土合駅

| コメント(0)

JR上越線の土合駅です。谷川岳登山の方が利用しますが、今は新潟方面に向かう

列車のホームが長い階段を降りた地下にあるので、モグラ駅として有名です。

水上方面へは、地上を走っています。地上が元単線の線路で、地下は新清水トンネル

が出来たので、上下になったそうです。その階段も何百段とあるので、簡単に

戻る訳にはいきませんね。この土合駅、無人駅になったのですが、最近構内に

カフェが出来、外にはグランピングを楽しむ施設も整って魅力を増してきました。

娘が誘ってくれたドライブで、ここに来てみたかったので、目的地に到着です。

202110221.jpg

駅についてカフェを探したのですが、見つからず、娘が℡で問い合わせると、

今日は停電してしまって営業していないとのことでした。残念。グランピングの

施設が、裏の方から見えたので、ちょっと入ってみました。可愛いテントです。

202110222.jpg

焚火を出来るところもあって、訪れた人たちが楽しんだことでしょうね。

テントも色々な形があります。中にはちゃんとベットも整っているらしいです。

202110223.jpg

この建物にはトイレもあり、ここから駅に繋がっているそうです。立っているのは

娘です。私たちは、裏から入ってきちゃったので、早々に立ち去ることに。

202110224.jpg

可愛いテントには、それぞれ、近くの駅の名前が付いていました。夏に晴れていれば

星も沢山見えるでしょう、静かな山奥で快適なアウトドアが楽しめますね。

家からここまで、40分かからずに来ることが出来ました。紅葉は見られません

でしたが、土合駅のグランピングがどのようなものか見て見たかったので、目的が

達成されました。ここで美味しいコーヒーでも飲めたら最高でしたが(笑

202110225.jpg

初冠雪の谷川岳

| コメント(2)

18日(月)七宝焼の家は定休日ですが、学校の修学旅行での体験が入っていました。

コロナで授業さえままならなかった子供さんたちは、やっと念願かない出かけられる

ので、行動がとても速いです。これはどこの学校でも同じで、挨拶の時の声も

嬉しそうですし、作る作業も集中しているように見えます。ですから予定の時間より

早く終わってしまい、旅行会社の人が困る位です(笑

この日も同様でしたので、主人が子供さんたちとの対話の時間を作り、娘は、

上がらせてもらって、私を水上ドライブに連れて行ってくれました。私の方は

予約が無くて、休ませてもらっていたので。

天気予報では、晴れ予報の貴重な一日、紅葉はどうかなと思って出かけましたが

途中、今頃は色を変えているところも、緑のままでした。土合駅方面に向かっていて

湯檜曽公園を過ぎたところで、谷川岳が見えました。初冠雪です。

202110211.jpg

右側の山の上もまだ緑で、こんな初雪の光景は珍しいです。毎年10月10日前後は、

紅葉がどこかしら綺麗になっていましたが、こんなことがあるんですね。

この場所は、ちょうど車を止められる広い場所でしたので、通り過ぎた車も戻って

きて、カメラやスマホを向けていました。例年だったら、紅葉と雪山が見られた

かもしれません。良い場所が見つかったので、また来てみたいと思いながら、

目的地の土合駅に向かいました。

202110212.jpg

歌のマイブーム

| コメント(2)

車を運転している時と、掃除機をかけている時は、自然と歌ってしまいます。

今のマイブームは、ユーミンの "春よ、来い" です。でも難しい歌ですね。

だから、他に音が漏れない状況にあると、周りに迷惑をかけないで済む

ので、大きな声で歌えます、安心してね。でも運転は慎重に、です。

TVで女性の演歌歌手が何人かで、これを歌っていて、いい歌だなぁと

思ったので、歌ネットで調べてみました。加藤和樹さんと言う人の詩に

松任谷由実さんが作曲。よく、こういう音符の配置になるものだなぁと

感心します。もっとも他の曲も音楽というのは、そうですけどね。

少し前までのマイブームは、"栄冠は君に輝く" でした。朝ドラの影響です、

単純なので(笑   今は友達とカラオケにも行けないですが、時が来たら

またみんなで楽しめるように今のうちに練習しなきゃね。歌は楽しいです。

おまけのように載せた写真は、たくみの里の紅葉です。

202110201.jpg

七宝焼の色

| コメント(2)

葛飾北斎の富嶽三十六景のコピーを借りることが出来ました。

スキャンしてPCに取り込み、ゆっくり見せてもらっています。

著作権には問題ない年数が経っているので、安心です。

こうしたネット上で見ても、美しいですね~ 

下の方の波の色合いが、今のデジタル化したアニメと同じようで、今にも

動き出しそうです。

202110191.jpg

ちょうど七宝焼のイヤリングを整理していて、実際の色とweb上の色が

違うような気がしていたので、この絵と一緒に撮ってみました。

影の力も借りて、淡いミントグリーンの色が出ました。

202110192.jpg

七宝焼の色は、アクセサリーの種類や形、色合いによって、中々思うように

出せないことがあります。色付きガラスの細かい粒子を、ものによっては、

何層にも焼き重ねることもあるので、私のようなにわか撮影者には、手ごわい

です。でも新たな試みも出来たのは、偶然とも思えずありがたいです。

合わせた色とのコラボで、撮り直しを楽しみます。

202110193.jpg

体験学習

| コメント(2)

春から延び延びになっていた、学校の体験学習や修学旅行がやっと再開され

たくみの里は、平日賑やかになってきました。大型バスも広い駐車場に

並ぶようになり、バス会社もほんの少しだけでしょうけど、ホッとしている

かもしれませんね。

202110181.jpg

今まさにリンゴ狩りの季節ですので、各手作り体験の後、リンゴも堪能できます。

ジェルキャンドル作りが終わって、この後は?と聞くと、嬉しそうに、"リンゴ狩り!"

と答えてくれます。

202110182.jpg

リンゴから目線を下に向けてもらうと、草もしっかり紅葉して黄金色になって

いるので、そんなところにも注目してもらいたいですね。

202110183.jpg

10月、11月の平日は、予約で埋まってきています。子供さんたちも入店の際は、

言わなくても、しっかり手指の消毒をしてくれて、マスクも鼻まで覆っています。

こちらも感染予防対策をしっかりして、受入体制を整えているところです。

やっと可能になった時間を、安心して楽しんでもらいたいと思います。

202110184.jpg

大型スーパーに連れていってもらって、大好きなチョコレート屋さんで買い物を

しました。ハロウィンのラベルが付いています。久しぶりに行ったお店ですが、

例年のようなハロウィンの飾りつけが、あまりありませんでした。今年はちょうど

選挙とも重なり、盛り上がりが分散されるかもしれませんね。

202110171.jpg

キャンドルの家でも、今年はあまりハロウィンのオーナメントが活躍していません。

例年、左上の帽子おばけさんが一番人気ですが、今年はカボチャです。もっとも

時短営業や学校の予約も人数制限などで、お客さんが来ていないことも原因で

しょうね。渋谷の街などのような盛り上がりは、困りますが、年中行事の楽しみ

としてすっかり定着しました。コロナでいろんな事が見直されるのも、いいのかも

しれませんね。

202110172.jpg

短歌の会

| コメント(2)

先日いつもカットでお世話になっている、はるか美容室のはるえさん

がお店に来てくれました。彼女は、短歌の会に入っていて、まだ間もないと

思いますが、素敵な歌を作って披露してくれます。 くれない短歌という

会の小冊子をもらいました。冊子と言ってもA3の紙に8ページ分の印刷が

あり、それの長辺の中央を二つ折り、中2ページ分に切込みが入って、折りたたみ、

更に短辺を4ページに折りたたむと、この表紙が二番目に来て、その裏が最後の

ページになるという便利な印刷物です。一枚の紙だけで面白いですね。

202110161.jpg

こちらが表紙を開いた1,2ページになります。

短歌も季語が必要なのかと思っていましたが、無くても良いのですね、知らなかった。

基本的なことも書いてあり、作り方も参考になります。LINEで出来るのが、今の

情勢には、大いに助かります。

202110162.jpg

最終ページには、今みなかみ町で募集の短歌大会の要綱が載っていました。

町の回覧でも回ってきたので、応募する人も多いことでしょう。

先日主人が買ってくれたミカンを、むいた時の郷愁の一つを歌ってみました。

子供の頃、運動会には必ず母が初物のミカンを買って来てくれたので。

「青みかん香りが見せた幼き日青空歓声万国の旗」

俳句も短歌も絵手紙も違う事を始めるのは、多少なりとも脳に刺激がありますね。

当面は、一人で楽しみたいと思います^^;

202110163.jpg

たくみの里には、カンタくんという馬車を引く白馬がいました。今年の6月28日に

任を終えて天に召されました。毎日会っていた訳ではないけど、もういないのかぁ

と思うと無条件で寂しかったです。それがこのほど、わらアートで蘇りました。

まだ完成ではありませんが、早速見に行ってきました。   ちょっと胴長。

202110151.jpg

でも、まつ毛まで、そっくりです。カンタくんは、可愛い目をしていましたから。

202110152.jpg

耳の形も。6月30日のブログ記事に載せた写真と同じ耳なので、ビックリです。

202110153.jpg

実際よりうんと大きくなって、これだけのものを作るのは、大変だった

ことでしょう。でも何だか嬉しいです。

202110154.jpg

隣で、来年の干支、トラの製作中でした。

202110155.jpg

この子は、ラバのランド。カンタくんの隣の住人?です。ランドは噛む癖が

あるので、要注意ですが、慣れた人には甘えたしぐさもして可愛いです。

今は、ヤギも2頭増えてわらアートが完成すれば、また賑やかになることでしょう。

コロナが終息し、楽しいたくみの里に、たくさんのお客様が来てくれますように。

202110156.jpg

NHK+

| コメント(0)

NHKTVを見ていたら、NHK+が無料らしいと分かったので、早速

スマホアプリを入れてみました。一家で5台までのPCやタブレットで

見る事が出来るそうです。もちろん受信料を払っていれば、ですが。

見逃した番組や情報も探して見られるので、便利です。先日載せた

ケイトウの記事も、花の市場卸の名前が分からなくなってしまったので、

ひるまえホットの番組で調べました。最近は何でも忘れてしまうこの脳みそ

には実にありがたいです。番組の宣伝で、これ見たいなぁと思っても、

その名前や見たいと思ったことも忘れてしまうので、こんどは、メモをして

有効に使いたいと思います。楽しみです。

202110141.jpg

波に挑戦

| コメント(2)

波に挑戦などと、サーフィンでもやりそうな表題ですが、そんな訳はありませんね。

ジェルキャンドルで、波をテーマに作った事。ガラスオーナメントはサメです。

透明部分の多いおはじきの上に乗せたので、少し浮いて見えます。そのおはじきに

入っていたブルーのラインを波に見たてて。

202110131.JPG

カラーサンドも波を表そうと思いましたが、崩れてしまうので、あまりうまく

行きませんでした。またトライしてみたいです。

202110132.JPG

反対側には、サメを乗せたものと同じブルーのラインが入ったおはじきを立てて

みました。もう一つ追加したかったですね。波に見えるでしょうか。

202110133.JPG

一番上と同じ角度のものですが、何だかサメが笑っているように見えます。

毎日、こんなことをして遊んでいられるなんて、もったいないくらいありがたいですね。

いらしたお客さんと一緒に、この楽しさを共有出来るよう、これも見本で使って

いこうと思っています。

202110134.JPG

| コメント(2)

先週の平日、午後から雨が止んだので散歩に出ました。いつまでも暑い今年、

中々昼間ゆっくり歩くことが出来ないので、曇り空が絶好の散歩日和です。

アメリカセンダングサが花火のように実をつけていました。

202110121.jpg

ご近所の畑には、トウガラシが見事! アクセサリーのようです。これは、辛い

方ですね。同じように赤くなってもシシトウの類は、下向きに実がなります。

でもシシトウにもたまに、大当たりの辛いものがあるのも不思議ですね。

202110122.jpg

この葉っぱは何でしょうね。可愛いです。やっぱりご近所さんのお庭のものです。

最近は、中々お会いできる機会がないので、残念ですが、自由にお話が出来るように

なったら、聞いてみたいと思います。

202110123.jpg

奥にムラサキシキブもありました。濃い色が綺麗です。

花が少なくなった今頃でも、様々な色を見つける事が出来ますね。

雨上がりは、一層色濃くなって静かな時を楽しめました。嬉しかったです。

202110124.jpg

ケイトウの花

| コメント(2)

少し早めのお昼にしようと、家でTVをつけたら、NHKのひるまえホットと言う番組で

大田花き市場卸の情報がちょうど流れていました。生花店で売られているような花の

旬の紹介です。その中でケイトウも取り上げられて、この上の部分は、茎の変化した

もので、花は、その下に咲く、と言っていました。今まで上のトサカのような

ところが花だと思っていたので、実際に見てみたいと思い、探してみました。

202110111.jpg

たくみの里の奥にある熊野神社で、ようやく見つけました。鳥居の前で一礼して

ケイトウの花の観察です。

202110112.jpg

なるほどぉ  この白いのがオシベでしょうか。こんなに上の方になっているので、

下の方はもう種になっているのでしょうね。近くで見ると動物の毛並みのようにも

見えます。ケイトウは鶏頭とか毛糸のも似ているのでこの名前になったそうです。

202110113.jpg

隣の花は、細かったので、まだ咲き始めかもしれません。この細いミョウガみたいな

ものが花なのですね。葉の周りの赤い縁取りが綺麗です。

202110114.jpg

子供の頃から見ていたものは、あまり身近過ぎて気にもしなかったのですが、

改めて観察すると、知らなかったことが沢山ありました。一つ一つ、別の

視点で見ていかれると、また楽しいことが増えそうです。TVの情報、

ありがたかったです。

202110115.jpg

ポポー

| コメント(0)

ポポーという果物をいただきました。緑色のものが皮ごとの状態で、これは小さい

方です。剥いたものは、もう熟して皮が真っ黒になっていましたので、見た目が

到底食べられるとは思えない状態でした。でも中はこの通り、綺麗です。

大きなビワのような種がいくつも入っています。完熟なので実は崩れるほど柔らかく

なっていました。黄色のマンゴーと同じような、南国の甘く強い香りがします。

202110101.jpg

レモンをかけると甘さが中和して、丁度良くなりました。クリーミーなので、

アイスクリームと一緒に食べたら、更に美味しくなりそうです。

この種をその辺に埋めておくと、芽が出るよ、と、いただいた近所の方が言って

いました。この辺のような雪の多い山里でも実がなるので、強い植物なのでしょうね。

珍しい果物のいただきもの、ありがたかったです。

202110102.jpg

Hello Travelに

| コメント(2)

無料のクーポン誌ハロートラベル群馬Vol.11が出版されました。

2021年と2022年に使用出来る、お得な情報が満載されています。

ハガキ大の小さなものなので、持ち歩くのに邪魔になりません。

タウン誌などと多分一緒に、駅やお店に並んでいると思います。

202110091.jpg

この冊子、全部が広告料金で出来ています。キャンドルの家も載せていて

体験すると隣の七宝焼の家で、小さなアクセサリーのプレゼントがある、

という不思議な特典です(笑   アクセサリーは、ブレスレットや

ミサンガ、その他種類が沢山ある中から選んでもらうので、それもお楽しみに

なりますね。冊子を、どこかで見かけたら、ぜひお手に取ってご覧ください。

気に入ったお得クーポンが見つかると嬉しいです。

202110092.jpg

稲刈り

| コメント(2)

稲刈りも今は、いくつかの方法があるようで、穂先以外の茎を田んぼに残している

ところもあります。その茎だけを集めて、このようにロール状にし、ちゃんと縄の

ようなものでグルグル巻に。その作業を一台の作業車で行い、このロールがゴロン

と後ろから転がり出ます。初めてそれを見た時は、面白くて感激でした(笑

だから田んぼに、このワラロールが転がっていると、何だか嬉しくなります。

更にビニールで巻いて、きっと発酵させるのでしょうね、牛の美味しいエサになります。

202110081.jpg

こちらは、葉座掛け。 はぜ、とも言いますね。

天日干しで、人間の美味しいご飯です。この風景も好きです。

実際にやったことがないのに、好きなどと言っては、申し訳ないですけどね。

奥にはまだ刈っていない田んぼがあり、美しい黄金色です。例年はこの風景を見る

時は、少し風も冷たく感じますが、今年はまだ半そでで過ごしています。

あっという間に涼しくなるのでしょうか。羽織るものの用意もしておかないと

油断大敵かもしれませんね。

202110082.jpg

田んぼの脇に何か細かな赤い花が咲いていました。たくさんあります。

202110083.jpg

私はこの花、朝鮮朝顔だとばかり思っていましたが、調べたら、マルバルコウソウ

という名前でした。丸葉縷紅草、こういう字で書かれていました。知らなかった@@

五角形の花の形が可愛いので、庭に植えられていたそうです。ヒルガオ科ルコウソウ属

だそうで、江戸時代末期に熱帯アメリカから渡来したとか。へーっですね。

流れ流れて、群馬県の山里の田んぼの畦に・・・ ようこそようこそでした。

202110084.jpg

桂の木の黄葉

| コメント(2)

公園の桂の木が黄葉してきました。並んで植えられていますが、左の方がより

色づいています。少し離れているので、日当たりは関係なさそうです。

202110071.jpg

こちらも公園内の東側にある対の桂です。手前の方がやはり色付きが多いです。

上の木も黄葉の進んだ方は、雌の木でした。桂の木に花が咲くのを初めて知って、

ブログに載せたのが、4月19日でした。いつも遠くから見ているだけなので、

気がつきませんでした。桂は、秋の長雨の頃、近くを通ると何となく良い香りが

します。その頃は、木々の上からの鳥の鳴き声もあまりせず、草の中から虫の響きが

するだけで、落ち着いた雰囲気が漂います。こんな曇り空の日は、散歩にも丁度良く、

五感がうるおいます。

202110072.jpg

花芽は、そのままになっていました。種が出来ているのでしょうか。

高い木なので、確かめようがないところが残念。公園の遊具の屋根が

可愛いく入ってくれました。2日、3日の土日には、緊急事態宣言のために

張られた縛りものが取れたので、小さい子供たちの元気な声が響き久しぶりに

賑やかでした。声の限りに叫んで、次々と遊ぶことを提案していくので、

家の中でも聞くだけで大いに楽しみました。桂や他の木々も微笑んでいた

かもしれませんね。 来春は、なんとかこの花を撮ってみたいと思います。

202110073.jpg

飾りもの

| コメント(2)

いつも体験で使っている、コルク蓋の丸瓶と違う形が手に入ったので、飾り用の

ものを作ってみました。白バラのネックレスが主役です。大きく場所を占めている

のは、星の形をしたガラスなのですが、通常のコルク蓋瓶は口が狭くて入りません。

自由に使える材料の中に置いてあり、みんなの人気ものなので、これも入れて

見本にしました。

202110061.jpg

色の重ね方も口で説明しますが、実際を見た方が分かりやすいので、みんなの

好む色を選びました。分かりにくいですが、下からビーチ、イエロー、ライトグリーン

ブルー、ライトブルー、ライトパープル、ピンクの7色になっています。

202110062.jpg

上の7色の順番を変えるとちょっと印象も変わります。ブルーとライトブルーが

ハッキリしました。線の太さも薄さや厚さで変わってくるので、その説明にも

便利です。と言っても、作る人にわかってもらえるのかどうか。お話しながら、

聞いてみたいと思っています。

202110063.jpg

わらイノシシ

| コメント(2)

たくみの里の入り口に、大きなわらアートのイノシシ親子があります。

今年は夏に雨が多かったので、わらが黒ずんで、気の毒な様子でした。9月に

入って、そのわらを取り除き骨組みだけになっていましたが、ようやく吹き替えが

始まりました。良かったです。

202110051.jpg

作業している人に断って写真を撮る許可をもらいました。うり坊のシッポもきれいに

なりました。わらもしっかり入ったので、暖かそうです。あまり隙間があると、

これから寒くなるので、これまた気の毒ですから。

202110052.jpg

大きな鼻には、これから開ける穴の下書きがあります。今年は目の輪郭もハッキリ

して、可愛らしい。 前は、ちょっと怖かったです(笑

202110053.jpg

車を止めたところにムラサキツユクサが綺麗に咲いていました。スマホで

遠近の調節が出来なかったので、たくみの里の看板だけハッキリさせました。

今月はいよいよお客さんも来てくれることでしょう、綺麗になったイノシシ親子が

お出迎えのお役目を果たしてくれますね。作業の皆様ご苦労様でした。

202110054.jpg

春に赤い楓は

| コメント(2)

春、楓の実がなる頃に撮った写真です。この楓は、初めから赤いので、秋には

どのようになるのかと思って、忘れないようにいつも開くHDDのファイルに

残しておきました。目につかないとすっかり忘れてしまうので^o^;

やっと活躍の時が来ました。

202110041.jpg

大体同じところを撮ったつもりですが、木全体のボリュームも何となく違いますね。

葉は細いけど柔らかさがなくなって、しっかりしています。夏の暑さで厚みも増し、

たくましい緑色になっていました。葉先は既に紅葉が始まって、春とは違う赤に

なってきています。

202110042.jpg

全体を見ると、通常の木の夏前の色合いですね。枯れ落ちる時は、すっかり茶色に

なるので、一気に時が過ぎたかのよう、春から冬へワープです。この樹には、それなりの

事情があるのでしょうけど、自然の営みは面白いです。人には計り知れないものが

ありますね。

202110043.jpg

大根の葉っぱ

| コメント(2)

大根のうろ抜きを沢山いただきました。泥だらけだったので、ようやく綺麗に

したところです。細くて真っ白、葉っぱも柔らかです。実は主人が、この大根の

葉を刻んで塩もみにしたものが好きなので、自分で知り合いの畑から抜かせて

もらったそうです。農業用のコンテナに一杯ありました@o@;

202110031.jpg

いつ終わるのか予測もつかず、とりあえず無心で泥を落としました(笑

曇り空なので、帽子もかぶらずやっていましたが、途中から背中にじりじりと

日が照りつけ、お日様にあおられて手の動きもスピードアップでした。応援して

もらいましたね^o^

202110032.jpg

葉、根元部分、その先の細い所、に分けました。葉の塩もみをジップロックの大に

二袋、根元は甘酢漬け。細い所の先端は捨てましたが、残りをキンピラ風に、

ほろ苦かったです。まだまだ使い切らないので、クラシル検索。ごま油でショウガと

炒めて昆布茶と塩でふりかけに。残りはとりあえず茹でて青菜のようにしていただこうと

保存しました。明日は、これで胡麻和えを作ってみる予定です。大根の葉っぱで

一日が終わりましたとさ。

202110033.jpg

七宝焼ブローチ

| コメント(2)

紅葉や黄葉で風景が美しさを増してきたので、七宝焼でもその仲間ともなる

赤い葉のブローチを、ご覧いただこうと思います。以前にもご紹介しているもの

です。

赤も写真で出すのが難しい色だと思います。私の腕が未熟なだけなんですけど(^^;

特にこのブローチは、真っ赤でもなくて、ちょっと光を抑えると黒ずんでしまいます。

ショップでは、黒をベースにしたものも載せています。でもあれこれ悩んでもUP出来た

時には嬉しいものです。ボケ防止になりますね、ありがたいです。

202110021.jpg

紅葉はじめ

| コメント(0)

庭のヤマボウシが紅葉はじめをむかえました。10月になりましたね~ 

今日から緊急事態宣言やまん延防止が解除になり、気を許さないように感染対策

していきたいですね。公園の遊具に張られた使用禁止の黄色い帯も、今日取れて

子供さんたちの賑やかな声が響くことでしょう。それは嬉しいですよね。

202110011.jpg

紅葉は、このくらいの時が一番好きです。まだそれほど寒くないし、色とりどりを

楽しめるからです。一枚の葉の中にもグラデーションが見られます。一枚二枚と

落ち始めると何となく物悲しい。 その分、来年の芽吹きは、嬉しさいっぱいになる

訳ですけどね。ヤマボウシの下にあるカシワバアジサイも紅葉しています。

10月は、今まで延期になっていた学校の体験学習や修学旅行で、七宝焼の家も

キャンドルの家も予約を連日いただいています。毎日お店に行く道すがら、木々の

色付きを楽しめます。よそ見をしないよう安全運転で、感染予防もしっかりして

過ごしたいです。

202110012.jpg

色をさして

| コメント(2)

朝の忙しい時間でしたが、カーテンが朝日の色をさして、ほおって置けない

美しさでした(笑

実際にはもう少し赤みがかっていたと思ったのに、写真で見たらただの

光の明るさだけでした、残念。 日が昇る時、赤橙黄緑青藍紫の色分けが

秒速で物に反映すると思います。その速さは、まさに日時計の秒針。(

日時計に秒針ってあるかどうかわかりませんが)

大まかに赤橙黄くらいがそれぞれの物に色を挿していったと思います。

その波長は、どの位なのかなと思いますが、

色の温度がハッキリとわかるのが、雪の溶け方です。田んぼや

広い場所で、筋状になっている光の温度の痕跡が見つかります。溶けた巾も

その色温度に比例しています。目に見えない色分けですが、自然科学の証明ですね。

光がさして色を差し加えてくれるのも楽しく、ありがたいです。

202109301.jpg

シマエナガ

| コメント(2)

Edgeのホーム画面を見ていたら、可愛いシマエナガの写真が載っていました。

この愛らしい表情は、目と嘴の位置と顔の中のバランスによるものだったのですね。

しかも鳥の中で顔全体に模様が無いのも、数少ないと思います。今度何かに顔を

書く機会があったら、シマエナガを思い出すのが必須ですね。

202109291.jpg

ところで、PC机の脇にいつも植物図鑑と野鳥の本が置いてあります。その野鳥の

本には、見かけた珍しい鳥に付箋をつけてあるので、このシマエナガのところにも。

でもこの近くで見たのは、エナガの方です。小さな鳥で群れていても、雀とは模様や

尾羽の長さが違うのでなんだろうとワクワクしてしまいました。

付箋には、2014年2月24日のブログに載せたと書いてありますが、残念ながら、

その写真と記事がどうしても見つかりませんでした。先日外付けのHDDを整理した

時、もしかしたら、削除してしまったのかもしれません。しかたないですね。

最近は自宅の周辺も家が沢山建って、珍しい鳥や動物を見かけなくなりました。

鳥の撮影は、タイミングと辛抱強く待つ時間が必要なので、無理ですが、鳴き声で

わかると嬉しいです。少しずつ周辺の鳥のさえずりを聞き分けられるようにして

見たいなぁと思っています。楽しみがまた増えました(笑

202109292.jpg

秋の実り

| コメント(2)

秋の田んぼは、輝いています。まさに黄金。美しいですね~

もう稲刈りも始まったので、この風景もあと少しです。カラッとしていて

強い日差しに黄金色がまぶしい位。澄んだ青空に真っ白な雲、色どり豊かな

日本の秋、もう山では紅葉も始まって来て、モノトーンの世界へ踏み出す自然の

最終章か、はたまたプロローグか。どちらにしても時を惜しみながら見とれます。

202109281.jpg

少し行くと、そば畑。秋蕎麦の花が満開です。実が入って乾燥させてから脱穀するまで

まだ2か月以上先ですが、こちらも秋の実りですね。そば畑の奥にはリンゴがたわわに

なっています。暑くて辛い夏を過ぎたからこその収穫の季節。嬉しくありがたいです。

202109282.jpg

ガラスで出来た小さなフクロウが手に入ったので、飾りの置物を作りました。

フクロウは不苦労と音が同じなので、置物を集める方もいらっしゃいますね。

202109271.jpg

フクロウの後ろに、おはじきに花の絵を描いたものを立てました。おはじきの

模様が葉のように見えるかなと思ったのですが、あまり目立ちませんでした。

202109272.jpg

これは飾りなので、火をつけることは出来ませんが、願いが叶って、みんな

苦労せずに過ごせると良いですね。苦労と思うことも良い事だったと変換

出来るのが最高ですよね。

202109273.jpg

フレイル

| コメント(2)

群馬県の広報が配られ、9月は、敬老の日もあるので、老人の健康が

焦点になっていました。フレイルって、最近よく聞きます。何かのきっかけで

フレイル状態になると、弱った体調と比例するように気持ちも沈んでいくようです。

実は私も今年の7月位までは、こんな調子でした。後になって考えると、前向きに

なろうと思っても、痛いところや、出来なくなったことばかりに囚われていました。

202109261.jpg

時も良く、オリンピックやパラリンピックが始まり、色々な人の努力に伴う

汗や涙を見て、パワーをもらいました。単純なのが取柄です(笑

この年になれば、痛いところの2つや3っつ・・・5つや6っつあっても当然。

勲章のようなものですね。今はYou Tubeで年寄り向けの体操をやっているので

ありがたいです。続けてみることにします。

娘からラインが来て、今家に孫が来ているので、遊びに来ないか

という誘いでした。娘の家は、車で2,3分のところなので、出かけてきました。

家に着く前にスーパーでおやつを買い、公園で遊んで来たそうで、あとで

その写真も送ってくれました。今、公園は緊急事態宣言で遊具が使えず、

他の子も遊んでいなかったそうです。早く自由に遊べるようになるといいですね。

でも、この大きなお人形、指の先まで植木鉢で出来ています。珍しいし

面白い。絵本に出てくる人形のようです。

202109251.jpg

ピンクのシャツを着ているけど、二人とも男の子、3歳ともうじき5歳。

お兄ちゃんはひょうきん者、弟は、おしゃべりさんで、自由人です。

磁石をもらったそうで、繋げて遊びました。列車になったり、飛行機に

なったり、想像できるものは楽しいですね。

兄くんが、"あなた、歩いて来たの?" と言うので可笑しくって、

笑っていたら弟くんが回らない口で、"笑ってんじゃねぇよぉ" ですって。

1時間ちょっとくらいでしたが、思いもかけず楽しい時間を過ごしました。

ありがたかったです。

202109252.jpg

お茶の時間になりました。珍しい、ジンジャービスケットというのを

見つけたので、一人でティータイムです。見つけたのは、病院のコンビニ。

コンビニと言っても院内にある、間口2けんほどの小さなお店です。でも入院中や

これから入院する人にとって必要なものが、揃っています。そしてお菓子が他では

あまり見ないようなものがあって、入院中は買えませんでしたが、診察日の帰り、

送迎の車が来る前にちょっと覗いています。

202109241.jpg

この日はジンジャービスケット。初めて見ました。スリランカから日本向けに

作ったのでしょうか。日本のソフトなビスケットとは、大分違い、少し固めです。

"少しスパイシーな" とありますが、かなりスパイシー(笑  ショウガの香りと

辛さに驚きます。でもほんとに紅茶に合う気がして、いつも水くらいしか飲まない

のに、用意しました。

202109242.jpg

やっと晴れた空を見ながら、アイドルタイム・・・  ビスケットの箱が逆さま

でした(^^;

でも紅茶にピッタリ! 辛くてあまり食べられないのもちょうど良いかもしれません。

ショウガは体に良いから、少しずついただいていくことにしましょう。楽しみました。

202109243.jpg

8月24日からパラリンピックが始まりましたね。緊急事態宣言でお店を閉めていたので

今回は、色々見る事が出来、毎日感動の連続でした。彼らの不屈の精神と努力、

それを支えた人たち、関わる人が沢山いて、その人数分の思いが常ではない感動を

作り上げたような気がします。とにかく素晴らしかったです。

202109231.jpg

9月6日は、閉会式。画面の右に見えている聖火台の火が消えるところです。

202109232.jpg

消え始めると同時に、回りの花びらのようなものがつぼみ始めました。

202109233.jpg

もうほとんど消えて、

202109234.jpg

シャットダウンです。

202109235.jpg

同時にあげられた花火を画面は、映し出しました。見にいかれたら、どんなに

感激したことでしょうね。

202109236.jpg

3年後は、パリで。1年遅れで開催したことが、良かった人、残念だった人、

さぞ様々だったでしょう。これは参加する人だけでなく、すべての人に言える

ことですよね。開催が決まった時、海外のお客様が群馬にもいらっしゃるかしら

などと思ったものです。

202109237.jpg

"事実は小説より奇なり" と言いますが、遠くからいらして残念ながら敗退で、

すぐ帰ってしまった選手の中には、驚くべき条件の方もいらっしゃいました。

少しでしたが、そういう方の事も伝えられて、パラリンピックの報道も変わって

きましたね。パラリンピックが始まった頃、開催されている

事しか伝わって来ないことが、疑問でしたから。あと、見逃したものをYou Tube

で、配信してあったのが、嬉しかったです。個人で投稿したのかどうかは、

不明でしたが。 次の開催が楽しみになるなんて、思ってもみなかったことで、

この機会は、ありがたかったです。

202109238.jpg

初物みかん

| コメント(2)

9月5日(日)は、私の誕生日でした。74歳になりました。こんなに生きるとは

自分でも驚きです(笑

主人が買い物ついでに、ミカンを買って来てくれました。これも初物です。

9月の初めに、こんなに黄色のミカンがあるとは。佐賀県産、はるか九州からですね。

202109221.jpg

毎年同じことを言っているかもしれませんが、子供の頃、父が働いていた鉄工所の

敷地内に住んでいました。 11月8日は、毎年ふいご祭りと言って鍛冶屋さんの

お祭りがあります。工場の一角に鉄を焼いて加工する場所があったので、その日は

大人も子供もみんなで飲めや歌えのどんちゃん騒ぎ。その時にもらうミカンが

まだ緑で、固く酸っぱいけど、子供たちは大喜びでした。

202109222.jpg

あれから70年。子供の頃のものと比べると驚くほど甘いです。

薄い皮をむくと良い香りが漂い、酸味は、郷愁への道筋に繋がりました。

主人は、柑橘系のものを食べないので、"俺はいらないよ" と言っていましたので、

毎日一つずつ、大切にいただきました。ありがたかったです。

202109223.jpg

ニラの花

| コメント(0)

雨が多くて庭の花があまり咲かない中で、このニラだけは、どこの家でも元気に

咲いています。真っ白でかんざしや雪の結晶のような花は、今みんなSNSでUP

しています。可愛いし綺麗ですよね。

202109211.jpg

カーポートの黒い柱の前に咲いていたので、丁度良い背景となりました。花芯の

根元部分は、結実しやすい形になっています。つぼみは、種になった時と同じような

形状です。このニラは、植えた訳ではないのに庭のあちこちに出ていますが、葉を

摘んで食べても売っているもののように柔らかくありません。葉の巾も狭く細いです。

匂いのせいか、葉に虫も付かないので、そのままにしておいたらだんだん増えてきました。

車道の道端にも並んで咲いているところもあります、強い植物ですね。

202109212.jpg

ヒョウモンチョウが飛んできて、蜜を吸い始めました。そばにいるのに、

お構いなし。雨の合間だから彼らも必死ですよね。強い植物の蜜は

栄養もたっぷりなことでしょう。たくさんもらってね。

202109213.jpg

ヒマで掃除

| コメント(2)

これは、冷蔵庫の側面です。一応2年ぶりに綺麗にしたところです。

昨年秋から暮れまで入院したため、大掃除をしていなくて、家の中は、

どこも汚れがたまっているのですが、ここに着けてあったものの磁石が

剝がれてすっかりだらしなくなっていました。ちょうど緊急事態宣言で

お店を休んでいて、今やらなくてどうする!てな具合な掃除でした。

202109201.jpg

この狭いスペースに、こんなにたくさんのものをぶら下げていました。

食器と洗剤以外ほとんどそうです(恥;  磁石が大好きで、くっつく

棚?が嬉しくてついつい・・・ さすがに20年近く経っているので、

磁石が付いていた両面テープの劣化で、剝がれてしまいました。

202109202.jpg

掃除には、この二つが威力を発揮してくれました。レンジ用ウエットティッシュ

は、臭くなくて汚れが良く落ち、真っ黒になってもまだ頑張る、良き味方でした。

この調子で、他のところも! とは思うだけ。 あと3ヶ月半かけて少しずつ。

202109203.jpg

今年の朝顔

| コメント(2)

今年の夏は雨が多かったですね。お日様がちゃんと顔を出した日は、例年の1/3

だったそうです。周りの田んぼでは、稲刈りも始まっていますが、お米はちゃんと

実がいったのでしょうか。野菜の高値も連日報道の話題になっています。

202109191.jpg

主人が自分で毎年植えている朝顔も、花が少なかったです。気候変動で夏のような

陽気の日が、5月や6月にあって、8月の終わりころはひと月早く9月末の初秋に

なったのかと思いました。

202109192.jpg

虫たちだって、大変ですよね。日差しが出ると時を惜しまず、ミンミンゼミや

ツクツクボウシがせわし気に声をあげます。少ない花から蜜を吸ったり、花粉を

集めなければなりません。それなのに、カメラを向けられて大迷惑。花の下の方に

黄色の粉が見えます。慌てて大切な花粉を落として行ってしまいました。

ゴメンなさいね~。

202109193.jpg

やっと晴れた日、花も喜んでいるように見えます。今年の朝顔の種は、貴重です。

花の少ない分栄養が足りているといいですが。来年のためにちゃんと集めましょう。

202109194.jpg

パールの輝き

| コメント(2)

8月の終わりころ、娘が頂き物のおすそ分けで、トウモロコシをくれました。

皮を剝いたところ実が白でした。前に見たことはありましたが、食べるのは

初めてです。

202109181.jpg

黄色の実も綺麗ですが、白も美しいです。このトウモロコシは、雪の妖精と

いう名前で、北海道では沢山作られているそうですが、本州では、娘の友達

後藤農園さんだけとのことでした。後藤農園さんは、みなかみ町に近い

昭和村にあります。赤城山の山麓台地に広がるなんとも気持ちの良い場所です。

202109182.jpg

赤城から吹き下ろす風や遮るものの無い豊かな陽の光で、すくすくと

育ったのでしょうね。 規模は違いますが、北海道と似たような環境

なのかもしれません。

雪の妖精の名のごとく、ですが、私にはパールの輝きに見えます。

食べるのがもったいないくらいでした。

202109183.jpg

後藤農園さんでは、今年はもう終わってしまったそうです。Fbページでは

ほうれん草が元気良く伸びて、このほうれん草も灰汁が少なくとても美味しい

ので、もう少ししたら昭和村の道の駅に並ぶことでしょう。楽しみですね。

202109184.jpg

カラフルな牛

| コメント(0)

七宝焼の家とキャンドルの家がある、たくみの里の道の駅に行きましたら、

なんとカラフルな牛さんが飾ってありました。色どりも華やかで、前衛芸術のよう。

娘たち竹灯籠委員会が作った竹灯籠も一緒に並べられています。

202109171.jpg

頭に人の顔が付いて牛の芸術性の割に黄色の顔は、可愛らしくて何ともアンバランス。

そこがポイント高いのかもしれませんね(^^

202109172.jpg

たくみの里から国道17号線に降りたところに湯宿温泉があって、あまり知られて

いないけど、泉質の良い落ち着いた湯治場になっています。このアーティストは

そこを気に入って下さったのでしょうか、思いを形に表現されたようです。

受け止めたことを表現するって、中々出来ないことですよね、素晴らしい。

202109173.jpg

かいばおけにはちゃんと干し草も入っています。牛の前にも顔が付いていますね。

鋭い目がこちらを睨んでいるのか、私の動きに合わせて視線を感じます(笑)

たくさんのお客さんにも見てほしいですが、その時が早く来ることを祈るばかりです。

202109174.jpg

ボランティア

| コメント(2)

ボランティアと言っても私が行った訳ではありません。いつも

顎関節症でお世話になっている歯医者さんが、オリンピックの

医療ボランティアをなさっていて、開催される外国へも行かれた

写真が院内のビデオで流れていました。オリンピックが終わってから

壁に何がかかっているのかと思ったら、ボランティアの人が下げていた

証明書? のようなものでした。

202109161.jpg

開催も危ぶまれたオリンピック、まさかの出来事もあったりして

その雰囲気は、どのようだったのでしょう。テレビ観戦だけでは

推し量られないものもあったかもしれません。口の中の治療ですから、

あれこれ聞くわけにもいきませんでしたが、きっと得難い体験も

出来るのでしょうね。ご苦労様でした。身近なところに世界と

かかわった人がいて、ビックリの発見でした。へー!

202109162.jpg

陣中見舞い

| コメント(0)

例年から比べるとあまり忙しくないお盆期間でしたが、孫が

陣中見舞いに、ホテルザッハーのザッハトルテを送ってくれました。

ホテルザッハーはウィーンにあり、そこからお取り寄せです。

ザッハートルテは、このホテルが発祥の地だそうで、ホテルの

オンラインショップでキャンペーンをやったところTwitterでも話題になり

世界中に広がったそうです。

202109151.jpg

航空輸送にも耐えられるように、しっかりとした木箱に入っているので、

うやうやしく開封(笑) ずっしりとした手ごたえでした。

カットした写真は、忘れてしまいましたが、程よい甘さと純度の良い

チョコレートで疲れがすっ飛んでいきました。

思いがけないプレゼントは、ありがたく、五感に染み入っていきました。

202109152.jpg

トウモロコシ

| コメント(0)

8月に入ってすぐ、主人が地元産のトウモロコシを買ってきました。

我が家では初物です。最近のトウモロコシは甘くてフルーツのよう。

子供の頃のは、食べると歯の間に挟まったり、歯ごたえも違いましたね。

でも昔から人気の作物ですよね。この薄皮やヒゲ(?)で以前お人形を

作ったのが楽しくて、今だに捨てるのが忍びない思いです(笑)

202109141.jpg

そんなことを思いながら、ふと手を見たら、ハートが。

シミだらけの手なので、今まで気にも留めなかったのですが、

あらま、面白い発見しちゃいました。隣のシミが口を開けて

食べようとしているみたいにも見えます。昔のインベーダーゲーム

じゃないので、きっとこのままでしょうけど、ハートだけは残って

いるといいななどと勝手な事を考えています(^o^)

202109142.jpg

やっと再開

| コメント(0)

ぼぉっとしている間に、9月ももう半ばになってしまいました。

本日よりブログ再開いたします、またどうぞよろしくお願いいたします。

群馬県も8月初めは、まん延防止等緊急措置、後半は緊急事態宣言が

出されて、お盆休み中もあまり忙しくありませんでした。世の中には

その方が良い訳で、年取って頭の回転も鈍くなった私にとっても、

なんだかありがたいのか、どうなのか、結果がベストなことは間違い

ありませんね。

さて、それはともかく雨の多い夏でしたね、ようやく晴れた朝、何気なく見ると

すぐそこに虹! 手が届きそうな錯覚。こういうの嬉しいですよね。

202109131.jpg

15分位するとお日様の昇るのに連れて、根元は消えていました。

虹って、みんな好きでしょうね。そうでもない人っているのかしら。

わかりませんね、色んな人がいるんですから、決めつけは無しですね。

大自然からのプレゼントにワクワク、幸せの実感でした。

202109132.jpg

暑中お見舞い

| コメント(2)

暑中お見舞い申し上げます。

いよいよオリンピックが始まりました。開会式はビデオに撮っただけで、

まだ見ていません。すべて異例の中ですが、それぞれご自分の力を出し切れるよう、

コロナがこれ以上広がらないよう、と祈るしか出来ることはありません。

夏休みもお店は、例年のように人出は無いかもしれませんが、今日からブログの

夏休みとさせていただきます。暑さも年々増してくるような気がするのは、

寄る年波のせいかもしれませんが、くれぐれもお体に気を付けてお過ごしください。

8月末か9月には、再開出来るようにしたいと考えております。その時はまた

どうぞよろしくお願いいたします。

202107231.jpg

お久しぶり

| コメント(2)

孫が下の子を連れて、お店に遊びに来ました。あとひと月で、3歳になる

男の子です。回らない口でのおしゃべりが得意で、孫が送ってくれる

Lineの動画をいつも何回も見て面白がっています。でも久しぶりだったので、

ギュッと一文字に結んだ口とまじまじと見る目が、何も言わなくても多くを

物語っていて、これまた面白かったです。娘も面白がって連続で写真を

撮ってくれたので、動画にしてみました。38秒位で、音楽がついています。

ボケ防止になります、ありがたいですね。

夏休み

| コメント(2)

7月21日(水)、今日から夏休みの学校も多いことでしょう。この頃は、私立

公立の差がかなりあって、始まりも早く、終わりも8月いっぱいまでのところも

あるようですね。群馬県内の公立小学校では、8月19日までが大半のようです。

先週梅雨明けしてから、朝夕ひぐらしが声を大にして鳴いています。あれは鳴く

わけではありませんね、羽の音。でもつい声と言ってしまいます。その方が何となく

風情があるから。風情と言えば先日出かけた大きな病院でも、駐車場からの通路に

風鈴を飾っていました。色んな思いで通り過ぎる人に、思いやりを感じますね。

目の保養にもなりました。 夏休みをみんな安全で有意義に過ごせますように。

202107211.jpg

顎関節症になって、歯医者さんに行ってきました。上顎の型を

取って、マウスピースを作ってもらい、ケース入りでお土産です。

202107201.jpg

人さまに見せるのもなんですが、ちょっと気持ち悪い(笑笑;

前歯に合わせて、かぽっとはめたり外したりします。歯に衣着せぬ

もの言いというのがありますが、プラ?を着せたらものは言いずらいです。

202107202.jpg

リハビリの最中に着けられればちょうど良かったのですが、

終わってから歯科医に行ったので、夜寝る時につけています。

眠りながら口の中が気になっているので、寝返りの時の足の痛みが

薄らいでいて我ながら、単純だなぁと思いました^^;

この単細胞さで、顎の痛みもじきに治ることでしょう、きっと。

202107203.jpg

台湾マンゴー

| コメント(2)

台湾からマンゴーが届きました、と、言っても個人的に届いた訳ではなく、

七宝焼の家やキャンドルの家のあるたくみの里が、台湾と友好が深いため、

たくみの里経由で購入しました。言ってみれば、付き合いで^^;

202107191.jpg

外国から来るものは、日本の表示と色々違って興味深いです。箱の表には、

請冷蔵と、日本では要冷蔵ですね、同じ意味なのでしょうけど、優しい感じが

します。横の面には、仕向地 日本 と。日本の他も沢山送られているのでしょうね。

202107192.jpg

中には、7個のマンゴーがしっかり詰められていました。2個は、爺さん婆さんが

残りは娘と孫やひ孫のところへおすそ分けです。届かなかった遠方の孫たちは、

ゴメンね(笑笑

202107193.jpg

ちょっと香りは少なかったですが、いかにも南国のフルーツの甘さです。レモンが

あれば、少しかけると一層美味しかったかもしれません。もうじき3歳になる

ひ孫が、初めて見るマンゴーを"たまごー"と言っていたそうです。恐竜の卵かと

思ったのかな? 形は、まさしくたまごですものね。台湾の味堪能できました。

202107194.jpg

先日知り合いでイチゴ栽培をしている人に、最後なので採りに来ないかと

お誘いいただき、早速行ってきました。朝雨が降っていたのに、ハウスに入る頃には

すっかり晴れて、中はすごい熱気でした。汗だくになりながら、まだ食べられる

綺麗なものを収穫させてもらいました。そしてジャム作りです。手前のお鍋は、

肉の佃煮。ちょうどお弁当用にたくさん買ってしまったので、この暑いのに

コンロを2口使う羽目に^^;

202107181.jpg

ジャムの方は、小分けで煮たので、1回目は完成。庭の最後のブルーベリーは、

電子レンジで。ブルーベリーは、ペクチンが多いのでレンジでも数回で完成して

助かります。

202107182.jpg

3回目のジャムももう少しで完成です。お肉の佃煮は出来上がりました。色が

パッとしませんが、お弁当に入れるとちょうど良い味なので、主人の好物です。

今日一日、これをやると決めたことが終わるとホッとしますね。実は先日商工会

からご紹介のあったセミナーを聞きながらの、台所仕事でした。時間を有効に

使えたこともありがたかったです。感謝の一日です。

202107183.jpg

今、我が家の食堂に置いてあるテレビが映らない局があります。Eテレと

群馬チャンネルです。Eテレは、朝主人とテレビ体操をする時に場所がちょうど

良いので、ちょっと困ります。

202107171.jpg

群馬チャンネルは、地方局とは言え、朝6時半に放送していないことはないですね。

電波が妨害されているのでしょう。

202107172.jpg

妨害の主は、この建築用ネットです。今お隣に家を建てているので、仕方がありません。

食堂と居間は、繋がっていて5~6mしか離れていない別のテレビは、両方の局とも

入るようになりました。ですから二人とも場所を変えて狭い家の中で、うっかりすると

あちこち手をぶつけながら朝の体操をしています。10月頃には完成するそうで、

新しい隣人をお迎えする楽しみも含めて、その時を待ちたいと思います。

202107173.jpg

ネジバナ

| コメント(2)

玄関先の砂利を敷いた中に、ネジバナが咲いていました。人の歩く、

こんな所に咲いたのは、初めてです。

ネジバナ って、ネジリバナとかモジズリなどと呼ばれたていましたが、今は

ネジバナが通称で、山野草のコーナーで売っていたりしますね。

2021071611.jpg

一週間以上前に見つけてスマホで撮ったのですが、手ブレばかり。

雨が止んだらカメラで、と待ち続け、やっと果たせた頃にはもう

てっぺんの最後まで開くところでした。

202107162.jpg

でもその近くにあと2本咲きだしていました。外にも出なかったので、

気が付きませんでした。色も微妙に違って野草といえども個性がありますね。

202107163.jpg

この子はもっとも若いので、先端のねじりが良くわかります。地面から出て来た時

には、どんな様子だったのでしょう、次々に花の咲いていくのも含めて、

早送りで見てみたいものですね。曇り空にひときわ際立つピンク色でした。

202107164.jpg

昨年初めて、オリンピックの前日に日本の明かりを世界に発信しようと

計画されたみんなの想火、オリンピックが延期になっても発信はしました。

それを踏まえて、今年は正式に各県から、オンラインで来週行われます。

みなかみ町は、観光協会が先日チラシをメール配信してくれました。

以下抜粋です。

みなかみ芸術の明かり竹灯籠委員会(委員長・福田由里[ふくだゆり]/

みなかみ町)は、令和3(2021)年7月22日に開催される「世界最大の

竹あかりの祭典/みんなの想火2021オンライン」に群馬の代表として参加します。

全国の「自分のまちは自分で灯す」意志を持ったリーダーを「サムライ」

と呼称し、仲間達を繋ぎふるさとを想うあかりを全国で灯すことで世界に

希望を届けます。群馬県のサムライは「みなかみ芸術の明かり竹灯籠委員会」

委員長の福田由里です。

屋外の会場になるので、点灯セレモニーの時だけでも雨が降りませんように。

202107151.jpg

美容相談

| コメント(2)

先日、いつも行っているはるか美容室で美容相談があるのでいかがかと

ご提案いただき、野次馬の私はもちろん参加させてもらいました。

無料なので(笑  高校卒業間近に学校へ大手化粧品会社2社が来て

女生徒だけ受けた以来です。あれからうん十年、おばあさんなのに。

202107141.jpg

美容員さんの指は、たるんだ頬の上も滑らかにリズムよく

動いてマッサージが進み、血行が良くなりました。

泡洗顔をやってもらっていたら、❝鼻の先にツンと角が立って

面白い❞と、美容室の春枝ちゃんが写真を撮ってくれました。

202107142.jpg

それではおでこにも、と美容員さんがあちこちに角を立てて

みんなで大笑い。この後、蒸しタオルでさっぱりしてから、綺麗に

お化粧してくれました。見違えるほど美人になったのは言うまでも

ありませんので、証拠写真は無しという事で(笑笑^o^

癒しのスポットはるか美容室で、楽しいひと時を過ごさせてもらいました。

ありがたかったです。

202107143.jpg

先日、鳥居に茅の輪が飾られているのを見に来た村主八幡神社ですが、

その鳥居の脇に、見事な欅がありました。村主の大欅と書かれています。

202107131.jpg

樹のサイズが石に書かれていましたが、なんだかもっと大きいような

気がします。

202107132.jpg

石に刻まれた大欅の紹介文をUPにしました。 なるほどぉ。

樹齢600年、すごいですね。尺貫法が行われている時なので、

書かれてから50年以上は経っているのでしょうね。

20210713.jpg

根元には、大きなコブのようなものがあり、この樹が自ら修復した

のかもしれません。樹の持つエネルギーが推し量られます。

202107133.jpg

社殿の方から見ると、枝が大きく広がっているのがわかります。

しかも大きい! 見事です。寄らば大樹の陰というけれど、

大きな樹の下には、何か安心感があります、カミナリの時以外はね。

この樹にまた会いに来ることにします。

202107134.jpg

webセミナー

| コメント(2)

先日商工会からwebセミナーのお知らせチラシが送られてきました。

みなかみ町は、あまりこういうものが来ないので、珍しいです。

今はオンラインで見聞きする事が出来るようになったので、出かけなくても

自分の聞きたい事、知りたい事を選べるので、ありがたいです。しかも

時間も都合の良い時間で聞くことが出来るようになっているので、それも

助かります。項目をチェックして、色々聞いてみたいです。

202107121.jpg

昨日お伝えした伊賀野の風景をご覧ください。 綺麗に植えられたほうき草

(コキア)です。コロコロ、もこもこして可愛いです。

202107111.jpg

今にも動き出しそう。思わず触りたくなるようなフワフワですね。

202107112.jpg

ここがイベント会場です。この台に上がったら見晴らしが良いことでしょうね。

この時、ちょうど雨が上がって、久しぶりの青空になりましたが、数十分後

また降り出しました。イベント時間には雨も止むといいですね。

202107113.jpg

娘たちの竹灯籠委員会が作った竹灯籠も、頼まれて設置しました。

夜訪れる人も無いかもしれませんが、何しろ電設会社の社長さんが

トップで行っているので、このような山の中とて点灯はお手の物

ですね(笑

202107114.jpg

ホントに広々とした気持ちの良い場所なので、繋ぎ合わせてみました。サイズが大き過ぎて全部入りませんでし

た。下のスクロールバーで右の方が見られます。スマホだったのだから最初からパノラマで撮れば良かった^^;

202107115.jpg

伊賀野の花畑

| コメント(2)

国道17号線を新潟方面に向かって右の山間に伊賀野という所が

あります。もう何年も前に、そこに住む電設会社の社長さんが

農作放棄地を借りてほうき草(コキア)を一面に植えました。

コキアは、緑の頃は丸くて可愛く、秋には赤や濃いピンクに紅葉して

ずっと楽しめます。地域の方々も喜んで他の花を植えたり草刈りを

して、その地区全体で楽しまれるようになりました。今年はそこで

4日に七夕祭りが行われ、明日11日には、イベントもあるようです。

202107101.jpg

先日写真を撮りに行ったら、草刈りを一休みしていた方から下の

チラシをいただきました。昼間は鳥の声しか聞こえない山間に

楽しい音楽と人の声が響くことでしょう。お天気に恵まれ密にならず

皆様が楽しめますように。

202107102.jpg

村主神社

| コメント(2)

7月のみなかみ町の広報に載っていた村主神社の記事です。

車で5分位の場所にありますが、今まで行ったことがありませんでした。

202107091.jpg

一礼して、参拝させていただきました。もう茅の輪の色が変わって

いたので、設置されたのは、春だったのかもしれません。

お昼近かったので、太陽が上からさして明るい社殿でした。鬱蒼とした

雰囲気が多い中で、ちょっと安心感のある神社です。

202107092.jpg

村主という地名の八幡神社なのですね。いつも村主神社と言っていたのは、

通称ですね。

202107093.jpg

明るい社殿は、ガラス戸もピカピカで、手入れが行き届いているようです。

地元愛かな? (笑

202107094.jpg

ここには、八幡社とあります。 金の葵の御紋が・・・由緒ありそうですね。

名胡桃城が近くにあり、名胡桃の総鎮守である、と、鳥居の脇に書いて

ありました。

202107095.jpg

太々神楽の舞台もやっぱり立派でした。秋には地元の方々の神楽が

奉納されるのでしょうね。家からホントに近い所で新名所発見でした。

町の広報のおかげで、私の狭い視野も広がりました。ありがたいです。

202107096.jpg

海の風景

| コメント(2)

ジェル飾りで海の風景のつもりを作りました。ロウソクの芯を入れなかったので、

キャンドルではなく、飾り物ですね。

202107081 .jpg

ヨットは、ガラスの内側に描きました。外に描くと、油性ペンでも水で冷やす時に

消えてしまうので、このガラス面の中に描いてあります。ヘタでもいいという

見本です(笑^^;

202107082.jpg

上からだと一目瞭然。 早く梅雨があけて、気持ちの良い潮風に吹かれてみたい

です。もう少しですね♪

202107083.jpg

田んぼのカモ

| コメント(2)

今年も近くの田んぼにカモがやってきました。いつもいるのではなくて、

どこからか、朝夕飛んできます。去年初めて見たのですが、今年も同じように

6羽のご一行さまです。この田んぼは、田植えが他より遅いので奥に見える苗

よりずっと小さく、カモがエサを取るのにちょうど良いのでしょうか、でも

それをどうやって知るのか不思議ですね。カモにも備わったSNSがあるのかな?

202107071.jpg

朝ちょうど通りかかったら、いたので車の中からそっと撮りました。遠いので

トリミングしました。3羽ともちょっと警戒してますね。

202107072.jpg

でも車から降りなかったので、安心してまたお食事。去年は一眼を構えたら

みんな飛び去ってしまったので、気の毒でした。脅かさないようにそっと

見守りたいです。

202107073.jpg

ホオジロの声

| コメント(2)

雨が続いて、被害が出た地域の皆様に心からお見舞い申し上げます。毎年

どこかで繰り返すこの災害、何とかならないものなのでしょうか、東京下町の

ゼロメートル地帯で生まれ育った者としては、心が痛みます。亡くなった方々の

ご冥福をお祈りいたします。一日も早く復旧出来ますように。

さて、"一筆啓上仕り候" と、ホオジロが声高々に歌いだしました。しかも

雨の中。近くで聞こえたので、家の中からスマホ撮影。姿は見えませんでしたが

すぐそこにいるような気もします。動画の編集は相変わらずヘタですが、37秒

位です。

Windows11

| コメント(2)

Windows11の発表がありましたね。嬉しいのは、アンドロイドアプリが

実行出来るようになったことです。調べたサイトには、「Windows 11では

Android向けのアプリケーションが起動できるようになりました。

ソフトウェアは「Amazon Appstore」からダウンロードすることになります

と書かれていました。WindowsとGoogleは歩み寄ったのでしょうか(笑

きっと何か便利になりますね、わからないけど^o^

Windows10から移行の場合最小要件を満たしていれば、無料だそうです。

自分のPCのスペックをチェックして、この秋か年明け頃のアップグレードを

楽しみにしています。

202107051.jpg



リハビリ卒業

| コメント(0)

7月1日(木)、1月5日から週2回ずつ受けていた足のリハビリを

卒業出来ました。昨年1月24日に受けた膝関節症の人工関節置換術が

9月に感染症を発症していた事が分かり、12月末まで入院、その間

2回同じところを手術しました。入院中車椅子が長かったので、足の

筋肉が弱り、退院後のリハビリでフォローしてもらいました。

10㎝位の台を乗り降りするだけのことでも、大汗をかき、情けなかった

のですが、リハビリ期間のタイムアウトもあり、やっと無罪放免?笑)

これからは、手術をした右足をかばって頑張りすぎた左足が、曲がらなく

なっているので、それを何とかして見た目だけでも普通に歩いているように

したいですが・・・ & リハビリや痛みに耐えた時に、歯を食いしばって

しまい、顎関節症になりかけているので口腔外科で口が開けられるように、

と、どこか一つ悪くなると次々です。でも一つ済んだだけでもありがたいので

次のステップを上がって行くことにします。

202107041.jpg

ニュージーりんごなどと勝手に短縮しましたが、ニュージーランド産のリンゴです。

前から生協やスーパーで売られていて、どうなのかなと思っていましたが、

初めて生協で買ってみました。

202107031.jpg

ブリーズという名前がついています。ふじとか陽光のような銘柄名なのでしょうか。

絵や文字のスタイルも外国らしく感じますね。ニュージーランドは、日本の若者たち

にはスノーボードで人気の国なので、ちゃんと雪山も描かれています。

202107032.jpg

小粒で、おばあさんの小さな手にピッタリ。味は、甘み酸味がちょうど良く、

歯ごたえもしっかりしていて、日本のリンゴとは別物のように感じました。

あんずの酸味を控えて固くしたみたい。木の実をもいで食べているようで、

面白いです。外国のものは、農薬の心配もあったので、あまり買いませんでしたが

これは、ちょっとはまりそう。どこでもドアがあったら、ニュージーランドまで

リンゴ狩りに行きたいです。きっと新鮮で、もっと美味しく感じるでしょうね。

202107033.jpg

動画リベンジ

| コメント(2)

先日載せた夏椿とホトトギスの声の動画、編集し直してみました。

初めの部分を元に戻し、途中かすかにカランという音がしますが、

そこから今お隣で家を建てている音声が入ってしまって、鳥の声を消している

ので、その部分を削除し、後に繋げてみました。前のものは、部分だけの

削除がうまくいかず、そのまま前半全部無くなってしまっていました。

もっとスムーズに繋がるよう、また色々試してみたいです。少し長くなった

ので、57秒位です。

祝日移動

| コメント(2)

7月になりました、早いですね~。7月、8月は、オリンピックが開催

されるので、祝日の移動があるそうです。調べたところ、

7月19日は平日になって➡7月22日が祝日に。

10月11日も平日になって ➡7月23日へ移動で、22日23日と土日で4連休

8月11日も平日になり ➡8月8日へ移動になるので、8月9日が振替休日。そこも

8月7日(土)からで3連休になります。

カレンダーは、印刷が間に合わなかったそうで、変更後のものをダウンロード

出来る会社もあると、6月29日の朝のNHKニュースで言っていました。

202107011.jpg

ニュースで見る前に、どのように変更になるか詳しく調べようと

思いましたら、首相官邸のHPで発表されていました。今更ながらですが、

補助金関係などで、経済産業省のHPが身近になっていて、自分たちまで

こういう普段あまり関係ない所を見られるのが、年寄りにとっては

驚きです。world wide wave なんだから、わかっちゃいるんですけどね^^

10月11日になる頃には、休日かどうかすっかり忘れてしまいそうです(笑;

2021070122.jpg

天馬に

| コメント(2)

たくみの里のアイドル、白馬のカンタくんが6月28日13時半

旅立ちました。水上温泉からたくみの里に来てちょうど10年

だそうです。たくみの里で、馬車をひく任務を終えてからも

数年が経ちますが、駒形山の麓で面倒見の良い飼育員さんと

一緒にお客さんをおもてなししてくれていました。気さくな

飼育員矢部さんとの記事は、2019年4月23日の記事で載せました。

馬車を引いていた頃のカンタくんです。お客さんにも可愛がられていました。

202106301.jpg

お疲れ様のエサをもらっているところ。この写真は、2013年に撮りました。

あれから8年経っているので、推定年齢は、75歳~80歳の間だそうです。

202106302.jpg

大きな体なので、小屋の中だと動かすことも出来ないようでしたが、

その時を察してか、自分で外に出て飼育員さんたちが立てたテントの中で

お迎えを待ったようです。孝行してくれたと矢部さんがお話したそうです。

ペガサスのように背中に綺麗な羽をつけて、天馬になったことでしょう。

ありがとう、ご苦労様でした。

202106303.jpg

上野動物園で、パンダの赤ちゃんが誕生したそうですね、しかも双子。

嬉しいです。パンダは、一匹しか育てないこともあるので、飼育員さんが

もう一匹に授乳して、コッソリもう一匹と入れ替えたりしているそうです。

24時間付きっきりで、大変なご苦労ですね。

読売新聞の編集手帳に載っていた幼稚園児の詩がとても可愛く、共有したい

ので転載させていただきました。最後の部分です。

202106291.jpg

キャンドルの家にもパンダのガラスオーナメントがあるので、お披露目して

一緒に赤ちゃんの誕生をお祝いしましょう。上野の子たちが無事大きくなって、

みんなにあの愛くるしい姿を見せてくれますように。

202106292.jpg

ミニバラ

| コメント(2)

ミニバラが咲きました。大分前に咲き始めたのですが、まん延防止などで土日しか

お店に行っていないので、しかもどちらかは雨の日が多く、美しい時期を逃して

しまいました。

202106281.jpg

このミニバラは、七宝焼の家とキャンドルの家の看板の左下にあり、10年以上前

娘が母の日にプレゼントしてくれたものを、私がここに植えました。この看板も

一度建て替えたので、もうダメかなと思っていましたが、すっかり息を吹き返して

毎年可愛い花を見せてくれます。バラは、案外強いものですね。

202106282.jpg

ミニとは言え、幾重にも花びらを持ち、近くで見ると立派なものですよね。

来年は、もっと綺麗な時に撮ってあげましょう。

202106283.jpg

自分の体調も万全ではなく、外出もあまりしなくなると、今まで普通に見ていた

ものの時を、逸してしまうこともあるのだなぁと思いました。でもそれはそれ、

個人の事情とは関係なく自然は、流れを移していきますね。

202106284.jpg

庭の夏椿を撮っている時、ホトトギスがずっと鳴いていたので、その声も

残したくてスマホ動画も作りました。35秒の短いものです。

ホトトギスは、こんなに鳴いても自分の卵は、ウグイスなどに孵してもらう

そうですね。動画には入っていませんが、けたたましいホトトギスの声が

少し止むとウグイスの穏やかな鳴き声もして、山里はのどかな一日です。

この日は、午後3時頃コジュケイが "チョットコーイ チョットコーイ" と

鳴く声も聞こえ、鳥も雨の季節の合間で大忙しの様子でした。

夏椿

| コメント(0)

庭に夏椿が咲いています。この花は一日花で、夕方にはそのままの形で、地面に

落ちてしまい、赤やピンクのツバキと違って薄い白の花びら故に、より一層

はかなく見えます。

202106261.jpg

ハチが飛び込んできました。この花の蜜がお好みだったら、ハチも急がなきゃね。

202106262.jpg

花が開ききると、オシベの先が茶色になってしまいます。朝早くならいいかなと

思いましたが、陽が昇らないと開きません。綺麗な黄色の花粉を見つけたのは

この花だけでした。

202106263.jpg

白玉のような、つぼみ。ツヤツヤです。シルクの細い糸で覆われているように

見えます。ガクのしっかり支えていたとげとげも、そのままで面白いです。

202106264.jpg

赤ちゃんのようなつぼみ。上の写真のようにもこもこと出てくるのでしょう。

このままビデオで撮り続けたいですね。この日はホトトギスがずっと鳴いて

いました。スマホビデオで音声も取り込み明日アップしようと思います。

202106265.jpg

6月の半ば過ぎ頃から、あちこちに栗の花が咲き始めました。

この辺の栗はほとんど山栗で、小さなものですが、桜と同じで

花が咲き始めると、こんなところにもあったのかと、気が付きます。

この花は独特の匂いがして、私は苦手です。でも時を同じくして

ホタルが飛び始めるので、その時期のバロメーターにもなっています。

6月19日(土)だったと思いますが、SNSに近くの猿ヶ京温泉の方が

今年初めてホタルの飛行を確認したと載せていました。栗の花も満開を

迎え、花柄が地面に毛虫のように落ちているのも、お見事www

みなかみ町ではこの時期、月夜野地区でホタル祭りが行われますが、昨年同様

今年も開催はなく、それでもそんな人間の催しとは関係なくホタルは、飛んで

飛んで子孫を残します。静かにその光を見せてもらうのには、かえって絶好の機会

かもしれませんね。写真は撮ってあった草にPhoto shopでホタルの絵を描いて

みました。ゴキブリに見える(笑^^;

202106251.jpg

お絵かき

| コメント(2)

ビー玉に、バラの花(の、つもり^^;)を描きました。ジェルキャンドルの中に

お好みで入れてもらうためにです。

202106241.jpg

ビー玉は、直径2㎝位なので、拡大鏡をメガネの上からかけての作業です。

絵は、下手くそですが、ジェルの中に入ると案外様になるので、子供さんなどは

喜んで使ってくれます。その嬉しそうな顔みたさに、です。

202106242.jpg

輪郭の隅までしっかり色が入っていなくても、そこが良い所、

などと勝手に思う図々しさ(笑

202106243.jpg

こちらは、おはじき。中の色が葉のように見えるので、小さな

花をつけました。これは立てて置いてもらうと、横から見えると

思います。冬には、雪の結晶をビー玉に描くと、喜んでもらえました。

このお花たちは、使ってもらえるでしょうか。それにしても、もう少し

絵が上手になりたいところです。

202106244.jpg

初収穫

| コメント(2)

2021年我が家のネコの額ほどの畑で、初収穫が出来ました。残念ながらピンボケ写真

ですが、きゅうり3本。 丸くなっているのは、地面についていて良く見えず

こんなに太くなっているとは思いませんでした。

202106231.jpg

花が咲いて、葉も出ています。葉は、きゅうりとは違う形をしています。

接ぎ木されていた元のものでしょうか? 不思議。

202106232.jpg

裏側は、皮が幕のようにせり出していて、そこから花芽が

出て来たのですね。地面についていたので、元の植物が目覚めちゃった

のかも。面白いですね。

202106233.jpg

葉の様子から、台木はトマトだったかもしれませんが、花はきゅうりです。

朝、早速いただきました。特にトマトの味はしませんでしたが

新鮮な甘さと歯ごたえを噛みしめました。みずみずしい初物ありがたいですね。

202106234.jpg

ツユクサ

| コメント(2)

先日雨の中、病院の送迎車を待っていましたら、足元に雨の似合う花

ツユクサが咲いていました。美しいブルーと元気そのものの黄色。

その名の通り、梅雨時から夏にかけてどこでも見られる植物ですね。

とても強いので、花壇の中のものは、抜いてしまいますが、

カーポートの脇などのものは、そのままにしてこの色合いを

楽しませてもらっています。この子は、花びらも開いてしまって

そろそろ終盤でしょうか。ツユクサの花弁は3枚だそうで、ブルーの

他に下側の白いものもそのようです。好きな花の事を今は簡単に

調べられ、一層身近に感じることが出来るのでありがたいです。

それにしても、このブルーの美しいこと❣❣ 

202106221.jpg

昨年の暮れに娘からもらったカレンダー、こばやしあやさんというみなかみ町

在住の水彩画家のものです。可愛くてほのぼのとした絵が私もとても好きで

プレゼントしてくれた時は、まだ入院中だったので、年明けて使えるのを

楽しみにしていました。今月は梅雨時なので、雨の絵ですが、下の方の葉の上には

どれもしずくが目玉のように描かれているのを発見、しずく小僧が降りてくるのを

見守っているのでしょうか。雨の季節もこれで楽しくなりますね。

202106211.jpg

裏にも可愛い絵が満載です。くまさんにはしずくが飴玉のように見えるのかも。

ツバメも雨の直前は、低空飛行でエサを取っていますね。傘からのしずくを

カタツムリにかけてあげたり、ネズミが雨粒で曲芸に挑戦。雨だって楽しいことは

いっぱいあるよと言われているみたいですね。この月になって実感、共感できる

カレンダーです。来月も楽しみです。

202106212.jpg

石の間に何やら美しい造形が。タンポポでした。ちょいと置かれたマットの

ようです。 もう6月後半ですから花は咲き終わっていて通常では、葉は

枯れるのかと思っていましたが、まだこのように地面にピッタリ張り付いて、

大地の温かさから離れたくないように見えます。

それにしても、この形状! 見事ですね~ 葉の先が矢じりのようになって、

それに沿ってとげとげのついた切れ込み。何層かになっていますが、少しずつ

中心からずれて、全体に日が当たるようにしていて、これもお見事。

自然の造形には、拍手喝采が止まりません。

202106201.jpg

6月17日(木)2回目のコロナワクチンを接種してきました。会場は前回と違う

みなかみ町総合体育館です。ここも自宅から車で5分位なので近くて助かります。

202106191.jpg

予約時間15分前に受付で館内に入れます。案内された椅子で待っていると、受付の

人がそれぞれのところに来てくれて、確認するので、足の悪い私などは立ったり

座ったりしなくて済んで助かりました。ニュースでも全国の会場の対応を放送

しているので、どんどんスムーズになっているのかもしれません。大人数の若い人が

接種する頃には、係の人たちも慣れてきてご苦労も軽減されるといいですね。

202106192.jpg

ここでは、接種後の待ち時間で退屈しないようにモニターが用意されていました。

202106193.jpg

みなかみ町のYou Tube で、たくみの里が紹介され、カンタくんの馬車が登場。

この馬車は、もう運行されていませんが、高齢になったカンタくんは、たくみの里の

駒形山の麓で、余生を送っています。待ち時間は、あと6分。この後、最終受付で

接種終了を確認してもらい、ホッと出来ました。これでお店にお客さんがいらしても

安心して対応させていただけます。ありがたかったです。

202106194.jpg

いよいよ関東も梅雨入りして、ホタルが喜ぶ蒸し暑い日が続いています。

七宝焼の家オンラインショップも、初めの頃撮った写真を少し入れ替えようかと

ちょっと涼し気な小物も使って、撮り直してみました。光量不足で、ブルーの

背景になってしまいました、いかにも雨の季節ですね(笑

202106181.jpg

ガラスフュージングという技法のガラスペンダントで、七宝焼ではありません。

これからの季節、七宝焼の家でも体験する人が多くなります。ベネチアンガラス

という花模様のような粒を組み合わせるので、お好みの色合いが出来ます。

202106182.jpg

裏側は、こうなっています。SILVERの刻印が見えますね。枠がシルバーで出来て

います。マスクの外せないこの夏も、少しでも涼し気に過ごしたいですね。

202106183.jpg

ヤマボウシの中心にある小さな丸に、花が開いたら撮りたいと思っていたのに、

忘れてしまいました。木の中の日当たりの悪い所を覗いたら、一つ見つけたけど

高くて遠くて良くわかりません。脚立と望遠レンズが欲しいなどと無いものねだり^^;

202106171.jpg

仕方がないので、Photo shop でトリミングしたら、見えましたね。面白い花!

薄く巻かれた花びらの中心に飛び出した長~いメシベ。

こんな花だったとは、知らなかった。

カメラのおかげで、おばあさんの好奇心もちょっと満足させてもらいました。

来年は、せめて脚立を持ってきましょう。落ちないように気を付けてね(笑

202106172.jpg

花咲じいさん

| コメント(2)

朝、お店に行ってみると、先日主人が植えてくれたプランターに竹や枯れ木が

刺さっていました。丁度外で水まきをしていた主人に、これなぁにと聞いたら

朝顔の木だよとの返事???え?? つまり朝顔のツルが巻きつけるように。

出窓際のネットだけでは遠いので、手前の朝顔たちのために立てたようですwww

202106161.jpg

確かに朝顔も伸び始めていて、彼らは、この支柱を喜んでいるようにも

思えますが。  竹ならまだしも、枯れ木! どんどん伸びてここにたくさん

朝顔が咲いたら、朝顔の木となりますね。花咲じいさんになれるのか?

202106162.jpg

もう出窓のディスプレイは、今年は無かったことに。窓ふきもせずに

済みます。後は、花に寄ってきた虫が店内に入ってこないように

しましょう。朝顔大好き花咲かじいさんのイメージ通りになるか

乞うご期待!

202106163.jpg

鳥獣戯画

| コメント(2)

新聞広告にこの本が載っていて主人の要望で購入しました。

東京国立博物館で、特別展があったのでそれと並行しての出版

のようです。行きたくても行けない東京ですから、電車賃や諸々を

考えてこれで我慢は、助かりますね。

202106151.jpg

鳥獣戯画は、子供の頃初めて知って、すごく楽しく興味のあるもの

となりましたが、詳しく知る術もなくそのままになっていました。

人間以外の動物が、人と同じような事をしていて、それぞれの表情が

場面によって異なるのも子供心に共感を呼んだものでした。

202106152.jpg

一枚の絵巻物としてあるのかと思っていましたが、甲乙丙丁と区別されていて

年代も長きに渡り描かれていました。ですから、描きても代々受け継がれ

それぞれの時代を風刺しながら残されていったものだったのですね。

知らないことが沢山ありました。

202106153.jpg

こちらは、東京国立博物館のHPから画像をお借りしました。HPを見ると、

益々実物を見たくなってしまいますが、いつかきっと本物に出会える時も

来ることでしょう、願っていればね。それまで、この本を楽しむことにします。

202106154.jpg

炭治郎柄

| コメント(2)

ジェルキャンドルのカラーサンドを、鬼滅の刃の炭治郎柄で作りました。

以前もベースを黒で作ったのですが、黒の粒子が大きくてうまくいきませんでした。

今回は、ダークブラウンとアクアブルーで再挑戦。前より少し綺麗に出来たと

思っています。

202106141.jpg

炭治郎柄と書きましたが、マスクなどで流行っているのは、鬼滅柄というのか、

よくわかりません。   キャンドルの芯の脇にご注目。お化けの目みたい。

202106142.jpg

一番目の写真で、真ん中の芯の脇に気泡が出てきていました。ニョキっとお化け

みたいになっていたのが、ここでは、すっかり上に上がって表面にポッコリして

います。通常お客さんのキャンドルは、これをすっかり潰してから冷やし、お渡し

しています。砂の重ね方によっては、中々収まらないこともあります。

202106143.jpg

ぐるりとまわして元に戻った頃には、出てくる泡も収まっています。

炭治郎さんは、鬼と戦っているけど、私は泡つぶしなので、戦うと言うより遊んで

もらっていますね。ありがたいお仕事です、感謝!

202106144.jpg

野ばら2021

| コメント(2)

今年も、以前鳥のプレゼントしてくれた野ばらが咲きだしました。

野ばらって、白色だけなのかと思っていたので、こんな可愛い色だと切るのも

惜しく、秋に短くはしますが、それでもこうして勢いを増して咲いてくれます。

202106131.jpg

朝日が昇る頃、陰影が出来て、写真を撮るには一番良い時間だと思います。

202106132.jpg

可憐な花なのに、石の上にもどんどん伸びて強いです。

202106133.jpg

光と影が色の違いを作っています。このように中心が茶色になってきているのは、

咲き終わりの近いものですね。この子たちは、真っ先に咲いたのでしょう。

ご苦労様でした。ここで咲いてくれてありがとう。

202106134.jpg

蕎麦の花

| コメント(2)

キャンドルの家と七宝焼の家は、明日6月13日まで土日祝日だけ営業しています。

まん延防止等の措置が解除後は、通常営業に戻る予定ですが今のところ未定です。

6日(日)にたくみの里に行った時、そろそろかなと思って、寄り道をしましたら、

可愛い蕎麦の花、咲きだしていました。たくみの里は、最近そば畑を沢山作りました。

そば打ち体験が出来るので、地元で出来たそば粉を使うためですね。

202106121.jpg

ホントに可愛い花です。かんざしみたい。つぼみのピンクがまだある、この時期が

一番見ごろだと、勝手に思います。

202106122.jpg

向こうに見えるのは、リンゴ畑。リンゴも摘果の時期ですから、生っているか

気になります。

202106123.jpg

ちょっと失礼して、覗いて見るともうこんなに大きくなっています。5個位

まとまってなっているので、中心か、その中の一番大きな実を残して他は、

ハサミで摘み取ります。以前片品村でリンゴ園のお手伝いをしたとき、

黙々と繰り返すこの作業が好きでした。

202106124.jpg

またそば畑に戻って、可愛さにため息をつきながら、開店前の短い時間を

楽しみました。ありがたかったです。

202106125.jpg

花でお出迎え

| コメント(2)

キャンドルの家の出窓の下に主人が花を植えてくれました。毎年こうして少しでも

綺麗に、と思ってやってくれるので、ありがたいです。

202106111.jpg

でも今年は出窓の前面に、ツタの絡まる網も張られていました。プランターを

良く見ると、朝顔の双葉が沢山出ています。一緒に種を撒いてしまったようで、

朝顔がどんどん伸びてきたら、出窓の見本は見えなくなりますね^^;

202106112.jpg

こちらのプランターは、超密の朝顔。苦しそう、コスモスまで出ています(笑

主人は朝顔が好きなので、七宝焼の家の出窓前や壁面、自宅のカーポートなどに

せっせと網を張ります。どうやら、カボチャの苗といい、どんどん伸びるのが

面白いと思うようです。準備万端整ったので、ツルが伸びてくるのと色々な

花が咲くのを楽しみましょう。

202106113.jpg

りだひ?

| コメント(2)

娘からLineに写真が送られてきました。今年小学一年生になった孫の算数の

教科書を何気なく見たら、このように書いてあったそうです。

添え書きに「ひだりを左から書くところが母としては満点をあげたい」と。確かに❣❣

バババカな婆さんとしては、丁寧に書いた字も花丸です!(^o^)!

私は入学した時、右左がハッキリわかりませんでした。大半の幼稚園に行っていた

子たちは知っていたので、行かないで小学校が社会生活初の私は、何につけても

ドギマギしていたものです。家に帰って、母にその日の事を事細かに話せるのが、

ストレスの解消になっていたのだと思います。孫も母親に密かに満点をもらって、

きっとのびのび過ごしていけるでしょう。コロナ禍でしばらく会えていない孫の

近況が分かってホッとしました。元気で友達と仲良く過ごせますように。

202106101.jpg

昨年、私が入院している間、お店は、娘か時々孫がやっていてくれました。

色々彼女たちの使いやすいように変わっていましたが、カラーサンドのスプーンが

細い金色のものに変えてあって、今までのが長すぎたので、とても使いやすく

なりました。黄金のスプーンで、見た目も綺麗です。

202106091.jpg

このスプーン、持ち手の先端部分に七宝焼をはめ込むようになっています。

いろんな材料の中にたくさん同梱されていたので、キャンドルさんに回してくれて

娘と主人がやっている七宝焼の家からの寄贈品となりますね(笑

キャンドルの家は、色々な材料の提供など七宝焼の家のおかげで成り立っています。

202106092.jpg

スプーンの先が細いので、カラーサンドを少し乗せるときに便利です。

大きな容器で作るには、時間がかかるので、そんな時は元の大きな

スプーンを提供します。色々揃えられて、ありがたいですね。

202106093.jpg

桐のまな板

| コメント(0)

使っているまな板を、うっかりガス台に接触させてしまい、

素材がプラスチックのため、へこみが出来てしまいました。

長年使っていたので、買い替えようかなと思っていたところ、

道の駅たくみの里のお土産売り場に、桐まな板を発見! 即お買い上げと

なりました。軽くてお値段も1,650円、財布にも優しくてありがたいです。

202106081.jpg

みなかみ町月夜野の桐匠根津さんは、群馬県の伝統工芸品作りとして群馬県ふるさと

伝統工芸品指定要綱に基づき、県知事から指定されています。

通販サイトもありますが、月夜野のお店がとても雰囲気が良く、一度入ってみたいな

と思っていました。まな板があると知っていれば・・・でしたが、今度は思い切って

お店を訪ねてみたいと思います。買うものが無くても大丈夫かな?ちょっと心配^-^

202106082.jpg

| コメント(2)

午後から降り出した雨が夕方には止んで、呼ばれたようにカーテンを開けると、

目の前に虹が出ていました。嬉しいですね。

202106071.jpg

ちょうど鳥が横切って行きました。鳥に虹は見えたかな。

ねぐらに帰るので、それどころではないかもしれません(笑

202106072.jpg

などと考えているうちに、夕日の高さも変わってきて、長く見えるように

なりました。こうなると"わーい"と叫びたくなりますよね。時間の経過で

根元が鉄塔の少し右に移動していました。

202106073.jpg

場所によっては、大きな半円形を楽しめたことでしょう。さっき横切って行った

鳥になれたら、それを見ることが出来るかな。誰かが楽しんだらそれでOKですね。

夕飯の支度と外の景色を見に、行ったり来たりの夕方でした。

202106074.jpg

ランチ

| コメント(2)

今年に入って、初めて娘と孫と三人でランチに行ってきました。

去年の秋は、入院していたので、ほぼ一年ぶり位になると思います。

場所は、沼田市にあるアルブルさん。正式には蔵のビストロ樹ーアルブル

さんのようです。シャクヤクが一輪、お出迎えしてくれました。

202106061.jpg

今、群馬県もまん延防止等重点措置が適用されているので、時短営業で

予約優先になさっているようです。こちらは隠れた名店ですので、

昨年来た時にはほぼ満席でしたが、この日は座席の間隔もあけてあって、

安心して食事が出来ました。

202106062.jpg

釣りや魚取り用の長~いズボンが脇に干してありました、

これでアユなどをとるのかな? 聞いてみようとおもい、

忘れてしまいました。そして美味しいお料理の写真も忘れ、

アクリル板のパネル越しに、束の間の楽しい時間を過ごす事が

出来ました。ありがたかったです。

202106063.jpg

お隣

| コメント(2)

ずっと空き地だった隣の土地、ついに家が建つことになりました。

4月にご家族でご挨拶に来てくれて、5月末から工事をすると伺っていましたが、

いつ地鎮祭などをするのかと思っていたら、それは省略のようです。だんだん

簡略化しますね。ここに住んで、18年。家のスタイルもどんどん変わってきて

今は、かた屋根の家が多いです。窓も小さく、プライバシーを守るように出来て

いるのでしょうか。町で管理する住宅地で、ずっと売れなかったものを当初の

頃の半値にしたので、若い人が沢山住んでくれています。毎日ひ孫のような

可愛い子供たちの声を聞いて、楽しんでいますが、自分がいかに年を重ねたかも

否応なしに知らされます。遠くにいても手を振って挨拶が出来たのは、見晴らしの

良い頃に住んだ人たち。今はこちらからしなければ、ご挨拶しそこないます(笑

だんだん"ウザイ年寄り"と言われるのかなぁ。でもきっとめげずに声をかける

と思います。返事がなくてもね。

202106051.jpg

前撮り

| コメント(0)

孫の長男が今年七五三を迎えるので、その前撮りをしてきたそうで、写真を

くれました。5歳と3歳になるひ孫たちです。今は、七五三まで前撮りですって!^^

202106041.jpg

こんなオシャレなスタジオで、遊んでいる自然な姿を撮るのは、さすがプロ。

一瞬を見逃さないですよね。

202106042.jpg

でも下のひ孫がやんちゃで、回らない口で生意気な事を言い、孫は冷や汗もの

だったとか(笑

202106043.jpg

二人で遊んでいた積み木が崩れた時の、それぞれの表情が対照的です。

上下の関係や性格、同じようには育たないけど、見極めて育児をする今の

若いお母さんたちは、エライなぁと思います。

人に迷惑をかけないように、元気に育って欲しいです。

202106044.jpg

ナデシコ

| コメント(2)

ナデシコと言ってもライオンナデシコが咲きだしました。こんな斑入りのものも

あります。色素が固まったので、花びらは色が薄いようなきがします。色の濃い

部分から、マゼンタ色の粒が飛び出しているようにも見えますね。

202106031.jpg

お隣さんは、色が粒で拡散しなかったので、花びらの咲きまで届いています。

中心近くの濃い色も形を崩していません。花の形成の細胞分裂が正常だったのと

少しずれがあったものかもしれません。どちらもそれなりに綺麗です。

202106032.jpg

同じところから伸びているのに、色も形態も違って個性がありますね。

202106033.jpg

これから伸びてくる蕾は、どのように開くのでしょう。花も人もそれぞれ違う

のが、大切。違わなくたってそれもOK。与えられたものは、実は自分が選んで

きたものだとか、せっかくだから、この命で様々な経験をして全うしたいですね。

202106034.jpg

カエデの実

| コメント(2)

カエデの種は、まだ着かないのかなぁと木の中を覗いて見たら、もう出来て

いました。今年は少ないかもしれません。クルクルと回って落ちていくのが

面白くて、毎年楽しみにしています。

202106021.jpg

お団子を二つ串に刺したようなのがあるので、何かと思ったら、種を真横に見た

ものでした。広がった羽の根元に丸い粒がついているので、横から見るとこうなる訳

ですね。初めて気が付きました。面白いですね、お団子が食べたくなりました。

202106022.jpg

ヤマボウシ

| コメント(2)

庭のヤマボウシに異変が。毎年一つ二つしか咲かなかったのに、今年はこんなに

沢山! どうしちゃったのでしょう。年月もあるのでしょうか????

202106011.jpg

真ん中の緑の部分に花が開くので、白いひらひらは、ガクになりますね。

なんだかみんな喜んでいるように見えるのは、気のせいでしょうか。

202106012.jpg

風車のようだったり、このままどこかに飛んで行く翼のようにも見えます。

202106013.jpg

木の中の方には、今まさに飛ぼうとしている鳥が、なんてね。  中心の花が

開くのを待っているのですが、なかなかです。この部分は赤く大きな実に

なるので、今年はその頃もまた、存在感を増すことでしょう。楽しみです。

202106014.jpg

早朝しずくの付いたつぼみを撮ったので、せっかくだから午前中に、開花した

四つ葉のクローバーも一眼で楽しんでみました。朝夕開閉するので、花びらが

それに順応出来るように少しずつ重なっています。

202105311.jpg

蕾が沢山付いていて、これからどんどん咲いていきますね。楽しみです。

今日で5月も終わり、次々と咲く花の速さに引っ張られて、あっという間に

時が過ぎたように感じてしまいます。雨の季節も楽しんで過ごせるかな?

202105312.jpg

もう咲き終わったものもあります。何日位、花が持つのか、あまり気にしたことが

ありませんでした。ちゃんと調べておけば良かったです。

202105313.jpg

この四つ葉のクローバーも園芸用に改良されたものだと思いますが、もうここに

植えっぱなしで15年以上は経っています。すぐそばに抜いても抜いても

出てくるスギナにもめげず頑張っているので、相当な強さだと思います。

毎年こうして楽しませてもらえるのも、ありがたいことですね。

202105314.jpg

ネコの本

| コメント(0)

今、スマホのKindle版で「猫は、うれしかったことしか覚えて

いない」を読んでいます。まだ途中なのですが、病院の待ち時間に

とって必須なので、読み進んでいくのがもったいないです。でも

この前に読んでいた「舟を編む」も同じで、頭の中で物語がずっと

とどまっていて、不思議と忘れずにいるので若いころのように

一気に読むよりも、小説がすっかり自分のものになっているような

気がします。内容も難しくなく、楽しんで読めるからなのでしょうね。

この本も、猫を飼っていないのに飼い主の猫に対する愛情が良く

わかります。飼うことは現状で出来ませんが、こうして楽しませて

もらえるのもありがたいことですね。

202105301.jpg

水滴化粧

| コメント(2)

雨上がりの朝、花壇の花たちにも水滴が残っていて、お化粧したようでした。

ほんの束の間の水化粧ですね。

202105291.jpg

園芸用の四つ葉のクローバーも、夜に畳んだ花びらから今まさに落ちていきます。

202105292.jpg

新しくて生地がしっかりした傘のようです。こんな上等の傘なら雨の日も

楽しいでしょうね。子供の頃は、帽子屋さんがあって、そのお店で傘も売って

いました。帽子も傘も良いものが揃っていて、あこがれたものでした。

202105293.jpg

ムスカリの種にも宝石が散りばめられていました。虫もここで

雨宿りをしていたようです。まだ寝ているのかな? 雨上がりの朝、

そろそろみんな動き出しますね。

202105294.jpg

一昨日コロナワクチン接種の1回目を受けてきました。どんなに混雑しているのか

と思っていたのですが、体育館の駐車場に張られたテントには人もまばらでした。

受付もスムーズで予約時間より30分も前に着いたのですが、5分ほど待って中に

入れました。

202105281.jpg

問診や医師との面接?でも、案内の人がそれぞれにいて、誘導してくれます。

接種を受けて、20分ほど経過観察のため休んでいる時も、それぞれの椅子に

タイマーが付いていて、案内してくれた人がスイッチを押すので順番が違うことなく

最終の次回予約確認までたどり着けます。正面に見えているところが、その

最終関門^^;となります。

202105282.jpg

全部終わって、ホッとしたところに見える風景。左の山は、その昔、薄倉城

(すすきくらじょう)という山城があった所。右の木立は、地元の氏神様が

祀られた熊野神社、お疲れ様ですと言われた気がします。

仕事とは言え役場の担当者や、ここに携わってくれた皆様には、感謝の一言

以外無い気がします。早く接種が全員に行き渡って、コロナが終息し、

ご苦労が報われますように。

202105283.jpg

雨上がり

| コメント(2)

5月23日(日)の朝、数日降った雨が止んで、久しぶりの青空になりました。

陽が昇ってきたので、山間からは、水蒸気がどんどん上がってきて、山火事の

ようでした。水蒸気も朝焼けしています。

202105271.jpg

この時とばかり、カメラを持って庭へ。 玄関を出るとすぐに竹が生えているので、

その水滴に魅了されます。

202105272.jpg

水滴に写った景色が面白いので、トリミングしました。鳥の目で見ると

こんな感じなのでしょうか。楽しいです。でも昨年も同じように記事を

作ったような気がしてきました。進化してないですね(;´∀`)

202105273.jpg

こちらは、春から赤い葉の楓です。水滴が光る様子を撮りたかったのですが・・・

光が中々うまく撮れません。と、ずっと言っているので、これも早く習得

したいです。やりたいことが沢山あるのに、すぐ忘れてしまいます。メモをして

おかなければね。あちらに帰るまでに出来なかったら来世のお楽しみです(笑

202105274.jpg

オーナメント

| コメント(2)

キャンドルの家のオーナメント、入荷出来ないものもあったりしてHPに掲載

する写真を撮り直しました。

202105261.jpg

透明なアクリルケースなので、裏側のベニヤ板ではあまり映えません。前のは、

白い紙を貼ったのを、今思い出しました(笑

一つ一つが可愛かったり、面白い顔をしていて、この他に5枚のケースがあるので

お客さんが迷うのも無理ないですよね。たまに"多すぎる!" と怒られることも

あります(;´∀`)

202105262.jpg

たくみの里周辺は、果樹園も多いのでイチゴ狩りやサクランボ狩り、リンゴ狩りなど

その季節の思い出作りをする人もいます。これからは、海系のオーナメントが

出るようになりますが、作ったジェルキャンドルを見て楽しかったことを思い出して

もらえると嬉しいです。 でもやっている者が一番楽しんでいるとは

ありがたいことですね。感謝❣❣

202105263.jpg

群馬県は、5月16日からまん延防止等重点措置適用地域として様々な

規制が設けられました。私の住んでいるみなかみ町は、対象外ですが、

ワクチン接種のため友達申請をした(ワクチン接種予約のために

それが必須です)lineからは折に触れ情報を送ってきます。

居住地が対象外だと言っても油断は禁物です、この地域でも若い人が

飲み会をしてクラスターが発生しました。今、我慢しなくて、いつ

するのでしょうか。まさしく "今でしょ!" ですね。

202105251.jpg

我が家の前の公園も、遊具に使用禁止の貼り紙がされて、子供たちが使えなく

なりました。公園そのものは、進入禁止ではありませんが、小さい子は遊具に

乗りたがるので、親たちは家の前の道路で遊ばせているようです。いつもと違う

方から楽しそうな声が響いてきます。でも道路はやっぱり危ないですね、早く

公園で安心して遊ばせてあげたいなぁと思います。

202105252.jpg

https://www.shippouyaki.net/blog/image/baner111.jpg
https://www.shippouyaki.net/blog/image/%230194saidyou.jpg
https://www.shippouyaki.net/blog/image/glaspendantsaidyou.jpg

ウェブページ

七宝焼の家