるので、行かれませんが、シルバー割引もあって、心惹かれます。

残念無念ですが、どうぞ秋の味覚を存分にお楽しみください。

mogitosweetbyeking048.jpg

MOGITORE

7月2日たくみの里のフルーツランドMOGITORE(モギトーレ)

オープンしました。ここは、6月30日までドールランドだった所です。

バナナやパイナップルでお馴染みの会社、ドールとの契約が終わり、

開園当初、桃李館という名で経営していた農村農園公社に戻りました。

建物の左に桃李館の文字が残っていますね。

mogitore3.jpg

変な名前ですが、看板のデザインは良いですね。9つのカラーは、フルーツの色

でしょうか。ドロップみたいで可愛いです。

Mogitore.jpg

フレッシュフルーツを使ったスゥイーツは、ムースやケーキなど、甘いもの好きには、

たまりません。ボールをひっくりかえしたような、ホールがケーキの並んだショー

ケースにありましたので、それを一つ全部食べたいです(笑

今は、サクランボも終わり頃となって、ブルーベリー狩りが出来ます。夏には、

たくさんのお客さんでにぎわうことでしょうね。

mogitore2.jpg

皐月5月

5月は、活動が活発になってくる月ですね。行事やイベントも多く、

楽しく、賑やかなイメージです。1日、2日は平日ですので、お仕事の

方も多いかもしれませんが、子供の日を控えて気持ちも沸き立ちます。

201505122.jpg

その気分を大いに引き立ててくれるのが、4月から挙げられている鯉のぼり❕

男の子の健やかな成長を祈る独特なシンボルですね。

たくみの里七宝焼の家の前のお家でも、まだ桜の咲く頃あげられました。

青空じゃないのが、少し残念ですが、花の色と鯉のぼりのカラフルさが

お祝い気分を盛り立てます。5日、6日は、お天気に恵まれそうですので、

楽しい休日をお過ごしいただきたいと思っております。

DSC_0754600.jpg

たくみの里の一番奥、わら細工の家がある近くで、今スイセンが

とても綺麗に咲いています。

IMG_2569600.jpg

わら細工の家に行くまでの通りは、寺通りという名称になっていて、

この通りにあるたくみの家や住民の皆様の労作で美しいこみちが出来上がりました。

IMG_2545600.jpg

初越(はつこえ)と読みます。この地域の名前だそうです。

IMG_2546600.jpg

たくみの里の中でも高い場所になるので、18日に行ったときには

まだ桜も咲いていました。

IMG_2547600.jpg

ここも静かで、遠くも見晴らせて、やすらぎスポットです。

IMG_2560600.jpg

このスイセンは、ラッパスイセンでしょうか、みんなで大きな口を

開けて、歌っている様に見えますね。

IMG_2574600.jpg

どの花も可愛いです。連休までは持つかもしれませんね。

たくみの里にお出での際は、ぜひ一度いらしてください。

IMG_2578600.jpg

3月の最終土曜日になりましたね、アララもう一回ありました(笑;

たくみの里では、4月1日まで「ひなめぐり」を行っています。

ガラポン福引きもありますので、大いに楽しんでください。

DSC_0602600.jpg

たくみの里の協賛店では、ピンクの立て看板が目立つように

ありますので、すぐにわかります。華やいだ気分になれるのは

嬉しいことですね。

DSC_0599600.jpg

七宝焼の家、キャンドルの家とも通常営業になりましたので、

定休日以外の平日も営業しております。ぜひお出かけください。

体験受付が14時30分となっております、ご了承ください。

(七宝焼の家定休日:月曜日 キャンドルの家定休日:月・火曜日

IMG_2153600.jpg

福寿草

3月3日(土)たくみの里の七宝焼の家とキャンドルの家の前に

福寿草が咲き出しました。人の家のお庭ですが(^^

少し以前に確認していたのですが、何回か雪の下に隠されて

しまっていました。もうすっかり雪がなくなり、

見事な顔を見せてくれています。

IMG_2128.JPG

まだ蕾も多くて、これからが楽しみですね。

IMG_2130.JPG

こんな日陰ではかわいそうな気がしますが、この蕾もすぐに大きく

開いていくことでしょう。春が始まりました。

IMG_2131.JPG

いよいよ本日3月1日から、たくみの里のひなめぐりが始まります。

今年で8回目となり、「着物でそぞろ歩き」という初の試みの日もあります。

協賛のお宿や店も増えて、楽しさ倍増となっています。メイン会場の

つるし雛も、有志の手作りで実に可愛らしく華やぎ、前年に誕生の

みなかみ町ベビーが今年は、リンゴでその数を表しています。男女の

色分けがあるので、ぜひ探してみてください。

hinameguri2018065.jpg

体験をしたり、宿泊、買い物、お食事などでスタンプを押してもらって、福引きも

楽しんでください。たくみの里ならではの、景品もあって大変お得です。

メイン会場の香りの家で、期間内10:00~15:00まで。ぜひお見逃しなく!

hinameguri2018ura066.jpg

タウン誌で

たくみの里では、恒例のイベント「ひなめぐり」を今年も開催

いたします。3月1日~4月1日の一か月間です。先日タウン誌にも

ご紹介していただきました。群馬県内でも前橋方面に発行されて

いるもののようで、この辺では見たことがありません。毎年のひなめぐり

に尽力されているたくみの里の担当者からの提示です。頑張ってくれています。

IMG_1937.jpg

たくみの里は、少しシステムが変わって、若い力が動きだしています。見た目には

あまり感じないかもしれませんが、ひなめぐりは、その中での初めての全体イベントと

なります。それぞれの思いや情熱がパワーとなって表れてくるのも楽しみですね。

詳細は、また来週チラシと共にお知らせしたいと思います、ご期待ください。

IMG_1936.jpg

2月になりましたね。本日より「まんきつセット」なるものを発売します。

たくみの里にある、いちごの家、Otowaya Cafe、七宝焼の家の三軒の

コラボでお得な体験のセットを作りました。ただ、七宝焼の家は、

3月16日(金)まで土日祝日のみの営業とさせていただいているので、

その日までは、セットを使用していただけるのが、土日祝日のみとなります。

勝手ながら、ご承知おき下さい。(尚ポスターで2月16日となっておりますが

3月16日の誤りです。申し訳ありません)下の写真は、訂正してあります。

一軒あたり一回のご使用ですが、4月27日までは、一日で使いきれなかった

体験をご利用できますので、お時間とご予定に合わせて、お楽しみください。

各家へのお問い合わせは

いちごの家:080-9568-4706

Otowaya Cafe:0278-64-0322

七宝焼の家:0278-64-2064

IMG_E1879600.jpg

クリスマストーチNight

本日23日(土)たくみの里で、第1回のクリスマストーチNight

行われます。

みなかみ町の林業研修から生まれた自伐型林業チーム「Linkers(リンカーズ)

の協力を得ての、新しいイベントとなります。楽しみです。

林業研修は、今年10月~12月にかけてみなかみ町が行いました。他の地域では、

都会の若者が林業に興味を持ち、移住されることもあり、こうした研修は、大切な

機会となっていることでしょうね。そこから生まれたLinkers(リンカーズ)、

山里の地域にとっては、大いに期待し、共に暮らしていきたい存在だと思います。

尚、スウェーデントーチとは、スウェーデンやフィンランドで古くから続く焚き火

の方法だそうで、丸太をBBQコンロの代わりにして楽しむことも出来るそうです。

どのようになるか、ワクワクしますね。

kurismastoach.jpg

たくみの里の新しい藁オブジェ、完成を楽しみに待っていた様子の続きです。

11月18日大分出来上がってきました。置かれた脚立で、大きさが計り知れますね。

1-IMG_1399.jpg

まだ、この時点で私は、牛だとばかり思っていました。草を食べている様子なの

かなぁ、と。それにしては、首も足も太いし、などとね。

前回、画像を間違えて使ってしまいました。修正しましたが、以下の2枚は、

ご覧いただいたものと同じになります。失礼いたしました(汗;

1118600.jpg

西の方角を向いています。どのように出来上がるのでしょうね。

1-IMG_1408.jpg

さて、11月も最終週。通りかかった時に、耳が付いたのを見て、判明しました。

イノシシだったんですね。そしていよいよ完成しました。

IMG_1497.jpg

ジャ~ン! 右前脚の一歩出たところに、動きがあっていいですね。

IMG_1493.jpg

ピンクの目も鋭い!! なんでピンクなんだろう? 赤じゃぁ怖いしね(笑

IMG_1489.jpg

鉛管の鼻の穴が、力強い!!! ^0^

色々な工夫を凝らして、作られた方々、ご苦労様でした。

IMG_1503.jpg

目は、空を見上げているようにも、地面を見据えている様にも感じられます。

コワ可愛く思えてきました。たくみの里に新しい魅力が出来上がりましたね。

日曜日、お客さんが早速ご家族で記念撮影していました。また話題を呼びそう

ですね。

1-11.jpg

先日、たくみの里のワラアートで、巨大牛をご覧いただきましたが、その後

たくみの里の入り口に、木と竹を細く裂いたもので骨組みが出来ていました。

興味津々、行き帰りでこの場所を通るので、朝のまだ作業が始まる前に、

寄り道です。

1-IMG_1315.jpg

初めは、牛さんかと思っていましたが、首の部分がすごく太くて

違うようです。なんでしょうか、楽しみです。11月10日に撮りました。

1110600.jpg

11月11日に藁の巻きつけが始まっていたので、翌12日朝に、また寄り道です。

1-IMG_1384.jpg

あの、藁の巨大牛も、こんな風に作っていったんですね。藁を集めるのも、

今は、大変かもしれません。

1112600.jpg

東泉寺という大黒様をお祀りしたお寺さんの前に立っています。中之条町に

抜ける新しい道路に面しているので、多くの人の目に留まることでしょうね。

この続きは、明後日になります。

先日ちょこっとご覧いただいた、巨大なわら牛の再登場です。

場所はたくみの里を北に上がって行って、わら細工の家の手前、

一之宮地蔵のそばです。

IMG_1320600.jpg

側によると、やっぱり大きい! この大きさが嬉しいですよね。

IMG_1321600.jpg

見る方向を変えると景色も良く、実にのどかな気分になります。

IMG_1340600.jpg

背中に何か乗っていますね。

IMG_1329600.jpg

わらで作った子供でしょうか、赤い布と竹のレイキ、笠もつけて

手が込んでいます。

IMG_1331600.jpg

前に回ると大きな目に見られているような気がしてきます。

IMG_1327600.jpg

こちらに回っても、まだ、見ていますね~ ちょっとコワ面白い、です。

IMG_1325600.jpg

後ろの方に行くと、振り向かれているよう。つい、話しかけたくなります。

夜中に歩いてたらどうしよう、なんて想像してしまうほど、リアルな目を

持つわら牛。一見の価値あり、ですね。たくみの里では、この他にも今製作中

で、出来上がりが楽しみですね。

IMG_1336600.jpg

たくみの里の菊畑

たくみの里の菊畑が満開を迎えています。場所は、一之宮地蔵のある

所で、広々と景色も良く、わら細工の家の近くです。

写真は、クリックすると大きくなります。右端の×で、元に戻ります。

IMG_13471000.jpg

奥の方の紅葉が綺麗ですね。この林の奥にアジサイで有名な泰寧寺さんが

あります。紅葉も美しく、静かな所です。

IMG_1345600.jpg

後ろの方から見られているような気がして振り向くと、一之宮地蔵さんの

向こうに大きな牛!  何だか面白そうです。もっと近寄って見たのは、

言うまでもありませんね。わらで作った牛さんのブログ登場をお楽しみに。

IMG_1342600.jpg

11月4日(土)たくみの里秋の花まつりが行われます。場所は、たくみの里の

一之宮のお地蔵様がある一之宮菊畑です。ここはお地蔵様を守るような大きな桜が

有名で、春には、少し小ぶりで透明感のある花が見事に咲き、心和む場所です。

今年は、そこにわらアートが出現する予定で、初の試みに今からワクワクしています。

akinohanamaturiomote044.jpg

道の駅から歩くと時間がかかりますが、ハイキングだと思うと丁度良い距離

かもしれません。でも、当日は、電気バスも運行されるので、それを利用して

いただくのも良いですね。

img002.jpg

マップを見やすくしようと、カットしました。クリックすると大きくなります。

見えるでしょうか。  大画像の右上の × をクリックすると閉じます。

宿場通りと庄屋通りの分岐、A地点に七宝焼の家とキャンドルの家が

あります。道の駅から一之宮までは、ゆる~くて長い上りですので、行きは電気バス、

帰りは、お散歩でも良いですね。七宝焼の家とキャンドルの家にも是非お立ち寄り

ください。当日はお天気が良くなりますように。冷たい風が吹きませんように^-^

img002cut.jpg

たくみの里豊楽祭りが、本日10月22日(日)行われます。場所は

道の駅たくみの里 豊楽館です。2017年の収穫をたくさんの方々と祝う

収穫祭ですので、たくみの里周辺の豊かな実りを味わっていただいたり、

遠くは、静岡からのお茶のサービスや販売もあります。どれも美味しそうですね~

阿波踊りも参加したいくらいです^-^

hourakumaturi2017ura058.jpg

一見の価値があるのは、烏天狗の大みこしです。地元の有志の方々が

作って、たくみの里に常時飾られていますが、年に一度、この時に担がれて、

町を練り歩き、お披露目されます。七宝焼の家キャンドルの家

前も通ってくれますので、その時は、祭りムード最高潮の気分です。(お店が

あるので、中々会場には行かれません><;)今日もお天気が回復して、滞りなく

笑顔の一日となりますように。

hourakumaturi2017057.jpg

猿ヶ京武者行列2017

10月21日(土)当日になってしまいましたが、たくみの里にも近い猿ヶ京温泉の

三国街道で、本日武者行列が行われます。猿ヶ京温泉には、上杉謙信がさした

杖が根付き、花を咲かせたと言われる見事な桜の大木があります。

謙信がこの三国街道を行軍したのは有名で、それにちなみ有志が凛々しい甲冑姿で、

町を練り歩くというイベントです。艶やかな着物姿の姫❔も参列すると思います。

musyahyouretu2017059.jpg

飲食ブースでは、謙信ではなく、上杉けんちんうどんも振舞われ、楽しいおまつり

となることでしょう。天候に恵まれ、寒かったり風が強かったりしませんように。

笑顔のあふれる一日になりますように。

musyahyouretu2017ura060.jpg

不動の滝

9月25日(月曜)定休日ですので、主人と出かけた帰りにたくみの里に近い

不動の滝を見に行ってきました。

私は初めてですが、冬は滝が凍るので、写真を撮る人には、知る人ぞ知るの場所です。

地元の方が大切にしている所ですので、ちゃんと草刈りもされていて、驚きました。

IMG_0825600.jpg

少し登り始めると可愛い花!ヤマホトトギスです。調べたらヤマジノホトトギスとも

言うようです。

IMG_0822600.jpg

たくみの里では、7,8月頃咲いていました。標高が少し高いので、今年の

見納めが出来ました。

IMG_0820600.jpg

登り切った所にお堂がありました。到着! 神聖な雰囲気も感じます。

IMG_0792600.jpg

その奥に、不動の滝。

IMG_0794600.jpg

ここまでしか近寄れませんでしたが、この雰囲気はやはり格別です。

汗も引いて、水音と鳥の声だけの中で暫し佇んでいました。

IMG_0798600.jpg

お参りして帰る道で、色鮮やかなアザミが目に飛び込んできました。

虫たちも夢中になっています。そろそろ花も終盤、生き物も忙しいですね。

IMG_0788600.jpg

先日たくみの里の近くにある、子(ね)の権現さまにお参り

してきました。土地の人でなければ到底分からないという場所に

あります。つまり田んぼの奥の細い道をどんどん山の中に入って行きます。

主人の軽トラでやっと到着。 鳥居には、子持神社と書いてあります。

IMG_0742.JPG

主人が調べものをしていて、場所を確かめたく、田畑で作業をしている

人に聞きながら、やっと探し当てました。後日、ここに連れてきてもらうために

私は人にもらった杖を2本持参です。

IMG_0752.JPG

ようやっとお社が近くなってきました。参道の階段は、苔がついていて

滑る上に、崩れていて足を乗せることもできない所もあります。

IMG_0755.JPG

なんとか、たどり着きました。この子の権現さまは、足の悪い人が治して

もらうため、家族や親せきがその人の履き物を持って、お願いに

お参りするそうです。私も両膝が痛いのですが、敢えて自分で登ってみました。

IMG_0761.JPG

ご本尊は、この囲いの中の小さな祠だそうです。お社の中ではなく、裏側にある

というのが不思議ですね。

辺りは、鬱蒼としていて、熊がいつ出てきてもおかしくないような

所でした。ご利益はともかくとして、いつもいる場所の近くに発見した

不思議スポットでした。

IMG_0772.JPG

みなかみユネスコエコパーク登録が決定し、みなかみ町の自然の素晴らしさ、

自然を生かして人が暮らしている融合が、世界に認められました。

写真をクリックすると大きくなります。別ウィンドウですので、右端の×で

閉じられます。

ekopark2040.jpg

水が美味しくて、その流れの美しさは、県境に連なる山々が浄化してくれて

いるのではないかと思います。またここに住む人も、それをとても大切に

しています。その思いが今回の登録達成に繋がりました。

写真をクリックすると大きくなります。別ウィンドウですので、右端の×で

閉じられます。

ekopark3041.jpg

この町で生まれた人、移り住んだ人、様々な人たちが、この自然に

魅せられていると思います。これからも益々自然に注目し、大切に

愛着を持って暮らしていくことでしょうね。

ちなみに、たくみの里も移行地域として「日々のくらしと経済活動を

行う中で豊かな森と水の持続的な利用を積極的に行うエリア」として

この地域の名を連ねています。

ekopark1039.jpg

先日、登録記念式典がありました。その時に配られたリーフレット(上)と

記念の品(下)です。人も自然の一員として共に暮らしていきたいですね。

IMG_1007.jpg

洋種ヤマゴボウ

たくみの里七宝焼の家の近くに洋種ヤマゴボウが生えていて、毎年面白い植物だ

なぁと思いながら眺めています。野草なので草刈りなどで一旦は刈られますが、

強くて、秋には可愛い花が見られます。

IMG_0539600.jpg

花は、赤ちゃんの手のようで、可愛いです。花の中心には、実の形がしっかりと

出来ているのも、この植物の強さの一因かもしれませんね。

IMG_0740600.jpg

何が面白いかというと、この茎の色。私は他にあまり見たことが無く、人目を引く

濃くて華やかな色合いは、自然の生み出す造形として感嘆してしまいます。

これは9月20日頃に撮ったので、そろそろ実も熟して山ブドウのような色になって

いると思います。

IMG_0739600.jpg

緑と濃いピンクの組み合わせ。洋服だったら選ばないだろうなと思っておりましたら、

前回のブログ投稿を思い出しました。ストールとマーブルのブローチ! 何枚か

撮った写真の中に、まさしくありました(笑  

こんな組み合わせも「あり」でしたね。

IMG_0710600.jpg

今年も猿ヶ京温泉赤谷湖の空に、鯉のぼりが泳いでいます。

ここは七宝焼の家のある、たくみの里から車で5~6分の所、国道17号線からも

見ることが出来ます。湖面に移る鯉のぼりの影も楽しめて、今まさに

満開の桜と共に遅い春を満喫できます。

DSC_0687600.jpg

谷川岳や新潟との境の山々には、まだまだ雪が沢山残っていて、その景色との対比も

良いものですね。

DSC_0702600.jpg

GW2017

| コメント(0)

ゴールデンウイークに入りましたね。今日は4月29日(土)ですが、この時期は

各地で季節の違いを大きく見ることが出来ます。このみなかみ町では、春の賑わいを

感じる真っ盛り。桜やレンギョウ、チューリップや雪やなぎなどワクワクと咲き揃って

いるところです。春のエネルギーをもう一度感じにいらっしゃいませんか?

たくみの里の近くに猿ヶ京温泉があります。そこの枝垂桜が満開です。この連休中は、

美しく散る姿も見られることでしょう。

DSC_0677.JPG

DSC_0673.JPG

DSC_0668_01.JPG

https://www.shippouyaki.net/blog/image/baner111.jpg
https://www.shippouyaki.net/blog/image/%230194saidyou.jpg
https://www.shippouyaki.net/blog/image/glaspendantsaidyou.jpg

ウェブページ

七宝焼の家