暑中お見舞い

| コメント(2)

暑中お見舞い申し上げます。

いよいよオリンピックが始まりました。開会式はビデオに撮っただけで、

まだ見ていません。すべて異例の中ですが、それぞれご自分の力を出し切れるよう、

コロナがこれ以上広がらないよう、と祈るしか出来ることはありません。

夏休みもお店は、例年のように人出は無いかもしれませんが、今日からブログの

夏休みとさせていただきます。暑さも年々増してくるような気がするのは、

寄る年波のせいかもしれませんが、くれぐれもお体に気を付けてお過ごしください。

8月末か9月には、再開出来るようにしたいと考えております。その時はまた

どうぞよろしくお願いいたします。

202107231.jpg

お久しぶり

| コメント(2)

孫が下の子を連れて、お店に遊びに来ました。あとひと月で、3歳になる

男の子です。回らない口でのおしゃべりが得意で、孫が送ってくれる

Lineの動画をいつも何回も見て面白がっています。でも久しぶりだったので、

ギュッと一文字に結んだ口とまじまじと見る目が、何も言わなくても多くを

物語っていて、これまた面白かったです。娘も面白がって連続で写真を

撮ってくれたので、動画にしてみました。38秒位で、音楽がついています。

ボケ防止になります、ありがたいですね。

夏休み

| コメント(2)

7月21日(水)、今日から夏休みの学校も多いことでしょう。この頃は、私立

公立の差がかなりあって、始まりも早く、終わりも8月いっぱいまでのところも

あるようですね。群馬県内の公立小学校では、8月19日までが大半のようです。

先週梅雨明けしてから、朝夕ひぐらしが声を大にして鳴いています。あれは鳴く

わけではありませんね、羽の音。でもつい声と言ってしまいます。その方が何となく

風情があるから。風情と言えば先日出かけた大きな病院でも、駐車場からの通路に

風鈴を飾っていました。色んな思いで通り過ぎる人に、思いやりを感じますね。

目の保養にもなりました。 夏休みをみんな安全で有意義に過ごせますように。

202107211.jpg

顎関節症になって、歯医者さんに行ってきました。上顎の型を

取って、マウスピースを作ってもらい、ケース入りでお土産です。

202107201.jpg

人さまに見せるのもなんですが、ちょっと気持ち悪い(笑笑;

前歯に合わせて、かぽっとはめたり外したりします。歯に衣着せぬ

もの言いというのがありますが、プラ?を着せたらものは言いずらいです。

202107202.jpg

リハビリの最中に着けられればちょうど良かったのですが、

終わってから歯科医に行ったので、夜寝る時につけています。

眠りながら口の中が気になっているので、寝返りの時の足の痛みが

薄らいでいて我ながら、単純だなぁと思いました^^;

この単細胞さで、顎の痛みもじきに治ることでしょう、きっと。

202107203.jpg

台湾マンゴー

| コメント(2)

台湾からマンゴーが届きました、と、言っても個人的に届いた訳ではなく、

七宝焼の家やキャンドルの家のあるたくみの里が、台湾と友好が深いため、

たくみの里経由で購入しました。言ってみれば、付き合いで^^;

202107191.jpg

外国から来るものは、日本の表示と色々違って興味深いです。箱の表には、

請冷蔵と、日本では要冷蔵ですね、同じ意味なのでしょうけど、優しい感じが

します。横の面には、仕向地 日本 と。日本の他も沢山送られているのでしょうね。

202107192.jpg

中には、7個のマンゴーがしっかり詰められていました。2個は、爺さん婆さんが

残りは娘と孫やひ孫のところへおすそ分けです。届かなかった遠方の孫たちは、

ゴメンね(笑笑

202107193.jpg

ちょっと香りは少なかったですが、いかにも南国のフルーツの甘さです。レモンが

あれば、少しかけると一層美味しかったかもしれません。もうじき3歳になる

ひ孫が、初めて見るマンゴーを"たまごー"と言っていたそうです。恐竜の卵かと

思ったのかな? 形は、まさしくたまごですものね。台湾の味堪能できました。

202107194.jpg

先日知り合いでイチゴ栽培をしている人に、最後なので採りに来ないかと

お誘いいただき、早速行ってきました。朝雨が降っていたのに、ハウスに入る頃には

すっかり晴れて、中はすごい熱気でした。汗だくになりながら、まだ食べられる

綺麗なものを収穫させてもらいました。そしてジャム作りです。手前のお鍋は、

肉の佃煮。ちょうどお弁当用にたくさん買ってしまったので、この暑いのに

コンロを2口使う羽目に^^;

202107181.jpg

ジャムの方は、小分けで煮たので、1回目は完成。庭の最後のブルーベリーは、

電子レンジで。ブルーベリーは、ペクチンが多いのでレンジでも数回で完成して

助かります。

202107182.jpg

3回目のジャムももう少しで完成です。お肉の佃煮は出来上がりました。色が

パッとしませんが、お弁当に入れるとちょうど良い味なので、主人の好物です。

今日一日、これをやると決めたことが終わるとホッとしますね。実は先日商工会

からご紹介のあったセミナーを聞きながらの、台所仕事でした。時間を有効に

使えたこともありがたかったです。感謝の一日です。

202107183.jpg

今、我が家の食堂に置いてあるテレビが映らない局があります。Eテレと

群馬チャンネルです。Eテレは、朝主人とテレビ体操をする時に場所がちょうど

良いので、ちょっと困ります。

202107171.jpg

群馬チャンネルは、地方局とは言え、朝6時半に放送していないことはないですね。

電波が妨害されているのでしょう。

202107172.jpg

妨害の主は、この建築用ネットです。今お隣に家を建てているので、仕方がありません。

食堂と居間は、繋がっていて5~6mしか離れていない別のテレビは、両方の局とも

入るようになりました。ですから二人とも場所を変えて狭い家の中で、うっかりすると

あちこち手をぶつけながら朝の体操をしています。10月頃には完成するそうで、

新しい隣人をお迎えする楽しみも含めて、その時を待ちたいと思います。

202107173.jpg

ネジバナ

| コメント(2)

玄関先の砂利を敷いた中に、ネジバナが咲いていました。人の歩く、

こんな所に咲いたのは、初めてです。

ネジバナ って、ネジリバナとかモジズリなどと呼ばれたていましたが、今は

ネジバナが通称で、山野草のコーナーで売っていたりしますね。

2021071611.jpg

一週間以上前に見つけてスマホで撮ったのですが、手ブレばかり。

雨が止んだらカメラで、と待ち続け、やっと果たせた頃にはもう

てっぺんの最後まで開くところでした。

202107162.jpg

でもその近くにあと2本咲きだしていました。外にも出なかったので、

気が付きませんでした。色も微妙に違って野草といえども個性がありますね。

202107163.jpg

この子はもっとも若いので、先端のねじりが良くわかります。地面から出て来た時

には、どんな様子だったのでしょう、次々に花の咲いていくのも含めて、

早送りで見てみたいものですね。曇り空にひときわ際立つピンク色でした。

202107164.jpg

昨年初めて、オリンピックの前日に日本の明かりを世界に発信しようと

計画されたみんなの想火、オリンピックが延期になっても発信はしました。

それを踏まえて、今年は正式に各県から、オンラインで来週行われます。

みなかみ町は、観光協会が先日チラシをメール配信してくれました。

以下抜粋です。

みなかみ芸術の明かり竹灯籠委員会(委員長・福田由里[ふくだゆり]/

みなかみ町)は、令和3(2021)年7月22日に開催される「世界最大の

竹あかりの祭典/みんなの想火2021オンライン」に群馬の代表として参加します。

全国の「自分のまちは自分で灯す」意志を持ったリーダーを「サムライ」

と呼称し、仲間達を繋ぎふるさとを想うあかりを全国で灯すことで世界に

希望を届けます。群馬県のサムライは「みなかみ芸術の明かり竹灯籠委員会」

委員長の福田由里です。

屋外の会場になるので、点灯セレモニーの時だけでも雨が降りませんように。

202107151.jpg

美容相談

| コメント(2)

先日、いつも行っているはるか美容室で美容相談があるのでいかがかと

ご提案いただき、野次馬の私はもちろん参加させてもらいました。

無料なので(笑  高校卒業間近に学校へ大手化粧品会社2社が来て

女生徒だけ受けた以来です。あれからうん十年、おばあさんなのに。

202107141.jpg

美容員さんの指は、たるんだ頬の上も滑らかにリズムよく

動いてマッサージが進み、血行が良くなりました。

泡洗顔をやってもらっていたら、❝鼻の先にツンと角が立って

面白い❞と、美容室の春枝ちゃんが写真を撮ってくれました。

202107142.jpg

それではおでこにも、と美容員さんがあちこちに角を立てて

みんなで大笑い。この後、蒸しタオルでさっぱりしてから、綺麗に

お化粧してくれました。見違えるほど美人になったのは言うまでも

ありませんので、証拠写真は無しという事で(笑笑^o^

癒しのスポットはるか美容室で、楽しいひと時を過ごさせてもらいました。

ありがたかったです。

202107143.jpg

先日、鳥居に茅の輪が飾られているのを見に来た村主八幡神社ですが、

その鳥居の脇に、見事な欅がありました。村主の大欅と書かれています。

202107131.jpg

樹のサイズが石に書かれていましたが、なんだかもっと大きいような

気がします。

202107132.jpg

石に刻まれた大欅の紹介文をUPにしました。 なるほどぉ。

樹齢600年、すごいですね。尺貫法が行われている時なので、

書かれてから50年以上は経っているのでしょうね。

20210713.jpg

根元には、大きなコブのようなものがあり、この樹が自ら修復した

のかもしれません。樹の持つエネルギーが推し量られます。

202107133.jpg

社殿の方から見ると、枝が大きく広がっているのがわかります。

しかも大きい! 見事です。寄らば大樹の陰というけれど、

大きな樹の下には、何か安心感があります、カミナリの時以外はね。

この樹にまた会いに来ることにします。

202107134.jpg

webセミナー

| コメント(2)

先日商工会からwebセミナーのお知らせチラシが送られてきました。

みなかみ町は、あまりこういうものが来ないので、珍しいです。

今はオンラインで見聞きする事が出来るようになったので、出かけなくても

自分の聞きたい事、知りたい事を選べるので、ありがたいです。しかも

時間も都合の良い時間で聞くことが出来るようになっているので、それも

助かります。項目をチェックして、色々聞いてみたいです。

202107121.jpg

昨日お伝えした伊賀野の風景をご覧ください。 綺麗に植えられたほうき草

(コキア)です。コロコロ、もこもこして可愛いです。

202107111.jpg

今にも動き出しそう。思わず触りたくなるようなフワフワですね。

202107112.jpg

ここがイベント会場です。この台に上がったら見晴らしが良いことでしょうね。

この時、ちょうど雨が上がって、久しぶりの青空になりましたが、数十分後

また降り出しました。イベント時間には雨も止むといいですね。

202107113.jpg

娘たちの竹灯籠委員会が作った竹灯籠も、頼まれて設置しました。

夜訪れる人も無いかもしれませんが、何しろ電設会社の社長さんが

トップで行っているので、このような山の中とて点灯はお手の物

ですね(笑

202107114.jpg

ホントに広々とした気持ちの良い場所なので、繋ぎ合わせてみました。サイズが大き過ぎて全部入りませんでし

た。下のスクロールバーで右の方が見られます。スマホだったのだから最初からパノラマで撮れば良かった^^;

202107115.jpg

伊賀野の花畑

| コメント(2)

国道17号線を新潟方面に向かって右の山間に伊賀野という所が

あります。もう何年も前に、そこに住む電設会社の社長さんが

農作放棄地を借りてほうき草(コキア)を一面に植えました。

コキアは、緑の頃は丸くて可愛く、秋には赤や濃いピンクに紅葉して

ずっと楽しめます。地域の方々も喜んで他の花を植えたり草刈りを

して、その地区全体で楽しまれるようになりました。今年はそこで

4日に七夕祭りが行われ、明日11日には、イベントもあるようです。

202107101.jpg

先日写真を撮りに行ったら、草刈りを一休みしていた方から下の

チラシをいただきました。昼間は鳥の声しか聞こえない山間に

楽しい音楽と人の声が響くことでしょう。お天気に恵まれ密にならず

皆様が楽しめますように。

202107102.jpg

村主神社

| コメント(2)

7月のみなかみ町の広報に載っていた村主神社の記事です。

車で5分位の場所にありますが、今まで行ったことがありませんでした。

202107091.jpg

一礼して、参拝させていただきました。もう茅の輪の色が変わって

いたので、設置されたのは、春だったのかもしれません。

お昼近かったので、太陽が上からさして明るい社殿でした。鬱蒼とした

雰囲気が多い中で、ちょっと安心感のある神社です。

202107092.jpg

村主という地名の八幡神社なのですね。いつも村主神社と言っていたのは、

通称ですね。

202107093.jpg

明るい社殿は、ガラス戸もピカピカで、手入れが行き届いているようです。

地元愛かな? (笑

202107094.jpg

ここには、八幡社とあります。 金の葵の御紋が・・・由緒ありそうですね。

名胡桃城が近くにあり、名胡桃の総鎮守である、と、鳥居の脇に書いて

ありました。

202107095.jpg

太々神楽の舞台もやっぱり立派でした。秋には地元の方々の神楽が

奉納されるのでしょうね。家からホントに近い所で新名所発見でした。

町の広報のおかげで、私の狭い視野も広がりました。ありがたいです。

202107096.jpg

海の風景

| コメント(2)

ジェル飾りで海の風景のつもりを作りました。ロウソクの芯を入れなかったので、

キャンドルではなく、飾り物ですね。

202107081 .jpg

ヨットは、ガラスの内側に描きました。外に描くと、油性ペンでも水で冷やす時に

消えてしまうので、このガラス面の中に描いてあります。ヘタでもいいという

見本です(笑^^;

202107082.jpg

上からだと一目瞭然。 早く梅雨があけて、気持ちの良い潮風に吹かれてみたい

です。もう少しですね♪

202107083.jpg

田んぼのカモ

| コメント(2)

今年も近くの田んぼにカモがやってきました。いつもいるのではなくて、

どこからか、朝夕飛んできます。去年初めて見たのですが、今年も同じように

6羽のご一行さまです。この田んぼは、田植えが他より遅いので奥に見える苗

よりずっと小さく、カモがエサを取るのにちょうど良いのでしょうか、でも

それをどうやって知るのか不思議ですね。カモにも備わったSNSがあるのかな?

202107071.jpg

朝ちょうど通りかかったら、いたので車の中からそっと撮りました。遠いので

トリミングしました。3羽ともちょっと警戒してますね。

202107072.jpg

でも車から降りなかったので、安心してまたお食事。去年は一眼を構えたら

みんな飛び去ってしまったので、気の毒でした。脅かさないようにそっと

見守りたいです。

202107073.jpg

ホオジロの声

| コメント(2)

雨が続いて、被害が出た地域の皆様に心からお見舞い申し上げます。毎年

どこかで繰り返すこの災害、何とかならないものなのでしょうか、東京下町の

ゼロメートル地帯で生まれ育った者としては、心が痛みます。亡くなった方々の

ご冥福をお祈りいたします。一日も早く復旧出来ますように。

さて、"一筆啓上仕り候" と、ホオジロが声高々に歌いだしました。しかも

雨の中。近くで聞こえたので、家の中からスマホ撮影。姿は見えませんでしたが

すぐそこにいるような気もします。動画の編集は相変わらずヘタですが、37秒

位です。

Windows11

| コメント(2)

Windows11の発表がありましたね。嬉しいのは、アンドロイドアプリが

実行出来るようになったことです。調べたサイトには、「Windows 11では

Android向けのアプリケーションが起動できるようになりました。

ソフトウェアは「Amazon Appstore」からダウンロードすることになります

と書かれていました。WindowsとGoogleは歩み寄ったのでしょうか(笑

きっと何か便利になりますね、わからないけど^o^

Windows10から移行の場合最小要件を満たしていれば、無料だそうです。

自分のPCのスペックをチェックして、この秋か年明け頃のアップグレードを

楽しみにしています。

202107051.jpg



リハビリ卒業

| コメント(0)

7月1日(木)、1月5日から週2回ずつ受けていた足のリハビリを

卒業出来ました。昨年1月24日に受けた膝関節症の人工関節置換術が

9月に感染症を発症していた事が分かり、12月末まで入院、その間

2回同じところを手術しました。入院中車椅子が長かったので、足の

筋肉が弱り、退院後のリハビリでフォローしてもらいました。

10㎝位の台を乗り降りするだけのことでも、大汗をかき、情けなかった

のですが、リハビリ期間のタイムアウトもあり、やっと無罪放免?笑)

これからは、手術をした右足をかばって頑張りすぎた左足が、曲がらなく

なっているので、それを何とかして見た目だけでも普通に歩いているように

したいですが・・・ & リハビリや痛みに耐えた時に、歯を食いしばって

しまい、顎関節症になりかけているので口腔外科で口が開けられるように、

と、どこか一つ悪くなると次々です。でも一つ済んだだけでもありがたいので

次のステップを上がって行くことにします。

202107041.jpg

ニュージーりんごなどと勝手に短縮しましたが、ニュージーランド産のリンゴです。

前から生協やスーパーで売られていて、どうなのかなと思っていましたが、

初めて生協で買ってみました。

202107031.jpg

ブリーズという名前がついています。ふじとか陽光のような銘柄名なのでしょうか。

絵や文字のスタイルも外国らしく感じますね。ニュージーランドは、日本の若者たち

にはスノーボードで人気の国なので、ちゃんと雪山も描かれています。

202107032.jpg

小粒で、おばあさんの小さな手にピッタリ。味は、甘み酸味がちょうど良く、

歯ごたえもしっかりしていて、日本のリンゴとは別物のように感じました。

あんずの酸味を控えて固くしたみたい。木の実をもいで食べているようで、

面白いです。外国のものは、農薬の心配もあったので、あまり買いませんでしたが

これは、ちょっとはまりそう。どこでもドアがあったら、ニュージーランドまで

リンゴ狩りに行きたいです。きっと新鮮で、もっと美味しく感じるでしょうね。

202107033.jpg

動画リベンジ

| コメント(2)

先日載せた夏椿とホトトギスの声の動画、編集し直してみました。

初めの部分を元に戻し、途中かすかにカランという音がしますが、

そこから今お隣で家を建てている音声が入ってしまって、鳥の声を消している

ので、その部分を削除し、後に繋げてみました。前のものは、部分だけの

削除がうまくいかず、そのまま前半全部無くなってしまっていました。

もっとスムーズに繋がるよう、また色々試してみたいです。少し長くなった

ので、57秒位です。

祝日移動

| コメント(2)

7月になりました、早いですね~。7月、8月は、オリンピックが開催

されるので、祝日の移動があるそうです。調べたところ、

7月19日は平日になって➡7月22日が祝日に。

10月11日も平日になって ➡7月23日へ移動で、22日23日と土日で4連休

8月11日も平日になり ➡8月8日へ移動になるので、8月9日が振替休日。そこも

8月7日(土)からで3連休になります。

カレンダーは、印刷が間に合わなかったそうで、変更後のものをダウンロード

出来る会社もあると、6月29日の朝のNHKニュースで言っていました。

202107011.jpg

ニュースで見る前に、どのように変更になるか詳しく調べようと

思いましたら、首相官邸のHPで発表されていました。今更ながらですが、

補助金関係などで、経済産業省のHPが身近になっていて、自分たちまで

こういう普段あまり関係ない所を見られるのが、年寄りにとっては

驚きです。world wide wave なんだから、わかっちゃいるんですけどね^^

10月11日になる頃には、休日かどうかすっかり忘れてしまいそうです(笑;

2021070122.jpg

天馬に

| コメント(2)

たくみの里のアイドル、白馬のカンタくんが6月28日13時半

旅立ちました。水上温泉からたくみの里に来てちょうど10年

だそうです。たくみの里で、馬車をひく任務を終えてからも

数年が経ちますが、駒形山の麓で面倒見の良い飼育員さんと

一緒にお客さんをおもてなししてくれていました。気さくな

飼育員矢部さんとの記事は、2019年4月23日の記事で載せました。

馬車を引いていた頃のカンタくんです。お客さんにも可愛がられていました。

202106301.jpg

お疲れ様のエサをもらっているところ。この写真は、2013年に撮りました。

あれから8年経っているので、推定年齢は、75歳~80歳の間だそうです。

202106302.jpg

大きな体なので、小屋の中だと動かすことも出来ないようでしたが、

その時を察してか、自分で外に出て飼育員さんたちが立てたテントの中で

お迎えを待ったようです。孝行してくれたと矢部さんがお話したそうです。

ペガサスのように背中に綺麗な羽をつけて、天馬になったことでしょう。

ありがとう、ご苦労様でした。

202106303.jpg

上野動物園で、パンダの赤ちゃんが誕生したそうですね、しかも双子。

嬉しいです。パンダは、一匹しか育てないこともあるので、飼育員さんが

もう一匹に授乳して、コッソリもう一匹と入れ替えたりしているそうです。

24時間付きっきりで、大変なご苦労ですね。

読売新聞の編集手帳に載っていた幼稚園児の詩がとても可愛く、共有したい

ので転載させていただきました。最後の部分です。

202106291.jpg

キャンドルの家にもパンダのガラスオーナメントがあるので、お披露目して

一緒に赤ちゃんの誕生をお祝いしましょう。上野の子たちが無事大きくなって、

みんなにあの愛くるしい姿を見せてくれますように。

202106292.jpg

ミニバラ

| コメント(2)

ミニバラが咲きました。大分前に咲き始めたのですが、まん延防止などで土日しか

お店に行っていないので、しかもどちらかは雨の日が多く、美しい時期を逃して

しまいました。

202106281.jpg

このミニバラは、七宝焼の家とキャンドルの家の看板の左下にあり、10年以上前

娘が母の日にプレゼントしてくれたものを、私がここに植えました。この看板も

一度建て替えたので、もうダメかなと思っていましたが、すっかり息を吹き返して

毎年可愛い花を見せてくれます。バラは、案外強いものですね。

202106282.jpg

ミニとは言え、幾重にも花びらを持ち、近くで見ると立派なものですよね。

来年は、もっと綺麗な時に撮ってあげましょう。

202106283.jpg

自分の体調も万全ではなく、外出もあまりしなくなると、今まで普通に見ていた

ものの時を、逸してしまうこともあるのだなぁと思いました。でもそれはそれ、

個人の事情とは関係なく自然は、流れを移していきますね。

202106284.jpg

庭の夏椿を撮っている時、ホトトギスがずっと鳴いていたので、その声も

残したくてスマホ動画も作りました。35秒の短いものです。

ホトトギスは、こんなに鳴いても自分の卵は、ウグイスなどに孵してもらう

そうですね。動画には入っていませんが、けたたましいホトトギスの声が

少し止むとウグイスの穏やかな鳴き声もして、山里はのどかな一日です。

この日は、午後3時頃コジュケイが "チョットコーイ チョットコーイ" と

鳴く声も聞こえ、鳥も雨の季節の合間で大忙しの様子でした。

夏椿

| コメント(0)

庭に夏椿が咲いています。この花は一日花で、夕方にはそのままの形で、地面に

落ちてしまい、赤やピンクのツバキと違って薄い白の花びら故に、より一層

はかなく見えます。

202106261.jpg

ハチが飛び込んできました。この花の蜜がお好みだったら、ハチも急がなきゃね。

202106262.jpg

花が開ききると、オシベの先が茶色になってしまいます。朝早くならいいかなと

思いましたが、陽が昇らないと開きません。綺麗な黄色の花粉を見つけたのは

この花だけでした。

202106263.jpg

白玉のような、つぼみ。ツヤツヤです。シルクの細い糸で覆われているように

見えます。ガクのしっかり支えていたとげとげも、そのままで面白いです。

202106264.jpg

赤ちゃんのようなつぼみ。上の写真のようにもこもこと出てくるのでしょう。

このままビデオで撮り続けたいですね。この日はホトトギスがずっと鳴いて

いました。スマホビデオで音声も取り込み明日アップしようと思います。

202106265.jpg

6月の半ば過ぎ頃から、あちこちに栗の花が咲き始めました。

この辺の栗はほとんど山栗で、小さなものですが、桜と同じで

花が咲き始めると、こんなところにもあったのかと、気が付きます。

この花は独特の匂いがして、私は苦手です。でも時を同じくして

ホタルが飛び始めるので、その時期のバロメーターにもなっています。

6月19日(土)だったと思いますが、SNSに近くの猿ヶ京温泉の方が

今年初めてホタルの飛行を確認したと載せていました。栗の花も満開を

迎え、花柄が地面に毛虫のように落ちているのも、お見事www

みなかみ町ではこの時期、月夜野地区でホタル祭りが行われますが、昨年同様

今年も開催はなく、それでもそんな人間の催しとは関係なくホタルは、飛んで

飛んで子孫を残します。静かにその光を見せてもらうのには、かえって絶好の機会

かもしれませんね。写真は撮ってあった草にPhoto shopでホタルの絵を描いて

みました。ゴキブリに見える(笑^^;

202106251.jpg

お絵かき

| コメント(2)

ビー玉に、バラの花(の、つもり^^;)を描きました。ジェルキャンドルの中に

お好みで入れてもらうためにです。

202106241.jpg

ビー玉は、直径2㎝位なので、拡大鏡をメガネの上からかけての作業です。

絵は、下手くそですが、ジェルの中に入ると案外様になるので、子供さんなどは

喜んで使ってくれます。その嬉しそうな顔みたさに、です。

202106242.jpg

輪郭の隅までしっかり色が入っていなくても、そこが良い所、

などと勝手に思う図々しさ(笑

202106243.jpg

こちらは、おはじき。中の色が葉のように見えるので、小さな

花をつけました。これは立てて置いてもらうと、横から見えると

思います。冬には、雪の結晶をビー玉に描くと、喜んでもらえました。

このお花たちは、使ってもらえるでしょうか。それにしても、もう少し

絵が上手になりたいところです。

202106244.jpg

初収穫

| コメント(2)

2021年我が家のネコの額ほどの畑で、初収穫が出来ました。残念ながらピンボケ写真

ですが、きゅうり3本。 丸くなっているのは、地面についていて良く見えず

こんなに太くなっているとは思いませんでした。

202106231.jpg

花が咲いて、葉も出ています。葉は、きゅうりとは違う形をしています。

接ぎ木されていた元のものでしょうか? 不思議。

202106232.jpg

裏側は、皮が幕のようにせり出していて、そこから花芽が

出て来たのですね。地面についていたので、元の植物が目覚めちゃった

のかも。面白いですね。

202106233.jpg

葉の様子から、台木はトマトだったかもしれませんが、花はきゅうりです。

朝、早速いただきました。特にトマトの味はしませんでしたが

新鮮な甘さと歯ごたえを噛みしめました。みずみずしい初物ありがたいですね。

202106234.jpg

ツユクサ

| コメント(2)

先日雨の中、病院の送迎車を待っていましたら、足元に雨の似合う花

ツユクサが咲いていました。美しいブルーと元気そのものの黄色。

その名の通り、梅雨時から夏にかけてどこでも見られる植物ですね。

とても強いので、花壇の中のものは、抜いてしまいますが、

カーポートの脇などのものは、そのままにしてこの色合いを

楽しませてもらっています。この子は、花びらも開いてしまって

そろそろ終盤でしょうか。ツユクサの花弁は3枚だそうで、ブルーの

他に下側の白いものもそのようです。好きな花の事を今は簡単に

調べられ、一層身近に感じることが出来るのでありがたいです。

それにしても、このブルーの美しいこと❣❣ 

202106221.jpg

昨年の暮れに娘からもらったカレンダー、こばやしあやさんというみなかみ町

在住の水彩画家のものです。可愛くてほのぼのとした絵が私もとても好きで

プレゼントしてくれた時は、まだ入院中だったので、年明けて使えるのを

楽しみにしていました。今月は梅雨時なので、雨の絵ですが、下の方の葉の上には

どれもしずくが目玉のように描かれているのを発見、しずく小僧が降りてくるのを

見守っているのでしょうか。雨の季節もこれで楽しくなりますね。

202106211.jpg

裏にも可愛い絵が満載です。くまさんにはしずくが飴玉のように見えるのかも。

ツバメも雨の直前は、低空飛行でエサを取っていますね。傘からのしずくを

カタツムリにかけてあげたり、ネズミが雨粒で曲芸に挑戦。雨だって楽しいことは

いっぱいあるよと言われているみたいですね。この月になって実感、共感できる

カレンダーです。来月も楽しみです。

202106212.jpg

石の間に何やら美しい造形が。タンポポでした。ちょいと置かれたマットの

ようです。 もう6月後半ですから花は咲き終わっていて通常では、葉は

枯れるのかと思っていましたが、まだこのように地面にピッタリ張り付いて、

大地の温かさから離れたくないように見えます。

それにしても、この形状! 見事ですね~ 葉の先が矢じりのようになって、

それに沿ってとげとげのついた切れ込み。何層かになっていますが、少しずつ

中心からずれて、全体に日が当たるようにしていて、これもお見事。

自然の造形には、拍手喝采が止まりません。

202106201.jpg

6月17日(木)2回目のコロナワクチンを接種してきました。会場は前回と違う

みなかみ町総合体育館です。ここも自宅から車で5分位なので近くて助かります。

202106191.jpg

予約時間15分前に受付で館内に入れます。案内された椅子で待っていると、受付の

人がそれぞれのところに来てくれて、確認するので、足の悪い私などは立ったり

座ったりしなくて済んで助かりました。ニュースでも全国の会場の対応を放送

しているので、どんどんスムーズになっているのかもしれません。大人数の若い人が

接種する頃には、係の人たちも慣れてきてご苦労も軽減されるといいですね。

202106192.jpg

ここでは、接種後の待ち時間で退屈しないようにモニターが用意されていました。

202106193.jpg

みなかみ町のYou Tube で、たくみの里が紹介され、カンタくんの馬車が登場。

この馬車は、もう運行されていませんが、高齢になったカンタくんは、たくみの里の

駒形山の麓で、余生を送っています。待ち時間は、あと6分。この後、最終受付で

接種終了を確認してもらい、ホッと出来ました。これでお店にお客さんがいらしても

安心して対応させていただけます。ありがたかったです。

202106194.jpg

いよいよ関東も梅雨入りして、ホタルが喜ぶ蒸し暑い日が続いています。

七宝焼の家オンラインショップも、初めの頃撮った写真を少し入れ替えようかと

ちょっと涼し気な小物も使って、撮り直してみました。光量不足で、ブルーの

背景になってしまいました、いかにも雨の季節ですね(笑

202106181.jpg

ガラスフュージングという技法のガラスペンダントで、七宝焼ではありません。

これからの季節、七宝焼の家でも体験する人が多くなります。ベネチアンガラス

という花模様のような粒を組み合わせるので、お好みの色合いが出来ます。

202106182.jpg

裏側は、こうなっています。SILVERの刻印が見えますね。枠がシルバーで出来て

います。マスクの外せないこの夏も、少しでも涼し気に過ごしたいですね。

202106183.jpg

ヤマボウシの中心にある小さな丸に、花が開いたら撮りたいと思っていたのに、

忘れてしまいました。木の中の日当たりの悪い所を覗いたら、一つ見つけたけど

高くて遠くて良くわかりません。脚立と望遠レンズが欲しいなどと無いものねだり^^;

202106171.jpg

仕方がないので、Photo shop でトリミングしたら、見えましたね。面白い花!

薄く巻かれた花びらの中心に飛び出した長~いメシベ。

こんな花だったとは、知らなかった。

カメラのおかげで、おばあさんの好奇心もちょっと満足させてもらいました。

来年は、せめて脚立を持ってきましょう。落ちないように気を付けてね(笑

202106172.jpg

花咲じいさん

| コメント(2)

朝、お店に行ってみると、先日主人が植えてくれたプランターに竹や枯れ木が

刺さっていました。丁度外で水まきをしていた主人に、これなぁにと聞いたら

朝顔の木だよとの返事???え?? つまり朝顔のツルが巻きつけるように。

出窓際のネットだけでは遠いので、手前の朝顔たちのために立てたようですwww

202106161.jpg

確かに朝顔も伸び始めていて、彼らは、この支柱を喜んでいるようにも

思えますが。  竹ならまだしも、枯れ木! どんどん伸びてここにたくさん

朝顔が咲いたら、朝顔の木となりますね。花咲じいさんになれるのか?

202106162.jpg

もう出窓のディスプレイは、今年は無かったことに。窓ふきもせずに

済みます。後は、花に寄ってきた虫が店内に入ってこないように

しましょう。朝顔大好き花咲かじいさんのイメージ通りになるか

乞うご期待!

202106163.jpg

鳥獣戯画

| コメント(2)

新聞広告にこの本が載っていて主人の要望で購入しました。

東京国立博物館で、特別展があったのでそれと並行しての出版

のようです。行きたくても行けない東京ですから、電車賃や諸々を

考えてこれで我慢は、助かりますね。

202106151.jpg

鳥獣戯画は、子供の頃初めて知って、すごく楽しく興味のあるもの

となりましたが、詳しく知る術もなくそのままになっていました。

人間以外の動物が、人と同じような事をしていて、それぞれの表情が

場面によって異なるのも子供心に共感を呼んだものでした。

202106152.jpg

一枚の絵巻物としてあるのかと思っていましたが、甲乙丙丁と区別されていて

年代も長きに渡り描かれていました。ですから、描きても代々受け継がれ

それぞれの時代を風刺しながら残されていったものだったのですね。

知らないことが沢山ありました。

202106153.jpg

こちらは、東京国立博物館のHPから画像をお借りしました。HPを見ると、

益々実物を見たくなってしまいますが、いつかきっと本物に出会える時も

来ることでしょう、願っていればね。それまで、この本を楽しむことにします。

202106154.jpg

炭治郎柄

| コメント(2)

ジェルキャンドルのカラーサンドを、鬼滅の刃の炭治郎柄で作りました。

以前もベースを黒で作ったのですが、黒の粒子が大きくてうまくいきませんでした。

今回は、ダークブラウンとアクアブルーで再挑戦。前より少し綺麗に出来たと

思っています。

202106141.jpg

炭治郎柄と書きましたが、マスクなどで流行っているのは、鬼滅柄というのか、

よくわかりません。   キャンドルの芯の脇にご注目。お化けの目みたい。

202106142.jpg

一番目の写真で、真ん中の芯の脇に気泡が出てきていました。ニョキっとお化け

みたいになっていたのが、ここでは、すっかり上に上がって表面にポッコリして

います。通常お客さんのキャンドルは、これをすっかり潰してから冷やし、お渡し

しています。砂の重ね方によっては、中々収まらないこともあります。

202106143.jpg

ぐるりとまわして元に戻った頃には、出てくる泡も収まっています。

炭治郎さんは、鬼と戦っているけど、私は泡つぶしなので、戦うと言うより遊んで

もらっていますね。ありがたいお仕事です、感謝!

202106144.jpg

野ばら2021

| コメント(2)

今年も、以前鳥のプレゼントしてくれた野ばらが咲きだしました。

野ばらって、白色だけなのかと思っていたので、こんな可愛い色だと切るのも

惜しく、秋に短くはしますが、それでもこうして勢いを増して咲いてくれます。

202106131.jpg

朝日が昇る頃、陰影が出来て、写真を撮るには一番良い時間だと思います。

202106132.jpg

可憐な花なのに、石の上にもどんどん伸びて強いです。

202106133.jpg

光と影が色の違いを作っています。このように中心が茶色になってきているのは、

咲き終わりの近いものですね。この子たちは、真っ先に咲いたのでしょう。

ご苦労様でした。ここで咲いてくれてありがとう。

202106134.jpg

蕎麦の花

| コメント(2)

キャンドルの家と七宝焼の家は、明日6月13日まで土日祝日だけ営業しています。

まん延防止等の措置が解除後は、通常営業に戻る予定ですが今のところ未定です。

6日(日)にたくみの里に行った時、そろそろかなと思って、寄り道をしましたら、

可愛い蕎麦の花、咲きだしていました。たくみの里は、最近そば畑を沢山作りました。

そば打ち体験が出来るので、地元で出来たそば粉を使うためですね。

202106121.jpg

ホントに可愛い花です。かんざしみたい。つぼみのピンクがまだある、この時期が

一番見ごろだと、勝手に思います。

202106122.jpg

向こうに見えるのは、リンゴ畑。リンゴも摘果の時期ですから、生っているか

気になります。

202106123.jpg

ちょっと失礼して、覗いて見るともうこんなに大きくなっています。5個位

まとまってなっているので、中心か、その中の一番大きな実を残して他は、

ハサミで摘み取ります。以前片品村でリンゴ園のお手伝いをしたとき、

黙々と繰り返すこの作業が好きでした。

202106124.jpg

またそば畑に戻って、可愛さにため息をつきながら、開店前の短い時間を

楽しみました。ありがたかったです。

202106125.jpg

花でお出迎え

| コメント(2)

キャンドルの家の出窓の下に主人が花を植えてくれました。毎年こうして少しでも

綺麗に、と思ってやってくれるので、ありがたいです。

202106111.jpg

でも今年は出窓の前面に、ツタの絡まる網も張られていました。プランターを

良く見ると、朝顔の双葉が沢山出ています。一緒に種を撒いてしまったようで、

朝顔がどんどん伸びてきたら、出窓の見本は見えなくなりますね^^;

202106112.jpg

こちらのプランターは、超密の朝顔。苦しそう、コスモスまで出ています(笑

主人は朝顔が好きなので、七宝焼の家の出窓前や壁面、自宅のカーポートなどに

せっせと網を張ります。どうやら、カボチャの苗といい、どんどん伸びるのが

面白いと思うようです。準備万端整ったので、ツルが伸びてくるのと色々な

花が咲くのを楽しみましょう。

202106113.jpg

りだひ?

| コメント(2)

娘からLineに写真が送られてきました。今年小学一年生になった孫の算数の

教科書を何気なく見たら、このように書いてあったそうです。

添え書きに「ひだりを左から書くところが母としては満点をあげたい」と。確かに❣❣

バババカな婆さんとしては、丁寧に書いた字も花丸です!(^o^)!

私は入学した時、右左がハッキリわかりませんでした。大半の幼稚園に行っていた

子たちは知っていたので、行かないで小学校が社会生活初の私は、何につけても

ドギマギしていたものです。家に帰って、母にその日の事を事細かに話せるのが、

ストレスの解消になっていたのだと思います。孫も母親に密かに満点をもらって、

きっとのびのび過ごしていけるでしょう。コロナ禍でしばらく会えていない孫の

近況が分かってホッとしました。元気で友達と仲良く過ごせますように。

202106101.jpg

昨年、私が入院している間、お店は、娘か時々孫がやっていてくれました。

色々彼女たちの使いやすいように変わっていましたが、カラーサンドのスプーンが

細い金色のものに変えてあって、今までのが長すぎたので、とても使いやすく

なりました。黄金のスプーンで、見た目も綺麗です。

202106091.jpg

このスプーン、持ち手の先端部分に七宝焼をはめ込むようになっています。

いろんな材料の中にたくさん同梱されていたので、キャンドルさんに回してくれて

娘と主人がやっている七宝焼の家からの寄贈品となりますね(笑

キャンドルの家は、色々な材料の提供など七宝焼の家のおかげで成り立っています。

202106092.jpg

スプーンの先が細いので、カラーサンドを少し乗せるときに便利です。

大きな容器で作るには、時間がかかるので、そんな時は元の大きな

スプーンを提供します。色々揃えられて、ありがたいですね。

202106093.jpg

桐のまな板

| コメント(0)

使っているまな板を、うっかりガス台に接触させてしまい、

素材がプラスチックのため、へこみが出来てしまいました。

長年使っていたので、買い替えようかなと思っていたところ、

道の駅たくみの里のお土産売り場に、桐まな板を発見! 即お買い上げと

なりました。軽くてお値段も1,650円、財布にも優しくてありがたいです。

202106081.jpg

みなかみ町月夜野の桐匠根津さんは、群馬県の伝統工芸品作りとして群馬県ふるさと

伝統工芸品指定要綱に基づき、県知事から指定されています。

通販サイトもありますが、月夜野のお店がとても雰囲気が良く、一度入ってみたいな

と思っていました。まな板があると知っていれば・・・でしたが、今度は思い切って

お店を訪ねてみたいと思います。買うものが無くても大丈夫かな?ちょっと心配^-^

202106082.jpg

| コメント(2)

午後から降り出した雨が夕方には止んで、呼ばれたようにカーテンを開けると、

目の前に虹が出ていました。嬉しいですね。

202106071.jpg

ちょうど鳥が横切って行きました。鳥に虹は見えたかな。

ねぐらに帰るので、それどころではないかもしれません(笑

202106072.jpg

などと考えているうちに、夕日の高さも変わってきて、長く見えるように

なりました。こうなると"わーい"と叫びたくなりますよね。時間の経過で

根元が鉄塔の少し右に移動していました。

202106073.jpg

場所によっては、大きな半円形を楽しめたことでしょう。さっき横切って行った

鳥になれたら、それを見ることが出来るかな。誰かが楽しんだらそれでOKですね。

夕飯の支度と外の景色を見に、行ったり来たりの夕方でした。

202106074.jpg

ランチ

| コメント(2)

今年に入って、初めて娘と孫と三人でランチに行ってきました。

去年の秋は、入院していたので、ほぼ一年ぶり位になると思います。

場所は、沼田市にあるアルブルさん。正式には蔵のビストロ樹ーアルブル

さんのようです。シャクヤクが一輪、お出迎えしてくれました。

202106061.jpg

今、群馬県もまん延防止等重点措置が適用されているので、時短営業で

予約優先になさっているようです。こちらは隠れた名店ですので、

昨年来た時にはほぼ満席でしたが、この日は座席の間隔もあけてあって、

安心して食事が出来ました。

202106062.jpg

釣りや魚取り用の長~いズボンが脇に干してありました、

これでアユなどをとるのかな? 聞いてみようとおもい、

忘れてしまいました。そして美味しいお料理の写真も忘れ、

アクリル板のパネル越しに、束の間の楽しい時間を過ごす事が

出来ました。ありがたかったです。

202106063.jpg

お隣

| コメント(2)

ずっと空き地だった隣の土地、ついに家が建つことになりました。

4月にご家族でご挨拶に来てくれて、5月末から工事をすると伺っていましたが、

いつ地鎮祭などをするのかと思っていたら、それは省略のようです。だんだん

簡略化しますね。ここに住んで、18年。家のスタイルもどんどん変わってきて

今は、かた屋根の家が多いです。窓も小さく、プライバシーを守るように出来て

いるのでしょうか。町で管理する住宅地で、ずっと売れなかったものを当初の

頃の半値にしたので、若い人が沢山住んでくれています。毎日ひ孫のような

可愛い子供たちの声を聞いて、楽しんでいますが、自分がいかに年を重ねたかも

否応なしに知らされます。遠くにいても手を振って挨拶が出来たのは、見晴らしの

良い頃に住んだ人たち。今はこちらからしなければ、ご挨拶しそこないます(笑

だんだん"ウザイ年寄り"と言われるのかなぁ。でもきっとめげずに声をかける

と思います。返事がなくてもね。

202106051.jpg

前撮り

| コメント(0)

孫の長男が今年七五三を迎えるので、その前撮りをしてきたそうで、写真を

くれました。5歳と3歳になるひ孫たちです。今は、七五三まで前撮りですって!^^

202106041.jpg

こんなオシャレなスタジオで、遊んでいる自然な姿を撮るのは、さすがプロ。

一瞬を見逃さないですよね。

202106042.jpg

でも下のひ孫がやんちゃで、回らない口で生意気な事を言い、孫は冷や汗もの

だったとか(笑

202106043.jpg

二人で遊んでいた積み木が崩れた時の、それぞれの表情が対照的です。

上下の関係や性格、同じようには育たないけど、見極めて育児をする今の

若いお母さんたちは、エライなぁと思います。

人に迷惑をかけないように、元気に育って欲しいです。

202106044.jpg

ナデシコ

| コメント(2)

ナデシコと言ってもライオンナデシコが咲きだしました。こんな斑入りのものも

あります。色素が固まったので、花びらは色が薄いようなきがします。色の濃い

部分から、マゼンタ色の粒が飛び出しているようにも見えますね。

202106031.jpg

お隣さんは、色が粒で拡散しなかったので、花びらの咲きまで届いています。

中心近くの濃い色も形を崩していません。花の形成の細胞分裂が正常だったのと

少しずれがあったものかもしれません。どちらもそれなりに綺麗です。

202106032.jpg

同じところから伸びているのに、色も形態も違って個性がありますね。

202106033.jpg

これから伸びてくる蕾は、どのように開くのでしょう。花も人もそれぞれ違う

のが、大切。違わなくたってそれもOK。与えられたものは、実は自分が選んで

きたものだとか、せっかくだから、この命で様々な経験をして全うしたいですね。

202106034.jpg

カエデの実

| コメント(2)

カエデの種は、まだ着かないのかなぁと木の中を覗いて見たら、もう出来て

いました。今年は少ないかもしれません。クルクルと回って落ちていくのが

面白くて、毎年楽しみにしています。

202106021.jpg

お団子を二つ串に刺したようなのがあるので、何かと思ったら、種を真横に見た

ものでした。広がった羽の根元に丸い粒がついているので、横から見るとこうなる訳

ですね。初めて気が付きました。面白いですね、お団子が食べたくなりました。

202106022.jpg

ヤマボウシ

| コメント(2)

庭のヤマボウシに異変が。毎年一つ二つしか咲かなかったのに、今年はこんなに

沢山! どうしちゃったのでしょう。年月もあるのでしょうか????

202106011.jpg

真ん中の緑の部分に花が開くので、白いひらひらは、ガクになりますね。

なんだかみんな喜んでいるように見えるのは、気のせいでしょうか。

202106012.jpg

風車のようだったり、このままどこかに飛んで行く翼のようにも見えます。

202106013.jpg

木の中の方には、今まさに飛ぼうとしている鳥が、なんてね。  中心の花が

開くのを待っているのですが、なかなかです。この部分は赤く大きな実に

なるので、今年はその頃もまた、存在感を増すことでしょう。楽しみです。

202106014.jpg

早朝しずくの付いたつぼみを撮ったので、せっかくだから午前中に、開花した

四つ葉のクローバーも一眼で楽しんでみました。朝夕開閉するので、花びらが

それに順応出来るように少しずつ重なっています。

202105311.jpg

蕾が沢山付いていて、これからどんどん咲いていきますね。楽しみです。

今日で5月も終わり、次々と咲く花の速さに引っ張られて、あっという間に

時が過ぎたように感じてしまいます。雨の季節も楽しんで過ごせるかな?

202105312.jpg

もう咲き終わったものもあります。何日位、花が持つのか、あまり気にしたことが

ありませんでした。ちゃんと調べておけば良かったです。

202105313.jpg

この四つ葉のクローバーも園芸用に改良されたものだと思いますが、もうここに

植えっぱなしで15年以上は経っています。すぐそばに抜いても抜いても

出てくるスギナにもめげず頑張っているので、相当な強さだと思います。

毎年こうして楽しませてもらえるのも、ありがたいことですね。

202105314.jpg

ネコの本

| コメント(0)

今、スマホのKindle版で「猫は、うれしかったことしか覚えて

いない」を読んでいます。まだ途中なのですが、病院の待ち時間に

とって必須なので、読み進んでいくのがもったいないです。でも

この前に読んでいた「舟を編む」も同じで、頭の中で物語がずっと

とどまっていて、不思議と忘れずにいるので若いころのように

一気に読むよりも、小説がすっかり自分のものになっているような

気がします。内容も難しくなく、楽しんで読めるからなのでしょうね。

この本も、猫を飼っていないのに飼い主の猫に対する愛情が良く

わかります。飼うことは現状で出来ませんが、こうして楽しませて

もらえるのもありがたいことですね。

202105301.jpg

水滴化粧

| コメント(2)

雨上がりの朝、花壇の花たちにも水滴が残っていて、お化粧したようでした。

ほんの束の間の水化粧ですね。

202105291.jpg

園芸用の四つ葉のクローバーも、夜に畳んだ花びらから今まさに落ちていきます。

202105292.jpg

新しくて生地がしっかりした傘のようです。こんな上等の傘なら雨の日も

楽しいでしょうね。子供の頃は、帽子屋さんがあって、そのお店で傘も売って

いました。帽子も傘も良いものが揃っていて、あこがれたものでした。

202105293.jpg

ムスカリの種にも宝石が散りばめられていました。虫もここで

雨宿りをしていたようです。まだ寝ているのかな? 雨上がりの朝、

そろそろみんな動き出しますね。

202105294.jpg

一昨日コロナワクチン接種の1回目を受けてきました。どんなに混雑しているのか

と思っていたのですが、体育館の駐車場に張られたテントには人もまばらでした。

受付もスムーズで予約時間より30分も前に着いたのですが、5分ほど待って中に

入れました。

202105281.jpg

問診や医師との面接?でも、案内の人がそれぞれにいて、誘導してくれます。

接種を受けて、20分ほど経過観察のため休んでいる時も、それぞれの椅子に

タイマーが付いていて、案内してくれた人がスイッチを押すので順番が違うことなく

最終の次回予約確認までたどり着けます。正面に見えているところが、その

最終関門^^;となります。

202105282.jpg

全部終わって、ホッとしたところに見える風景。左の山は、その昔、薄倉城

(すすきくらじょう)という山城があった所。右の木立は、地元の氏神様が

祀られた熊野神社、お疲れ様ですと言われた気がします。

仕事とは言え役場の担当者や、ここに携わってくれた皆様には、感謝の一言

以外無い気がします。早く接種が全員に行き渡って、コロナが終息し、

ご苦労が報われますように。

202105283.jpg

雨上がり

| コメント(2)

5月23日(日)の朝、数日降った雨が止んで、久しぶりの青空になりました。

陽が昇ってきたので、山間からは、水蒸気がどんどん上がってきて、山火事の

ようでした。水蒸気も朝焼けしています。

202105271.jpg

この時とばかり、カメラを持って庭へ。 玄関を出るとすぐに竹が生えているので、

その水滴に魅了されます。

202105272.jpg

水滴に写った景色が面白いので、トリミングしました。鳥の目で見ると

こんな感じなのでしょうか。楽しいです。でも昨年も同じように記事を

作ったような気がしてきました。進化してないですね(;´∀`)

202105273.jpg

こちらは、春から赤い葉の楓です。水滴が光る様子を撮りたかったのですが・・・

光が中々うまく撮れません。と、ずっと言っているので、これも早く習得

したいです。やりたいことが沢山あるのに、すぐ忘れてしまいます。メモをして

おかなければね。あちらに帰るまでに出来なかったら来世のお楽しみです(笑

202105274.jpg

オーナメント

| コメント(2)

キャンドルの家のオーナメント、入荷出来ないものもあったりしてHPに掲載

する写真を撮り直しました。

202105261.jpg

透明なアクリルケースなので、裏側のベニヤ板ではあまり映えません。前のは、

白い紙を貼ったのを、今思い出しました(笑

一つ一つが可愛かったり、面白い顔をしていて、この他に5枚のケースがあるので

お客さんが迷うのも無理ないですよね。たまに"多すぎる!" と怒られることも

あります(;´∀`)

202105262.jpg

たくみの里周辺は、果樹園も多いのでイチゴ狩りやサクランボ狩り、リンゴ狩りなど

その季節の思い出作りをする人もいます。これからは、海系のオーナメントが

出るようになりますが、作ったジェルキャンドルを見て楽しかったことを思い出して

もらえると嬉しいです。 でもやっている者が一番楽しんでいるとは

ありがたいことですね。感謝❣❣

202105263.jpg

群馬県は、5月16日からまん延防止等重点措置適用地域として様々な

規制が設けられました。私の住んでいるみなかみ町は、対象外ですが、

ワクチン接種のため友達申請をした(ワクチン接種予約のために

それが必須です)lineからは折に触れ情報を送ってきます。

居住地が対象外だと言っても油断は禁物です、この地域でも若い人が

飲み会をしてクラスターが発生しました。今、我慢しなくて、いつ

するのでしょうか。まさしく "今でしょ!" ですね。

202105251.jpg

我が家の前の公園も、遊具に使用禁止の貼り紙がされて、子供たちが使えなく

なりました。公園そのものは、進入禁止ではありませんが、小さい子は遊具に

乗りたがるので、親たちは家の前の道路で遊ばせているようです。いつもと違う

方から楽しそうな声が響いてきます。でも道路はやっぱり危ないですね、早く

公園で安心して遊ばせてあげたいなぁと思います。

202105252.jpg

いくらやっても終わらない草取りをしていましたら、「こんにちは!」

と言われたような・・・もちろん、気のせいですけど(笑

ニワゼキショウでした。この花、いわゆる雑草なんですけど、なんだか

プライドを感じるんですよね。この美しさの所以でしょうか、アスファルトや

石の間でも毎年咲かせる強さでしょうか。

202105241.jpg

模様と色合いが、制服のような折り目正しさも感じてしまいます。花びらの

先端のツンとした部分も、ニワゼキショウなりのこだわりがありそう。必要不可欠

なんでしょうね。右端の咲き終わったものもらせん状に巻いて行くところがオシャレ。

くちゃくちゃに閉じたりはしないんですね。

202105242.jpg

イヌフグリとお話し中かしら。悪いので遠目で、このままにしておきましょう。

202105243.jpg

周りの分譲地に家が建つ前は、丈の高い草にも負けず沢山生えていましたが、

今は我が家の周りだけに見られます。若い人のお庭は、綺麗に人工芝やコンクリート

で固められて草など生えないのでしょうね。手入れの良くない庭だけど、どうぞ

毎年顔を見せてもらいたいです。

202105244.jpg

先日、NHKの630というニュース番組でたくみの里に飾られた台湾のランタンが

紹介されました。一つ一つが大きな提灯で、何事が起きたのかというほど、

目立ちます。一足先に七夕祭りのようです。

202105231.jpg

たくみの里は、台湾と友好関係にあり、台湾のランタン祭りに合わせて送って

くれたようです。でも今まさに台北がコロナの波に襲われていて、こんな可愛い

手作りのランタンを見ると一刻も早く終息して、世界中の人々の安全を願わずには

いられませんね。

202105232.jpg

日本を心配してくれた台湾の人々の思いが、世界の津々浦々に広まりますように。

当初は、コロナ禍を前向きに捉える人も多かったですが、長引くと気が付かないうちに

ストレスが・・・ 今は出かけるのを控えてもらって、もう少ししたら、この可愛い

絵をぜひ見に来ていただきたいと思います。

202105233.jpg

5月も20日を過ぎると梅雨の走りのように雨の日が多くなりますね。

コロナで外出もままならない状況ですが、少しでもサッパリしたくて

ブログのサイドの写真を涼し気なものに変えてみました。

#0194saidyou.jpg

現在、群馬県もまん延防止等重点措置の地域になっておりますので、

体験にお越しくださいとは言えませんが、解除の際は、ぜひお好みの

色合いで製作を楽しんでいただきたいと思います。

上下のガラスペンダントとも、七宝焼の家オンラインショップで販売

しております。ネットショッピングもぜひお楽しみください。

glaspendantsaidyou.jpg

5月も半ばを過ぎ暑い日もあるかもと、美容室に行ってきました。

マーガレットが風に揺れて楽し気にお出迎え。こんにちは!

202105211.jpg

ボサボサ頭だったおばあさんもスッキリしてもらって、お外で

記念撮影。これでも目は開いています(笑

202105212.jpg

モデルさんみたいにショートカットも写して、やっぱり顔が無い方が

いいですねアハハ!

202105213.jpg

反対側も。

春花(はるか)美容室は、お友達の春枝ちゃんが一人でやっています。

写真を送ってくれた時、車にもお花が写っていますよぉと

教えてくれました。ほんとだ!(^^)!

202105214.jpg

雰囲気がゆったりとしている春枝ちゃんなので、ここに来るだけで

リラックス出来ます。頭もサッパリして、久しぶりのおしゃべりも

楽しめて、有意義な半日でした。ありがたかったです。

202105215.jpg

ハナミズキ

| コメント(2)

我が家のある場所は、水田や河原だったところにいろ~んなものを埋め立てて

村では珍しい新興住宅地として売り出されました。今は合併でみなかみ町と

なり、こうした並木の管理も町でやってくれます。ここは、ハナミズキの並木

ですが、昨年の暮れにバッサリと剪定されました。

202105201.jpg

でも春の初めには、オレンジ色の樹液が出て、木は命の証しを見せてくれました。

5月には、太い幹から双葉が。大したものですね。

202105202.jpg

中にはもうピンクのガクを開いているものも。ここは日当たりが良い

ところなのでしょう。

202105203.jpg

植木屋さんも素晴らしい。田植えの準備が始まる頃には、芽を出すのが

分かっていて、木の再生のための荒療治? 木もちゃんとそれに答えて

いますね。

202105204.jpg

恐ろしいほどの色の樹液、と思って見たら、カエルがこちらを睨んで・・・

見てただけかな? まだ出ている透明な樹液、時間が経つとこんなすごい色に

なるのでしょうか。今度植木屋さんに会ったら、聞いてみたいと思います。

自然の力、それを知るプロの知恵、素晴らしいですね。

202105205.jpg

ギシギシ

| コメント(2)

ギシギシの花が咲いて、実も付け出しました。赤い粒が花で緑の平たいのが

種の入っているサヤです。ギシギシって、草の中の親分のような気がします。

そんなことを思うのは私だけかもしれませんけど、この強さと言ったら❕ ね!

202105191.jpg

でも、花や形状は、可愛いし色合いも大したものだと思います。

今度、花をもっと詳しく見てみようかな。

202105192.jpg

種の周りもピンクの縁取りでオシャレですよね。これがもっと熟してくると

色が無くなり、白っぽく。そしてだんだん茶色になって辺り一面に。そうなったら

可愛いなどと言っていられません。だって、一度生えたらその根っこの太くて

深いこと! やっぱり親分の貫禄十分です。公園や土手で十分楽しませてもらって

ますので、そのお礼だけ言っておきましょう。感謝❣❣

202105193.jpg

ラッコの親子

| コメント(2)

キャンドルの家のオーナメントに新しい仲間、ラッコの親子が

入りました。親子と言っても普通サイズとミニなので、それぞれで

使えます。

202105181.jpg

でも、やっぱり上に乗せたら、親子ですね。可愛い

202105182.jpg

早速ジェル飾りを作りました。水中に沈んじゃったみたい(笑

202105183.jpg

緑とブルーの模様はおはじきです。おはじきのガラス部分が透けるので、水草の

ように見えますか? 

202105184.jpg

上から見た方が、それらしいですね。可愛いラッコ、みんな気に入ってもらえる

と嬉しいです。

202105185.jpg

主人がタケノコとコゴミを近くの農産物直売所で買ってきました。

うちでは初物です。タケノコご飯や煮物、お浸しなど思い描きながら

早速ゆでました。

202105171.jpg

農産物直売所は、付近の農家の方や山菜採りの名人が朝収穫したものを

販売するので、新鮮です。タケノコは、すぐに柔らかくなりました。

コゴミも山菜の甘味を失っていません。テーブルに並んだところを

撮るのはすっかり忘れて、春の味覚を楽しませていただきました。

202105172.jpg

庭のカシワバアジサイが葉を広げてきました。いつも柏餅を食べる頃、

手の平を合わせて、拝んでいる様に見えるのが愛しく思っていましたが

今年は、早い❣️

202105161.jpg

柏の葉より切込みが深くて天狗のウチワやヤスデのようです。でもアジサイの

仲間なのでしょうね。

202105163.jpg

中心には、もう花芽が付いていました。ホントに早い。

202105164.jpg

2週間後に見たら、花芽がこんなに大きくなっていて、ビックリ。ちょっと

タラの芽みたいで、美味しそう^^

202105165.jpg

雪が少なかった今年は、季節の進み具合も変化があるのでしょうか。温暖化は

身近なところに現れているのかも。自然の流れを壊さないよう一緒に生かされて

行きたいです。

202105166.jpg

ワクチン接種

| コメント(2)

私の住んでいるみなかみ町では、高齢者のコロナワクチン接種受付が

5月6日から始まりました。Lineで早速申し込み、主人と二人5月末に予約が

取れ、ホッとしました。2回目も同時に申し込めるということで、やって

みましたが、会場が表示されず、2,3度失敗。数日経って再度トライ。

同じ画面でしたが、ふと、会場の項目を左にスライドしたところ、出てきました。

スマホの狭い画面なので、全体が表示されず、そこをスライドするとは考え

ませんでした。若い人なら当然のことなのでしょうね。一つ勉強でした(笑;

202105151.jpg

今は何を置いてもワクチン接種は急務ですよね。色んな会議や相談も

大切でしょうけど、なんとか早く多くの人が受けられるように、そして

みんなの命が守られますように。

202105152.jpg

綿毛の前と後

| コメント(2)

草取りをしていたら、いつの間にか大きく伸びていたタンポポが綿毛をしっかりと

抱いていました。周りのガクや苞?もとても綺麗に見えたので、記念撮影。

202105141.jpg

ガクの上下に分かれた曲線、ガクと苞の先端の濃い紫、苞がこれから開こうとする

縦の裂け目、どれをとっても自然の作り出すフォルムは美しくて素晴らしい!

202105142.jpg

綿毛は、台風の目のような中心から今か今かと開くのを待っているように

見えます。

202105143.jpg

隣にあったもう役目を終えたタンポポ。綿毛の一本一本の根本が法則に沿って

痕跡を描いています。丸坊主さんになって、一見可哀そうな感じになってしまい

ましたが、この見事なラインには、感嘆します。

202105144.jpg

最後の一本が残っていました。風に乗って飛べる綿毛、しっかり着地出来る

種、これも大したものですね。庭に生えたらちょっと困るけど、どこか遠くに

飛んで行ってね~

202105145.jpg

花束

| コメント(2)

今年のGWは、人出も少なかったのですが、県内のお客様が多かったです。

たくみの里は、広くて車の心配も無く、ご家族で自転車を楽しむには

絶好です。レンタサイクルもあり、前後にお父さんやお母さん、間に

遅れまいと必死でこぐ子供さんの隊列が微笑ましいです。

休憩中に摘んだのでしょうか、小さな女の子が私に花束をプレゼントして

くれました。

202105131.jpg

タンポポとヒメオドリコソウ、カキドオシ。ちゃんと草の葉で

まとめてありました。ジェルキャンドル作りの体験をすることになって

いたので、お店の人にプレゼントするんだと言っていたとお母さんが

話してくれました。嬉しいですね~  

たくみの里は、人と触れ合えて様々を体験出来る所です、早く安心して

マスクを外し、笑顔を交わせる時が来ますように。

202105132.jpg

昨年は営業自粛して寂しいGWでしたが、今年は少し人出もありました。やはり

県内の家族が殆どでしたので、体験した方に書いていただく確認書にも快く

応じてくれました。たくみの里でまとめますので、何かあった時にはご連絡も

出来、安心材料の一つなのですが、名前、住所など書くことにはやはり抵抗が

ある方もあって、このご時世ですから差し支えない所だけと丁重にお願いして

います。

さて、4月29日昭和の日は、毎年老人会の集まりでお弁当や飲み物が振舞われますが

昨年同様今年も無く、いつものお弁当もこのような詰め合わせでした。

普段食べたことがないものも入っているので、興味津々でいただきました。

来年こそは、みんなで集まって楽しい時間を過ごしたいものですね。

20210512.jpg

朝の風景

| コメント(2)

4月29日(木曜日)今日からゴールデンウィークの始まりです。

たくみの里七宝焼の家、キャンドルの家は、5月5日まで時短で営業しております。

密を避けて定員制限させていただくこともありますので、お早めにお出かけ下さい。

閑話休題

毎朝、このブログを書きながらコーヒーを飲めるのが一番の幸せです。

すっかり日の出が早くなったので、カーテンを少し開けておくと、遠くを

眺められて目の保養になります。この日もちょうど外を見た時、桂の木の下の

ドウダンツツジに鳥が飛び込みました。今花盛りなので、蜜を吸いに来たのでしょう。

たまたま見た時に出会えるのも面白いですよね。こんな遠くから見られているとも

知らずにドウダンツツジの木を揺らすほど、中であちこち移動していました。

202104291.jpg

6時のチャイムが鳴ると私の楽しい時間は終了。良く晴れて変わった雲が流れて

いました。

明日から5月5日まで、ブログをお休みいたします。再開後、またどうぞよろしく

お願いいたします。

202104292.jpg

一人静

| コメント(2)

七宝焼の家とキャンドルの家の看板の下に今年も一人静が咲きました。

数年前にこの看板を建て替えたので、少し減ってしまいましたが、もう

無くなってしまうかとの心配をよそに、健気に顔を見せてくれて嬉しいです。

202104281.jpg

気配に振り向くと、建物の脇でひっそり咲いている八重桜が呼んでいるようでした。

この壁の下に窓があってキャンドルの家になっているので、お店の中からは

見ていましたが、直に見た方が確かに綺麗ですよね。あと数日は十分持ちそうです。

夕方から寒くなってストーブをつけるような気温でした、風邪を引かないように

気をつけましょう。

202104282.jpg

小さい頃

| コメント(0)

先日娘が飼っているこの茶トラのメイをブログ記事にしたときに、

小さい頃の動画も見てみました。このひ孫が2歳位の頃でしょうか。猫も

もらわれてきて間もない頃です。どちらも同じような感じですね。

ひ孫が遊びに来た時には、どちらも年中じゃれて遊んでいたものです。

202104271.jpg

そして、遊び疲れて寝てしまった、ネコとおちびさん。二人とも

夢の中。あれから3年近く経ってすっかり成長した一匹とおひとりさん、

こちらはすっかり衰えてしまいました(笑

今は、簡単に動画が見られてありがたいです。また何年かしたら

見て、その違いに驚きますね、楽しみです。

202104272.jpg

カエデの花

| コメント(2)

カエデの新芽が日に輝くようになって、真っ赤なガクが開き始めると、小さな花も

待っていたかのように咲き始めます。みんなイヤリングのように下を向いて風に

揺られているので、逆光と強風の間で撮れるところを探すのに必死です(笑

もうちょっとUPで撮りたかったけど、残念。

202104261.jpg

暗い画像の影を明るくして、コントラストを目一杯下げたら、こんな感じに

なりました。子供の頃見た画質のあまり良くない絵葉書のようです。

カエデは、種の形が面白くて、クルクルと回りながら落ちるのが特徴ですね。

それを見るのは、また楽しみの一つです。

202104262.jpg

一里塚の看板

| コメント(0)

たくみの里は、はいり口がいくつかあり、その一つ、工業団地側のところが

旧三国街道になっていて、一里塚があります。写真の道路がその街道。奥を

左にまがったところがたくみの里のエリアになります。

202104251.jpg

三国街道を調べていた主人が、ここに注目して地元の人の話も参考にし

一里塚の看板を正式に立てることが出来ました。以前は、元からあった

大きな木が枯れてしまい、草も生え放題で見る影もなかったのですが、

やっと綺麗になりました。

202104252.jpg

花も植えて、草刈りもまめにしています。おかげで、自分の家もたまに

草刈りしてくれるようになったので、ありがたいです(笑

看板には古絵図もついているので、街道の昔が偲ばれるのではないかと

思います。

202104253.jpg

季節が進むときれいにしておくのは大変な事ですが、頑張って

三国街道と、その須川宿であるたくみの里へ続く道しるべを

守れるといいですね。

202104254.jpg

今日4月24日(土)18時からテレビ朝日の番組「人生の楽園」で

たくみの里のカフェ夢やさんが放映されます。夢やさんは、

七宝焼の家のすぐそばにあり、イベントで音楽が流れると良く聞こえる

距離です。

以下は観光協会からのお知らせです。楽しみですね。

人生の楽園「卯月の四 女性3人夢追うカフェ〜群馬・みなかみ町」

【番組内容】「女性が輝ける場所を作りたい」と、たくみの里で

カフェ&ギャラリーを開いた、夢美さん、隆子さん、かつ子さん。

女性3人の日常と、『夢や』に訪れる人々との交流を紹介します。

番組HP: https://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/

マップは、クリックすると少し大きくなります。×印で元に戻ります。

202104241.jpg

トリミングした画像の赤で囲ったところが七宝焼の家、キャンドルの家、夢やさん

を確認出来ます。

202104242.jpg

バラの花を入れたジェル飾りを作りました。花も手作りしたので、

ワイヤーで繋げた茎のつもりのところが太くて、頑丈そうに

なってしまいましたが(笑;

202104231.jpg

脇に白バラも咲かせました。目立たなかったですね。

瓶が細くて、ちょっと作りずらかったですが、ジェルを注ぐとどの様な

感じになるのか、試作してみました。

202104232.jpg

途中に浮かせようと入れたものも、瓶の細さでジェルの固まる具合が

早く、中間まで到達出来ませんでした。色々やってみないと分からない

事がありますね。分からない事が分かって、実験成功です(^o^;

202104233.jpg

七宝焼の家のディスプレイ用に、主人がエンジュの木を輪切りにして

来てくれました。このエンジュは、ニセアカシアと一般的に呼ばれて

いるものです。ニセアカシアは繫殖力が強く、里山には沢山生えるので

間伐されています。

202104221.jpg

二個の切り株でしたが、娘がドリルで穴を開け、太目のヒゴで繋げました。

親子合作のディスプレイ用品、出来上がり。

202104222.jpg

こうして商品を乗せてしまうと、綺麗な木目が見えなくなってしまいますが、

自然な雰囲気があって、良いと思います。

202104223.jpg

木目の綺麗さで、1cmくらいにスライスして、コースターなどで

使われることもあります。七宝焼の家で前には販売していたことも

あったそうで、また材料が手に入るといいなぁと思っているところです。

202104224.jpg

先週の木曜日、病院の通院支援窓口に小さな鯉のぼりが飾って

ありました。どなたかが、手作りしてくださったのでしょうね。

お雛様は良く見かけますが、こうして泳ぐ様子を出すのは難しいのでは

ないでしょうか。表情も違って可愛らしいです。

自分で運転して通っていた時には知らなかった通院支援ですが、お世話に

なるようになって、更に又職員の方々や患者さんを励ます人がいることも

知りました。ありがたみが増した日でした。感謝です。

IMG-0293600.jpg

ブルーベリーに蕾が沢山ついてきました。花は小さなつぼ状で、この色が少し

残り、魅力的です。

202104201.jpg

小さな塊の中から、次々と芽を出して来て命の強さを感じますね。もっと温かく

なったら、手足を伸ばすようにのびのびとするのが、目に浮かびます。

楽しみです。

202104202.jpg

葉の方の新芽も柔らかで、可愛いです。新しく伸びてくる葉のために、少しカール

しているのもオシャレですね。

202104203.jpg

グリーンからオレンジに変わっていくグラデーションも、人の手では難しい

美しさです。今だからこその自然の力を、有難く見せてもらいました。

202104204.jpg

桂の新芽

| コメント(2)

公園の桂の木が小さな葉を開いたので、やっと晴れた青空をバックに記念撮影。

毎年桂は、一番初めに黄葉するので、それなりに早いです。もう少し広がって

くると、ハート型になって可愛いのですが、まだ光も透けて見える位薄いです。

202104191.jpg

よく見ると房のようなものがついています。花芽でしょうか。初めて見ました。

桂の花、どんな様子なのでしょうね。数日後にまた見てみたいと思います。

202104192.jpg

こちらは、緑の葉です。同じ敷地内にありますが、花芽はないので、雌雄があるので

しょうか。イチョウみたいですね。調べたら、やはり雌雄の株があるようです。

そして、葉の出る前に花が咲いていたようで、上の写真は咲き終わったものでした。

花言葉は 「不変、憂鬱、夢想家」とサイトに書いてありました。来年、忘れずに

花の写真を撮りたいです。

202104193.jpg

春に三日の晴れ無し、と言うそうで、桜の咲く頃は寒暖の差が激しいです。

もう散り始めた桜を向こうに見ながら、桂が新芽を吹いています。でも

空模様は、こんな。 4月14日の午後4時近く、風も強くて上空の雲の中では

どのような状況になっているかと思ってしまいます。

202104181.jpg

少し視界をずらりと雲の様子が全然違います。こういう時、気象衛星から見たら

どんなかなぁと思います。そのうち随時上空からの様子を見られるアプリが・・

出来る訳ないですね(笑  

202104182.jpg

もっと右、つまり西方向を見たら、いました、太陽。お隣さんの屋根の上。

明日は、顔を見せてね。洗濯物にお日様の匂いをもらいたいです。

202104183.jpg

みなかみ町のノルンスキー場で、毎年行われている「すいせんまつり」が今日から

始まります。今年は、お花だけでなくいろんな企画もあって、10月31日までと、

期間も長いです。

202104171.jpg

バーベキューも出来るようですね。すいせんが見ごろの頃は、リフトで上空から

楽しんで、またゆっくりと身近で見ながら散策コースを降りてくると二重に満喫出来ます。

202104172.jpg

花苗の販売もしていて、しっかりとした苗を少しお安く買うことが出来ます。

様々な花は、見ているだけでも楽しいです。

202104173.jpg

今年は、初めてトロールが登場。ノルンスキー場に実際には居ないでしょうけど、

北欧の伝説では、何か物がなくなったら、トロールがどこかに隠した、とも

言われているようなので、こうした宝探しになったのでしょうか。

安全に安心して、自然の中で楽しんでいただけると良いですね。

202104174.jpg

旧交を温める

| コメント(2)

一昨日、以前ペンションをやっていた時のお隣、ペンションペチカさん

ご夫婦で訪ねてくれました。奥様と私は病院で診察が同じ日に2度ほど

会えましたが、主人は、15年以上はお二人とお会いしていなかったかも

しれません。ペチカさんの一年後にうちは開業しましたが、ペンション営業

する人を指導するお仕事をしていたお二人には、どれほどお世話になったか

しれません。開業当時の話は、どこのうちでも一つ話だね、というほど

ドタバタと思い出深いものがあります。若いから出来たのかな?笑

202104161.jpg

お土産に片品村の名物をいただきました。4人で一緒に写真を撮らせてもらえば

良かったナ、残念。片品村は、群馬県内でも栃木県に近い北部ですが、10年位前に

通行のネックだった椎坂峠のトンネルが開通したので、車の便が良くなりました。

日光に抜ける国道沿いで、自然の真っただ中に住んでいられるのは、その大変さを

知っていても羨ましさもあります。温かくなったら、私たちもペンションを訪問

しようと思っています。訪ねていただき嬉しかったです。

202104162.jpg

スイセン

| コメント(2)

みなかみ町では、今、田んぼの畦などにスイセンが咲き並んでいます。

たくみの里でも、わら細工の家の奥で沢山植えられていてスイセン祭り

を行っています。スイセンは寒さにも強く、モグラ除けにもなるそうで、

秋のヒガンバナのように田んぼを守っているんですね。

202104151.jpg

我が家の狭い花壇にも一塊になっています。こんなに密にしては、コロナに

かからなくても、スイセンにとっては迷惑至極。

202104152.jpg

お日様に向かいたいのに、向きを変えられないほどギュウギュウ。これは、人の手

が必要なんでしょうか。今年は、咲き終わったら掘り返して球根を分けて

あげなければいけませんね。

202104153.jpg

スイセンも色々な種類があるけど、これは香りはありません。その代わりに

白の中心にひときわ目立つオレンジのフリル。どれが花びらか、ガクか分かりませんが

虫の目を引き付けることでしょうね。今年の植え替えに備えて、球根にしっかりと

栄養を蓄えていてね~

202104154.jpg

美しい画像

| コメント(0)

前に、PCを立ち上げた時の画像が頻繁に変わって、世界中を旅行させてもらって

いるようだと、記事にしましたが、先日は、この美しい白フクロウでした。

思わず "綺麗!" と言ってしまいました。

スゴイですよね、このタイミングと鮮明さ。思わず長~い望遠レンズを付けた

カメラが三脚上で、激しくシャッターをきっている様子が浮かんでしまいました。

バシャバシャバシャと連写のうちの一枚なのでしょうね。素晴らしいものを

居ながらにして見る事が出来るなんて、ありがたいことですね~

202104141.jpg

猫のメイ

| コメント(2)

娘の家の飼い猫、メイです。茶トラの雌。2018年頃に生まれたと

思うので多分3歳半位。娘の家にもらわれてきてからは、3年程だと思います。

猫って、不思議だなぁと思うのは、感情表現を顔に出すことです。

この時も、調理中のブロッコリーをサッと加えて自分の前に置き、なんで

ここにあるのだろうと言う顔をしています、でも耳が・・娘の反応を待って

いますね、完全に(笑

202104131.jpg

そして"メイちゃん!" などと言われると、プイと横を向いて。

とぼけ顔が写しだされて、ばれているのも知らずに^o^

猫だって、いろんな性格の子がいるでしょうけど、家の中で密接して

生活していると、お互いに情が移ってペットというより家族のように

日常生活を送っているのかもしれませんね。SNSでも猫をアップする

人は沢山いて、何となく気持ちがわかる気がします。私は飼っていません

けど猫に対する思いを感じ取って楽しませてもらっています。

202104132.jpg

みなかみ町に新しく珍しい料理を提供する食堂が出来ました。

その名も「お山の食堂 たんとくわっさい」、ジビエ料理のお店です。

今、都市でも人気のジビエ料理、ヘルシーなことが一番の理由ですね。

みなかみ町では、猟師の方も多くいらっしゃるので、まさに産地?です。

店主で料理長の阿部さんは、鉄砲撃ち。その手で仕留めたからこそ、無駄なく

丁寧にすべてを活かすべく、美味しく調理して提供してくれています。

と、あたかも食べてきたような事を申しておりますが、これは、娘の受け売り。

肉好きな娘が、お友達とその味覚を堪能してきたと、写真だけくれましたmmm

そしてこれはパテ。永遠に食べ続けていたいくらい美味しいとか、お友達は、

リスのように両方のほっぺたに入れておきたい、と言っていたそうです。

202104121.jpg

何はともあれ、みなかみの名店の一つになっていくのは間違いないです。

良いお店が出来るのは何より嬉しいことですね。

202104122.jpg

花の命?

| コメント(2)

陽だまりに見つけたタンポポとスミレ、春らしい色の組み合わせに嬉しくなります。

左のタンポポは、全開、右は花びらも細く、中心がつぼんでいます。これから

どんどん開くんでしょうね。

202104111.jpg

次の日見たら、左の花は、もう閉じていました。タンポポって、可愛いから

摘んでくると一日でしぼんでしまいますが、短命なのかしら。

202104112.jpg

中心も全部開くまで時間がかかるようです。色々な花の特徴がありますね。

それぞれの理にかなっているのでしょうが、季節や時間、咲く場所の条件などに

寄って同じ花でも違うかもしれない、調べたら面白そうですね。

次に気が付いた時には、あのまん丸な綿毛になっているでしょう。春風に乗って

別の場所へ、自然の仕組みは、素晴らしい❣❣

202104113.jpg

朝日に染まる

| コメント(0)

6時少し前に、赤っぽくやや強い日差しが差し込んできました。ここ数日雨や曇りの日が

多かったので、久しぶりの明るさにワクワクしました。

202104101.jpg

急いでカーテンを開けると、桜も公園の遊具も朝日を浴びて色を変えています。

ワクワクしたのは、私だけではなかったようですね。

202104102.jpg

木の幹も緑の葉も、遠くの山肌も嬉しそう!

202104103.jpg

左の木は、楓。右端の木は公園の桂、 新芽の小さい粒にも光を受けているのが

わかります。

202104104.jpg

上の三枚を繋げてみました。下のスクロールバーを右に動かさないと全体が見られませんね。

光の一番下、赤が反映するほんの少しの時間を、風景と共に楽しませてもらいました。

202104105.jpg

花の名前

| コメント(2)

花の名前が知りたくて、調べました。サイトも色々あるので、野の花・白・道端

等で検索しましたが、この小さな花の名前がわかりませんでした。

202104091.jpg

キュウリグサよりまだ小さな花です。枝も細く、公園に群生していました。

足元から声をかけられたような気がしたので、良く見ると白くて小さな花が

一帯にあるのですが、気付く人はいるのかなと思う位です。

202104092.jpg

花があまり可愛いので、根元を見ると、葉はこれだけで上は無く、これもまた可愛い

形状で根と花をしっかり支えています。名前を調べようと根っこごと抜いて

見ました。根も細く長く地面に伸びています。

202104093.jpg

ハコベに似ているけど、花びらや葉の形が違います。下の方にも種が既に出来て

いるので、早くから花はあったのでしょうね。しかも種の包が大きいので中に

沢山入っているのかしら。弾けて辺り一面に飛び散りこうして増えたのでしょう。

名前って、知らなくてもいいけど、もっと親しくなりたいと思う時の必要条件ですね。

どこかで誰かが、この可愛い花の事を知っているのでしょう。早く出会いたい^-^

202104094.jpg

桜並木

| コメント(2)

我が家の目の前には、こんなに素敵な桜並木があります。今、最高の景色です。

18年前に引っ越して来た時には、こんなに花は付いていませんでした。

木も大きくなり、枝が広がって、すっかり見事な桜並木となりました。

202104081.jpg

土手の向こうは、赤谷川が流れていて、その堤に川柳が新芽を輝かせています。

桜と柳の色の対比が何とも嬉しいです。自然の贈り物ですね。  ウグイスも

鳴き始めて、上流の赤谷湖から放流されている激しい水音のちょっとした不安を

かき消してくれています。

202104082.jpg

今年は杖を突きながらのよろよろした足では、この土手に上がって桜を間近に

撮ることが出来ませんが、こうして離れて見るのもいいものです。

あと何日楽しめるか、散るのを惜しみながら過ごしましょう。自然に感謝です。

202104083.jpg

私がやっているキャンドルの家というジェルキャンドル作りの体験工房の営業は、

現在、金・土・日・祝日の営業とさせていただいています。まだ運転が出来ないので、

朝夕は、主人と一緒の通勤です。私の方が早く終わったので、隣の七宝焼の家の中で

ブラブラしていました。覗いたショーケースの中にいつの間にか七宝焼が

沢山並んでいてビックリ。前からこんなにあったのか、忘れたのは私でしょうけど。

202104071.jpg

これは全部ブローチです。同じような模様のものがあります。お客さんも

この中から気に入ったものを見つけてくださいます。宝探しですね。

202104072.jpg

ここは、秋になったみたい。葉や栗もあります。売り物ではないものも含まれて

いるかもしれませんね。今度面白そうなものをピックアップして写真を撮らせて

もらいましょう。宝探し実行です(笑

202104073.jpg

沈丁花

| コメント(2)

風の中に独特な香りを発見しました。沈丁花の開花です。大きな石の影に植えて

しまったので、中々大きくなりません。しかも竹が大地主のような場所。

日が差す時間も少ないようなところです。

202104061.jpg

でも健気に毎年咲いてくれるのが嬉しく、ありがとう、と言いたくなります。

202104062.jpg

つぼみの周りは、泡粒状になっていますね、重なり合ったガクは、花の数だけ

あるのでしょうか。調べてみればよかった。

202104063.jpg

気になって調べたら ガクに関しては書いてなかったけど、中国から来た花で、

雌雄があるとのこと。でも日本には、雄株しかないそうです。雌雄あれば

実をつけるようですが、有毒なので、こうして花だけ楽しませてもらうのが、

ちょうど良いですね。

202104064.jpg

日陰で気の毒しますが、それだからこそ一層可愛らしく清楚にも思えます。

また来年も同じように花を楽しめますように。

202104065.jpg

豆ごはん

| コメント(0)

グリンピースが出回ってきたので、早速豆ごはんを作りました。

老夫婦では、夕飯には0.5合しか炊かないので、小さな発泡スチロールの

トレーにひと並べの量でも十分です。少し下ゆでして、ゆで汁と一緒に

昆布も入れて炊くので、色は悪いですが、春の味覚は十分味わうことが

出来ました。季節を味覚で楽しめるのもありがたいことですね。

202104051.jpg

ヒヤシンス

| コメント(2)

我が家の庭の女王をご紹介します。 純白のヒヤシンス❣❣

何のお世話もしていないのに、毎年清く美しく開花します。その点も女王の名に

値するのではないかと(笑;  ここまで寄って撮るとゴージャスな香りに

ウットリします。梅の優しい香りとは違って、気品を感じるのは気のせいかな?

202104041.jpg

隣に出ていたものも、今年は少し大きくなっています。

まだ細くて、やっぱり栄養が足りていないようですね。

それとも女王がみんな吸収してしまうのかしら、コワ(;'∀')

な~んてね、今年はちゃんと肥料をあげて来年また楽しませて

もらいましょう。

202104042.jpg

キュウリグサ

| コメント(0)

庭の陽だまりにキュウリグサが咲いているのを見つけました。ハコベよりもっと

小さくて、気がつく人も少ないのではないかと思われるこの花が、大好きです。

202104031.jpg

今、この辺りではどこでも見かけますが、東京に住んでいた頃、このような小さな

花は、ハコベとツメクサしか知りませんでした。淡い水色が中心に向かって薄く

なり、黄色の花芯を目立たせて、虫に気が付いてもらえるようになっているので

しょうか。大した智恵ですよね。

202104032.jpg

花びらの丸みも可愛らしいです。一枚の花弁から中心まで1mmあるかどうか。

こういう花を撮る時、風との駆け引きです。やっとこの写真ですが、花の時期が

終わる前に、もうちょっと綺麗に撮ってみたいと思います。

202104033.jpg

https://www.shippouyaki.net/blog/image/baner111.jpg
https://www.shippouyaki.net/blog/image/%230194saidyou.jpg
https://www.shippouyaki.net/blog/image/glaspendantsaidyou.jpg

ウェブページ

七宝焼の家