古書の電子版

| コメント(2)

たくみの里には、薄倉城(すすきくらじょう)というお城が

ありました。お城といっても天守閣のある豪華なものではなく、

須川衆という地侍が作った山城です。山城だって本丸や二の丸は

あり、それなりのものだったと思いを馳せるのはロマンそのもの

です。たくみの里を訪れた人にも場所だけでも知ってもらおうと

看板を立てることになりました。城郭図と説明文入りの立派な

ものになると思います。

その文の参考にするため、主人が図書館で見つけ一部をコピー

させてもらった本を手に入らないか調べてくれ、というので、

探したところ、在庫なしになっていました。そのかわり、群馬

図書館が電子リソースをしてあり、ダウンロードして読めるの

を見つけました。なんと便利な! これならいつでも在宅で

調べものが出来ます。ありがたいものですね。

202205201.jpg

コメント(2)

こんにちは。
すごい。
いまやデジタルの時代ですね。
デジタルなら、探すのも早いし、
読めるようにするのも簡単ですね。

コメントする

https://www.shippouyaki.net/blog/image/baner111.jpg
https://www.shippouyaki.net/blog/image/glaspendantsaidyou.jpg
https://www.shippouyaki.net/blog/image/%230194saidyou.jpg

ウェブページ

七宝焼の家