フキノトウ

| コメント(0)

3月に入って暖かい日もあったので、まだかな~と目を皿のようにして探したら

ありました! フキノトウ。これ一つだけでしたが、これからどんどん出てきて

春の味覚を楽しむことが出来ますね。ワクワク

DSC_4259600.jpg

スイセンもいつの間にかこんなに出て、いつまでも冬眠気分でいられない、

なんとなく焦るような風が己の中に吹きわたりました。たった今春の味覚に

期待を持ったばかりなのに・・・食べることしか考えていないのかな(恥^^;

DSC_4260600.jpg

我が家の梅は、一般より少し遅くさきますが、それでももう準備万端。

鳥も虫も人も待っていますね。

DSC_4246600.jpg

先週、久しぶりに一眼レフカメラで七宝焼のアクセサリーを撮ってみました。

一眼を持つのは、半年ぶりです。撮り始めるとつい夢中になってしまうので、

重さで手首や親指の付け根が痛くなります。でも大体がすぐに思い当たらず、

しばらくしてから、原因がわかるという鈍感さです。やっぱりカメラが好き

なんでしょうかね^^;

新しく七宝焼の家オンラインショップに載せる指輪を撮りました。銀箔散りばめ

という技法で、デザインした銀箔の上に透明ブルーの釉薬を乗せて焼くので、

その色が銀箔に反映します。

DSC_4211600.jpg

作っている時はシルバーの箔だったものが、焼きあがるとこのような発色になる

ので、体験で作るのも、製品の販売でも人気の技法です。早くお客様が来るように

なって、楽しんでいただけることを、ひたすら願っています。

DSC_4218600.jpg

目薬の木

| コメント(2)

先日主人が枝を「お前の薬だよ」と持って帰ってきました。「えっ、頭につける

薬があったの?」と私^o^;  残念、そうではなくて、目薬の木だそうです。

私は高眼圧症で、毎日朝晩3本の目薬を差しているため、剪定した枝をもらって

きてくれたのでした。ありがたいですね~

202103061.jpg

今薪ストーブをつけていないので、ここで乾燥させてから皮をむくと言っています。

細くて大変そう。一時、雑木林で目薬の木の皮を剥いで行ってしまう人がいて

問題になりましたよね。

202103062.jpg

枝先の芽が、指のように見えます。動物の足みたい。

202103063.jpg

こちらは、まだ一つでした。脇のトンガリがこれから伸びてくる所だったのかな?

202103064.jpg

二つもありました。上の一つが、グーで、これは、チョキ。

202103065.jpg

いたいた、パーの4本指。どれも模様が綺麗。こんな風に見て楽しんだだけでも

目が良くなるかな? そんな訳はないけど、貴重なものをもらってきてくれて、

感謝感謝でした。

202103066.jpg

主人がたまに薪ストーブで焼き芋を作ってくれます。とても

美味しいので、いつも写真は忘れます

その時に、端を少し切って何をするのかと思ったら、水栽培。

前に大根の花が綺麗だったから、今度は花は無理でも葉がどんどん

出るのを期待して、かな?

202103051.JPG

容器の周りに赤い色が反射して、綺麗です。

果たして芽は出るのでしょうか。

202103052.JPG

芽が出るのは、まだまだ先の事でしょうけど、さつま芋から

光が出ているような影を作り出していました。

そろそろ畑の準備が始まる所もあるでしょう、窓を開けると、まだ冷たいけど

風の匂いに外の様子が気になる、ワクワクエッセンスを感じるようになりましたね。

202103053.JPG

先週の土曜日まで16日間開催されていた「かがようあかり竹灯籠」

ですが、私は2月22日(月曜)にやっと見に行ってきました。

猿ヶ京温泉の日枝神社は、境内に入ったことが無かったので、

どのような道がわからなかったのですが、このように神社まで

明かりで案内してありました。

202103041.jpg

左右からの明かりで、木の根が出て歩きずらい所も、杖を必要とする

私には、安心でした。ありがたいです。

奥に見える竹灯籠への嬉しいいざないとなります。

202103042.jpg

これは、なんでしょう。丸太をくり抜いて明かりを入れ、はめ込んだ

ガラス玉で、ほのかな色どりを出しています。周りの光も綺麗です。

202103043.jpg

こちらが全体。倒れず、折れない程度に入れた切込みが放射状に

光を放っていました。こんな道案内もオシャレですね。

訪れる人のためにした工夫に、心が籠っていると感じました。

202103044.jpg

ちょっと引いてスマホで撮ったら、人が写っていました。誰かと

思ったら、連れていってくれた主人でした。私を先に下して駐車場

からいつの間にか到着。明かりに見とれて、つい夢中になっていた

という訳ですね(笑;

立っているのが不安定で、まだ一眼を使えませんが、美しい明かりを

しっかりと目に焼き付けてきました。

202103045.jpg

ひな祭り

| コメント(0)

2021年もあっという間に3月。今日はおひな祭りですね。うちにはお雛様は

無いので、毎年このジェルキャンドルの雛様がブログに登場しています。

今年は営業自粛中で、新しいものが出来ませんでしたが、来年までお楽しみを

持ち越しましょう。

202103031.jpg

こちらはキャンドルの家でご用意しているガラスオーナメントの雛様たち。

これも毎年登場していると思うので、Photo Shopで、スタンプを押してみました。

ちょっと楽し気になったかな?

202103032.jpg

でも、雛様たちの前が寂しいので、今度はペイント3Dで菱餅をお供えしました。

あまり上手じゃないけど、ガラス細工の雛様たちと一緒に楽しませてもらいました。

202103033.jpg

水上・雪松

| コメント(2)

先日、知り合いから餃子をいただきました。水上の雪松というお店のものです。

自宅から車で20分位のところにあるのですが、私はぜんぜん知りませんでした。

ところが、これが全国区! 昨年東京の町田市に住んでいる娘から「雪松の

チラシが新聞に入っている」とラインがありました。娘と孫5人のライングループは

4人が群馬県内に住んでいるのに、知っていたのは一人だけ。ホントに小さなお店

だそうですが、冷凍で発送をしたところ全国に広まったとか。販売の手法がいかに

変わったか、を思い知らされました。

202103021.jpg

いただきものなので、金額はわかりませんが、1パック18個入りでした。

皮がモチモチしてとても美味しかったです。知らないところに名店有り、ですね。

今度は水上のお店を探して行ってみたいと思います。ごちそうさまでした^-^

202103022.jpg

club house

| コメント(0)

2週間ほど前、海外に住む友人がclub houseというSNSを

始めたとfacebookに載せていました。きっかけは、みんながclub house

はとても面白いと言っていたので、どんなものか参加したそうです。

調べてみたら(やじ馬なので^^;)アプリをダウンロードした後、

友人の紹介がないと参加出来ず、その紹介も2人までのようです。

実名とちゃんとした顔写真が必要で、トークに参加する人と見ている

だけの人がハッキリ分かれていて、途中でトークに入ることも出来ます。

コメントは、長く残らないようで炎上も免れますね。SNSはプロの人たち

専用のものとか、他にもあるようですけど、それぞれ好みに合った所に

深入りせず、参加がいいのかもしれませんね。その点、どんどん流れて

いってしまう、TwitterやInstagramが今の人気なのかも。いずれにしても

人との繋がりを楽しめるのが、一番ですね。

今治みかん

| コメント(2)

道の駅たくみの里から今治みかん販売のお知らせをもらいました。

今、たくみの里は、株式会社になっています。(元は農村農園公社でした)

社長が今治のご出身で今治の道の駅の経営を立て直した実績の持ち主です。

たくみの里もコロナ下でのお客様の減少で、幾多の困難を乗り越えている、

まさにその最中だと思います。

今治と言ったら、まずタオルが思い浮かびますね。上質なタオルは、

日常使いに心地よいものです。 今、日本中で豊富な種類のあるミカン、

どのようなお味でしょうか。

202102281 .jpg

申し込んで半月以上、やっと届きました。特別企画の詰め合わせセット。

「せとか」は、一番の甘さとジューシーさでした。大きさは、

温州みかんのLLサイズ位。主人と二人で1個をオレンジのように切って

いただきました。はるみとかんぺいも甘くてミカンというより

食べやすいネーブルのよう。滅多に食べない高級品を頂きました。

思いがけず、ありがたかったです。たくみの里の知恵を絞った経営、

順調にいきますように。

202102282.jpg

起動時の画面

| コメント(2)

先日、パソコンを開いたらおもちゃの模型のような街並みが映し出されました。

色どり豊で、水かがみと共に美しいです。

202102271.jpg

二日後、この画面に。 どこか南の島でしょうか。真ん中の文字をクリック

すると場所がわかるのですが、スルーしてしまいました。

202102272.jpg

更に翌日の画面。以前は、あまり変わらなかったと思いますが、最近は豊富です。

コロナ下で、外出もままならない中、オンライン旅行が出来るのも嬉しいですね。

きっと見る人も多いのでしょう。

202102273.jpg

ノートパソコンを開いたら、これも圧巻の写真でした。居ながらの旅行、まさしく

どこでもドアですね。

202102274.jpg

初物

| コメント(2)

今年の初物をいただきました。なんとそら豆❣❣ 豆好きな私のために、主人が

スーパーで見つけて買って来てくれたのです。

202102261.jpg

やっぱり鹿児島産。2月にそら豆なんて、驚きます。鹿児島では、出荷するほど

沢山採れているんですね。

202102262.jpg

そら豆は、むいている時も、この綿のような鞘の中が楽しいです。しっかりと

守られている感じがしますね。そら豆になってみたらどんな気持ちでしょう^-^

202102263.jpg

袋いっぱいだったのに、中身はこれだけ。貴重です(笑

子供の頃は、バケツに入って売っていました。お手伝いして剥くのは、

食べる時が待ち遠しくて、嬉しい仕事でした。

202102264.jpg

塩ゆでにして、ビール(発泡酒ですけど^^)と走りの味を楽しみました。

今、飲酒は控えているので、お正月以来のビールは、とても美味しかったです。

そら豆を見つけて、私のために買ってきてくれたことに、感謝も噛みしめながら

いただきました。ありがたかったです。

202102265.jpg

冬のツツジは

| コメント(0)

先日、家の外で通院支援の車を待っている時、何となく気配を感じました。

道路に面した石垣の間に植えられた、ツツジの冬芽です。昨年秋に葉先を

綺麗に刈り揃えてもらった中から、春に備えての芽が少し大きくなっている

ように見えました。赤い葉には、まだ冬用の産毛があります。でも確実に

春の準備はしていますね。

201202251.jpg

こちらも何となくつぼみのように見えますが、まだまだ中心を固く守って

いる外皮なのでしょう。日が当たれば、石垣の温かさをもらってほっとしている

のかもしれません。風は、冷たくて外出は億劫になりますが、病院の支援と

冬を耐えている植物にパワーをもらって、リハビリと診察を続けましょう。

今日も、痛いリハビリ頑張ってきま~す。

202102252.jpg

台所ネタ

| コメント(2)

毎年のことですが、我が家のバレンタインデーは、チョコではなく、

この白玉です。主人の好物なのでね^-^ 

今年ももちろん作って、完成を撮ろうと思っていたのに...食べるのが

先でした

202102241.jpg

食べる楽しみの前には、遮るもの無し でしょうかトホホ

などと考えながら片付けをしていたら、ゴムベラの上に輪ゴムが飛んで

顔のようになっていました。思わず笑いますね。

202102242.jpg

ついでに、わざわざ引き出しからパッキング材を探して別の顔を・・・

ヒマですね~ 立ち仕事は、まだ腰が辛いのに遊ぶ余裕が出て来た証拠。

快方に向かっているのを喜びましょう!(^^)!

202102243.jpg

プロの腕前

| コメント(2)

みなかみ町のプロの写真家、daisuke_matsuda_sasukeさんの作品を

掲載許可いただき、投稿させてもらいました。美しいですねー

IMG_0105600.jpg

上の写真が、左。こちらが右の顔部分です。光輝いています。

IMG_0101600.jpg

その上がこちら、右鳳凰の羽の部分。

IMG_0100600.jpg

これは、なんと可愛い。かぐや姫ですね。竹の光る所を切ったら・・・まさに

こんな感じだったかもしれませんね。daisuke_matsuda_sasukeさんは、この

サイトで額装を販売していて、みなかみ町の風景が手に取るように楽しめます。

地元愛ですね。

IMG_0102600.jpg

竹灯籠で鳳凰

| コメント(2)

竹灯籠の話題ばかり投稿しています

先日のかがようあかりオープンに私は行くことが出来なかったので、

孫娘たちが美しい竹灯籠の鳳凰写真を送ってくれました。それを

ここに載せようと記事を作ったのですが、どうしても表示されません

でした?????何か理由があるのかもしれませんね。不思議。

これはお婆さんが加工して遊んだアニメーション。もう一つ上の

サイズだとハッキリするのですが、2MBになってしまうので、

アップロードできませんでした。残念。

明日は、もっと美しい写真をご覧いただけますので、お楽しみに♬♬

anigif200.gif

TV、新聞で

| コメント(2)

度々登場する「かがようあかり 竹灯籠」のイベント、12日から

始まりましたが、読売新聞やNHK630でも取り上げていただいて

地域の皆様に知ってもらっています。ありがたいですね。

202102211.jpg

NHKほっとぐんまの放送は、ほんの2~3分でしたが、見ている方が多く、

娘さん見たよとメールをくれる人もありました。

202102212.jpg

この委員長が、七宝焼の家の主で、わが娘大堀由里です。

連日竹灯籠作りや設置などで、大分疲れた顔をしています(笑;

202102213.jpg

鳳凰の目には、特性のガラス玉をはめ込んであります。とアップで説明して

くれました。TVを写真に撮ったので、竹が赤くなっていますが、実際は緑色です。

202102214.jpg

足の爪先もしっかりアップで紹介してくました。この竹灯籠作りは、多くの人が

関わっています。コツコツ作り上げたものをみんなで楽しむのが、目的の一つです。

鳳凰は、幸せなところに舞い降りるそうです、多くの人がそれを感じてくれますように。

明後日まで竹灯籠の話題になります。

202102215.jpg

虹に輝く?

| コメント(2)

朝、電気ポットに水を入れようとしたら、見つけちゃいました、

❣❣ あら嬉しい。今まで蓋が邪魔をしてあまり中を見なかった

ので、気が付きませんでした。

202102201.jpg

熱で焼けて出来たのでしょうね。虹と言っても赤、橙、黄・・・の

順ではないので、お湯が沸く間に熱と金属にどんな変化が起きて

いるのかな? 知らないところで、知らないことが起きているって、

面白いですね。

202102202.jpg

バナー

| コメント(2)

このブログのサイドバーに七宝焼の家オンラインショップへの

バナーをつけていたのですが、大分前に設置したので、新しい

画像と取り換えてみました。赤い色が少し画面を明るく出来ました。

baner111.jpg

初めてブログを作った時に、記事と記事の間にW800位のバナーを

繰り返し入れるようにしたので、同じ事をしたかったのですが、

もうどのようにしたのか、すっかり忘れてしまいました。

書き留めておいたものも見つからず、根気がなくなっているので、

探し物もすぐ諦めムードです。さすが、寄る年波、ですねトホホ

baner1112.jpg

仕方ないので、サイドバーに目立つ色で取り付けました。

季節ものだから気を付けて更新しないと、古い感じになって

しまいますね。現在は卒業・入学・新社会人の皆様へとしました。

ボケ防止で丁度良いかな?笑笑

baner1113.jpg

寺通りさんぽ

| コメント(2)

2月も半ばを過ぎて、ひな祭りが間近になってきました。

たくみの里でも道の駅豊楽館に、つるし雛や段飾りのひな様が

沢山飾られて、それはそれは華やかになりました。

今年は、大々的に宣伝はしていないので、いつもおいでになる方々が

楽しんでいらっしゃいます。12日にもNHK630の気象予報士お姉さんが

紹介してくれました。写真は、たくみの里内3つの通りのうちの寺通りで

独自に行っているひなめぐりです。色々なお店で特徴のあるひな様を

見られるのも楽しいことですね。

202102181.jpg

お宝発見! と言っても単に忘れていただけなんですけど・・・

以前に沼田市にあるALGOさんというギャラリーで、購入したタイルのペンダント。

それも一昨年のクリスマス前。毎年その頃、ALGOさんではクリスマススーク

という市を開催して、作家さんたちの唯一無二の作品を展示販売します。

私も年に一度そこに行くのが楽しみなのですが、昨年はとうとう行くことが

出来ず残念なことでした。

202102171.jpg

ALGOさんでこれを見つけた時、徳利のセーターを着た時につけようと思っていました。

やっとその時です(笑;  タイルにレースのカーテンが写りこんで、面白い

模様になりました。

202102172.jpg

中央のものは、ガラスのタイルだそうです。何となく異国の雰囲気だなと

思っていたら、「カタルーニャ地方の色彩とゴシック様式に魅せられて」と

タグが付いていました。タイルの魅力は、まだまだ出てきそうですね。

202102173.jpg

家の中で!

| コメント(2)

先日、家の中でハチに刺されてしまいました。黒い箱の上に

いたので、全く気が付かずそこに手をかけた途端に、チクリ‼

いかにも針に刺された感覚、実際そうですよね。針なんですからトホホ

ストーブの薪の中にもぐって冬を越そうとしていたんでしょうけど、

薪の束ごと家の中に入れたので、春になったと間違えたのか。

兎も角、毒を吸い出すこと3回。結構苦いものですね。口の中も

すっかり苦くなってしまったので、良くゆすぎ、薬をつけました。

見る見る指は腫れあがりましたが、付け根の所までですみました。

2週間くらいして、ふと見たらしっかり針のあとが残っています。

あのハチは、どうしたか。今外に出ても寒いだけだからそのままに

してしまいました。また刺されないように、気をつけよう。

202102161.JPG

先日このブログの土台?である七宝焼の家オンラインショップを見ていましたら、

同じ項目の前商品を見るのにちょっと面倒な気がしました。ダッシュボードに

ページネーションというのがあって、前後のページにショートカット出来る

ようでした。早速、ボケた頭をフル回転して各ページに取り付け中です。

202102151.jpg

商品の左下にある前のページ・次のページというのが、それです。

サイトを作る時には、知らなかったので、今やっと指輪まで書き込むことが

出来ました。田の草取りでもしているように、まさにコツコツと地道な作業です。

202102152.jpg

文字だけでは、つまらないので、途中から写真も入れるようにしてみました。

ですから左の七宝焼アクセサリーの項目のペンダントトップとブローチには、

まだ写真が入っていません。これは当分かかりそうで、密かな楽しみになって

います。ありがたいですね。

202102153.jpg

LINEスタンプ

| コメント(2)

スマホでは、LINEがありがたい存在の一つですね。個別でもグループを作っても

連絡や情報の共有がとても便利です。孫との会話で、可愛いスタンプが使われ

ました。私が可愛い可愛いと言っていたので、孫が下のパンダをプレゼントして

くれました。にしむらゆうじさんという人のもので、この他にもパンダとねこや

ウサギなど思わず笑ってしまうひょうきんな表情を、大いに楽しめます。

IMG_0062.jpg

こちらは、みなかみ町の水彩画家こばやしあやさんの女の子と花のスタンプです。

あやさんの絵には、かわいくてカラフルな色使いに、いつもほのぼのとさせて

もらっています。みなかみ町や通販のminneでは、カレンダーやハガキの他色々

販売されていますが、LINEのスタンプは、久しぶりでしたので(以前おにぎりの

可愛いキャラクターを販売していました)迷わず購入。ちょっと無駄遣いをした

気になり、年寄りは後ろめたさを持っていますが楽しんで使わせてもらっています。

IMG_0064.jpg

IMG_0065.jpg

犬の幼稚園

| コメント(0)

世の中ペットブーム、なんて今さらのように言う事でもありませんが、

今のような感じで犬猫を飼ったことのない人間には犬の幼稚園 まであるとは、

知りませんでした。

写真は、孫が飼っているバーニーズという種類の犬で、名前は、ポポ。女の子です。

この時はまだペットショップから来て間もない頃。でも大型犬なので、

はしゃぎ出したら、手に負えません。そこで、幼稚園に。

201202131.jpg

これが最近の写真。 笑っているように見えますね^o^

犬の幼稚園「アイズ」のブログに載せてもらいました。だいぶ落ち着いてきた

ようです。さすがプロですね。何につけても専門家は大したものです。

そこに到達するまでのご苦労はあったことでしょうけど、続けていることが

大切なのでしょうね。

201202132.JPG

今日から

| コメント(2)

かがようあかり竹灯籠、今日から始まります。数日前から弓張り月を朝の光の

中から探すのが楽しみでしたが、もう完全に見えなくなってしまいました。

新月に入ったんですね。これから数日間闇夜。晴れていれば夜空は星の輝きが

美しいことでしょう。竹灯籠のイベントは、その月の光を補う事が出来るで

しょうか。人々が集えなくなってしまったこの頃、地域の人が大切にしている

地元の神社で同じ光を見て、少しでも癒されたり繋がりを思い起こすことが

出来るといいですね。今日私は都合で見に行く事が出来ませんが、何やら

大作もあるとか、楽しみにしているところです。お天気に恵まれますように。

202102121.jpg

電子書籍Ⅱ

| コメント(2)

Kindle版の書籍を選ぶ時、どうしても読みたいものは別として

金額も問題です。今回買ったのは、全部で8冊でしたが、いずれも

300円から500円位までなので、助かりました。

「来なけりゃいいのに」は、ミステリーっぽい作品が7話。この作家さんの

事を良く知らなかったので、小心の私は、ドキドキして読んでしまいました(笑

202102111.jpg

右の「スーツケース・・・」は、安心して読んでいられるものでした。

「舟を編む」は、まだ読みかけです。もったいなくて少しずつ読んでいます。

通院するようになって、外来の待ち時間は予約していても長いので、そのために

取っておきました。今少しずつ楽しんでいます。スマホに収まる本は便利ですね。

202102112.jpg

電子書籍Ⅰ

| コメント(2)

昨年11月23日の感謝祭の翌日からブラックフライデーが始まり

引き続き翌週月曜のサイバーマンデーまで、様々なサイトで

セールをやっていました。AmazonのKindle版でも電子書籍が

値下げしていましたので、漫画をまず一冊購入。老夫婦が

ネコを引き取るほのぼのとしたお話でした。

202102101.jpg

次に左の「ネコが教えてくれたこと」これは、間違えてコミックを買ってしまい、

絵や文が小さくて、途中で放棄。良く見て買わないといけないですね。

「きみと暮らせば」は、表紙の猫と暮らす話ではないのですが、書評などを

良く読んで決めました。登場人物が心優しく、かと言って優等生ではなく

それぞれ不器用に自分に正直に生きていくところが、妙に共感を誘われました。

202102102.jpg

同じ作者の物があったので、続けて購入。いずれもセールのおかげで格安でした。

「しあわせの香り」は、TVドラマにもなったそうです。知らなかった。

純喫茶トルンカを舞台にした人間模様は、少し現実離れしたところもありそうですが

悲しみや辛さの中で、そうなったらいいなと思えるような展開になって、入院中の

人間にとっては、安心して読んでいられるものでした。病院の図書室がコロナで

閉鎖になっていたので、少しお金はかかってしまいましたが、心に残る本が読めて

ありがたかったです。

202102103.jpg

通院支援

| コメント(2)

利根中央病院というところに昨年3か月入院していました。退院後も通院の必要が

あるので、病院が無料で行っている通院支援を利用しています。住居地の利根沼田

は、広い上に交通機関があまりなく、殆どが車利用ですので、運転出来ない時は

非常に不便です。ですから少し大きい病院では、通院支援があって患者さんは、

助かります。ただ、時間が迎えは午前9時、午後1時に大体決まっているので、

診察時間によっては、利用が無理な場合もあります。TVのCMでやっているような

お出かけの乗合タクシーみたいなのが、早くこの辺も出来るといいなぁと思っています。

202102091.jpg

ONE LINE夕飯

| コメント(0)

コロナ下で入院中は、面会することが出来ず洗濯物の受け渡しも、看護師さんの

手を煩わせてやっていただく状況でした。でも今は便利❣❣ 東京に住む娘が

オンラインで、毎週火曜日の夕飯を共にしてくれました。私の方は、周りの方の

迷惑になるといけないので、スマホにイヤホンを付けて小声で話しました。

写真は、スマホのスクリーンショットに後から文字を入れましたが、太い指では

やっとこの程度。

202102081.jpg

2度目の時は、娘のスマホがAndoroidなので、こんないたずらも。

202102082.jpg

iPhoneのツールは、右上の囲まれた中に雪を降らせることしか出来ませんでした。

オンラインで食事会とか飲み会が流行っていますが、便利なものですよね。

遠く離れた人とその時を共にすることができるなんて、ありがたいことでした。

202102083.jpg

豆まき

| コメント(2)

2月2日豆まきをしました。今年は、地球の公転周期の調整で立春が一日早くなる

そうで、そうなると日本では、前日に行う節分も前倒しに。スーパーのチラシ

では、今はやりの恵方巻を大きく載せていました。我が家では、恵方巻を食べる

習慣がないので、いただきませんが、近頃増えた若い世代の家からは、聞こえて

来ない「鬼は外・・・」を老夫婦で毎年欠かさずやっています。

202102071.jpg

でも私は、ただ豆が食べたいだけ(笑; うっかりすると喉にカスが引っかかって

しまうようになりますが、子供の頃、年齢分だけしか食べられないと言われた

鬱憤を晴らすかのように、残った豆をひたすら食べています。外に撒いた豆も

動物や鳥のエサになっているかもしれませんね。早くコロナが収まって、みんな

健康で楽しく暮らせる世の中になりますように。

202102072.jpg

先日最後まで残っていたカボチャでジャムを作りました。

主人は、毎年カボチャを植えるのが好きで、狭い畑を飛び出して

隣の空き地や裏のガスボンベの方まで伸びていくのが、面白いのだ

そうです。でも昨年は収穫してから料理する間もなく私が入院して

しまったので、玄関に並べられたまま傷んでしまう物が多かったです。

退院後水を入れずに煮てみましたが、さすがに旨味は無くなっていました。

でももったいないので、こうしてジャムに。毎朝パンにつけて楽しんでいます。

煮た後の写真を忘れて、冷凍保存してしまいました。当分味わえますね。

202102061.JPG

いい旅夢気分

| コメント(2)

昨年11月7日(土)テレビ東京のいい旅夢気分という番組で

たくみの里七宝焼の家を少し使ってもらいました。

八代亜紀さんとロバート秋山竜次さんが紅葉、温泉、体験などを

楽しむというような企画でした。JR水上駅からバスに乗って

たくみの里へ。なんと八代亜紀さんは、60年ぶりに路線バスに

乗ったそうです。主人は八代さんのファンなので、とても嬉しかったようです。

気さくで、テレビで拝見するよりずっと小柄だったと感激していました。

202102051.jpg

お二人でそれぞれ七宝焼のアクセサリーを作りましたが、八代さんは、

さすが画家なので、色どりとデザインの素敵なブローチを完成させました。

ロバートさんは、八代亜紀さんの歌手50周年のお祝いを作りプレゼント

したそうです。

202102052.jpg

You tube で放送されたものをやっていましたので、お時間があったら、

ご覧ください。この時、私は1度目の手術後点滴三昧の日々(^^;)でしたので、

あとからまたゆっくり見られるYou tubeはありがたかったです。

冬芽

| コメント(0)

先週の金曜日、退院して初めて散歩してみました。まだ杖が手放せない

ので、家の周りをちょこっと徘徊?^^;

真っ先に目に入ったのは、寒さに耐えている草木の冬芽でした。

202102041.jpg

これはライオンナデシコと言って、初夏にピンクの可愛い花を咲かせます。

葉は暖かくなると丸で囲んだ所のような色で目立たなくなりますが、今は

薄紫とグレーが混ざったようで、オシャレな感じ。そういえば、義母がこのような

色の素敵な皮のバックを持っていました。高級感があって、憧れだったのかも^-^

202102042.jpg

葉の付け根も赤みがさして、綺麗です。華やかさはないけど、冬芽の形や

色合いも結構楽しめますね。体調に気を付けて散歩の距離を増やして

いこうと思っています。

202102043.jpg

大根の花

| コメント(2)

この可愛い花、大根の花です。私が入院中に、主人がいただいた大根の葉の付け根

を水につけておき、日当たりの良いところで毎日伸びるのを楽しんでいたそうです。

202102031.jpg

12月28日に退院した時には、まだようやくつぼみを持ったところでしたが、

2,3日で咲き始め、これが1月3日。大根とは思えない可憐さです。

202102032.jpg

大根って、白い花かと思っていましたが、今はいろんな種類があるので、

色も様々なのでしょうね。

202102033.jpg

主人が毎日「こいつ、可愛いな」などと言っています。これまで私が同じことを

していても、興味も示さなかったのに・・・やっぱり3か月一人の生活でしたから

少し寂しかったかな?笑

202102034.jpg

大根と並んでニンジンの葉元も水栽培になっていましたが、こちらは残念ながら

伸びませんでした。以前ど根性大根などと言って、環境の整わない所からも

芽を出し、花を咲かせたものが話題になったから強い植物なんですね。

体に良いのも頷けることでした。

202102035.jpg

iPhone se

| コメント(2)

ジャーン! という感じで、新しいiPhoneを購入しました。iPhone se 第2世代

前の機種が7でしたので、もう寿命らしく、設定していないのにナイトモードに

なったり、いきなり画面が横向きになってしまい、修正するマークが見つからなく

なってしまっていました。

202102021.JPG

色々調べた結果、最新じゃなくても十分機能のある、seに。なんと7と大きさも

殆ど同じなので、慣れた手には扱いやすいです。

202102022.JPG

表面の保護フィルムも前のをはがして、丁寧に洗い、張ってみました。かなり

空気が入ってしまいましたが、見るのには全く差し支えないので、まあ良しと

いうことで。

202102023.JPG

カバーも買うつもりでしたが、当ててみたらピッタリだったので、これもOK!

オンラインショップで購入し、データ移行は、You tuberに教えてもらいました。

今は、色々なチャンネルがあるので、ありがたいですね。入院中も座ったまま

出来る体操とか、頭の体操、間違い探し等々高齢者向けのボケ防止チャンネルも

大いに楽しませてもらいました。

iPhone se、7同様長い付き合いとなっていけますように^-^

202102024.JPG

昨年に続き、竹灯籠イベント「かがようあかり」を2月12日(金)~2月27日(土)

まで行います。場所は、猿ヶ京温泉相俣地区にある日枝神社、湯宿温泉中心部の

ゆじゅく温泉ゆうえんちと昨年開催したたくみの里熊野神社の3ヶ所です。

この期間は、新月から満月までとなりますので、月の満ち欠けと竹灯籠の灯りを

ともに楽しんでいただけると思います。お天気が荒れませんように。

20210201.jpg

七宝焼の家の大堀由里を始めとして、いろんな人がそれぞれのご都合で、製作中

です。穴開けしない人は、デザインの紙を竹に張ったり、持ち帰って空いた時間に

作業をしたり、差し入れだけの方ももちろん大歓迎されて、参加していただいて

います。先日は移動式のトイレを差し入れてくださり、大いに助かったそうです。

202102012.jpg

密にならないように、しかも作業場は、ほとんど外に近い状態で、換気の心配は

全くありません。一本一本、地道にただ穴を開けていることに専念しているのは、

邪念も無くなるかもしれませんね。様々な人がかかわってくれて、それに対して

感謝の気持ちしかない、と本人も言っています。いよいよ来週になりました、

ゆっくりと静かに美しい明かりを楽しめる、待ち遠しいです。

202102013.jpg

日の出

| コメント(2)

東に窓のある病室からは、日の出を楽しみました。朝焼けに輝く雲は、ウサギ

のようにも見えます。下には片品川が流れ、その向こうの丘陵地は昭和村に

なります。延々と続くレタス畑やほうれん草の畑、工業団地、りんご園など

豊かな産業のある村です。

202101311.jpg

これは、何日か後のものです。日の出の位置が随分南に移動しました。

秋分の一週間後位から(10月1日)冬至のこれも一週間後まで病院生活だった

のですから、季節は巡りますよね(苦笑

202101312.jpg

こちらは退院間近の北寄りの病室から見た朝焼けです。美しい色が武尊山の

東向きの斜面に映し出されて感動しました。どの光景も次の瞬間は、色や光が

変わってしまうので、大切な一時を楽しませていただきました。

ありがたいですね。これも安心して入院させてもらっている家族のおかげです。

下の写真は、廊下の窓越しで、非常階段の柵などが入り込んでいたため、

トリミングしました。

202101313.jpg

片品川

| コメント(2)

昨日見ていただいた子持山を右にして下に流れるのが、尾瀬から発する片品川です。

病院の廊下からなので、画質がかなり悪いですが、ご容赦ください。

朝、日の出の少し前、上昇する気温に反応するように川面から水蒸気が

上がってきます。この時間は外気温は低いので、水蒸気が見えますが、もう少し

陽がさして温かくなってくるともう見えなくなるので、朝の一時のお楽しみです。

202101301.jpg

崖に沿って上がっていって、途中見えなくなりながら雲になっていくのでしょうか。

子供の頃、教科書で習ったことを実際に目にできるこの自然は、私にとっては

大切な風景です。他にも、東京から群馬県に移り住んで驚いたり喜んだり感動

することが沢山ありました。それも全部自然の作り出すことでしたので、この

すべての大自然が宝物だと再認識させてもらいました。ありがたいです。

202101302.jpg

子持山

| コメント(2)

見えている山は、子持山と言います。病院の廊下の端から正面に見えて、

入院患者が集まっては、反対側から見るともっと小さい山がいっぱいあるので、

子持山という名前になったなどと話をし、そこから話題は、次々変わっていく

言わば話の種みたいな大事な存在です。12月11日15時、山に日が沈むところでした。

ダイヤモンド富士ならぬ、ダイヤモンド子持山です!

202101291.jpg

知らなかったのですが、このダイヤモンドは陽が沈んでから、また光が上がって

くる現象だったのですね。病室にスマホを取りに行っている間にもうほとんど

陽は沈んだのですが、このようにまた上がってきました。向こう側で山に反射

した光が見えているのでしょうか、驚きました。

202101292.jpg

良く見るとわずかな時間差で、光の塊がやや大きくなっていると思います。

この後、静かに光を収めていき、感動させてもらいました。

後から見たら、一番上の写真は、空き地に水たまりでもあったのでしょうか、

そこに光が反射しています。これもなんだか嬉しいことでした。

202101293.jpg

空と雲

| コメント(2)

どこにいてもどんな時も見ていて飽きないのが、空と雲。何もすることのない

時間の病室では殊更です。きっと口を開けたままだったかもしれませんね。

202101281.jpg

海の中で固まって泳ぐ小魚のようにも見えます。どんどん変わっていく形を

見逃すわけにはいきません。一時一時が大切な瞬間ですね。

202101282.jpg

レースを大きく広げたような雲に出会ったときは、手を伸ばして触って

見たかったです。

202101283.jpg

右の方を見ると、クジラのように大きな口。ほとんどが淡い線なのに、この

直線が面白いです。自然の作り出すものに感嘆しておりました。

202101284.jpg

何も考えずに

| コメント(0)

入院生活も長くなると病室をあちこち変わります。この時は、4回目。

退院する頃は、この廊下の一番奥の右側になりました。その時々で、

看護師さんたちが忙しそう。申し訳なくなっちゃいます。常に病室を

出入りして人やワゴンが並ぶ廊下が、この時間ガラ~ンとしました。

リハビリのために廊下を歩く人もいないのは、珍しかったです。

この病棟だけが建物の横幅全部の廊下がある階で、100m弱だそうです。

歩くのには、丁度良いですね。

202101271.jpg

病室のカーテンは、淡い緑で目に優しく落ち着いた雰囲気です。9月末に

受診した時、入院が長くなるかもしれないということで、仕事や家の事等

どうしたらよいか大いに戸惑いました。仕事は娘が主で孫がその手伝いを

してくれて、主人にもかなり無理を強いてしまいました。でも「考えても

しかたがないので、治すことだけに専念すればよい」と言ってくれて、

202101272.jpg

こうして天井を眺めながら、カーテンの影などを楽しむことにしました。

何を楽しんだか? この影、ドレスを着た踊り子で、並んでワルツ❣❣ に見えません?

一緒に踊りたくなりました。ナント能天気なことでしょう(笑

202101273.jpg

点滴が一日5回あって、その2回がとても痛くて辛かったですが、点滴の針を

4日位で変えるときに、メモの日付をこのように書いてくれた看護師さんがいました。

大体がお忙しいので、10/28などと走り書きしますが、3人くらいの方がこんな風に。

見たときは思わず楽しくなってしまいました。ちょっとしたことを、ありがたく

感じてしまうのが、入院生活なんでしょうね。

202101275.jpg

病院食

| コメント(0)

いきなりですが、病院食の一部のご紹介です。実は昨年10月1日から12月28日まで

入院しておりました。膝の感染症のためです。図らずも入院中2度の手術を受け、

人生初の長期入院となりました。それまでは悪いのは頭だけと思っていたので、

青天の霹靂です。まあ、あれこれ無駄な考えも巡らしていた中で、朝昼晩の食事

は、唯一の楽しみです。これは紅葉の頃、紅葉狩り弁当風にしてくれました。

サツマイモご飯と魚のフライは、一口食べてしまいましたが、窓の外の遠い紅葉を

楽しみながらいただきました。

202101261.jpg

こちらは、別の日の献立。蓋を開けてビックリ。何が入っているのかと思ったら

シシャモの甘露煮でした。ちょっと煮過ぎで、スマートになっちゃいましたね(@o@;

202101262.jpg

クリスマスは、サンタさんのカード付で、ニンジンのお星さま。たくさん作る

中で、お星さまの型抜きは、手間のかかることだと思います。心づくしが

ありがたいですね。食物繊維が多く、脂肪分の少ない病院食は、ご飯をこんなに

食べても全く太りません。かえって、入院してから少なくとも3㎏は体重が減り

体が軽くなりました。想定外の入院生活でこれが一番の収穫ですね(笑

202101263.jpg

ブルーに輝く

| コメント(0)

箱いっぱいのブルーのビー玉、綺麗ですよね~ なんだか嬉しくなっちゃいます。

ジェルキャンドル作りの材料ですが、ビーズにしても石やおはじきでも、みんな

ブルーが好きなようで、補充は欠かせません。こうして一色だけ買えるのは、

ありがたいですね。

202101251.jpg

これはオーロラという種類のビー玉で、陽にあたると更に輝きます。

ずっとこのまま飾っておきたくなります。

202101252.jpg

陽が差し込んで水色が見えています。ジェルキャンドルに入れても、陽にあたると

このように輝くので、キャンドル作り体験後、家でも試していただくとまた

楽しめますね。でも、ずっと日の当たる所にキャンドルを置いておくと、ジェルが

劣化しますので、ご注意ください。

202101253.jpg

竹灯籠作り

| コメント(0)

昨年7月末にこのブログをお休みしてから、半年近く経って、2021年1月に

なってしまいました。その間、何してたの? というのは追々という事で^^;

本日より再開いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

この切り抜きは、2020年7月20日の上毛新聞です。昨年のたくみの里熊野神社での

竹灯籠奉納に続き、今年は2月の新月から満月までの期間、猿ヶ京温泉の日枝神社

に奉納します。その製作を掲載してくれました。2021年1月には群馬テレビが取材、

19日にテレビ放映されました。地味に準備を進めている者たちにとって、こうした

事は実にありがたいです。

202101241.jpg

こちらは、昨年もご紹介した「みんなの想火」のたくみの里のメイン竹灯籠です。

当日近くまで、何回か仕上がった竹灯籠をご紹介出来ればいいなと考えています。

お天気が荒れることなく、住民の皆様や温泉のお客様が静かに楽しめる、癒しの

場所となってくれることを祈っています。

202101242.jpg

非接触体温計

| コメント(2)

8月になって、ようやく梅雨明け。今年のお米は大丈夫かしらなどと

余計なことも考えてしまいます。短い夏休みも、いつもと違って、

何かと戸惑うでしょうが、体に気をつけて過ごしてほしいです。

たくみの里七宝焼の家とキャンドルの家も今週から8月23日まで休まず

営業いたします。時短営業となりますのでお早めにお出かけ下さい。

IMG_6075600.jpg

コロナ対策消毒や人数制限で体験していますが、一応非接触体温計も

用意しています。お客さんには、差し支えなければ確認書を書いていただき、

たくみの里のセンターでまとめています。何かあれば、ご連絡出来るように

体験したお店で、それぞれ確認印を押します。

IMG_6076600.jpg

確認書などを使用しなくても済むのが、一番ですが、万が一の備えは、

なんにしても必要ですね。ケガや病気、事故など無く楽しく夏休みを

過ごせますように。

さて8月中は、ブログをお休みさせていただきます。再開いたしましたら、

またどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_6077600.jpg

赤い実

| コメント(2)

たくみの里の近くに赤い花が咲いていて、いつも気になりながらも雨続きで

通り過ぎていました。折よく雨が止んでいたので、車を寄せて見てみると

花ではなく実でした。そういえばこれはウワミズザクラの木なので、

桜と同じようにこんな実がなるんですね。今まで気が付かなかったのかな???

DSC_4099600.jpg

隣の木は、オレンジ色です。まだ早いのでしょうか。枝も細くて、ツルに

実が付いているように見えます。

DSC_4101600.jpg

前にもなっていたのを見たのかどうか、すっかり忘れっぽくなってしまった

ので、思い出せません。きっと見て、もしかしたら写真も撮ったかもしれない。

でも忘れたら、新しい発見をしたようで、嬉しいものです。楽観的‼^o^!!

DSC_4100600.jpg

ウワミズザクラの名前の通り、下には小さな川があります。今年は水量がどこも

多いです。この一枚を撮り終えたら、またパラパラと降ってきました。

水が大好きなウワミズザクラには、良い季節ですね。

DSC_4113600.jpg

たくみの里の竹明かりをお伝えしています。メインのモニュメントは、制作者の

大堀由里の他、たくさんの方々が携わってくれたそうです。真ん中にある

MINAKAMIの文字が入った竹灯籠も、みなかみ町の200名以上の方が持って

写真を撮るのに協力してくれました。それを実行委員が動画にしたものも作り、

みなかみ町の人は、その中に知っている人をきっと見つけることが出来るでしょう。

ハートの真ん中にみんなの想いがこもる、まさに「みんなの想火」そのもの

ですね。

IMG_6067600.jpg

この写真もプロの写真家によるもので、使用を快く許可してくれました。

人と繋がる想い、人を信じて任せる想い、自分の想いが独りよがりでなければ

人が共感してくれるという事を、実行委員さんたちは、身をもって知ったかも

しれませんね。小さな明かりがいつまでも心に残りますように。

IMG_6070600.jpg

7月23日(木)に行われた「みんなの想火」によるたくみの里の竹明かり

イベント模様です。こちらは、開始直前の様子で、今まさに笛太鼓の演奏が

始まる所。ステップに置かれた竹明かりも綺麗です。

IMG_6045600.jpg

和紙と竹で出来ている和傘を舞台小物として使っています。竹灯籠に和傘、

似合いますね。現在は、少し配置を変えて8月末まで展示してあるそうです。

ソーラーで灯しているものは、お天気の具合によって付かないこともあるかも

しれませんが、夏休み中のお客さんも楽しんでいただけると思います。

明日もう一日続きます。

IMG_6062600.jpg

黒のパッケージに雪の谷川岳を銀で描いています。オシャレですよね。

みなかみ町が誇る店の一つ、育風堂精肉店さんが作った雪サラミと言います。

育風堂さんは、生ハムが有名ですが、このサラミも人気が高まってきてTVで

紹介されてからは、中々入手困難になっています。しっかりと時間をかけて

作っているからですね。

IMG_5560600.jpg

雪サラミの雪の所以は、この周りの白さにあるようです。パックの中の薄皮を

剥くとこの白は、無くなりますが、熟成されて染み出した塩分が水おしろいの

ようになって、サラミを綺麗にお化粧してくれています。薄く切って口に

含むと、まろやかな塩味と粒コショウの刺激がサラミ独特の味を引き立てます。

IMG_5562600.jpg

実はこれ、もうとっくにいただいてしまったのですが、育風堂さんのご厚意で

分けてもらったので、今頃のご紹介となりました。

生ハムのハモンみなかみといい、雪サラミといい、この他にもソーセージや

絶品のコンビーフも育風堂の若いご当主が、肉のうまみを追求して作りました。

谷川岳から吹き下ろす冷たい風と、利根川源流の水の美味しさを肉の味に

しっかり込めた職人技です。

IMG_5563600.jpg

青空恋し

| コメント(2)

昨日の午後、少しの雨上がりの間にミンミンゼミが鳴きました。

彼らも時期を失うまいと必死ですよね。青空が恋しいです。

6月に撮ったこの写真、あとで良く見たら左上に半月が写って

いました。雲が柔らかくてそれを残したかったのですが、朝の空が

こんなに青かったのかぁと、思ってしまうこの頃ですね。

DSC_3398600.jpg

こちらは、7月の初め頃。朝のコーヒータイムは、青空に吸い込まれるような

ゆったりした気分になりました。

DSC_3693600.jpg

同じ時の東の空は、昇ってくる朝日でまぶしかったです。あと4,5日で梅雨が

開ければ、暑さとともに照りつける太陽を見る事でしょう。なんといっても

お日様の偉大な力で、洗濯物をカラッと乾かしてもらいたいです。

DSC_3708600.jpg

Go Toトラベルが7月22日から始まって、なんだかよくわからないうちに

4連休となりました。夏休みが8月8日からという学校が大半で、この連休は、

出かける人が多かったようです。今までお出かけを我慢してきたし、

夏休みが待ちきれないという事もありますよね。七宝焼の家、キャンドルの家も

人数制限をしながらの営業ですので、対応が通常通りとは行かず、お待たせ

することが多かったです。さて、寄る年波に勝てず、その疲れを癒して

くれるのは、湯上りのこの一本! 今一番お気に入りの発泡酒です。

IMG_5572600.jpg

癖が無くすっきりした飲み心地です。もう一本飲みたいところで

我慢が一番。これで疲労回復とは、ありがたいものですね。

IMG_5573600.jpg

7月23日に行われた日本全国竹明かりイベント「みんなの想火」、たくみの里の

催しを動画や写真でいただいたので、少しずつご紹介したいと思います。

メインのモニュメントがこちら。ハート型に竹を組み合わせて作ってあります。

真ん中にMINAKAMIの文字も竹に穴を開けて。私は夜の運転が出来ないので

見に行かれませんでしたが、実際は、もっと綺麗だっただろうなと思います。

地元の方々の笛や太鼓で、全部の竹明かりが一斉に点灯して開始になりました。

翌日上毛新聞のトップに写真を載せていただき、実行委員長の娘が大変

喜んでいました。携わった方がみんな楽しんで作ってくれたという事で、

この写真もプロの方の全くのご厚意でいただきました。ありがたいです。

2020-07-26600.jpg

植物の花は、人を惹きつけますが葉の形もそれぞれ個性があって面白いです。

こちらはアカツメクサの葉。小さいうちは、下にあるように丸い形ですが

大きくなると先端が少し尖ってきて、模様もハッキリとします。花も

シロツメクサよりずっと大きくて目立つのに、葉の模様は何のためなのか

と考えてしまいます。人の浅智恵では計り知れないんでしょうね。

DSC_3722600.jpg

こちらは桂の木の葉。ハート型で可愛いです。秋、一番に黄葉して見事です。

シナモンの肉桂とは違いますが、葉が散り始める頃何となく良い匂いが

漂います。その頃を思い出していたら、これから暑い夏を迎えるのに、それを

通り越して秋の空気が楽しみになってきました。

DSC_3721600.jpg

先日梅を干しているときに、木の枠から草が生えてきていました。

名前を思い出さなくて、図鑑で調べていたらアメリカセンダングサでした。

秋になると種が洋服につくので、子供の頃は面白がってまだ枯れていない

ものをブローチのように付けたものです。今まであまり良く見ませんでしたが、

葉の周りにえんじ色の縁取りがあって、綺麗です。葉脈もハッキリしていて

エネルギーを感じます。こういうところに目が行くのは、自分が失ったものを

見るような気がするからでしょうか(笑  

失ったということは、かつては持っていた?? な~んて、どうでもいいか。

アメリカセンダングサのディテールに感心したひと時でした。

DSC_4016600.jpg

ジャノメソウ

| コメント(2)

家の前の公園にジャノメソウが沢山咲きました。

DSC_3984600.jpg

今までこんなに咲いたかな?と思う位です。人が踏み込まない空き地には

一面に咲いて、綺麗だなと思ったことはありますが。

DSC_4029600.jpg

このジャノメソウが芽生えたころ、公園の遊具が使用禁止になっていて

誰も来ない寂しい公園になっていたので、彼らは生き延びたのかも

しれませんね。

DSC_4050600.jpg

でも一面に咲くと綺麗です。雨も多い今年はジャノメソウにとっては、

良い年なのかもしれません。写真を撮ろうと踏み込むと水分の多い

地面でした。

DSC_40391600.jpg

いろんな生き物が様々な反応をした今年。これも自然の計らいなのでしょうか。

人間も自然の一部、見習って生かされたいですね。

DSC_4071600.jpg

花火とカニで

| コメント(2)

カニの入ったジェルキャンドルを作りました。砂浜で花火を見上げている

というイメージです。

DSC_3993600.jpg

グラスの内側に花火のつもりで絵を書き、透明のガラス棒にも小さく書いた

ものを入れました。後ろから見ると、こんな感じです。

DSC_4000600.jpg

横からは、カニが小さい方の花火を持っているように見えました。ガラス棒は

ジェルと透明度が同じなので、完全に透き通っていますね。

DSC_3995600.jpg

今年は花火大会がどこも中止で、寂しいです。せめてこんなのを飾って

楽しみましょう。お客さんにうまく説明出来るかな? 楽しんで作って

もらえたら嬉しいです。

DSC_3997600.jpg

ユリ

| コメント(2)

玄関にユリの花を生けました。ただ花瓶にさしただけですけど。

滅多に花を飾る事はないので、我が家では異例です^^;

たまには、花屋さんで好きな花を思う存分買い、飾ってみたいな、

とは思うのですが、花より団子。お口に入るものが優先してしまいます。

DSC_3981600.jpg

実は庭で鎌を振り回しておりましたら(一応草刈りで)アッと思った瞬間

もう間もなく咲こうとしていたこのユリを、切ってしまったのでした(;´д`)トホホ

2日目に花は開き、芳香は狭い家じゅうに広がりました。こういう香りは、

どこからともなく、というのが一番ですね、虫じゃないので。

でも、花を飾るのはやっぱりいいものですね。ユリさんありがとう♪

DSC_3976600.jpg

土用梅仕事

| コメント(2)

7月19日(日)土用に入ったので、梅を干しました。この日から三日三晩

干して梅干しの完成になります。今年は生り年なのに、我が家の梅の収穫は

これだけでした。少し緑のうちに取ってしまったので、色が残っています。

お日様と夜露で美味しくしてもらいましょう。

DSC_4005600.jpg

立ち上がるとそばの草に小さな花を見つけました。コニシキソウを大きくした

草です。同じように切ると茎から白い露を出します。こんな花が咲くとは、

初めて気が付きました。

DSC_4011600.jpg

近寄って見ると、花は葉と同じ色と形の鞘の様なものから顔を出しています。

立ったまま見ていたのでは、全然気が付きませんよね。へ~@@;

DSC_4007600.jpg

カメラでは、上が限度だったので、トリミングしました。花の裏側にも

別の花があるようで、もっとアップで見てみたいです。左下のはなんだろう

つぼみでしょうか。自然は面白いですね。

DSC_40071600.jpg

たくみの里の入り口付近に一里塚があり、七宝焼の家の主人が数年前から

整備を町に申し出ていました。一週間程前、やっと綺麗になって看板も

立ちました。

DSCN8171600.jpg

以前は、こんな状態で、斜めになっているのは枯れてしまった松の木です。

一里塚には、必ず木が植えられていて、旅人がそこで休めるようになって

いたそうです。この枯れた松は、そのためにお役目を果たしていたのかも

しれませんね。

kousinto.jpg

これも数年前に撮った写真ですが、桜だけはまだ元気なので、来年は整備

された一里塚で綺麗に咲いてくれることでしょう。楽しみです。

P424006911600.jpg

通常ですと、毎年そろそろ夏休みの時期です。今年は

7月いっぱい、授業のある学校が大半で、夏休みは8月からのようですね。

たくみの里七宝焼の家、キャンドルの家の営業も7月23日(木)

からは、定休日以外の平日は営業いたします(現在は土日祝日のみの

営業とさせていただいていました)8月に入ってからの予定に

関しましては、またご案内させていただこうと思っております。

何卒宜しくお願い致します。

写真は、チタンガラス乗せ技法の七宝焼ピアスです。体験可能です。

DSC_2092500.jpg

利根沼田地域に配られるタウン誌"たにがわ"が、7月23日の竹灯籠イベント

お知らせを載せてくれました。マイタウンたにがわは、毎月1日と25日に

発行されていて、地域のイベントやその取材記事を載せてくれる生活に

密着したタウン誌です。

tanigawa2042600.jpg

当日は、たくみの里の総合案内所前で催しをするので、駐車スペースも

沢山あり、思い思いの場所で演奏や竹灯籠の明かりを楽しんでいただけます。

tanigawa041600.jpg

日本中の各都道府県で、一斉に催されるので、お住いの地域を確認して

いただいて、楽しまれるのも良いと思います。日本の元気を世界に発信出来るのは

嬉しいことですね。ぜひご一緒に楽しみましょう。

1694-IMG_4105600.jpg

アジサイは、七変化と言いますが、この柏葉あじさいもその仲間で、色を

変えてきています。雨で重く垂れさがった房ですが、先の方は、まだ初めの

頃のように、真っ白です。

DSC_3972600.jpg

最初に咲いた花の一つ一つは、周りから紅が指してきています。

DSC_3942600.jpg

この部分はガクと呼ばれるのでしょうけど。濃い色は、点から始まっていく

ようですね。ドットの集まり。

DSC_3954600.jpg

色素が増していくのは、グリーンから赤へと変わって、紅葉と同じこと

なのでしょうか。

DSC_3947600.jpg

この移り変わりが、綺麗だなぁと思います。美しい自然の色合い。

DSC_3965600.jpg

真っ白な襟元に淡いグリーンの夏服。衣替えですね。これからもまだまだ

楽しめそうなアジサイです。

DSC_3959600.jpg

たくみの里には、蕎麦の畑があって、そば打ち体験の楽しさを何倍にも

しています。花も可愛いので、都会からいらした人には珍しい物の一つです。

DSC_3856600.jpg

蕎麦の花の可愛さの一つは、この先の赤いオシベとメシベです。

白い花びらと中心の黄緑、そして赤い粒々は、見事な配色ですね。

DSC_3865600.jpg

全体の形状もかんざしのようで、可愛いです。

DSC_3871600.jpg

でも、この花の咲くころは、割と曇り空が多く、今まで青空と撮ったことが

ありません。ただタイミングを逃しているだけかもしれませんが。

DSC_3877600.jpg

そばの実が沢山ついて、収穫もそう遠くないことでしょう。わずかに残っている

花にミツバチが飛んできました。美味しいお蕎麦になるために、彼らも

大いに役立ってくれたことでしょうね。

DSC_3893600.jpg

足元で、何か感じたと思ったら、ツユクサです。大好きな花の一つですが、

正面からみると、何となくカマキリのように見えてしまって、この花の

強さがイメージに重なります。このブルーと同じ青空が見られるのは、

もう少しの我慢ですね。

DSC_3922600.jpg

カボチャ

| コメント(2)

大きなカボチャの葉の間から、形の違うものが目に入ってきました。

DSC_3811600.jpg

かき分けるようにして覗くと、可愛い実がなっています。まだ花ガラも

付いていて、カボチャの赤ちゃんですね。

DSC_3812600.jpg

右の石垣の上が、ネコの額の畑です。カボチャはそこからカーポートに降りてきて、

私の車(左端に少し見えるブルーの)の脇を道路に向かって直進中です。

DSC_3816600.jpg

別の芽は、奥のサンショの木に絡みついてしまいました。

カボチャって、強いですね~

DSC_3824600.jpg

隣の空き地に回って、サンショの木を見てみると、咲いたばかりの

ような綺麗な花! 黄色は、元気をもらいますね。

DSC_3820600.jpg

この花の脇にも既に実の様な物が付いていて、しかも茶色です。これは

種類が違うのでしょうか。植えた人は(主人ですけど)なんだか忘れ

ちゃったなどと言っています。どのように成長するのか、興味津々です(笑

DSC_3821600.jpg

笹の露

| コメント(2)

雨雲にすっぽりと覆われた朝、それでも雨は降っていなかったので、カメラを

持って庭に出てみました。夜半から止んでいたのか、どこも濡れていなのに

笹の葉だけに露がついています。

DSC_3827600.jpg

これは、竹自身が出している水滴ですね。縦横無尽に張り巡らせた根から

沢山水分を取って、不要なものを放出しているのでしょうか。

葉の表面にも水滴が沢山ついています。

DSC_3830600.jpg

空気中にこの水分が吸収されて、私たちは、なんとなく爽やかな空気を

吸っているように感じるのかもしれませんね。スギナも水滴を飾りのように

つけているのを見かけます。その他にもいろんな種類があることでしょう。

物言わぬ自然の力から沢山恩恵を受けているなぁと感じた朝でした。

DSC_3825600.jpg

朝顔

| コメント(0)

今年も朝顔が咲きだしました。なぜか主人は朝顔が好きで、毎年自分で

植えています。この種類は、葉の形がハート型で山芋のようですが、種は、

普通の朝顔と同じです。

DSC_3832600.jpg

白に濃い紫が江戸風の趣があります。

DSC_3838600.jpg

花芯を守る部分が薄いピンクに見えて、オシャレです。七宝焼の家にも植えて

いるのでお客さんが珍しがって、種が出来る頃には欲しいという方もいます。

DSC_3834600.jpg

毎年ブログにも登場してもらって、私は何もお世話をしないけど、楽しませて

もらっています。自然が通常通り循環してくれるのも、大きな幸せですね。

DSC_3849600.jpg

イタドリの花

| コメント(2)

先日ゴミ出しに行ったら、イタドリの花が沢山咲いていました。

DSC_3795600.jpg

一つ一つの花はとても小さく、隣のヒメジョオンと比べてもその小ささが

わかります。

DSC_3792600.jpg

撮れるかどうか分からないけど、カメラを持って再度ゴミ出し場のところへ。

雨が少し降ってきて、大事なカメラを濡らさないか、気になりながらも・・・

野の花は、一日経つと様子が変わってしまいますから。

DSC_3790600.jpg

やっと捉えた小さな花は、花びらが透き通っているように見えました。

DSC_3775600.jpg

あのエネルギーの塊みたいなイタドリとは思えないほど、花は可憐です。

どうしても手ブレしてしまうので、来年は三脚を据えて撮ってみたいと思いました。

DSC_3785600.jpg

透明マスク

| コメント(2)

七宝焼やジェルキャンドル作りの体験説明に、マスクをしたまま

お話をすると、酸素不足になってとても苦しいので、上が開いている

透明マスクを購入しました。飲食店でも使われているようで、業務用の

10個セットでした。

DSC_3806600.jpg

プラスチック部分は、鼻の少し上まで来ます。サイズは3種類ありましたが、

横が14.5cmの中サイズです。

DSC_3807600.jpg

着けてみると、覆われた部分は、どうしても暑いですが、息を吸うのは少し

楽そうです。使い捨てではないので、洗って消毒も出来るところがいいですね。

これで、この夏が乗り切れるかな?

DSC_3808600.jpg

シジミチョウ

| コメント(0)

オレガノの花が咲いたら、雨続きになってしまいチョット時期が過ぎて

しまったけど、レンズの目で接近してみました。良い香りです♡♪

DSC_3803600.jpg

少し離れたら、早速小さな蝶がやってきました。シジミチョウです。

鮮やかな色です。この良い香りに誘われたのでしょうね。

DSC_3719600.jpg

隣の空き地でも、ヒメジョオンに同じようなシジミチョウが夢中で蜜を吸って

います。動くものはなかなかうまく撮れませんが、この時ばかりは捉えられ

ました。でも手ブレで残念な事!トホホ

DSC_3735600.jpg

こちらは、別の種類のシジミチョウ。梅雨の晴れ間、虫たちは

大忙しですね。

DSC_3744600.jpg

みんなの想火

| コメント(2)

みんなの想火(そうか)というオンラインイベントのお知らせです。

企画当初は、今年のオリンピック開会日前日に"みんなの聖火"として行われる

予定でした。世界中の人が集まってスポーツを楽しむ4年に一度の大会は、心が

一つになり、大きな絆が生まれますよね。

minnanosoukatop.jpg

日本の各都道府県で、賛同者がそれぞれ竹灯籠を灯し、世界中に発信して絆を深めよう

と企画されました。が、言うまでもなくの状況です。

下の写真は、それぞれの担当者。群馬県の代表は、たくみの里七宝焼の家大堀由里。

右の一番下の写真がそれです。女性でもサムライということになっています(笑

開催は、7月23日13時~21時 18時40分からの竹明かり散歩からは、無料ですが

オンラインなので予約が必要になります。日本中の竹明かり、ぜひお楽しみください。

minnanosoukazenin.jpg

souka1.jpgsouka2.jpgsouka3.jpg

新型コロナウィルス対策としてiPhoneに新型コロナウィルス接触

確認アプリを入れました。公開されてすぐに探しましたが、

COCOAだけで検索したので、見つかりませんでした。

県をまたいでの外出が、緩和されたので、キャンドルの家も県外の

お客様が増えてきました。対策はしているつもりでも完全とは

言えず、これも万が一の策になりますね。便利ですが、活用しないで

済むことを祈るところです。

COCOAmark.jpg

朝の至福

| コメント(0)

一日の中で一番好きな時間は、朝4時から6時まで。

この間は、PCに向かって集中して作業が出来るからです。

ブログを書いたり、その他それほど大した仕事はありませんが、

画面を見ながらタイピングしているのは、好きな事の一つです。

そして、休憩。外に出てモーニングコーヒータイム。まさに至福の時。

DSC_3701600.jpg

晴れた日は、空が気持ちが良いです。少しひんやりとした朝の空気を深呼吸して

いただきます。雨の日は、網戸にはりつくようにして・・・(笑

DSC_3703600.jpg

陽が昇ってくるのを見られるのも幸せです。夏至も過ぎて、この時間も少しずつ

短くなってくるのが、もったいないようです。なんでもないことが出来るのは、

最高の幸せ、ということですね。ありがたいです。

DSC_3707600.jpg

マスク

| コメント(2)

先週、マスクを作りました。片付けていたら、浴衣の反物が出てきて、

いただいた手ぬぐいもあったので、ヒマに任せてです。最近は根気が無く

4枚だけでした。手ぬぐいは裏表使って、片方分あまるので、以前の残りと

合わせたら鯉のぼりのようになってしまいました(笑; 自分で使うからいいか。

DSC_3711600.jpg

こちらは以前に作ったものですが、左のは生地が厚くて大汗をかいてしまいます。

お客さんに体験の説明をする時、マスクをしたまま話すので、とても苦しく

走っているような感覚です。夏用の布地にしたら少しは楽になるでしょうか。

早くマスクを取って、過ごせるようになりますように。

DSC_3713600.jpg

先日見かけた田んぼのカモ、またお食事に来ていたと、主人が写真を撮って

来てくれました。この場所に少し慣れたのか、私が見た時よりは警戒心が

薄れているようです。

DSCN8134600.jpg

それでも、カメラを構えると畦に上がってしまいました。6羽います。

DSCN8137600.jpg

一羽が向こう側の田んぼに降りたようなので、真ん中の2羽が見ています。

DSCN8138600.jpg

小型カメラですが、バックの稲と合わせて良く撮れました。カモは綺麗ですね。

DSCN8141600.jpg

食事は中断されてしまったけど、たくさん食べられたでしょうか。

珍しがって、ゴメンなさいね^-^

DSCN8142600.jpg

コロナ対策

| コメント(2)

キャンドルの家では、コロナ対策として入り口でマスク着用と手指の

消毒をお願いしていますが、体験スペースは、どうしても対面になって

しまうので、ビニールの仕切りを付けています。

DSC_3688600.jpg

ビニール越しに見るとこんな感じになります。お客様の手元が見えるので、

アドバイスする方も安心です。

DSC_3620600.jpg

先日孫が来て、ジェルキャンドルを作っていきました。

DSC_3624600.jpg

ビー玉も沢山入りました。みんなビー玉が大好きです。

DSC_3630600.jpg

大きなガラスのヒトデも入れて、大満足。小さな入れ物ですが、あれこれ考え

ながら作っていくのは、楽しいらしく、おばあさんのお店に来る目当てにも

なっているようです。孫の特権ですね(笑

DSC_3634600.jpg

さくらんぼ

| コメント(2)

たくみの里周辺の果樹園やさくらんぼ園では、サクランボ狩りが始まって

います。外出自粛が緩和されるのに、かろうじて間に合いました。良かった。

DSC_3659600.jpg

七宝焼の家とキャンドルの家の近くにある、ふれあいの家さんに行って、

写真を撮らせてもらいました。

DSC_3677600.jpg

ホントに可愛いです。こんな可愛い実が沢山なっているのを見るだけでも

嬉しくなります。ここまでにするのは、温度管理やその他様々なご苦労が

あると思います。

DSC_3674600.jpg

近年は、学校の体験学習などでも子供さんたちが来ていましたが、今年は

それもなく、このような風景を見せてあげられないのが残念です。

DSC_3672600.jpg

ほほを寄せたみたい。さくらんぼの代表みたいな粒ですね。土日は、人出も

あるかもしれないので、平日の静かなたくみの里で、甘酸っぱい初恋の味、

存分に味わってもらいたいです。

DSC_3671600.jpg

ナスの花

| コメント(0)

ナスの花が咲きだしました。ナス紺という色の代名詞があるほど、綺麗です。

ナス紺は、実の色で、花ではありませんが、この鮮やかな紫は、実がなった時

ヘタのすぐ下に残っていて、食べる前にしばし眺めてしまいます(笑

DSC_3643600.jpg

小さな花も既に綺麗な紫です。なんとなくパープルじゃなく紫と言った方が

このナスの花に対しては、しっくりすると思うのは、ずっと親しんで来たから

かもしれません。

DSC_3645600.jpg

すぐそばにブルーベリーがあります。こちらも紫だけど、パープルでも

いいかな。

DSC_3636600.jpg

パープルの小粒が沢山なっています。ダークになったら収穫です。

DSC_3648600.jpg

緑のドクダミ

| コメント(2)

先週草取りをしていたら、緑色のドクダミの花を見つけました。珍しい!

DSC_3651600.jpg

草除けのために、砂利を敷いたにもかかわらず、ドクダミがすっかりはびこって

根こそぎの除草中でした。隣に咲いているのは、通常で真っ白です。

DSC_3649600.jpg

庭のお手入れをさぼっているので、ドクダミにすっかり占領されてしまいました。

珍しいと思って、まだそのままにしているので、梅雨が明けてしまったら、また

彼らの根はどんどん伸びていきますね。悪いけど雨上がりには、撤去作業です^^;

IMG_6002600.jpg

アマガエル

| コメント(2)

朝、洗濯物を干そうとしたら、竿の中にカエルが・・・2匹も。

急いで干して、スマホで記念撮影。

IMG_5995600.jpg

奥のカエルさんに焦点を合わせようと近づくと、明らかに怒っていますね(笑

この後、前の子が喉を大きく膨らませながら、ギコギコと鳴きだしたので、

2匹は、連れ合いじゃなかったのかしら? 

IMG_5996600.jpg

サッシの網戸のサンにも、じっとしている子が。この子は翌日もそのまま

でしたが、竿の2匹は、どこかへ行ってしまいました。綺麗なグリーンの

カエルは、アマガエルかと思っていましたが、アマガエルは鳴かないと

いいますよね。梅雨時、元気な彼らからパワーもらっちゃいましょうか。

IMG_5998600.jpg

ケイトウの花

| コメント(0)

たくみの里への沿道には、地元の方たちのご苦労で、季節の花が

植えられています。ここは、春、チューリップが咲いていましたが、

先日、ケイトウに植え替えてありました。

DSC_3582600.jpg

ケイトウって、花の色が茎や葉にも染められていて、綺麗です。

苗も、多分地元の方が種から育てられたものだと思うので、しっかりしています。

DSC_3583600.jpg

同じような赤でも、こうして並んで見ると赤とオレンジの違いは

歴然。

DSC_3585600.jpg

黄色も綺麗です。色とりどりの種類があるものですね。

DSC_3587600.jpg

雨の季節が終わって、陽の光をたっぷり浴びる頃には、この一本一本が

縦横に成長していることでしょう。楽しみです。地元の方々のご努力は、

実にありがたいものだと思います。

DSC_3592600.jpg

アジサイ

| コメント(2)

雨上がりの公園は、子供たちもまだ出てこないので、ひっそりとしています。

アジサイの後ろに見えるいろんな遊び方の出来る遊具も、人待ち顔。

DSC_3602600.jpg

でもこの季節の主役アジサイは、元気に見えます。

DSC_3606600.jpg

少し出て来たお日様の陽を受けて、元気百倍、何やらパワフルに見えるのは、

気のせいでしょうか。

DSC_3594600.jpg

調子に乗って潜って花を撮ろうとしたら、蜘蛛の巣に引っかかってしまいました。

クモさんビックリ! ゴメンなさい。

DSC_3612600.jpg

アジサイって、枯れても花の形状を保っていますね。花びらを加工して

流行りのレジンアクセサリーにもなるし、この長雨に耐えられるパワーは、以外と

強いのかもしれません。この自然の力、ウィズコロナでも見習いたいです。

DSC_3598600.jpg

カモが・・・

| コメント(2)

6月21日(日)自宅から国道17号線に出る道を曲がったら、田んぼに何か黒い

ものが見えました。車をとめて良く見るとカモでした。数日前に一羽だけ

見かけて写真を撮ろうとしたら、逃げていってしまったので、今度は気を付けて。

DSC_3577600.jpg

トリミングしてやっと姿が確認出来ます。7羽いました。お食事中お邪魔しちゃ

いけないので、そっと通り過ぎました。翌日主人が通った時には、16羽だった

そうです。この田んぼは、田植えが遅かったので、他と比べてまだ苗が小さく

水面が沢山見えています。絶好の場所だったのでしょうか。

みんなに知らせてエサの食べやすい田んぼに"カモーン"と言った

かどうかは、わかりませんね^^

DSC_3578600.jpg

ガラス指輪の三つ目、#003をご覧ください。ピンクと白、赤のベネチアンガラスを

ブーケのように仕上がりました。

DSC_3502600.jpg

これもフリーサイズですので、どなたでも着けていただけます。

DSC_3501600.jpg

ガラスを重ねているので、少し厚みがありますが、色合いから季節を問わず

使っていただけると思います。

DSC_3500600.jpg

梅雨から夏へと自然もパワフルになっていく中で、優しい色をお供にしたら

心も緩むかもしれませんね。七宝焼の家オンラインショップで販売予定です

ので、少々お待ちください。

DSC_3498600.jpg

2020梅雨

| コメント(0)

雨が降るといつも "雨が~真珠の小粒なら~♪" という歌を口ずさんでしまい

ます。誰が歌ったのか、題名もその後の歌詞も知らないのに、なぜか・・・

DSC_3554600.jpg

柏葉あじさいも雨に打たれて重たそう。花の裏側も綺麗にしてもらっているのかな?

DSC_3558600.jpg

でも、詩人は雨を真珠の小粒に例えるなんて、素敵ですよね。降りしきる雨を

見ながら、自然が喜ぶのを感じたのでしょうか。

DSC_3562600.jpg

葉先に沢山の真珠をつけて、可愛らしいなぁと思いながら雨を楽しませて

もらっています。適量な降り方で、この季節を過ぎますように。

DSC_3559600.jpg

アマビエさま

| コメント(0)

新型コロナウィルスが世界中に流行するという未曾有の危機に面した今、

少しでも心の拠り所になるよう、アマビエさまという妖怪の絵を飾るのが

流行っています。アマビエさまが疫病を払ってくれるということです。

絵は色々あって、水木しげるの描いたものや、現代風のオシャレなものも

あるので、こんなアマビエさまでも効果はいかに!と思いながら描き、

ジェルキャンドルに入れてみました(恥

なぜか、画像が何回やっても出ませんでした。アマビエさま画像は、ダメ

なのかしら? 以下の文を下の写真について書きましたが、これはどうでしょうか。

アマビエさまは海から来る妖怪だそうで、貝の中に絵を描きました。

瓶の中から世間を見つめて、しっかり疫病対峙をしてもらいたいと思います。

早く収束することがみんなの願いですね。

文だけなら出ました。ということで、本日は写真無しの投稿となりました?????

ガラス指輪の#002をご紹介します。#001と同じスタイルでライトブルーに

なります。

DSC_3497600.jpg

アジサイの花のような指輪。フリーサイズなので、プレゼントにも安心です。

DSC_3496600.jpg

アジサイは小さな花がまとまって、しかも木に沢山咲くので、雨に打たれても

しっかりしています。雨雲のどんよりを、忘れさせてくれるような優しい色合い。

そんな、この季節が良く似合う花がリングとしてお供出来ます。

DSC_3491600.jpg

七宝焼の家オンラインショップで販売予定ですので、もう少々お待ちください。

DSC_3490600.jpg

一泊だけの法師温泉長寿館でしたが、さすが秘境の温泉宿という趣。

これを保っていくのは、さぞご苦労があることだろうと察せられました。

DSC_3527600.jpg

木のぬくもりは、初めて訪れる人を安心で迎えてくれる気がします。

暗くなりがちな廊下や階段も明り取りの窓でホッと出来ます。

DSC_3529600.jpg

反対側にも天窓が。お宿を広げて行った時の工夫ですね。

DSC_3533600.jpg

右側の大きな屋根のところがお風呂です。三つあって、有名な広いお風呂の

法師の湯は混浴です。でも夕方何時間か女性だけの時間があるので、入って

きました。カランもなくホントの温泉! まったりといで湯の雰囲気を味わう

ことが出来ました。

DSC_3540600.jpg

朝は良いお天気になって、綺麗な青空。 三つ目の長寿の湯に入ってきました。

お湯はぬるめなのでゆっくり入っていられます。そのおかげでお肌がスベスベに。

今度は何日か連泊してみたいなぁと思えた初めてのお宿でした。

DSC_3544600.jpg

6月16日(火)主人と二人で法師温泉に初めて宿泊してきました。自宅から30分も

かからないので旅行というほどではありませんが、何年ぶりかのことです。

DSC_3505600.jpg

みなかみ町から新潟に抜ける三国峠のすぐ下にある法師温泉長寿館は、

弘法大師が見つけた温泉に、お宿を作った由緒ある旅館です。お部屋から

渡り廊下が見えました。玄関からさっき通ってきた所です。

DSC_3516600.jpg

窓枠も手すりも全部木製。今時大変珍しいと思います。お手入れも良く

されて、どこも綺麗でした。しかもとても静か。川のせせらぎが聞こえるお部屋

もあるようですが、この静かさも格別のおもてなしかもしれません。

DSC_3519600.jpg

木枠に張って作られた網戸。冬は雪がかなり積もるので、ガラス戸は二重に

なっていました。これを見ただけでも、都会の人は大感激するのではないかと

思ってしまいました。

DSC_3520600.jpg

渡り廊下から玄関が見えました。提灯の後ろにある赤いのは、郵便ポスト。

レトロそのものです。

DSC_3525600.jpg

屋根がまた趣があって、杉板で葺いてあるそうです。瓦や今の屋根材のように

長持ちしないので、大変だそうですが、この雰囲気は、ぜひ大切にして

もらいたい気がしてしまいます。もう一日続きます。

DSC_3526600.jpg

野ばらⅡ

| コメント(0)

今年は庭の野ばらが沢山咲いて、可愛いかったので先日沢山写真を撮って

しまいました。この時はつぼみもかなりある状態でしたが、今日はほぼ満開で

雨に打たれています。

DSC_3426600.jpg

野ばらは、白くて小さいものだと思っていましたが、このような可愛いものも

あるのでしょうか。花の右側の上にある虫のようなものは、カラスノエンドウの

種が弾けた殻です。あの模様の中に一つ一つ種が入っていたのですね、面白い。

DSC_3428600.jpg

あまりお手入れの良くない庭なので、鳥の贈り物も自由気ままに伸び放題。

どこまで伸びていくのか、本当はほおっておいて見てみたい気もします。

DSC_3438600.jpg

バラは、トゲがあるのでお世話が大変ですね。また当分このままで、毎年

楽しませてもらうことにしましょう。

DSC_3436600.jpg

ガラス指輪

| コメント(0)

ガラスフュージング技法の指輪をご覧ください。枠の上にベネチアンガラスを

配置して透明なガラスを重ねて焼成しています。

DSC_3476600.jpg

フリーサイズですので、ご自身でもプレゼントにも心配ないですね。

DSC_3480600.jpg

七宝焼の家オンラインショップで販売予定ですが、サイトのガラスアクセサリー

に指輪の項目が無かったので、追加いたします。

DSC_3485600.jpg

雨が続いていますが、お手元だけでも楽しめると嬉しいですね。

DSC_3486600.jpg

野ばら

| コメント(0)

庭の野ばらが満開になりました。良い香りを放っています。

DSC_3409600.jpg

植えた覚えはないので、鳥の贈り物だと思いますが、どんどん伸びていくので

切るしかなく、すると更に勢いを増すということになってしまっています。

DSC_3410600.jpg

でも可愛いので、すっかり切ってしまいたくはなく、自然の恩恵に甘んじて

いるところですトホホ

DSC_3415600.jpg

花の大きさは5㎝位。色も綺麗で、やっぱりありがたいことですよね。

写真も沢山撮ってしまったので、もう一日載せたいと思います。

DSC_3423600.jpg

梅雨空を眺めていたら、七宝焼のマンボウをまだご紹介していなかったのを

思い出したので、早速写真を撮ってお披露目しました。

DSC_3461600.jpg

体の部分は、銀箔を型抜きしてお花と小さなハートをデザイン。全体も彫金版に

なっているので、面白い形だと思います。

DSC_3464600.jpg

ブローチになっています。鏡に乗せて裏も見えるようにしました。

こんな楽し気なブローチを付けたら、海の見えるところに出かけたくなりますね。

DSC_3471600.jpg

梅雨ぞら

| コメント(0)

6月11日、関東も梅雨入りしました。

DSC_3447600.jpg

谷からの上昇気流が雲になって、向かい側の山肌を上がっていきます。

こういう自然の動きを見られるのは、いいなぁと思います。

DSC_3458600.jpg

気配を感じて振り向くと、電線で小鳥が羽繕いをしていました。少し前まで

雨が降っていたので、羽が濡れたのでしょうか。

DSC_3404600.jpg

雫の付いた葉も綺麗です。みずみずしい、そのものですね。

DSC_3450600.jpg

アジサイも花の裏に水滴を沢山つけて、ちょっとシルバーっぽく見えます。

晴れても曇っても雨でも、自然は美しいです。癒され励まされ、知らず知らずのうちに

パワーももらって、ありがたいことです。恵の雨以上は降りませんように。

DSC_3453600.jpg

ユキノシタ

| コメント(2)

ユキノシタの花を見つけました。いつの間にか、です。

DSC_3381600.jpg

葉もまだ地面にくっついていて小さいので、気が付きませんでした。

DSC_3388600.jpg

もう枯れかかっているのもあります、アララ。

DSC_3379600.jpg

みんなあちこちに飛んでいるようですね。楽し気。

DSC_3377600.jpg

大体お日様の方を向いて咲く花が多いのに、日陰を好むので、自由なのでしょうか。

なんだかみんな楽しそうですよね。ワクワクしているような様子を見て、なんだか

こちらまで嬉しくなりました。ありがたいです。

DSC_3383600.jpg

マスク止めⅡ

| コメント(0)

たくみの里七宝焼の家大堀由里が作っているマスク止めが、おかげさまで

好評です。以前のものは、カニ環という留め具が小さかったので、私のような

年寄りには不向きでしたが、大きいものにしたので、楽になりました。

DSC_3320600.jpg

長さもハッキリわかるように、最大調節可能な数字を示しています。

この他にもマスクを後ろに回した時に、全面にパールが並ぶようにしたものも

あり、種類が豊富です。たくみの里七宝焼の家で販売しておりますので、

ぜひご来店をお待ちしております。また平日はお休みしていますので、土日祝日

のみとなり、ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

DSC_3318600.jpg

たくみの里のわらアート、イノシシ親子がお着換えします。

今は身ぐるみ剝がれた状態。木と竹の骨組みが風を通して健康チェック出来ますね

DSC_3298600.jpg

耳はそのままです。鼻の穴は、このようになっていたのですね、面白い♪

DSC_3281600.jpg

後ろから失礼。尻尾もそのままでした。うり坊の右側には、道路を挟んで

お寺さんがあり、親イノシシの左下にある茶色の看板がたくみの里を示しています。

DSC_3286600.jpg

呼ばれたように下を見ると、可愛い花。フウロの仲間でしょうか。一つだけ

咲いていました。

DSC_3283600.jpg

田んぼの水鏡に骨組みを映して、また沢山人が来てくれるのを

待っています。

DSC_3304600.jpg

この稲が実る頃には、楽しく賑わって、収穫の喜びをみんなで分かち合うことが

出来ますように。

DSC_3309600.jpg

朝つゆ

| コメント(2)

スギナに朝露が沢山ついていました。

DSC_3273600.jpg

朝露と言っても、空気中から降りるのではなく、スギナ自体から出している

水分です。

DSC_3277600.jpg

ですから、節のところに水滴がついていて、朝だけつけるスギナのアクセサリー

のようです。可愛い♪

DSC_3274600.jpg

陽が昇って来て水滴は、ダイヤモンドに変わりました。綺麗です❣❣

DSC_3333600.jpg

スギナのところだけ、夢の世界。キラキラにウットリです。

DSC_3337600.jpg

土の中深く根を張っているので、水分を沢山吸い込んで新陳代謝を良くして

いるのでしょうか、スギナのアクセサリーの仕組み知りたいものです。

DSC_3341600.jpg

なでしこ

| コメント(1)

庭のなでしこが、今年は沢山咲きました。白と赤の株を一つずついただいたのが、

15年前。昨年、この場所に我が物顔で出てきていたスギナを深く掘って抜いたので、

なでしこが根をよく伸ばせたのかもしれません。

DSC_3261600.jpg

白なのですが、中心からピンクが広がってきて、可愛いです。

DSC_3266600.jpg

赤は、だんだん少なくなってきてしまいました。頑張ってね。

DSC_3270600.jpg

規則正しい巻き方から開いてきています。左下の白もその途中です。

彼らには、最も合理的な形状なのでしょうね。生きていくための無駄のない

スタイルです。人間は無駄と思われるものも、また良しで、それも無駄のない事

となりますね。

DSC_3271600.jpg

可愛らしいピンクの七宝焼ネックレスが出来ています。ハート型の曲線が

ドラマチックです。

DSC_3185600.jpg

重ね焼き技法で、型が金色なので、22㎝の同色のチェーン付になっています。

本日中に七宝焼の家オンラインショップにUPしますので、詳細を是非

ご覧ください。

DSC_3181600.jpg

半透明のビーズと白のビーズでデザインしました。ベースのマゼンタ色が

濃いので、飾りはシンプルにしてあります。

DSC_3182600.jpg

たくみの里七宝焼の家では、このようなアクセサリーを体験で作っていただく

事が出来ます。お好みの色とデザインをゆっくりと楽しめるのが非日常の

またとない経験となることでしょう。

DSC_3183600.jpg

現在は、平日はお休みして土日祝日のみの営業とさせていただいていますが、

早めのご連絡をいただければ、平日もご予約で可能となります。スタッフの

都合がつかない場合もありますので、七宝焼の家HPのお問い合わせフォームから

ご予約をお願い致します。

DSC_3184600.jpg

庭にミニバラがあります。16年前にいただいた鉢を植えたのですが、寒冷地の

ため、増えず枯れずで何とか頑張っています。

DSC_3247600.jpg

でも今年は珍しく6個花が咲きました。冬に雪が少なかったからでしょうか。

わかりませんが。

DSC_3245600.jpg

少し離れた所で、野ばらが自生し始めました。ミニバラとは対照的に、繁殖して

います。葉もツヤツヤです。

DSC_3204600.jpg

でも可愛いので、そのままにして2~3年経ちますが、勢いは年々増しているような

気がします。秋に切るので、根が成長しちゃうのでしょうか。

DSC_3242600.jpg

石の上でもお構いなし。つぼみの数が今年は最高かもしれません。

DSC_3256600.jpg

場所を選ばず植えられたものと、自ら根を張るものの違いは、大きいですね。

でも、与えられた所で生き続けるのも大したものだと思います。

何だか今の世の中と似たような気がしてきました。考え過ぎかな?笑;

DSC_3253600.jpg

https://www.shippouyaki.net/blog/image/baner111.jpg
https://www.shippouyaki.net/blog/image/banner6.jpg
https://www.shippouyaki.net/blog/image/banner7.jpg

ウェブページ

七宝焼の家