主人がタケノコとコゴミを近くの農産物直売所で買ってきました。

うちでは初物です。タケノコご飯や煮物、お浸しなど思い描きながら

早速ゆでました。

202105171.jpg

農産物直売所は、付近の農家の方や山菜採りの名人が朝収穫したものを

販売するので、新鮮です。タケノコは、すぐに柔らかくなりました。

コゴミも山菜の甘味を失っていません。テーブルに並んだところを

撮るのはすっかり忘れて、春の味覚を楽しませていただきました。

202105172.jpg

庭のカシワバアジサイが葉を広げてきました。いつも柏餅を食べる頃、

手の平を合わせて、拝んでいる様に見えるのが愛しく思っていましたが

今年は、早い❣️

202105161.jpg

柏の葉より切込みが深くて天狗のウチワやヤスデのようです。でもアジサイの

仲間なのでしょうね。

202105163.jpg

中心には、もう花芽が付いていました。ホントに早い。

202105164.jpg

2週間後に見たら、花芽がこんなに大きくなっていて、ビックリ。ちょっと

タラの芽みたいで、美味しそう^^

202105165.jpg

雪が少なかった今年は、季節の進み具合も変化があるのでしょうか。温暖化は

身近なところに現れているのかも。自然の流れを壊さないよう一緒に生かされて

行きたいです。

202105166.jpg

ワクチン接種

| コメント(2)

私の住んでいるみなかみ町では、高齢者のコロナワクチン接種受付が

5月6日から始まりました。Lineで早速申し込み、主人と二人5月末に予約が

取れ、ホッとしました。2回目も同時に申し込めるということで、やって

みましたが、会場が表示されず、2,3度失敗。数日経って再度トライ。

同じ画面でしたが、ふと、会場の項目を左にスライドしたところ、出てきました。

スマホの狭い画面なので、全体が表示されず、そこをスライドするとは考え

ませんでした。若い人なら当然のことなのでしょうね。一つ勉強でした(笑;

202105151.jpg

今は何を置いてもワクチン接種は急務ですよね。色んな会議や相談も

大切でしょうけど、なんとか早く多くの人が受けられるように、そして

みんなの命が守られますように。

202105152.jpg

綿毛の前と後

| コメント(2)

草取りをしていたら、いつの間にか大きく伸びていたタンポポが綿毛をしっかりと

抱いていました。周りのガクや苞?もとても綺麗に見えたので、記念撮影。

202105141.jpg

ガクの上下に分かれた曲線、ガクと苞の先端の濃い紫、苞がこれから開こうとする

縦の裂け目、どれをとっても自然の作り出すフォルムは美しくて素晴らしい!

202105142.jpg

綿毛は、台風の目のような中心から今か今かと開くのを待っているように

見えます。

202105143.jpg

隣にあったもう役目を終えたタンポポ。綿毛の一本一本の根本が法則に沿って

痕跡を描いています。丸坊主さんになって、一見可哀そうな感じになってしまい

ましたが、この見事なラインには、感嘆します。

202105144.jpg

最後の一本が残っていました。風に乗って飛べる綿毛、しっかり着地出来る

種、これも大したものですね。庭に生えたらちょっと困るけど、どこか遠くに

飛んで行ってね~

202105145.jpg

花束

| コメント(2)

今年のGWは、人出も少なかったのですが、県内のお客様が多かったです。

たくみの里は、広くて車の心配も無く、ご家族で自転車を楽しむには

絶好です。レンタサイクルもあり、前後にお父さんやお母さん、間に

遅れまいと必死でこぐ子供さんの隊列が微笑ましいです。

休憩中に摘んだのでしょうか、小さな女の子が私に花束をプレゼントして

くれました。

202105131.jpg

タンポポとヒメオドリコソウ、カキドオシ。ちゃんと草の葉で

まとめてありました。ジェルキャンドル作りの体験をすることになって

いたので、お店の人にプレゼントするんだと言っていたとお母さんが

話してくれました。嬉しいですね~  

たくみの里は、人と触れ合えて様々を体験出来る所です、早く安心して

マスクを外し、笑顔を交わせる時が来ますように。

202105132.jpg

昨年は営業自粛して寂しいGWでしたが、今年は少し人出もありました。やはり

県内の家族が殆どでしたので、体験した方に書いていただく確認書にも快く

応じてくれました。たくみの里でまとめますので、何かあった時にはご連絡も

出来、安心材料の一つなのですが、名前、住所など書くことにはやはり抵抗が

ある方もあって、このご時世ですから差し支えない所だけと丁重にお願いして

います。

さて、4月29日昭和の日は、毎年老人会の集まりでお弁当や飲み物が振舞われますが

昨年同様今年も無く、いつものお弁当もこのような詰め合わせでした。

普段食べたことがないものも入っているので、興味津々でいただきました。

来年こそは、みんなで集まって楽しい時間を過ごしたいものですね。

20210512.jpg

朝の風景

| コメント(2)

4月29日(木曜日)今日からゴールデンウィークの始まりです。

たくみの里七宝焼の家、キャンドルの家は、5月5日まで時短で営業しております。

密を避けて定員制限させていただくこともありますので、お早めにお出かけ下さい。

閑話休題

毎朝、このブログを書きながらコーヒーを飲めるのが一番の幸せです。

すっかり日の出が早くなったので、カーテンを少し開けておくと、遠くを

眺められて目の保養になります。この日もちょうど外を見た時、桂の木の下の

ドウダンツツジに鳥が飛び込みました。今花盛りなので、蜜を吸いに来たのでしょう。

たまたま見た時に出会えるのも面白いですよね。こんな遠くから見られているとも

知らずにドウダンツツジの木を揺らすほど、中であちこち移動していました。

202104291.jpg

6時のチャイムが鳴ると私の楽しい時間は終了。良く晴れて変わった雲が流れて

いました。

明日から5月5日まで、ブログをお休みいたします。再開後、またどうぞよろしく

お願いいたします。

202104292.jpg

一人静

| コメント(2)

七宝焼の家とキャンドルの家の看板の下に今年も一人静が咲きました。

数年前にこの看板を建て替えたので、少し減ってしまいましたが、もう

無くなってしまうかとの心配をよそに、健気に顔を見せてくれて嬉しいです。

202104281.jpg

気配に振り向くと、建物の脇でひっそり咲いている八重桜が呼んでいるようでした。

この壁の下に窓があってキャンドルの家になっているので、お店の中からは

見ていましたが、直に見た方が確かに綺麗ですよね。あと数日は十分持ちそうです。

夕方から寒くなってストーブをつけるような気温でした、風邪を引かないように

気をつけましょう。

202104282.jpg

小さい頃

| コメント(0)

先日娘が飼っているこの茶トラのメイをブログ記事にしたときに、

小さい頃の動画も見てみました。このひ孫が2歳位の頃でしょうか。猫も

もらわれてきて間もない頃です。どちらも同じような感じですね。

ひ孫が遊びに来た時には、どちらも年中じゃれて遊んでいたものです。

202104271.jpg

そして、遊び疲れて寝てしまった、ネコとおちびさん。二人とも

夢の中。あれから3年近く経ってすっかり成長した一匹とおひとりさん、

こちらはすっかり衰えてしまいました(笑

今は、簡単に動画が見られてありがたいです。また何年かしたら

見て、その違いに驚きますね、楽しみです。

202104272.jpg

カエデの花

| コメント(2)

カエデの新芽が日に輝くようになって、真っ赤なガクが開き始めると、小さな花も

待っていたかのように咲き始めます。みんなイヤリングのように下を向いて風に

揺られているので、逆光と強風の間で撮れるところを探すのに必死です(笑

もうちょっとUPで撮りたかったけど、残念。

202104261.jpg

暗い画像の影を明るくして、コントラストを目一杯下げたら、こんな感じに

なりました。子供の頃見た画質のあまり良くない絵葉書のようです。

カエデは、種の形が面白くて、クルクルと回りながら落ちるのが特徴ですね。

それを見るのは、また楽しみの一つです。

202104262.jpg

一里塚の看板

| コメント(0)

たくみの里は、はいり口がいくつかあり、その一つ、工業団地側のところが

旧三国街道になっていて、一里塚があります。写真の道路がその街道。奥を

左にまがったところがたくみの里のエリアになります。

202104251.jpg

三国街道を調べていた主人が、ここに注目して地元の人の話も参考にし

一里塚の看板を正式に立てることが出来ました。以前は、元からあった

大きな木が枯れてしまい、草も生え放題で見る影もなかったのですが、

やっと綺麗になりました。

202104252.jpg

花も植えて、草刈りもまめにしています。おかげで、自分の家もたまに

草刈りしてくれるようになったので、ありがたいです(笑

看板には古絵図もついているので、街道の昔が偲ばれるのではないかと

思います。

202104253.jpg

季節が進むときれいにしておくのは大変な事ですが、頑張って

三国街道と、その須川宿であるたくみの里へ続く道しるべを

守れるといいですね。

202104254.jpg

今日4月24日(土)18時からテレビ朝日の番組「人生の楽園」で

たくみの里のカフェ夢やさんが放映されます。夢やさんは、

七宝焼の家のすぐそばにあり、イベントで音楽が流れると良く聞こえる

距離です。

以下は観光協会からのお知らせです。楽しみですね。

人生の楽園「卯月の四 女性3人夢追うカフェ〜群馬・みなかみ町」

【番組内容】「女性が輝ける場所を作りたい」と、たくみの里で

カフェ&ギャラリーを開いた、夢美さん、隆子さん、かつ子さん。

女性3人の日常と、『夢や』に訪れる人々との交流を紹介します。

番組HP: https://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/

マップは、クリックすると少し大きくなります。×印で元に戻ります。

202104241.jpg

トリミングした画像の赤で囲ったところが七宝焼の家、キャンドルの家、夢やさん

を確認出来ます。

202104242.jpg

バラの花を入れたジェル飾りを作りました。花も手作りしたので、

ワイヤーで繋げた茎のつもりのところが太くて、頑丈そうに

なってしまいましたが(笑;

202104231.jpg

脇に白バラも咲かせました。目立たなかったですね。

瓶が細くて、ちょっと作りずらかったですが、ジェルを注ぐとどの様な

感じになるのか、試作してみました。

202104232.jpg

途中に浮かせようと入れたものも、瓶の細さでジェルの固まる具合が

早く、中間まで到達出来ませんでした。色々やってみないと分からない

事がありますね。分からない事が分かって、実験成功です(^o^;

202104233.jpg

七宝焼の家のディスプレイ用に、主人がエンジュの木を輪切りにして

来てくれました。このエンジュは、ニセアカシアと一般的に呼ばれて

いるものです。ニセアカシアは繫殖力が強く、里山には沢山生えるので

間伐されています。

202104221.jpg

二個の切り株でしたが、娘がドリルで穴を開け、太目のヒゴで繋げました。

親子合作のディスプレイ用品、出来上がり。

202104222.jpg

こうして商品を乗せてしまうと、綺麗な木目が見えなくなってしまいますが、

自然な雰囲気があって、良いと思います。

202104223.jpg

木目の綺麗さで、1cmくらいにスライスして、コースターなどで

使われることもあります。七宝焼の家で前には販売していたことも

あったそうで、また材料が手に入るといいなぁと思っているところです。

202104224.jpg

先週の木曜日、病院の通院支援窓口に小さな鯉のぼりが飾って

ありました。どなたかが、手作りしてくださったのでしょうね。

お雛様は良く見かけますが、こうして泳ぐ様子を出すのは難しいのでは

ないでしょうか。表情も違って可愛らしいです。

自分で運転して通っていた時には知らなかった通院支援ですが、お世話に

なるようになって、更に又職員の方々や患者さんを励ます人がいることも

知りました。ありがたみが増した日でした。感謝です。

IMG-0293600.jpg

ブルーベリーに蕾が沢山ついてきました。花は小さなつぼ状で、この色が少し

残り、魅力的です。

202104201.jpg

小さな塊の中から、次々と芽を出して来て命の強さを感じますね。もっと温かく

なったら、手足を伸ばすようにのびのびとするのが、目に浮かびます。

楽しみです。

202104202.jpg

葉の方の新芽も柔らかで、可愛いです。新しく伸びてくる葉のために、少しカール

しているのもオシャレですね。

202104203.jpg

グリーンからオレンジに変わっていくグラデーションも、人の手では難しい

美しさです。今だからこその自然の力を、有難く見せてもらいました。

202104204.jpg

桂の新芽

| コメント(2)

公園の桂の木が小さな葉を開いたので、やっと晴れた青空をバックに記念撮影。

毎年桂は、一番初めに黄葉するので、それなりに早いです。もう少し広がって

くると、ハート型になって可愛いのですが、まだ光も透けて見える位薄いです。

202104191.jpg

よく見ると房のようなものがついています。花芽でしょうか。初めて見ました。

桂の花、どんな様子なのでしょうね。数日後にまた見てみたいと思います。

202104192.jpg

こちらは、緑の葉です。同じ敷地内にありますが、花芽はないので、雌雄があるので

しょうか。イチョウみたいですね。調べたら、やはり雌雄の株があるようです。

そして、葉の出る前に花が咲いていたようで、上の写真は咲き終わったものでした。

花言葉は 「不変、憂鬱、夢想家」とサイトに書いてありました。来年、忘れずに

花の写真を撮りたいです。

202104193.jpg

春に三日の晴れ無し、と言うそうで、桜の咲く頃は寒暖の差が激しいです。

もう散り始めた桜を向こうに見ながら、桂が新芽を吹いています。でも

空模様は、こんな。 4月14日の午後4時近く、風も強くて上空の雲の中では

どのような状況になっているかと思ってしまいます。

202104181.jpg

少し視界をずらりと雲の様子が全然違います。こういう時、気象衛星から見たら

どんなかなぁと思います。そのうち随時上空からの様子を見られるアプリが・・

出来る訳ないですね(笑  

202104182.jpg

もっと右、つまり西方向を見たら、いました、太陽。お隣さんの屋根の上。

明日は、顔を見せてね。洗濯物にお日様の匂いをもらいたいです。

202104183.jpg

みなかみ町のノルンスキー場で、毎年行われている「すいせんまつり」が今日から

始まります。今年は、お花だけでなくいろんな企画もあって、10月31日までと、

期間も長いです。

202104171.jpg

バーベキューも出来るようですね。すいせんが見ごろの頃は、リフトで上空から

楽しんで、またゆっくりと身近で見ながら散策コースを降りてくると二重に満喫出来ます。

202104172.jpg

花苗の販売もしていて、しっかりとした苗を少しお安く買うことが出来ます。

様々な花は、見ているだけでも楽しいです。

202104173.jpg

今年は、初めてトロールが登場。ノルンスキー場に実際には居ないでしょうけど、

北欧の伝説では、何か物がなくなったら、トロールがどこかに隠した、とも

言われているようなので、こうした宝探しになったのでしょうか。

安全に安心して、自然の中で楽しんでいただけると良いですね。

202104174.jpg

旧交を温める

| コメント(2)

一昨日、以前ペンションをやっていた時のお隣、ペンションペチカさん

ご夫婦で訪ねてくれました。奥様と私は病院で診察が同じ日に2度ほど

会えましたが、主人は、15年以上はお二人とお会いしていなかったかも

しれません。ペチカさんの一年後にうちは開業しましたが、ペンション営業

する人を指導するお仕事をしていたお二人には、どれほどお世話になったか

しれません。開業当時の話は、どこのうちでも一つ話だね、というほど

ドタバタと思い出深いものがあります。若いから出来たのかな?笑

202104161.jpg

お土産に片品村の名物をいただきました。4人で一緒に写真を撮らせてもらえば

良かったナ、残念。片品村は、群馬県内でも栃木県に近い北部ですが、10年位前に

通行のネックだった椎坂峠のトンネルが開通したので、車の便が良くなりました。

日光に抜ける国道沿いで、自然の真っただ中に住んでいられるのは、その大変さを

知っていても羨ましさもあります。温かくなったら、私たちもペンションを訪問

しようと思っています。訪ねていただき嬉しかったです。

202104162.jpg

スイセン

| コメント(2)

みなかみ町では、今、田んぼの畦などにスイセンが咲き並んでいます。

たくみの里でも、わら細工の家の奥で沢山植えられていてスイセン祭り

を行っています。スイセンは寒さにも強く、モグラ除けにもなるそうで、

秋のヒガンバナのように田んぼを守っているんですね。

202104151.jpg

我が家の狭い花壇にも一塊になっています。こんなに密にしては、コロナに

かからなくても、スイセンにとっては迷惑至極。

202104152.jpg

お日様に向かいたいのに、向きを変えられないほどギュウギュウ。これは、人の手

が必要なんでしょうか。今年は、咲き終わったら掘り返して球根を分けて

あげなければいけませんね。

202104153.jpg

スイセンも色々な種類があるけど、これは香りはありません。その代わりに

白の中心にひときわ目立つオレンジのフリル。どれが花びらか、ガクか分かりませんが

虫の目を引き付けることでしょうね。今年の植え替えに備えて、球根にしっかりと

栄養を蓄えていてね~

202104154.jpg

美しい画像

| コメント(0)

前に、PCを立ち上げた時の画像が頻繁に変わって、世界中を旅行させてもらって

いるようだと、記事にしましたが、先日は、この美しい白フクロウでした。

思わず "綺麗!" と言ってしまいました。

スゴイですよね、このタイミングと鮮明さ。思わず長~い望遠レンズを付けた

カメラが三脚上で、激しくシャッターをきっている様子が浮かんでしまいました。

バシャバシャバシャと連写のうちの一枚なのでしょうね。素晴らしいものを

居ながらにして見る事が出来るなんて、ありがたいことですね~

202104141.jpg

猫のメイ

| コメント(2)

娘の家の飼い猫、メイです。茶トラの雌。2018年頃に生まれたと

思うので多分3歳半位。娘の家にもらわれてきてからは、3年程だと思います。

猫って、不思議だなぁと思うのは、感情表現を顔に出すことです。

この時も、調理中のブロッコリーをサッと加えて自分の前に置き、なんで

ここにあるのだろうと言う顔をしています、でも耳が・・娘の反応を待って

いますね、完全に(笑

202104131.jpg

そして"メイちゃん!" などと言われると、プイと横を向いて。

とぼけ顔が写しだされて、ばれているのも知らずに^o^

猫だって、いろんな性格の子がいるでしょうけど、家の中で密接して

生活していると、お互いに情が移ってペットというより家族のように

日常生活を送っているのかもしれませんね。SNSでも猫をアップする

人は沢山いて、何となく気持ちがわかる気がします。私は飼っていません

けど猫に対する思いを感じ取って楽しませてもらっています。

202104132.jpg

みなかみ町に新しく珍しい料理を提供する食堂が出来ました。

その名も「お山の食堂 たんとくわっさい」、ジビエ料理のお店です。

今、都市でも人気のジビエ料理、ヘルシーなことが一番の理由ですね。

みなかみ町では、猟師の方も多くいらっしゃるので、まさに産地?です。

店主で料理長の阿部さんは、鉄砲撃ち。その手で仕留めたからこそ、無駄なく

丁寧にすべてを活かすべく、美味しく調理して提供してくれています。

と、あたかも食べてきたような事を申しておりますが、これは、娘の受け売り。

肉好きな娘が、お友達とその味覚を堪能してきたと、写真だけくれましたmmm

そしてこれはパテ。永遠に食べ続けていたいくらい美味しいとか、お友達は、

リスのように両方のほっぺたに入れておきたい、と言っていたそうです。

202104121.jpg

何はともあれ、みなかみの名店の一つになっていくのは間違いないです。

良いお店が出来るのは何より嬉しいことですね。

202104122.jpg

花の命?

| コメント(2)

陽だまりに見つけたタンポポとスミレ、春らしい色の組み合わせに嬉しくなります。

左のタンポポは、全開、右は花びらも細く、中心がつぼんでいます。これから

どんどん開くんでしょうね。

202104111.jpg

次の日見たら、左の花は、もう閉じていました。タンポポって、可愛いから

摘んでくると一日でしぼんでしまいますが、短命なのかしら。

202104112.jpg

中心も全部開くまで時間がかかるようです。色々な花の特徴がありますね。

それぞれの理にかなっているのでしょうが、季節や時間、咲く場所の条件などに

寄って同じ花でも違うかもしれない、調べたら面白そうですね。

次に気が付いた時には、あのまん丸な綿毛になっているでしょう。春風に乗って

別の場所へ、自然の仕組みは、素晴らしい❣❣

202104113.jpg

朝日に染まる

| コメント(0)

6時少し前に、赤っぽくやや強い日差しが差し込んできました。ここ数日雨や曇りの日が

多かったので、久しぶりの明るさにワクワクしました。

202104101.jpg

急いでカーテンを開けると、桜も公園の遊具も朝日を浴びて色を変えています。

ワクワクしたのは、私だけではなかったようですね。

202104102.jpg

木の幹も緑の葉も、遠くの山肌も嬉しそう!

202104103.jpg

左の木は、楓。右端の木は公園の桂、 新芽の小さい粒にも光を受けているのが

わかります。

202104104.jpg

上の三枚を繋げてみました。下のスクロールバーを右に動かさないと全体が見られませんね。

光の一番下、赤が反映するほんの少しの時間を、風景と共に楽しませてもらいました。

202104105.jpg

花の名前

| コメント(2)

花の名前が知りたくて、調べました。サイトも色々あるので、野の花・白・道端

等で検索しましたが、この小さな花の名前がわかりませんでした。

202104091.jpg

キュウリグサよりまだ小さな花です。枝も細く、公園に群生していました。

足元から声をかけられたような気がしたので、良く見ると白くて小さな花が

一帯にあるのですが、気付く人はいるのかなと思う位です。

202104092.jpg

花があまり可愛いので、根元を見ると、葉はこれだけで上は無く、これもまた可愛い

形状で根と花をしっかり支えています。名前を調べようと根っこごと抜いて

見ました。根も細く長く地面に伸びています。

202104093.jpg

ハコベに似ているけど、花びらや葉の形が違います。下の方にも種が既に出来て

いるので、早くから花はあったのでしょうね。しかも種の包が大きいので中に

沢山入っているのかしら。弾けて辺り一面に飛び散りこうして増えたのでしょう。

名前って、知らなくてもいいけど、もっと親しくなりたいと思う時の必要条件ですね。

どこかで誰かが、この可愛い花の事を知っているのでしょう。早く出会いたい^-^

202104094.jpg

桜並木

| コメント(2)

我が家の目の前には、こんなに素敵な桜並木があります。今、最高の景色です。

18年前に引っ越して来た時には、こんなに花は付いていませんでした。

木も大きくなり、枝が広がって、すっかり見事な桜並木となりました。

202104081.jpg

土手の向こうは、赤谷川が流れていて、その堤に川柳が新芽を輝かせています。

桜と柳の色の対比が何とも嬉しいです。自然の贈り物ですね。  ウグイスも

鳴き始めて、上流の赤谷湖から放流されている激しい水音のちょっとした不安を

かき消してくれています。

202104082.jpg

今年は杖を突きながらのよろよろした足では、この土手に上がって桜を間近に

撮ることが出来ませんが、こうして離れて見るのもいいものです。

あと何日楽しめるか、散るのを惜しみながら過ごしましょう。自然に感謝です。

202104083.jpg

私がやっているキャンドルの家というジェルキャンドル作りの体験工房の営業は、

現在、金・土・日・祝日の営業とさせていただいています。まだ運転が出来ないので、

朝夕は、主人と一緒の通勤です。私の方が早く終わったので、隣の七宝焼の家の中で

ブラブラしていました。覗いたショーケースの中にいつの間にか七宝焼が

沢山並んでいてビックリ。前からこんなにあったのか、忘れたのは私でしょうけど。

202104071.jpg

これは全部ブローチです。同じような模様のものがあります。お客さんも

この中から気に入ったものを見つけてくださいます。宝探しですね。

202104072.jpg

ここは、秋になったみたい。葉や栗もあります。売り物ではないものも含まれて

いるかもしれませんね。今度面白そうなものをピックアップして写真を撮らせて

もらいましょう。宝探し実行です(笑

202104073.jpg

沈丁花

| コメント(2)

風の中に独特な香りを発見しました。沈丁花の開花です。大きな石の影に植えて

しまったので、中々大きくなりません。しかも竹が大地主のような場所。

日が差す時間も少ないようなところです。

202104061.jpg

でも健気に毎年咲いてくれるのが嬉しく、ありがとう、と言いたくなります。

202104062.jpg

つぼみの周りは、泡粒状になっていますね、重なり合ったガクは、花の数だけ

あるのでしょうか。調べてみればよかった。

202104063.jpg

気になって調べたら ガクに関しては書いてなかったけど、中国から来た花で、

雌雄があるとのこと。でも日本には、雄株しかないそうです。雌雄あれば

実をつけるようですが、有毒なので、こうして花だけ楽しませてもらうのが、

ちょうど良いですね。

202104064.jpg

日陰で気の毒しますが、それだからこそ一層可愛らしく清楚にも思えます。

また来年も同じように花を楽しめますように。

202104065.jpg

豆ごはん

| コメント(0)

グリンピースが出回ってきたので、早速豆ごはんを作りました。

老夫婦では、夕飯には0.5合しか炊かないので、小さな発泡スチロールの

トレーにひと並べの量でも十分です。少し下ゆでして、ゆで汁と一緒に

昆布も入れて炊くので、色は悪いですが、春の味覚は十分味わうことが

出来ました。季節を味覚で楽しめるのもありがたいことですね。

202104051.jpg

ヒヤシンス

| コメント(2)

我が家の庭の女王をご紹介します。 純白のヒヤシンス❣❣

何のお世話もしていないのに、毎年清く美しく開花します。その点も女王の名に

値するのではないかと(笑;  ここまで寄って撮るとゴージャスな香りに

ウットリします。梅の優しい香りとは違って、気品を感じるのは気のせいかな?

202104041.jpg

隣に出ていたものも、今年は少し大きくなっています。

まだ細くて、やっぱり栄養が足りていないようですね。

それとも女王がみんな吸収してしまうのかしら、コワ(;'∀')

な~んてね、今年はちゃんと肥料をあげて来年また楽しませて

もらいましょう。

202104042.jpg

キュウリグサ

| コメント(0)

庭の陽だまりにキュウリグサが咲いているのを見つけました。ハコベよりもっと

小さくて、気がつく人も少ないのではないかと思われるこの花が、大好きです。

202104031.jpg

今、この辺りではどこでも見かけますが、東京に住んでいた頃、このような小さな

花は、ハコベとツメクサしか知りませんでした。淡い水色が中心に向かって薄く

なり、黄色の花芯を目立たせて、虫に気が付いてもらえるようになっているので

しょうか。大した智恵ですよね。

202104032.jpg

花びらの丸みも可愛らしいです。一枚の花弁から中心まで1mmあるかどうか。

こういう花を撮る時、風との駆け引きです。やっとこの写真ですが、花の時期が

終わる前に、もうちょっと綺麗に撮ってみたいと思います。

202104033.jpg

娘と買い物

| コメント(0)

3月の終わりに、娘が前橋方面に用事があったので、ついでに

買い物に連れていってもらいました。お出かけの楽しみは、ランチ❣❣

通りかかった所に素敵なレストランを見つけて、11:30の開店を数分待って

入りました。

202104021.jpg

待っている間にお庭を覗くと、ホテルのレストラン見たいに綺麗に作られています。

お食事に期待しますね~

202104022.jpg

入り口のチェーンを外して中へと呼びかけてくれました。今、必要条件のコロナ対策の

看板が建物の雰囲気とかけ離れて、気の毒。仕方がないです。

検温と消毒をしてご案内いただき、一つ一つ心が籠った実に美味しい料理を頂きました。

またぜひ来たいと思う良いお店に出会って、大きな収穫でした。

202104023.jpg

帰りがけ渋川市にある、園芸店に寄りました。

私は見るだけでしたが、どれも欲しくなるような可愛い花がた~くさん。

202104025.jpg

寄せ植えが流行っているので、それにちょうど良い花の苗が揃っていて、

組み合わせを考えるだけでも、楽しくなります。

買い物はコースを考えて、途中途中寄りながら帰ってきました。とても楽しかった

けど、ちょっとまだ無理だったかなと思うくらい疲れてしまいましたトホホ

早く元気になろう。ありがたかったです。

202104026.jpg

先日地域の回覧板に、この、あいのりタクシーのチラシが入って

いました。今、車の運転が出来ないので、大変助かるなぁと思い、

登録するため番号を控えました。が、どのような方法をとるのか、

料金はいつ払うのかなど細かい点を聞いて見ればよいのですが・・・

今の状況で、狭いタクシーの中、数人が乗り合わせるのもなんだし・・・

と躊躇してしまいました。運転免許証を返す時が間近ですから、

いずれはお世話になりたいのですが、もう少し先にしようかと。

その時まで、こういうシステムが続いていますように、と都合の

良い事を考えてしまいました。しかしありがたいことだと思います。

感謝。

20210401.jpg

香りを堪能

| コメント(2)

まだかまだかと思っていた梅の花が散り始めてきました。う~ん惜しい!

でも花の盛りに、香りを堪能しながら撮ったので、こうして見直すと香りが

蘇って来るので不思議です。

202103311.jpg

梅も桜もバラ科ですから、アップで撮ると野ばらのようにも見えてきます。

今度野ばらが咲き始めたら、この写真と並べて見ましょうか。楽しみです。

202103312.jpg

赤いガクがオシャレな襟のようです。受粉出来て実がなるまで、もう少しお役目が

ありそうです。

202103313.jpg

ふっくらとアイスクリームのようなつぼみ、なんとも可愛い。

今年も癒しと楽しみをいただきました。ありがたかったです。

202103314.jpg

写真追加

| コメント(0)

七宝焼の家オンラインショップのHPを見直していましたら、写真の

少ないものがいくつかありました。これは七宝焼帯留め#Sa003ですが、

サイズがわかるようにしたものが無かったので、追加しました。

202103301.jpg

これは七宝焼ゴルフマーカー#Gm003 同じくサイズの写真が無かったので、

追加。サイズ画像は、マス目の写真と組み合わせるので、ちょっと手間が

かかり、後でやろうと思って忘れていたのかもしれません。見直しは必要ですね。

202103302.jpg

七宝焼指輪#Ri002 これなどは、右向きとサイズで2枚しかUPしていなかった

ので、左向きを取り直し追加しました。一つ一つに時間のかかる作業ですが、

コツコツとやって皆様に見ていただきたいと思います。

202103303.jpg

影のロマン

| コメント(2)

毎朝6:25から始まるテレビ体操を、主人と二人でやっています。

3月も半ば過ぎると日の出がすっかり早くなり、体操途中でこの影が

映し出されます。光が生み出す陰影は、何となく物語を生み出しそうで好きです。

子供の頃読んだあしながおじさんのイメージが染みついているのでしょうか(笑

物語の内容は忘れてしまいましたが。

202103291.jpg

影の正体はこちら。主人の椅子に取り付けたライトです。影だけ見ると

UFOのようです。体操途中で、気が付いたのでサボってスマホ撮影。

体操が終わると一日のスタート。今は椅子に座ってやっていますが、

10分間、いつも使わない筋肉や、痛みがある所をほぐしながら動かして

いくのは、気持ちのいいものです。

202103292.jpg

こちらは、2011年9月にブログに載せたものです。東京ビックサイトのギフトショーに

行った帰りです。震災後の会場は人出も少なかったですが、大きなビルの向こうに

沈んでいく夕陽に映し出された影が、面白いなぁと思いながら撮っていました。

影って、そのものよりも、自分の気持ちを感じるのかもしれませんね。正体を

想像する楽しさ、怖さ、不思議さもあって、やっぱりロマンかな?

202103293.jpg

昨日に引き続きガラスペンダントトップ#019をご覧ください。

見た目も涼し気なグリーン系で、#018より一回り大きくなります。

202103281.jpg

ガラスフュージング技法と言って、板ガラスの上にベネチアンガラスの

ビーズを並べ、更に板ガラスを乗せて焼成しますので、ふっくらと出来上がり、

手にすると優しい感じがします。

202103282.jpg

間もなく七宝焼の家オンラインショップにアップいたしますので、お待ちください。

チェーンをご希望の場合、サイトより選んでいただき右上の電話番号であらかじめ

ご連絡いただくとお付してお送り出来ます。チェーンの代金のみプラスになります。

202103283.jpg

オレンジ色の楽し気なペンダントトップをご紹介します。

ガラスペンダントトップ#018です。シルバーの枠にベネチアンガラスを

色鮮やかに配置しました。

202103271.jpg

光が通り抜けると涼し気になります。初夏を迎える頃、母の日のプレゼントに

いかがでしょうか。華やかな色は、いただいた方もきっと喜ばれると思います。

202103272.jpg

チェーンを、お好みで選んでいただく場合、あらかじめサイト右上の電話番号で

お問い合わせ頂ければ幸いです。間もなく七宝焼の家オンラインショップで

販売いたしますので、少々お待ちください。

202103273.jpg

ガラスピアス#015をご紹介します。同じような色合いは#014ですが、ちょっと

色が明るいブルーで、ベネチアンガラスのビーズを2つ配置しました。

202103261.jpg

これもシリコンの留め具なので、金属アレルギーの方でも安心です。

202103262.jpg

並んでいると、目玉みたい(笑  最近は、カラーのコンタクトレンズで

オシャレを楽しむ人もいるので、それに似ていますね。

202103263.jpg

でも良く見れば、お花ですからね。やっぱり可愛いです。

七宝焼の家オンラインショップ販売していますので、ぜひご覧ください。

202103264.jpg

春になったので、花の話題ばかりになってしまいます。

狭い花壇で毎年一番を争うチオノドクサとムスカリ、今年はムスカリ

でした。

202103251.jpg

2番手のチオノドクサ、ブルーで星の形をしていて、とても綺麗でしたが、後から

ピンクを植えたら、全部この色になってしまいました。ピンクとブルーが混ざって

薄紫。まあ、これはこれで可愛いですけどね(笑

202103252.jpg

春らしい優しい色ですね。毎年このブログにも登場してもらっています。

名前がちょっと似合わない気がしますけど、それなりに理由があるのでしょうね。

いよいよ始まったなぁ~

202103253.jpg

いちば~んと咲いているようなムスカリ、レースの付いた提灯袖が可愛いです。

上の方は、お団子の塊みたい。押し合いへし合い、花びらが広げられるのを

待っているようです。

202103254.jpg

早く咲き始めたものは、優雅に広がってクルクル飛んで行きそう。

ハチが羽音を立てながら、忙しそうに袖の中を入ったり出たりしていました。

いろんな命が活発に動き出しました、一年の活動期の始まりです。

202103255.jpg

今年初めてツクシを見ました。SNSではもうとっくに投稿している方があったと

思いましたが、我が家の庭では、お初です。もう胞子も飛ばしているようで、

まだ短いのに開いています。ガクから伸びた茎の色も薄く透き通るような感じ。

ガクも手を合わせているように見えて、子供たちを送り出す時の祈りかな?

202103241.jpg

ツクシが石垣の上、その下の道端には、スミレがうつむいていました。

スミレが咲くのも春になった証し。強い風にさらされながらも、落葉の布団を

抜け出して陽だまりを楽しんでいるようです。  元気をもらいますよね~

ありがたいです。

202103242.jpg

やっと梅が

| コメント(2)

我が家の梅がやっと咲きだしました。待ちに待った、というところです。

和紙で作ったように見えますね。

202103231.jpg

ふっくら膨らんだつぼみと、遅ればせながらの小さなつぼみ。木の幹にくっついた

方が暖かいのかもしれませんね。

202103232.jpg

この日も風がまだ冷たくて、一枚花びらを広げたところで、一休みでしょうか。

花芯が少しでも見えると良い香りを放ちますが、なかなかです。

202103233.jpg

こちらもグーですね、早く広がらないかな。

今花をしっかり守っている赤いガクは花が散った時には、それぞれ先が尖って、

星の形のようになります。実はほとんど見えないですが、その形を楽しんだら

梅雨の声を聞く頃まで、今度は収穫も楽しみになります。ありがたいですね。

202103234.jpg

庭のフキノトウが次々と出てきたので、春を味わおうと摘んできました。もう

5㎝位伸びていたので、もちろん天ぷらです。良い香りが家の中に広がりました。

202103181.jpg

やっと目が出たものには、花が一つだけ開いていました。こんな花が咲くんですね。

今まで気が付きませんでした。

202103182.jpg

開いた花の中央は、こんなに伸びてその先に花粉が付いています。触手を伸ばした

生物のようです。

202103183.jpg

根をどんどん張って増えていくのかと思っていたら、地上ではこのような受粉の

促しもあるんですね。そしてフワフワの種は、どこか別の場所へ根付けるように。

強く生きていけるものには、それなりの工夫があるものですね。申し訳ないけど

しっかり味わっていただきます。

202103184.jpg

七宝焼ブローチ#016をご紹介します。先日の#015と色違いでこちらは明るい赤です。

ですから、益々紅葉のイメージになってしまいますね^-^;

broch016500.jpg

同じ彫金版なので、葉脈が良くわかります。形が同じでも色の濃淡で印象が違いますね。

broch0162500.jpg

まだ冷たい風が吹くときには、薄いスカーフを巻いてブローチで止めれば首筋が暖かく

保護されます。三寒四温のこの時期に一つあると便利です。スカーフとブローチ、ぜひ

バックに。七宝焼の家オンラインショップで販売しております。

broch0163500.jpg

まねき猫

| コメント(0)

まねき猫の入った飾りものを作りました。カラーサンドは、お客さんが

ジェルキャンドルを作る時に使うトレーにこぼした砂が、ある程度色の

まとまっている時、少しずつ瓶に入れていったものです。

202103211.jpg

一度紙に砂をあけて、瓶の口から側面に落ちるようにします。

なるべく平にしようと思っても、山になってしまうところもありますね。

202103212.jpg

季節によって、夏はブルー系、春秋は黄色やピンク、クリスマスの頃は

赤緑黄色などになります。10㎝位の高さの瓶ですが、ある程度重なるのに

一年近くかかりますから、それぞれの季節が何となくわかります。

202103213.jpg

中に入れたのは、まねき猫です。これは焼き物で、根付などに使うもの

ですが、ガラスオーナメントの中で人気者でした。これが最後の一つに

なってしまったので、ジェルで固めてキャンドルの家を守ってもらう

事にしました。早く安心してお客さんに体験してもらう時が来ますように。

202103214.jpg

季節的にどうかなと思いますが、濃い赤のブローチをご紹介します。深紅ですね。

形が葉っぱなので、紅葉のイメージにつながりますが、良い発色に仕上がって

いますので、敢えて登場です。

DSC_4237600.jpg

彫金版と言ってあらかじめ銅板に模様が彫ってあり、その模様を潰さないように

透明の釉薬を乗せて焼成します。葉脈が見えていますね。

DSC_4233600.jpg

表面がとても艶やかなので、光の反射が強く出てしまいますが、滑らかさも

良くわかると思います。

DSC_4370600.jpg

光の当たり具合によって、もっと黒ずんで見えますが、濃い色の洋服にも

負けないワンポイントになると思います。七宝焼の家オンラインショップ

販売しておりますので、ぜひご覧ください。

DSC_4372600.jpg

先日、娘が花を持って来てくれました。わざわざ買ったのではなく人からもらった

からと言っていましたが。花をもらうのは、やっぱり嬉しいですね。

202103181.JPG

この可憐さ、癒されますね。栽培の花ですから、人の手で丹精込めて育てられた

のでしょう。昨年の今頃は、卒業入学の式が行われず、花屋さんが大変でした。

一生懸命育てて、人の手に渡らず枯れてしまうのは、悲しいですよね。今年は

どうでしょうか。

202103182.jpg

チューリップを見ると=おやゆび姫になってしまいます。この形状が

お話を引き出すのでしょうか。ファンタジーの世界に引き込まれます。

いろんなものを見て、いろんな事を考えられるのも嬉しいですね。

202103183.jpg

子供の頃、花屋さんっていいなぁと思ったことがあります。美しい花に囲まれて

お仕事が出来る・・・大人になるにつれて、大変なことも知り憧れで終わって

しまいました。 生きている花だからこそ、短い時間を共にできる幸せのような

ものもあるのかもしれないですね。世界中の花屋さん、頑張ってくださいね~

202103184.jpg

ガラスピアス#014をご紹介します。先日先に#016をご覧いただいたので

後先になってしまいました。#016は透き通った水に花を浮かべた、こちらは、

青空にかざしたような、といったところですね。

202103171.jpg

今行っている、プレゼントのコンパクト鏡をお供に。華やかな装いにもピッタリ

ですね。

202103172.jpg

こちらも留め具がシリコンになっています。どなたでも着けていただけるので、

安心です。そのぶんいくらか軽いのは嬉しいですね。

202103173.jpg

七宝焼の家オンラインショップ販売しております。ぜひサイトもご覧ください。

202103174.jpg

開店準備

| コメント(0)

年の12月初め以来営業自粛中だったお店を、春休みに向けて開店準備のため

掃除や点検に行ってきました。営業も時短で行うと思いますが、道具が正常に

使えるかどうか、確かめる必要はあります。

202103161.jpg

こちらは、体験していただく時の材料の一部ですが、私が昨年10月からの入院中

孫娘が手伝いに来てくれていたので、綺麗に整頓されていました。色どりが綺麗です。

202103162.jpg

古い布で覆っていたところも、綺麗なカーテンを付けてありました。

202103163.jpg

この棚は、見本のジェルキャンドルや材料を雑多に置いていましたが、この通り

体験材料が容器を揃えて、色どり良く並べてあります。12月末に退院後、お店に

来たのは2度目ですが、1回目は、上のカーテンしか気が付きませんでした。

202103164.jpg

注意喚起の掲示物もPCで作ってラミネートしてあります、私は手書きでした。

バババカですが、孫娘は自宅もいつ行っても綺麗で整理整頓してあります。いつも

私の無頓着ぶりを嘆いていましたから、鬼の居ぬ間に洗濯だったのでしょうね(笑

半年近くのブランク、私は取り戻せるのでしょうか、そこが一番の問題です(;'∀')

2021031651.jpg

透き通ったブルーのガラスピアスをご紹介します。ガラスピアス#016。

ベネチアンガラスのビーズを三つずつ配置しました。

202103151.jpg

春から夏にかけて軽やかな装いにピッタリですね。外出もままならない今、

日常使いで楽しんではいかがでしょうか。

202103152.jpg

ピアスの留め具がシリコンになっているので、金属アレルギーの方でも

安心です。どなたでも着けていただけるので、プレゼントにも最適となりますね。

間もなく七宝焼の家オンラインショップで販売いたしますので、お楽しみに。

202103153.jpg

友達からカレンダーをいただきました。「もう3月になってしまったけど・・・」

と言いながらでしたが、私が懐かしいかなと思ってくれたそうです。友達は、

この丸沼高原でペンションペチカを営んでいて、私は15年前まで、さかのぼる事

20年間、そのお隣でペンションをやっていました。彼女とご主人には、本当に

お世話になったものです。今でも連絡をくださるのは、ありがたいことです。

表紙は、ゴンドラの山頂駅。降り立つと、日光白根山が眼前にそびえています。

202103141.jpg

こちらは、3月の写真。丸沼高原スキー場は、今まだ冬なんですね。標高1500mから

昇っていくコースは、北海道並みの雪質と針葉樹の美しい風景です。

202103142.jpg

9月の写真。日光白根山に登る途中にある、弥陀ヶ池です。右に山頂をのぞみ、

神秘さを漂わせていて、山頂までの急登を控え、一息付ける場所です。軟弱な

私は、ここまでしか行ったことがありませんが、あの静けさが今も蘇ってきます。

そういえば、登る途中のくぼみに、ヒカリゴケを見つけて感動したことも思いだし

ました。青緑に発光する植物、人との関わりとは別に今も生きていますね。

202103143.jpg

写真家 粕谷徹さんが丸沼高原で美しいと思ったものの一部が集められていると

思われる11月の写真です。どれも大きいサイズで見てみたいですね。

202103144.jpg

そして12月。ゴンドラ山頂駅からドローンでの撮影でしょうか、周囲の風景が

美しいです。快晴率が高いと言われている丸沼高原、きっと今も多くの人を

楽しませていることでしょうね。懐かしい風景を見られてありがたかったです。

202103145.jpg

先週の土曜日、TVのお天気お姉さんが「冬服はもうしまっていいですよぉ」と

言っていました。クリーニング屋さんが忙しくなりますね。

七宝焼の家オンラインショップも、春の装いに合わせてガラス製品をご紹介

していきたいと思います。まず、透明でグリーンのガラスにお花を4個咲かせた

ピアスです。

202103131.jpg

直径約1㎝で、軽やかに揺れるピアスです。春から夏へ、長く楽しんでいただけ

ますね。七宝焼の家オンラインショップのイヤリング・ピアスの項目で販売予定

です。お楽しみに。

202103132.jpg

花いっぱいの

| コメント(2)

まだまだ寒い日もありますが、春はすぐそこ。でも、どうやら今年もお花見には、

行かれそうにないので、花が沢山集まったようなペンダントトップをご紹介します。

シルバーの枠にベネチアンガラスのビーズを盛り付け、透明なガラス板を乗せて

焼成するガラスフュージングという技法です。

202103121.jpg

鏡を見開きにして、あちらにもこちらにも。 目立つビーズがどの方向からも

見えて面白いですね。不思議。七宝焼の家オンラインショップで販売予定です。

服装も軽やかになって、お花畑のようなネックレスをお供にして春を楽しみましょう。

202103122.jpg

ワクチン接種

| コメント(2)

みなかみ町から新型コロナワクチン接種のお知らせが配られました。

高齢者なので、4月頃には、クーポン券が送られてくることでしょう。

かかりつけ医に聞いたところ、現在治療中のものとワクチンの副作用は、

無いそうで、受けても差し支えないとの事でした。ただし本人の意思が

あれば、ですね。元気になって、仕事に復帰出来た時には、人に接する機会が

多いので、注射は嫌いだけど受ける必要がありますね。無料ですから、

ありがたいことです。

202103111.jpg

広報の表紙に

| コメント(2)

毎月1日と15日に配られるみなかみ町の広報誌、3月1日号の表紙は、

先日ご紹介したプロの写真家が撮った竹灯籠でした。竹灯籠のイベントは、

日枝神社、たくみの里の熊野神社、湯宿温泉の3ヶ所で行われました。私は

残念ながら、日枝神社しか見ることが出来なかったのですが、この熊野神社が

一番人気の場所だったそうです。これを見ると、確かにね~ と思います。

こうして町中の人に見ていただけることが出来て、ボランティア精神だけで

関わって来た実行委員の人たちも報われますね。何だかありがたかったです。

202103101.jpg

先日ご覧いただいた指輪と同じ銀箔散りばめ技法のネックレスをショップに

アップしようと思います。3月4月は、卒業・入学・新社会人、ホワイトデーなど

プレゼントの機会も増えますね。そして5月は、母の日。

DSC_4220600.jpg

七宝焼の家オンラインショップで購入いただいたお客様に、このコンパクトを

プレゼントする企画(ちょっとオーバー笑;)を立てました。少し?大分?派手な

色合いですが、両面美しくプリントされています。

DSC_4227600.jpg

薄く軽いので、バックの中でも邪魔にならないと思います。数量は無くなり次第

です。気に入って使っていただけるといいですね。

DSC_4226600.jpg

フキノトウ

| コメント(2)

3月に入って暖かい日もあったので、まだかな~と目を皿のようにして探したら

ありました! フキノトウ。これ一つだけでしたが、これからどんどん出てきて

春の味覚を楽しむことが出来ますね。ワクワク

DSC_4259600.jpg

スイセンもいつの間にかこんなに出て、いつまでも冬眠気分でいられない、

なんとなく焦るような風が己の中に吹きわたりました。たった今春の味覚に

期待を持ったばかりなのに・・・食べることしか考えていないのかな(恥^^;

DSC_4260600.jpg

我が家の梅は、一般より少し遅くさきますが、それでももう準備万端。

鳥も虫も人も待っていますね。

DSC_4246600.jpg

先週、久しぶりに一眼レフカメラで七宝焼のアクセサリーを撮ってみました。

一眼を持つのは、半年ぶりです。撮り始めるとつい夢中になってしまうので、

重さで手首や親指の付け根が痛くなります。でも大体がすぐに思い当たらず、

しばらくしてから、原因がわかるという鈍感さです。やっぱりカメラが好き

なんでしょうかね^^;

新しく七宝焼の家オンラインショップに載せる指輪を撮りました。銀箔散りばめ

という技法で、デザインした銀箔の上に透明ブルーの釉薬を乗せて焼くので、

その色が銀箔に反映します。

DSC_4211600.jpg

作っている時はシルバーの箔だったものが、焼きあがるとこのような発色になる

ので、体験で作るのも、製品の販売でも人気の技法です。早くお客様が来るように

なって、楽しんでいただけることを、ひたすら願っています。

DSC_4218600.jpg

目薬の木

| コメント(2)

先日主人が枝を「お前の薬だよ」と持って帰ってきました。「えっ、頭につける

薬があったの?」と私^o^;  残念、そうではなくて、目薬の木だそうです。

私は高眼圧症で、毎日朝晩3本の目薬を差しているため、剪定した枝をもらって

きてくれたのでした。ありがたいですね~

202103061.jpg

今薪ストーブをつけていないので、ここで乾燥させてから皮をむくと言っています。

細くて大変そう。一時、雑木林で目薬の木の皮を剥いで行ってしまう人がいて

問題になりましたよね。

202103062.jpg

枝先の芽が、指のように見えます。動物の足みたい。

202103063.jpg

こちらは、まだ一つでした。脇のトンガリがこれから伸びてくる所だったのかな?

202103064.jpg

二つもありました。上の一つが、グーで、これは、チョキ。

202103065.jpg

いたいた、パーの4本指。どれも模様が綺麗。こんな風に見て楽しんだだけでも

目が良くなるかな? そんな訳はないけど、貴重なものをもらってきてくれて、

感謝感謝でした。

202103066.jpg

主人がたまに薪ストーブで焼き芋を作ってくれます。とても

美味しいので、いつも写真は忘れます

その時に、端を少し切って何をするのかと思ったら、水栽培。

前に大根の花が綺麗だったから、今度は花は無理でも葉がどんどん

出るのを期待して、かな?

202103051.JPG

容器の周りに赤い色が反射して、綺麗です。

果たして芽は出るのでしょうか。

202103052.JPG

芽が出るのは、まだまだ先の事でしょうけど、さつま芋から

光が出ているような影を作り出していました。

そろそろ畑の準備が始まる所もあるでしょう、窓を開けると、まだ冷たいけど

風の匂いに外の様子が気になる、ワクワクエッセンスを感じるようになりましたね。

202103053.JPG

先週の土曜日まで16日間開催されていた「かがようあかり竹灯籠」

ですが、私は2月22日(月曜)にやっと見に行ってきました。

猿ヶ京温泉の日枝神社は、境内に入ったことが無かったので、

どのような道がわからなかったのですが、このように神社まで

明かりで案内してありました。

202103041.jpg

左右からの明かりで、木の根が出て歩きずらい所も、杖を必要とする

私には、安心でした。ありがたいです。

奥に見える竹灯籠への嬉しいいざないとなります。

202103042.jpg

これは、なんでしょう。丸太をくり抜いて明かりを入れ、はめ込んだ

ガラス玉で、ほのかな色どりを出しています。周りの光も綺麗です。

202103043.jpg

こちらが全体。倒れず、折れない程度に入れた切込みが放射状に

光を放っていました。こんな道案内もオシャレですね。

訪れる人のためにした工夫に、心が籠っていると感じました。

202103044.jpg

ちょっと引いてスマホで撮ったら、人が写っていました。誰かと

思ったら、連れていってくれた主人でした。私を先に下して駐車場

からいつの間にか到着。明かりに見とれて、つい夢中になっていた

という訳ですね(笑;

立っているのが不安定で、まだ一眼を使えませんが、美しい明かりを

しっかりと目に焼き付けてきました。

202103045.jpg

ひな祭り

| コメント(0)

2021年もあっという間に3月。今日はおひな祭りですね。うちにはお雛様は

無いので、毎年このジェルキャンドルの雛様がブログに登場しています。

今年は営業自粛中で、新しいものが出来ませんでしたが、来年までお楽しみを

持ち越しましょう。

202103031.jpg

こちらはキャンドルの家でご用意しているガラスオーナメントの雛様たち。

これも毎年登場していると思うので、Photo Shopで、スタンプを押してみました。

ちょっと楽し気になったかな?

202103032.jpg

でも、雛様たちの前が寂しいので、今度はペイント3Dで菱餅をお供えしました。

あまり上手じゃないけど、ガラス細工の雛様たちと一緒に楽しませてもらいました。

202103033.jpg

水上・雪松

| コメント(2)

先日、知り合いから餃子をいただきました。水上の雪松というお店のものです。

自宅から車で20分位のところにあるのですが、私はぜんぜん知りませんでした。

ところが、これが全国区! 昨年東京の町田市に住んでいる娘から「雪松の

チラシが新聞に入っている」とラインがありました。娘と孫5人のライングループは

4人が群馬県内に住んでいるのに、知っていたのは一人だけ。ホントに小さなお店

だそうですが、冷凍で発送をしたところ全国に広まったとか。販売の手法がいかに

変わったか、を思い知らされました。

202103021.jpg

いただきものなので、金額はわかりませんが、1パック18個入りでした。

皮がモチモチしてとても美味しかったです。知らないところに名店有り、ですね。

今度は水上のお店を探して行ってみたいと思います。ごちそうさまでした^-^

202103022.jpg

club house

| コメント(0)

2週間ほど前、海外に住む友人がclub houseというSNSを

始めたとfacebookに載せていました。きっかけは、みんながclub house

はとても面白いと言っていたので、どんなものか参加したそうです。

調べてみたら(やじ馬なので^^;)アプリをダウンロードした後、

友人の紹介がないと参加出来ず、その紹介も2人までのようです。

実名とちゃんとした顔写真が必要で、トークに参加する人と見ている

だけの人がハッキリ分かれていて、途中でトークに入ることも出来ます。

コメントは、長く残らないようで炎上も免れますね。SNSはプロの人たち

専用のものとか、他にもあるようですけど、それぞれ好みに合った所に

深入りせず、参加がいいのかもしれませんね。その点、どんどん流れて

いってしまう、TwitterやInstagramが今の人気なのかも。いずれにしても

人との繋がりを楽しめるのが、一番ですね。

今治みかん

| コメント(2)

道の駅たくみの里から今治みかん販売のお知らせをもらいました。

今、たくみの里は、株式会社になっています。(元は農村農園公社でした)

社長が今治のご出身で今治の道の駅の経営を立て直した実績の持ち主です。

たくみの里もコロナ下でのお客様の減少で、幾多の困難を乗り越えている、

まさにその最中だと思います。

今治と言ったら、まずタオルが思い浮かびますね。上質なタオルは、

日常使いに心地よいものです。 今、日本中で豊富な種類のあるミカン、

どのようなお味でしょうか。

202102281 .jpg

申し込んで半月以上、やっと届きました。特別企画の詰め合わせセット。

「せとか」は、一番の甘さとジューシーさでした。大きさは、

温州みかんのLLサイズ位。主人と二人で1個をオレンジのように切って

いただきました。はるみとかんぺいも甘くてミカンというより

食べやすいネーブルのよう。滅多に食べない高級品を頂きました。

思いがけず、ありがたかったです。たくみの里の知恵を絞った経営、

順調にいきますように。

202102282.jpg

起動時の画面

| コメント(2)

先日、パソコンを開いたらおもちゃの模型のような街並みが映し出されました。

色どり豊で、水かがみと共に美しいです。

202102271.jpg

二日後、この画面に。 どこか南の島でしょうか。真ん中の文字をクリック

すると場所がわかるのですが、スルーしてしまいました。

202102272.jpg

更に翌日の画面。以前は、あまり変わらなかったと思いますが、最近は豊富です。

コロナ下で、外出もままならない中、オンライン旅行が出来るのも嬉しいですね。

きっと見る人も多いのでしょう。

202102273.jpg

ノートパソコンを開いたら、これも圧巻の写真でした。居ながらの旅行、まさしく

どこでもドアですね。

202102274.jpg

初物

| コメント(2)

今年の初物をいただきました。なんとそら豆❣❣ 豆好きな私のために、主人が

スーパーで見つけて買って来てくれたのです。

202102261.jpg

やっぱり鹿児島産。2月にそら豆なんて、驚きます。鹿児島では、出荷するほど

沢山採れているんですね。

202102262.jpg

そら豆は、むいている時も、この綿のような鞘の中が楽しいです。しっかりと

守られている感じがしますね。そら豆になってみたらどんな気持ちでしょう^-^

202102263.jpg

袋いっぱいだったのに、中身はこれだけ。貴重です(笑

子供の頃は、バケツに入って売っていました。お手伝いして剥くのは、

食べる時が待ち遠しくて、嬉しい仕事でした。

202102264.jpg

塩ゆでにして、ビール(発泡酒ですけど^^)と走りの味を楽しみました。

今、飲酒は控えているので、お正月以来のビールは、とても美味しかったです。

そら豆を見つけて、私のために買ってきてくれたことに、感謝も噛みしめながら

いただきました。ありがたかったです。

202102265.jpg

冬のツツジは

| コメント(0)

先日、家の外で通院支援の車を待っている時、何となく気配を感じました。

道路に面した石垣の間に植えられた、ツツジの冬芽です。昨年秋に葉先を

綺麗に刈り揃えてもらった中から、春に備えての芽が少し大きくなっている

ように見えました。赤い葉には、まだ冬用の産毛があります。でも確実に

春の準備はしていますね。

201202251.jpg

こちらも何となくつぼみのように見えますが、まだまだ中心を固く守って

いる外皮なのでしょう。日が当たれば、石垣の温かさをもらってほっとしている

のかもしれません。風は、冷たくて外出は億劫になりますが、病院の支援と

冬を耐えている植物にパワーをもらって、リハビリと診察を続けましょう。

今日も、痛いリハビリ頑張ってきま~す。

202102252.jpg

台所ネタ

| コメント(2)

毎年のことですが、我が家のバレンタインデーは、チョコではなく、

この白玉です。主人の好物なのでね^-^ 

今年ももちろん作って、完成を撮ろうと思っていたのに...食べるのが

先でした

202102241.jpg

食べる楽しみの前には、遮るもの無し でしょうかトホホ

などと考えながら片付けをしていたら、ゴムベラの上に輪ゴムが飛んで

顔のようになっていました。思わず笑いますね。

202102242.jpg

ついでに、わざわざ引き出しからパッキング材を探して別の顔を・・・

ヒマですね~ 立ち仕事は、まだ腰が辛いのに遊ぶ余裕が出て来た証拠。

快方に向かっているのを喜びましょう!(^^)!

202102243.jpg

プロの腕前

| コメント(2)

みなかみ町のプロの写真家、daisuke_matsuda_sasukeさんの作品を

掲載許可いただき、投稿させてもらいました。美しいですねー

IMG_0105600.jpg

上の写真が、左。こちらが右の顔部分です。光輝いています。

IMG_0101600.jpg

その上がこちら、右鳳凰の羽の部分。

IMG_0100600.jpg

これは、なんと可愛い。かぐや姫ですね。竹の光る所を切ったら・・・まさに

こんな感じだったかもしれませんね。daisuke_matsuda_sasukeさんは、この

サイトで額装を販売していて、みなかみ町の風景が手に取るように楽しめます。

地元愛ですね。

IMG_0102600.jpg

竹灯籠で鳳凰

| コメント(2)

竹灯籠の話題ばかり投稿しています

先日のかがようあかりオープンに私は行くことが出来なかったので、

孫娘たちが美しい竹灯籠の鳳凰写真を送ってくれました。それを

ここに載せようと記事を作ったのですが、どうしても表示されません

でした?????何か理由があるのかもしれませんね。不思議。

これはお婆さんが加工して遊んだアニメーション。もう一つ上の

サイズだとハッキリするのですが、2MBになってしまうので、

アップロードできませんでした。残念。

明日は、もっと美しい写真をご覧いただけますので、お楽しみに♬♬

anigif200.gif

TV、新聞で

| コメント(2)

度々登場する「かがようあかり 竹灯籠」のイベント、12日から

始まりましたが、読売新聞やNHK630でも取り上げていただいて

地域の皆様に知ってもらっています。ありがたいですね。

202102211.jpg

NHKほっとぐんまの放送は、ほんの2~3分でしたが、見ている方が多く、

娘さん見たよとメールをくれる人もありました。

202102212.jpg

この委員長が、七宝焼の家の主で、わが娘大堀由里です。

連日竹灯籠作りや設置などで、大分疲れた顔をしています(笑;

202102213.jpg

鳳凰の目には、特性のガラス玉をはめ込んであります。とアップで説明して

くれました。TVを写真に撮ったので、竹が赤くなっていますが、実際は緑色です。

202102214.jpg

足の爪先もしっかりアップで紹介してくました。この竹灯籠作りは、多くの人が

関わっています。コツコツ作り上げたものをみんなで楽しむのが、目的の一つです。

鳳凰は、幸せなところに舞い降りるそうです、多くの人がそれを感じてくれますように。

明後日まで竹灯籠の話題になります。

202102215.jpg

虹に輝く?

| コメント(2)

朝、電気ポットに水を入れようとしたら、見つけちゃいました、

❣❣ あら嬉しい。今まで蓋が邪魔をしてあまり中を見なかった

ので、気が付きませんでした。

202102201.jpg

熱で焼けて出来たのでしょうね。虹と言っても赤、橙、黄・・・の

順ではないので、お湯が沸く間に熱と金属にどんな変化が起きて

いるのかな? 知らないところで、知らないことが起きているって、

面白いですね。

202102202.jpg

バナー

| コメント(2)

このブログのサイドバーに七宝焼の家オンラインショップへの

バナーをつけていたのですが、大分前に設置したので、新しい

画像と取り換えてみました。赤い色が少し画面を明るく出来ました。

baner111.jpg

初めてブログを作った時に、記事と記事の間にW800位のバナーを

繰り返し入れるようにしたので、同じ事をしたかったのですが、

もうどのようにしたのか、すっかり忘れてしまいました。

書き留めておいたものも見つからず、根気がなくなっているので、

探し物もすぐ諦めムードです。さすが、寄る年波、ですねトホホ

baner1112.jpg

仕方ないので、サイドバーに目立つ色で取り付けました。

季節ものだから気を付けて更新しないと、古い感じになって

しまいますね。現在は卒業・入学・新社会人の皆様へとしました。

ボケ防止で丁度良いかな?笑笑

baner1113.jpg

寺通りさんぽ

| コメント(2)

2月も半ばを過ぎて、ひな祭りが間近になってきました。

たくみの里でも道の駅豊楽館に、つるし雛や段飾りのひな様が

沢山飾られて、それはそれは華やかになりました。

今年は、大々的に宣伝はしていないので、いつもおいでになる方々が

楽しんでいらっしゃいます。12日にもNHK630の気象予報士お姉さんが

紹介してくれました。写真は、たくみの里内3つの通りのうちの寺通りで

独自に行っているひなめぐりです。色々なお店で特徴のあるひな様を

見られるのも楽しいことですね。

202102181.jpg

お宝発見! と言っても単に忘れていただけなんですけど・・・

以前に沼田市にあるALGOさんというギャラリーで、購入したタイルのペンダント。

それも一昨年のクリスマス前。毎年その頃、ALGOさんではクリスマススーク

という市を開催して、作家さんたちの唯一無二の作品を展示販売します。

私も年に一度そこに行くのが楽しみなのですが、昨年はとうとう行くことが

出来ず残念なことでした。

202102171.jpg

ALGOさんでこれを見つけた時、徳利のセーターを着た時につけようと思っていました。

やっとその時です(笑;  タイルにレースのカーテンが写りこんで、面白い

模様になりました。

202102172.jpg

中央のものは、ガラスのタイルだそうです。何となく異国の雰囲気だなと

思っていたら、「カタルーニャ地方の色彩とゴシック様式に魅せられて」と

タグが付いていました。タイルの魅力は、まだまだ出てきそうですね。

202102173.jpg

家の中で!

| コメント(2)

先日、家の中でハチに刺されてしまいました。黒い箱の上に

いたので、全く気が付かずそこに手をかけた途端に、チクリ‼

いかにも針に刺された感覚、実際そうですよね。針なんですからトホホ

ストーブの薪の中にもぐって冬を越そうとしていたんでしょうけど、

薪の束ごと家の中に入れたので、春になったと間違えたのか。

兎も角、毒を吸い出すこと3回。結構苦いものですね。口の中も

すっかり苦くなってしまったので、良くゆすぎ、薬をつけました。

見る見る指は腫れあがりましたが、付け根の所までですみました。

2週間くらいして、ふと見たらしっかり針のあとが残っています。

あのハチは、どうしたか。今外に出ても寒いだけだからそのままに

してしまいました。また刺されないように、気をつけよう。

202102161.JPG

先日このブログの土台?である七宝焼の家オンラインショップを見ていましたら、

同じ項目の前商品を見るのにちょっと面倒な気がしました。ダッシュボードに

ページネーションというのがあって、前後のページにショートカット出来る

ようでした。早速、ボケた頭をフル回転して各ページに取り付け中です。

202102151.jpg

商品の左下にある前のページ・次のページというのが、それです。

サイトを作る時には、知らなかったので、今やっと指輪まで書き込むことが

出来ました。田の草取りでもしているように、まさにコツコツと地道な作業です。

202102152.jpg

文字だけでは、つまらないので、途中から写真も入れるようにしてみました。

ですから左の七宝焼アクセサリーの項目のペンダントトップとブローチには、

まだ写真が入っていません。これは当分かかりそうで、密かな楽しみになって

います。ありがたいですね。

202102153.jpg

LINEスタンプ

| コメント(2)

スマホでは、LINEがありがたい存在の一つですね。個別でもグループを作っても

連絡や情報の共有がとても便利です。孫との会話で、可愛いスタンプが使われ

ました。私が可愛い可愛いと言っていたので、孫が下のパンダをプレゼントして

くれました。にしむらゆうじさんという人のもので、この他にもパンダとねこや

ウサギなど思わず笑ってしまうひょうきんな表情を、大いに楽しめます。

IMG_0062.jpg

こちらは、みなかみ町の水彩画家こばやしあやさんの女の子と花のスタンプです。

あやさんの絵には、かわいくてカラフルな色使いに、いつもほのぼのとさせて

もらっています。みなかみ町や通販のminneでは、カレンダーやハガキの他色々

販売されていますが、LINEのスタンプは、久しぶりでしたので(以前おにぎりの

可愛いキャラクターを販売していました)迷わず購入。ちょっと無駄遣いをした

気になり、年寄りは後ろめたさを持っていますが楽しんで使わせてもらっています。

IMG_0064.jpg

IMG_0065.jpg

犬の幼稚園

| コメント(0)

世の中ペットブーム、なんて今さらのように言う事でもありませんが、

今のような感じで犬猫を飼ったことのない人間には犬の幼稚園 まであるとは、

知りませんでした。

写真は、孫が飼っているバーニーズという種類の犬で、名前は、ポポ。女の子です。

この時はまだペットショップから来て間もない頃。でも大型犬なので、

はしゃぎ出したら、手に負えません。そこで、幼稚園に。

201202131.jpg

これが最近の写真。 笑っているように見えますね^o^

犬の幼稚園「アイズ」のブログに載せてもらいました。だいぶ落ち着いてきた

ようです。さすがプロですね。何につけても専門家は大したものです。

そこに到達するまでのご苦労はあったことでしょうけど、続けていることが

大切なのでしょうね。

201202132.JPG

今日から

| コメント(2)

かがようあかり竹灯籠、今日から始まります。数日前から弓張り月を朝の光の

中から探すのが楽しみでしたが、もう完全に見えなくなってしまいました。

新月に入ったんですね。これから数日間闇夜。晴れていれば夜空は星の輝きが

美しいことでしょう。竹灯籠のイベントは、その月の光を補う事が出来るで

しょうか。人々が集えなくなってしまったこの頃、地域の人が大切にしている

地元の神社で同じ光を見て、少しでも癒されたり繋がりを思い起こすことが

出来るといいですね。今日私は都合で見に行く事が出来ませんが、何やら

大作もあるとか、楽しみにしているところです。お天気に恵まれますように。

202102121.jpg

電子書籍Ⅱ

| コメント(2)

Kindle版の書籍を選ぶ時、どうしても読みたいものは別として

金額も問題です。今回買ったのは、全部で8冊でしたが、いずれも

300円から500円位までなので、助かりました。

「来なけりゃいいのに」は、ミステリーっぽい作品が7話。この作家さんの

事を良く知らなかったので、小心の私は、ドキドキして読んでしまいました(笑

202102111.jpg

右の「スーツケース・・・」は、安心して読んでいられるものでした。

「舟を編む」は、まだ読みかけです。もったいなくて少しずつ読んでいます。

通院するようになって、外来の待ち時間は予約していても長いので、そのために

取っておきました。今少しずつ楽しんでいます。スマホに収まる本は便利ですね。

202102112.jpg

電子書籍Ⅰ

| コメント(2)

昨年11月23日の感謝祭の翌日からブラックフライデーが始まり

引き続き翌週月曜のサイバーマンデーまで、様々なサイトで

セールをやっていました。AmazonのKindle版でも電子書籍が

値下げしていましたので、漫画をまず一冊購入。老夫婦が

ネコを引き取るほのぼのとしたお話でした。

202102101.jpg

次に左の「ネコが教えてくれたこと」これは、間違えてコミックを買ってしまい、

絵や文が小さくて、途中で放棄。良く見て買わないといけないですね。

「きみと暮らせば」は、表紙の猫と暮らす話ではないのですが、書評などを

良く読んで決めました。登場人物が心優しく、かと言って優等生ではなく

それぞれ不器用に自分に正直に生きていくところが、妙に共感を誘われました。

202102102.jpg

同じ作者の物があったので、続けて購入。いずれもセールのおかげで格安でした。

「しあわせの香り」は、TVドラマにもなったそうです。知らなかった。

純喫茶トルンカを舞台にした人間模様は、少し現実離れしたところもありそうですが

悲しみや辛さの中で、そうなったらいいなと思えるような展開になって、入院中の

人間にとっては、安心して読んでいられるものでした。病院の図書室がコロナで

閉鎖になっていたので、少しお金はかかってしまいましたが、心に残る本が読めて

ありがたかったです。

202102103.jpg

通院支援

| コメント(2)

利根中央病院というところに昨年3か月入院していました。退院後も通院の必要が

あるので、病院が無料で行っている通院支援を利用しています。住居地の利根沼田

は、広い上に交通機関があまりなく、殆どが車利用ですので、運転出来ない時は

非常に不便です。ですから少し大きい病院では、通院支援があって患者さんは、

助かります。ただ、時間が迎えは午前9時、午後1時に大体決まっているので、

診察時間によっては、利用が無理な場合もあります。TVのCMでやっているような

お出かけの乗合タクシーみたいなのが、早くこの辺も出来るといいなぁと思っています。

202102091.jpg

ONE LINE夕飯

| コメント(0)

コロナ下で入院中は、面会することが出来ず洗濯物の受け渡しも、看護師さんの

手を煩わせてやっていただく状況でした。でも今は便利❣❣ 東京に住む娘が

オンラインで、毎週火曜日の夕飯を共にしてくれました。私の方は、周りの方の

迷惑になるといけないので、スマホにイヤホンを付けて小声で話しました。

写真は、スマホのスクリーンショットに後から文字を入れましたが、太い指では

やっとこの程度。

202102081.jpg

2度目の時は、娘のスマホがAndoroidなので、こんないたずらも。

202102082.jpg

iPhoneのツールは、右上の囲まれた中に雪を降らせることしか出来ませんでした。

オンラインで食事会とか飲み会が流行っていますが、便利なものですよね。

遠く離れた人とその時を共にすることができるなんて、ありがたいことでした。

202102083.jpg

豆まき

| コメント(2)

2月2日豆まきをしました。今年は、地球の公転周期の調整で立春が一日早くなる

そうで、そうなると日本では、前日に行う節分も前倒しに。スーパーのチラシ

では、今はやりの恵方巻を大きく載せていました。我が家では、恵方巻を食べる

習慣がないので、いただきませんが、近頃増えた若い世代の家からは、聞こえて

来ない「鬼は外・・・」を老夫婦で毎年欠かさずやっています。

202102071.jpg

でも私は、ただ豆が食べたいだけ(笑; うっかりすると喉にカスが引っかかって

しまうようになりますが、子供の頃、年齢分だけしか食べられないと言われた

鬱憤を晴らすかのように、残った豆をひたすら食べています。外に撒いた豆も

動物や鳥のエサになっているかもしれませんね。早くコロナが収まって、みんな

健康で楽しく暮らせる世の中になりますように。

202102072.jpg

先日最後まで残っていたカボチャでジャムを作りました。

主人は、毎年カボチャを植えるのが好きで、狭い畑を飛び出して

隣の空き地や裏のガスボンベの方まで伸びていくのが、面白いのだ

そうです。でも昨年は収穫してから料理する間もなく私が入院して

しまったので、玄関に並べられたまま傷んでしまう物が多かったです。

退院後水を入れずに煮てみましたが、さすがに旨味は無くなっていました。

でももったいないので、こうしてジャムに。毎朝パンにつけて楽しんでいます。

煮た後の写真を忘れて、冷凍保存してしまいました。当分味わえますね。

202102061.JPG

いい旅夢気分

| コメント(2)

昨年11月7日(土)テレビ東京のいい旅夢気分という番組で

たくみの里七宝焼の家を少し使ってもらいました。

八代亜紀さんとロバート秋山竜次さんが紅葉、温泉、体験などを

楽しむというような企画でした。JR水上駅からバスに乗って

たくみの里へ。なんと八代亜紀さんは、60年ぶりに路線バスに

乗ったそうです。主人は八代さんのファンなので、とても嬉しかったようです。

気さくで、テレビで拝見するよりずっと小柄だったと感激していました。

202102051.jpg

お二人でそれぞれ七宝焼のアクセサリーを作りましたが、八代さんは、

さすが画家なので、色どりとデザインの素敵なブローチを完成させました。

ロバートさんは、八代亜紀さんの歌手50周年のお祝いを作りプレゼント

したそうです。

202102052.jpg

You tube で放送されたものをやっていましたので、お時間があったら、

ご覧ください。この時、私は1度目の手術後点滴三昧の日々(^^;)でしたので、

あとからまたゆっくり見られるYou tubeはありがたかったです。

冬芽

| コメント(0)

先週の金曜日、退院して初めて散歩してみました。まだ杖が手放せない

ので、家の周りをちょこっと徘徊?^^;

真っ先に目に入ったのは、寒さに耐えている草木の冬芽でした。

202102041.jpg

これはライオンナデシコと言って、初夏にピンクの可愛い花を咲かせます。

葉は暖かくなると丸で囲んだ所のような色で目立たなくなりますが、今は

薄紫とグレーが混ざったようで、オシャレな感じ。そういえば、義母がこのような

色の素敵な皮のバックを持っていました。高級感があって、憧れだったのかも^-^

202102042.jpg

葉の付け根も赤みがさして、綺麗です。華やかさはないけど、冬芽の形や

色合いも結構楽しめますね。体調に気を付けて散歩の距離を増やして

いこうと思っています。

202102043.jpg

大根の花

| コメント(2)

この可愛い花、大根の花です。私が入院中に、主人がいただいた大根の葉の付け根

を水につけておき、日当たりの良いところで毎日伸びるのを楽しんでいたそうです。

202102031.jpg

12月28日に退院した時には、まだようやくつぼみを持ったところでしたが、

2,3日で咲き始め、これが1月3日。大根とは思えない可憐さです。

202102032.jpg

大根って、白い花かと思っていましたが、今はいろんな種類があるので、

色も様々なのでしょうね。

202102033.jpg

主人が毎日「こいつ、可愛いな」などと言っています。これまで私が同じことを

していても、興味も示さなかったのに・・・やっぱり3か月一人の生活でしたから

少し寂しかったかな?笑

202102034.jpg

大根と並んでニンジンの葉元も水栽培になっていましたが、こちらは残念ながら

伸びませんでした。以前ど根性大根などと言って、環境の整わない所からも

芽を出し、花を咲かせたものが話題になったから強い植物なんですね。

体に良いのも頷けることでした。

202102035.jpg

iPhone se

| コメント(2)

ジャーン! という感じで、新しいiPhoneを購入しました。iPhone se 第2世代

前の機種が7でしたので、もう寿命らしく、設定していないのにナイトモードに

なったり、いきなり画面が横向きになってしまい、修正するマークが見つからなく

なってしまっていました。

202102021.JPG

色々調べた結果、最新じゃなくても十分機能のある、seに。なんと7と大きさも

殆ど同じなので、慣れた手には扱いやすいです。

202102022.JPG

表面の保護フィルムも前のをはがして、丁寧に洗い、張ってみました。かなり

空気が入ってしまいましたが、見るのには全く差し支えないので、まあ良しと

いうことで。

202102023.JPG

カバーも買うつもりでしたが、当ててみたらピッタリだったので、これもOK!

オンラインショップで購入し、データ移行は、You tuberに教えてもらいました。

今は、色々なチャンネルがあるので、ありがたいですね。入院中も座ったまま

出来る体操とか、頭の体操、間違い探し等々高齢者向けのボケ防止チャンネルも

大いに楽しませてもらいました。

iPhone se、7同様長い付き合いとなっていけますように^-^

202102024.JPG

昨年に続き、竹灯籠イベント「かがようあかり」を2月12日(金)~2月27日(土)

まで行います。場所は、猿ヶ京温泉相俣地区にある日枝神社、湯宿温泉中心部の

ゆじゅく温泉ゆうえんちと昨年開催したたくみの里熊野神社の3ヶ所です。

この期間は、新月から満月までとなりますので、月の満ち欠けと竹灯籠の灯りを

ともに楽しんでいただけると思います。お天気が荒れませんように。

20210201.jpg

七宝焼の家の大堀由里を始めとして、いろんな人がそれぞれのご都合で、製作中

です。穴開けしない人は、デザインの紙を竹に張ったり、持ち帰って空いた時間に

作業をしたり、差し入れだけの方ももちろん大歓迎されて、参加していただいて

います。先日は移動式のトイレを差し入れてくださり、大いに助かったそうです。

202102012.jpg

密にならないように、しかも作業場は、ほとんど外に近い状態で、換気の心配は

全くありません。一本一本、地道にただ穴を開けていることに専念しているのは、

邪念も無くなるかもしれませんね。様々な人がかかわってくれて、それに対して

感謝の気持ちしかない、と本人も言っています。いよいよ来週になりました、

ゆっくりと静かに美しい明かりを楽しめる、待ち遠しいです。

202102013.jpg

日の出

| コメント(2)

東に窓のある病室からは、日の出を楽しみました。朝焼けに輝く雲は、ウサギ

のようにも見えます。下には片品川が流れ、その向こうの丘陵地は昭和村に

なります。延々と続くレタス畑やほうれん草の畑、工業団地、りんご園など

豊かな産業のある村です。

202101311.jpg

これは、何日か後のものです。日の出の位置が随分南に移動しました。

秋分の一週間後位から(10月1日)冬至のこれも一週間後まで病院生活だった

のですから、季節は巡りますよね(苦笑

202101312.jpg

こちらは退院間近の北寄りの病室から見た朝焼けです。美しい色が武尊山の

東向きの斜面に映し出されて感動しました。どの光景も次の瞬間は、色や光が

変わってしまうので、大切な一時を楽しませていただきました。

ありがたいですね。これも安心して入院させてもらっている家族のおかげです。

下の写真は、廊下の窓越しで、非常階段の柵などが入り込んでいたため、

トリミングしました。

202101313.jpg

片品川

| コメント(2)

昨日見ていただいた子持山を右にして下に流れるのが、尾瀬から発する片品川です。

病院の廊下からなので、画質がかなり悪いですが、ご容赦ください。

朝、日の出の少し前、上昇する気温に反応するように川面から水蒸気が

上がってきます。この時間は外気温は低いので、水蒸気が見えますが、もう少し

陽がさして温かくなってくるともう見えなくなるので、朝の一時のお楽しみです。

202101301.jpg

崖に沿って上がっていって、途中見えなくなりながら雲になっていくのでしょうか。

子供の頃、教科書で習ったことを実際に目にできるこの自然は、私にとっては

大切な風景です。他にも、東京から群馬県に移り住んで驚いたり喜んだり感動

することが沢山ありました。それも全部自然の作り出すことでしたので、この

すべての大自然が宝物だと再認識させてもらいました。ありがたいです。

202101302.jpg

子持山

| コメント(2)

見えている山は、子持山と言います。病院の廊下の端から正面に見えて、

入院患者が集まっては、反対側から見るともっと小さい山がいっぱいあるので、

子持山という名前になったなどと話をし、そこから話題は、次々変わっていく

言わば話の種みたいな大事な存在です。12月11日15時、山に日が沈むところでした。

ダイヤモンド富士ならぬ、ダイヤモンド子持山です!

202101291.jpg

知らなかったのですが、このダイヤモンドは陽が沈んでから、また光が上がって

くる現象だったのですね。病室にスマホを取りに行っている間にもうほとんど

陽は沈んだのですが、このようにまた上がってきました。向こう側で山に反射

した光が見えているのでしょうか、驚きました。

202101292.jpg

良く見るとわずかな時間差で、光の塊がやや大きくなっていると思います。

この後、静かに光を収めていき、感動させてもらいました。

後から見たら、一番上の写真は、空き地に水たまりでもあったのでしょうか、

そこに光が反射しています。これもなんだか嬉しいことでした。

202101293.jpg

空と雲

| コメント(2)

どこにいてもどんな時も見ていて飽きないのが、空と雲。何もすることのない

時間の病室では殊更です。きっと口を開けたままだったかもしれませんね。

202101281.jpg

海の中で固まって泳ぐ小魚のようにも見えます。どんどん変わっていく形を

見逃すわけにはいきません。一時一時が大切な瞬間ですね。

202101282.jpg

レースを大きく広げたような雲に出会ったときは、手を伸ばして触って

見たかったです。

202101283.jpg

右の方を見ると、クジラのように大きな口。ほとんどが淡い線なのに、この

直線が面白いです。自然の作り出すものに感嘆しておりました。

202101284.jpg

何も考えずに

| コメント(0)

入院生活も長くなると病室をあちこち変わります。この時は、4回目。

退院する頃は、この廊下の一番奥の右側になりました。その時々で、

看護師さんたちが忙しそう。申し訳なくなっちゃいます。常に病室を

出入りして人やワゴンが並ぶ廊下が、この時間ガラ~ンとしました。

リハビリのために廊下を歩く人もいないのは、珍しかったです。

この病棟だけが建物の横幅全部の廊下がある階で、100m弱だそうです。

歩くのには、丁度良いですね。

202101271.jpg

病室のカーテンは、淡い緑で目に優しく落ち着いた雰囲気です。9月末に

受診した時、入院が長くなるかもしれないということで、仕事や家の事等

どうしたらよいか大いに戸惑いました。仕事は娘が主で孫がその手伝いを

してくれて、主人にもかなり無理を強いてしまいました。でも「考えても

しかたがないので、治すことだけに専念すればよい」と言ってくれて、

202101272.jpg

こうして天井を眺めながら、カーテンの影などを楽しむことにしました。

何を楽しんだか? この影、ドレスを着た踊り子で、並んでワルツ❣❣ に見えません?

一緒に踊りたくなりました。ナント能天気なことでしょう(笑

202101273.jpg

点滴が一日5回あって、その2回がとても痛くて辛かったですが、点滴の針を

4日位で変えるときに、メモの日付をこのように書いてくれた看護師さんがいました。

大体がお忙しいので、10/28などと走り書きしますが、3人くらいの方がこんな風に。

見たときは思わず楽しくなってしまいました。ちょっとしたことを、ありがたく

感じてしまうのが、入院生活なんでしょうね。

202101275.jpg

病院食

| コメント(0)

いきなりですが、病院食の一部のご紹介です。実は昨年10月1日から12月28日まで

入院しておりました。膝の感染症のためです。図らずも入院中2度の手術を受け、

人生初の長期入院となりました。それまでは悪いのは頭だけと思っていたので、

青天の霹靂です。まあ、あれこれ無駄な考えも巡らしていた中で、朝昼晩の食事

は、唯一の楽しみです。これは紅葉の頃、紅葉狩り弁当風にしてくれました。

サツマイモご飯と魚のフライは、一口食べてしまいましたが、窓の外の遠い紅葉を

楽しみながらいただきました。

202101261.jpg

こちらは、別の日の献立。蓋を開けてビックリ。何が入っているのかと思ったら

シシャモの甘露煮でした。ちょっと煮過ぎで、スマートになっちゃいましたね(@o@;

202101262.jpg

クリスマスは、サンタさんのカード付で、ニンジンのお星さま。たくさん作る

中で、お星さまの型抜きは、手間のかかることだと思います。心づくしが

ありがたいですね。食物繊維が多く、脂肪分の少ない病院食は、ご飯をこんなに

食べても全く太りません。かえって、入院してから少なくとも3㎏は体重が減り

体が軽くなりました。想定外の入院生活でこれが一番の収穫ですね(笑

202101263.jpg

https://www.shippouyaki.net/blog/image/baner111.jpg
https://www.shippouyaki.net/blog/image/%230194saidyou.jpg
https://www.shippouyaki.net/blog/image/glaspendantsaidyou.jpg

ウェブページ

七宝焼の家