七宝焼の家の最近のブログ記事

葉っぱのブローチの続き

4月12日にご紹介した、葉っぱのブローチの新色ものを装い風に

撮ってみました。

銅板に直接ダークオレンジを乗せて焼いた、濃い色です。初夏の装いに

はっきりとしたポイントを付けてくれます。

DSC_0685600.jpg

スカーフを丸めて乗せてみました。ちょっとバラ園に行った気分。

DSC_0841600.jpg

銅板に白、焼成後ダークオレンジを乗せ2度目の焼成をしたものは、明るく

仕上がります。

DSC_0688600.jpg

少し光を避けても、オレンジ色そのものですね。

DSC_0683600.jpg

留め金が逆になりますが、向きを変えても面白いと思います。葉脈がはっきりして

やや活発な感じがするのは、葉の形のせいでしょうか。このまま飛んで行って

しまいそうですね(笑

DSC_0690600.jpg

水を思わせる七宝焼のペンダントが出来上がりました。

作者のYuRiによりますと、みなかみ町のウォータースポーツの

イメージだそうで、利根川沿いの美しい緑、水の流れ、源流を生み出す

雪さえも全体の中に組み込んだと言う事です。

DSC_0839600.jpg

ブルーの色が様々に出ていて、七宝本体は、まさに水のイメージピッタリだと

おもいます。湧き出る水の泡のようにも見えますね。

DSC_0824600.jpg

光を少しよけると、落ち着いた色合いになりますね。水の流れが静かな所の

ホッとする雰囲気を感じます。

DSC_0831600.jpg

ペンダントとしてつけた綿の紐のカラーが、山の緑と空の青、

そして調節の為のウッドビーズは、山の木々、白い小粒のトンボ玉が

源流を生み出す雪。さて、利根川のウォータースポーツで味わえる自然を

感じていただけたでしょうか。イメージは人それぞれですが、作者が持った

直感は楽しくて、みなかみ町への愛も思わせるものになりました。

お土産や母の日のプレゼントにいかがでしょうか。たくみの里七宝焼の家で

販売しております。4,200円となります。

DSC_0819600.jpg

七宝焼きで初節句祝い

七宝焼きで初節句のお祝いを作りました。これは、昨年の4月に

七宝焼の家の大堀由里が、初孫にプレゼントしたものなんです。

全部で11個の七宝焼きを作り、デザインしました。

一般的な七宝焼き体験で作れるものもありますし、ちょっと難しい

ものも組み合わせています。個数も多いので、金額的にも高くなり

ご紹介だけになりますが、工夫を凝らしたこんなプレゼントも

楽しいものですね。子供さんたちが、素直で健やかに楽しい毎日を

過ごして行けますように。

hatuzekkusippou.jpg

ねこの七宝焼ペンダント

先日ご覧いただいたロゴ入り台紙に、ねこのペンダントをセットしました。

このねこたちは、横浜赤レンガ倉庫で5月7日まで開かれているねこらんまん展に

出品いたしました。

DSC_0801600.jpg

ねこのペンダントですが、ドラ猫ちゃんのようですね。

ドラ猫も台紙に乗ると、ちょっと立派に見えてくるのは、

私が作ったのではないのに、親バカ的ですね(笑

DSC_0794600.jpg

どの子がお嫁入り、婿入り出来るでしょうか。

沢山のお客様が楽しんでくださると嬉しいです。

DSC_0795600.jpg

ロゴマーク

七宝焼の家の大堀由里が、作ったアクセサリーを販売する際に使用する

ロゴマークが出来上がりました。デザイナーの茂登山真紀さんにお願いして

4月初めに完成しました。

yurilogocolor2rgb600.jpg

ユリの花を意味するモチーフに、山の形をした三本のライン

を小さくいれて、やまさん工房を表しています。

やまさん工房は、七宝焼の家、キャンドルの家、流木の家と三つの工房を

持っています。元々、主人福田茂の母方の屋号で、大きな山の中に

三が入ったものでした。Photo Shopで作ったので、実際とは違うかも

しれませんが、このような感じです。

yamasan.jpg

こちらは、小さいけど山は三と一緒になって、山が三つのやまさん工房と

なりましたね。これから大いに活躍してくれることでしょう。

さて、ゴールデンウィーク、4月30日(月曜日)は、七宝焼の家、キャンドルの家

とも営業いたします。お早めにお出かけください。

yurilogocolor600.jpg

タカラフェア松戸

タカラスタンダード松戸営業所で、4月28日(土)29日(日)に

タカラフェアが行われます。イベントで七宝焼き体験をしていただく

ことになりましたので、店主の大堀由里がスタッフとして参ります。

タカラフェアに参加させていただくのは、前橋、那須に続き、この松戸で

三回目となりました。ありがたいです。

春の"家事らく"フェアと題され、最新の水回りの商品が展示される

とのこと、主婦にとっては、見るだけでも楽しくなれますね。

タカラのシステムキッチンは、上質なホーローで出来ています。

ホーロー仕上げは、七宝焼きと同じになりますので、その繋がりで

イベントに呼んでいただけています。七宝焼き完成の手触りとタカラの

新商品をぜひ体感していただければと思います。お楽しみください。

takaramatudo.jpg

春色ピアス

七宝焼きの春色ピアスが出来ました。小さい丸が春風に揺れて

足取りも軽いイメージになります。

DSC_0665600.jpg

ややグリーン系の色が優しい雰囲気となりました。

淡い色合いの服装にも良く似合いますね。

DSC_0704600.jpg

光の当たり具合で、グリーンが少なくなり、ライトブルーになりました。

色を重ねて仕上げているので、こういう変化が面白いです。

DSC_0709600.jpg

こちらは、ブルー系です。

DSC_0701600.jpg

やはり光で、ブルーが濃くなりました。同じ型でピンクも出来ましたので、

次回ご紹介したいと思っております。お楽しみに。

DSC_0697600.jpg

ねこ勢ぞろい

4月25日から横浜赤レンガ倉庫で開かれる、ねこらんまん展に

参加の猫たちをご紹介します。全部は無理なので、一部ですが。

DSC_0667600.jpg

上と同じ型ですが、色や表情で雰囲気も変わりますね。

DSC_0670600.jpg

こうした展示即売会が開かれるのも、ねこ好きがいかに多いか、ということでしょうね。

七宝焼の型も様々あります。これもほんの一部。楽しめます。

DSC_0674600.jpg

こちらは、また雰囲気がガラッと変わります。七宝焼専用のシールを貼って焼成した

ものです。オシャレですね。

DSC_0673600.jpg

さて、黒ネコちゃんたちの表情をお楽しみください。七宝焼の家だけでも

これ以上あるのですから、全国から一同に介したネコちゃんたちは、どの様になる

のでしょうね。お時間がありましたら、ぜひ横浜赤レンガ倉庫で、ねこらんまんを

味わってみてはいかがでしょうか。

DSC_0679600.jpg

横浜ねこらんまん展

4月25日(水)~5月7日(月)まで「ねこらんまん展」に

出展いたします。場所は、横浜赤レンガ倉庫。群馬県から横浜へ。

山から海の近くに七宝焼の出張となりました。ねこのいろいろな

情報やグッズが揃って、ネコ好きには、たまらないイベントのようです。

hagaki2.jpg

出展する作家の方々も様々ですね。七宝焼の家は、右側のやまさん工房と

書かれたものがそうです。ピンクの星印をつけて見ました。

たくさんの方に楽しんでいただけると嬉しいです。

出展する品の一部を、来週ご紹介したいと思います。よろしくお願いいたします。

hagaki1.jpg

七宝焼の家の紅梅

3月15日、今年やっと、七宝焼の家の紅梅が咲きました。

写真は、18日(日曜日)に撮ったものです。

早い時には、1月初めに咲くこともある、この紅梅ですから、

年明けから待ち続けていました。出足は遅かったですね。

DSC_0605600.jpg

年々、木は高くなり、私の身長は縮んでいく一方ですから、

花との距離が遠くなるばかりです(笑;

DSC_060600.jpg

青空にこのピンクの小さな花が良く似合います。

DSC_0608600.jpg

これからどんどん咲いて、良い香りを振りまいてくれる

ことでしょう。楽しみです。

DSC_0609600.jpg

上毛高原駅ホール展示

年に一、二回、七宝焼の家の福田茂が、上越新幹線上毛高原駅の

ホールに展示を行います。みなかみ町観光課が管理をしている

スペースで、上毛高原駅から場所を提供してもらっています。

町内のアウトドアスポーツをアピールしたり、つるし雛の展示、

みなかみに18種類ある温泉各地の紹介等々、新幹線をご利用の

方々や、町の方に楽しんでいただけるスポットとなっています。

IMG_2215600.jpg

福田は、郷土の歴史・民俗・習慣などに興味を持ち、地元の方々と

企画を持っているので、町の担当者から依頼があると、展示させて

もらっています。

IMG_2217600.jpg

今回は、「それな~に」と題してⅠ~Ⅵまで(内容は利根沼田の民俗資料に

基づき、面白い習慣やまじないなどを紹介したもの)と地域の札所巡り、残して

置かなくていいのかという疑問を持った風景を18枚のパネルにしました。

IMG_2218600.jpg

IMG_2221600.jpg

IMG_2220600.jpg

3月23日までの展示になりますので、機会がありましたら、

ぜひご覧ください。

IMG_2219600.jpg

卒業・入学に向けて

3月も半ばとなれば、もう卒業式を迎えられた方々もいらっしゃること

でしょう。誠に、おめでとうございます。新しい進路に向けて、

期待を胸にお過ごしかもしれませんね。お祝いに、またご自身への

プレゼントに、ほっこりする七宝焼きのネコのブローチはいかがでしょうか。

DSC_0510600.jpg

落ち着いた色の服装でも、しっかりワンポイントになりますね。

DSC_0522600.jpg

上下とも同じブローチです。ニコニコ顔が可愛くて、いつも身に着けていたくなり

ます。上の画像は、アップなので、実際は、ネコの部分が2㎝強位のサイズです。

DSC_0543600.jpg

こちらは、ベネチアンガラスのビーズで目を付けたので、ビックリ顔のよう。

愛嬌がありますね。

DSC_0531600.jpg

眠そうなのか、寝ちゃっているのか。ゆったり気分になれるネコです。

DSC_0534600.jpg

アララ、この子は口をへの字にしているみたい。遊んでもらいたいのかな?

DSC_0536600.jpg

ネコブームで、SNSでもネコの投稿が沢山あります。飼っていなくても、

可愛いブローチで楽しんだり、癒やされたりも出来ますね。

DSC_0515600.jpg

ひな祭り

弥生三月ひな祭り、今年はまだ桜餅を食べていません......

な~んて、花より団子になっちゃいますね(笑

ひな祭りは、早春でまだ花や木が活発ではない時の行事なので、

なんとなく楽しみが大きく感じます。風の冷たさもまだまだ

身にしみる頃に味わえる、華やいだ気分は、嬉しさ倍増ですね。

七宝焼きやキャンドルのオーナメントのお雛様も楽し気です。

ひな人形型のシルクスクリーンを金色の台紙と組み合わせて額に入れました。

shippou4600.jpg

こちらは、小判型のひなさまシルクスクリーンを塗りの板に張り付けました。

金の梅は、色紙で作ってあります。

shippou2600.jpg

キャンドルのガラスオーナメント、まめひなさまです。コロコロして可愛い。

DSC_0504600.jpg

こちらは、笑顔も楽しいガラスオーナメントのひなさま。親しみがありますね。

DSC_0506600.jpg

びっくりお顔のようなガラスオーナメントのひなさま。どれも可愛らしいですね。

たくみの里のひな祭りは、4月1日まで開催していますので、どうぞお楽しみ下さい。

DSC_0503600.jpg

ひなめぐり・七宝焼の家

七宝焼の家もひなめぐりの準備万端整っています。七宝焼の

ひなさまも様々ありますので、ご覧ください。

こちらは、うさぎで三人官女のイメージを参加させました。小さな菱餅も

縦ダイヤの型です。色んな工夫も楽しいですね。

shippou1600.jpg

つるし雛のイメージも作りました。つるし雛の飾りは、それぞれに子供の健やかな

成長を祈った意味が、込められているそうです。唐辛子は、魔除けとして、

日本以外でも使われるようですね。楽しく華やいだひな祭りが、人々の幸せを

願い合えるものとなりますように。

たくみの里ひなめぐりは、3月1日から始まります。楽しみにお待ちください。

shippou7600.jpg

再びまんきつセット

先日、「いちごの家」「Otowaya cafe」「七宝焼の家」の三軒で

使える「まんきつセット」のお知らせをいたしました。3月16日まで

土日祝日のみの印刷ミスと申し上げましたが、ポスターを貼って

いただいているご厚意もあり、記載通り営業いたします。従って、

2月21日(水)より平日営業(月、火はお休みのため)となります。

紛らわしいことになりましたが、どうぞよろしくお願いいたします。

美味しくて、楽しい体験をぜひお楽しみください。

mankitu216kara.jpg

七宝焼の家のショーケースから、氷のイメージを持っていると

感じたブローチを見つけました。雪の女王からのプレゼント

のようです。製作者の七宝焼の家店主、由里に聞きましたら、

「雪」という名のビーズがあったので、使ったそうです。なるほど!

ベースの白と共に3回の焼成をしています。

DSC_0477600.jpg

写真では、なかなか雪のビーズの存在が出しにくかったです。

DSC_0480600.jpg

カラフルな色合いの中だと、存在感が出ますね。

DSC_0474600.jpg

雪や氷のイメージも少し春めいてきた装いに合いますね。プレゼントや卒業入学の

お式にもお供出来ると思います。たくみの里七宝焼の家のショーケースの中から、

ぜひ見つけてください。3,500円で販売しております。

DSC_0490600.jpg

体験まんきつセット発売

2月になりましたね。本日より「まんきつセット」なるものを発売します。

たくみの里にある、いちごの家、Otowaya Cafe、七宝焼の家の三軒の

コラボでお得な体験のセットを作りました。ただ、七宝焼の家は、

3月16日(金)まで土日祝日のみの営業とさせていただいているので、

その日までは、セットを使用していただけるのが、土日祝日のみとなります。

勝手ながら、ご承知おき下さい。(尚ポスターで2月16日となっておりますが

3月16日の誤りです。申し訳ありません)下の写真は、訂正してあります。

一軒あたり一回のご使用ですが、4月27日までは、一日で使いきれなかった

体験をご利用できますので、お時間とご予定に合わせて、お楽しみください。

各家へのお問い合わせは

いちごの家:080-9568-4706

Otowaya Cafe:0278-64-0322

七宝焼の家:0278-64-2064

IMG_E1879600.jpg

七宝焼き黒ネコ

七宝焼きの黒ネコをご覧ください。ベネチアンガラスが光によって

色を変化させているのが、特徴的です。

DSC_0360600.jpg

平面に置くと、顔の辺りには窓の外の景色が映り込み面白いですね。お腹の辺りの

変形の四角が上ではオレンジっぽいですが、ここでは、赤くなっています。

DSC_0357600.jpg

斜めから見ると、首部分にある半月のキラキラが際立ち、お腹の四角は、

黄色になりました。

DSC_0384600.jpg

同じキラキラは、しっぽにもあります。

DSC_0386600.jpg

向かって右前脚の付け根、▷と背中の四角部分は、緑色が変化していきます。

さしずめ怪しく光る黒ネコ、というところでしょうか(笑

このフリットは、チタンガラスと言いますが、こうして焼き付けられたものは、

大いに変化が楽しめます。たくみの里七宝焼の家では、チタンガラス乗せ

という技法で一部体験出来ます。また、七宝焼の家オンラインショップでも

同技法の製品もありますので、ぜひご覧ください。

DSC_0385600.jpg

トンボ玉2種

先日来より、トンボ玉をいくつかご覧いただきましたが、

今日も又、2種の趣が違うものをご紹介いたします。

黒がベースで、筒状の形です。グリーンと白のマーブルが引き立ちます。

和、洋、なんにでも合いそうです。

DSC_1526600.jpg

こちらは、白ベース。華やかな色はありませんが、マーブルの向きで

楽し気に感じます。フワフワと何かが飛んでいたり、水の流れや

落ちる水滴のようにも見えてきます。これらが、あのバーナーの火から

作り出されたとは思えませんね。一期一会の出逢いでしょうか。

DSC_1524600.jpg

七宝焼の家オンラインショップでも、別のトンボ玉を販売しております。

ぜひご覧ください。

除雪機 

昨年の暮れに、ようやく除雪機を買いました。冬の力強い味方です。

除雪は、もっぱら主人の仕事となっていて、私たち女性陣が出勤する

前にいつもお店の前を綺麗にしてくれています。 が、さすがに74歳の身、

このキツイ作業は、足腰に応えますよね。このマシンに期待をこめます。

DSC_0401600.jpg

この歯が回転して雪をかきこみ、上の吹き出し口から飛ばします。

DSC_0403600.jpg

その威力を期待する積雪があり、マシンの出番がやってきました。

PTNB8564600.jpg

駐車場は、綺麗になりました。丸沼高原でペンションをやっていた時に使って

いたものに比べると、おもちゃみたいだと、主人は言っています。

民家の中ですから、雪を飛ばす場所も限られていて、それも苦労しますね。

でも、この助っ人は、ありがたい存在となることでしょう。

DSC_0404600.jpg

トンボ玉作り体験

たくみの里七宝焼の家では、冬期限定でトンボ玉作り体験が出来ます。

なぜ冬期限定か、というと、火をふくバーナーの上での作業が大変熱く、

スタッフがサポートしますので(ほぼ専任で対応出来る)、

この時期が最適、というわけです。但し完全予約制になっています。

さて、いくつかご覧いただこうと思います。ラインの流れが綺麗に出た

2種類です。

DSC_1517599.jpg

曲線の中に濃淡が出ていて綺麗です。

DSC_1518599.jpg

こちらは、更にぼかしがあって、濃い色のラインが

ハッキリしていますね。

DSC_1519600.jpg

和の美しさを感じる出来栄えになりました。

このようなトンボ玉作り体験をぜひ味わってみてください。

DSC_1521600.jpg

トンボ玉

七宝焼の家では、トンボ玉作りの体験もあります。

完全予約制となっており、最大3名様までです。

バーナーの上で、ガラス棒を回しながら溶かす作業は、

見ている方も、スポーツ感覚さえ持つような真剣さで

受け止めてしまいます。スタッフが丁寧に指導しますので、

楽しんでいただけると思います。2,500円で2つ作れます。

時間は、おおよそ1時間位です。

DSC_09341600.jpg

上の写真で目玉のついたのがありますね。これは、スタッフがちょっと

楽しんで作ったウサギ?ネズミ?の、ようなものです。このようなものは、

作ることが出来ませんが、体験したものは、チョーカーや、かんざしなどに

して装うことが出来ます。尚トンボ玉作り体験は、冬期限定で3月半ば頃までです。

次回また、いくつかをご紹介しようと思います。

尚、製品は、七宝焼の家オンラインショップでも販売しております。

ぜひご覧ください。

DSC_0937600.jpg

謹賀新年2018

明けましておめでとうございます。2018年を迎えました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様にとってより良き一年となりますように。

七宝焼きシルクスクリーン技法の額絵に、犬の親子の図柄があり、

戌年にちなんで、若いスタッフが作りました。無心に遊ぶ子犬の様子が可愛いです。

たくみの里七宝焼の家は、1月8日(月曜)まで休まず営業しております。

七宝焼体験は、14時30分位までにご来店ください。

DSC_0376600.jpg

2017年12月31日

2017年の最終日となりました。本年も大変お世話になり

ありがとうございました。来年も又よろしくお願いいたします。

酉年から戌年にバトンタッチですね。一年を振り返れば、様々、

悲喜こもごも、胸の痛むことはあっても、生かされて現在があり、

明日も続いていくことでしょう。許し許され、感謝と共にこの一年の

締めくくりとさせていただきます。皆様、良いお年をお迎えください。

IMG_E669611600.jpg

赤い小さなハート型のイヤリングをご覧ください。

七宝焼きの彫金版技法になります。銅板に刻まれた模様に色が

重なると、自然に濃淡が出来て表情が変わります。元が銅板とは

思えないようなガラスの質感も出てきますね。

DSC_0340600.jpg

このように重なると、リンゴのようにもイチゴのようにも見えてきました(笑   

幅2㎝に満たない小さなハートが、耳元で揺れるのは意外と

目を引くかもしれませんね。

DSC_0350600.jpg

この色合いは、年齢を問わず、装う人を引き立てると思います。イヤリングの

金具をピアスにしたものもありますので、選んでいただけます。

たくみの里七宝焼の家の店舗で販売しています。

DSC_0353600.jpg

シルバー枠に収まったベネチアンガラスのネックレスをご覧ください。

七宝焼の家オンラインショップの製品では、ガラスペンダントトップ

同じ技法のものがありますが、こちらは枠がシルバーなので、少し印象が

変わりますね。

DSC_0997600.jpg

大きさは、縦約2.5㎝、横約2㎝位です。同じくシルバーのチェーンを

つけましたので、お値段は9,000円とちょっと高めです。チェーンの長さは、

45㎝です。

DSC_1004600.jpg

裏引きは、明るいオレンジ色ですので、シルバーの印象をつぶさず

高級感も増しています。プレゼントには、ピッタリですね。

ご用命は、℡:0278-64-2064 又は、yamasankobo.acc@gmail.com まで

ご連絡ください。

DSC_1005600.jpg

先日もご紹介したベネチアンガラスのチタンガラスを細工した製品

本日は、グリーンの小さなハートをご覧ください。

DSC_0286600.jpg

一見、グリーンのようですが、アップしてみると何種類かの色が見えてきます。

DSC_0282600.jpg

周りは、ブルーのようにも見えますね。

DSC_0252600.jpg

この角度では、ブルーの濃淡が良くわかります。周りは濃いブルーで、中は

ライトブルーの輝きが見えます。不思議ですね。

これは、ベネチアンガラスのチタンガラスを整形加工したものです。

DSC_0257600.jpg

ちょっとアヒルさんに隠れていますが、これは黄色が主役のようですね。

角度によって色合いを変える楽しくて、美しいペンダントだと思います。

たくみの里七宝焼の家で販売しています。チェーン付で3,200円です。

お出での際は、スタッフに声をかけていただいて、ぜひご覧になってください。

DSC_0268600.jpg

七宝焼きで干支の犬

2017年12月1日、いよいよ師走に入りましたね。気分は、ちょっと

慌ただしくなっていますが、七宝焼きで来年の干支の犬を作りましたので

ご覧ください。可愛かったり、面白かったり、奇妙だったりで、ひと時

楽しんでいただけると嬉しいです。

1200円の体験で出来るワンちゃん、どなたでも作っていただけます。

DSC_0290600.jpg

他の犬も加わって、お散歩です。

DSC_0300600.jpg

小さい犬も参加しましたね。楽しそう♪

DSC_0307600.jpg

こちらは、奇妙! ブルーと黄色の目を持って、面白可愛く出来ました。

DSC_0308600.jpg

この三匹は、なんだか悪そうです(笑  いたずらワンちゃんでしょうか。

DSC_0310600.jpg

細い犬も入って、勢揃い。大きなワンちゃん以外は、体験はありません。

IMG_1442600.jpg

最後に、キャンドルの家のいたずら犬さんと対決場面です。

いたずら犬のくわえた、お肉の争奪戦でしょうか。どちらも可愛い顔をしていて、

戦う様子でもありませんね。きっとプレゼントでしょう。めでたしめでたし。

DSC_0293600.jpg

七宝焼き深紅のバラ

真っ赤なバラが七宝焼きで咲きました。ブローチです。

彫金版という技法で、あらかじめ銅板にバラが浮き彫りにされていて

そこに、釉薬(ガラスの微粉末)で濃淡をつけながら色付けしていきます。

バラは、その香りと共に大きな魅力を持つ花ですよね。

こうして七宝焼きで作られていても、なんだか目を引きます。

DSC_0275600.jpg

ちょっと暗めにしても、かえってその花の持つ力のようなものが、引きたつ

感じがしてきます。枯れることのない真紅のバラ、私も欲しくなってきました(笑

たくみの里七宝焼の家で販売しています。2,800円です。バラではありませんが、

同じ技法のブローチ七宝焼の家オンラインショップでも販売しておりますので、

是非ご覧ください。

DSC_0280600.jpg

ベネチアンガラスの小さな花模様を楽しめるペンダントを

ご覧ください。ベースをシルバーの箔でくるんであるので、

品の良い輝きが出ました。 氷に浮かぶ花のようですね。

DSC_0027600.jpg

落ち着いた色の紐に、当店で作ったトンボ玉の小粒を付けました。

チェーンや皮ひもも良いですが、この組み合わせも、それぞれの良さを

発揮しあっていると感じました。

DSC_0039600.jpg

この作り方は体験出来ませんが、七宝焼の家で販売しています。トンボ玉と

紐付きで4,000円です。ベネチアンガラスのペンダントトップは、七宝焼の家

オンラインショップでも販売しています。

そちらも合わせてお楽しみいただけると嬉しいです。

DSC_0022600.jpg

七宝焼きの新しい仲間

たくみの里七宝焼の家の銅板に、新しい仲間が入りました。

来年の干支、戌年にちなんで、犬の形です。たくさんの材料の中に

大きく目立っていて、何色の犬にしようかなと考えるのも楽しくなります。

穴がないので、そのまま飾るか、別売りのピンを付けて

ブローチとしてお使いいただけます。

DSC_0137600.jpg

小鳥の飾り物と一緒に撮ってみました。犬が楽しそうに見えてくるのは

私だけかな?笑)

DSC_0142600.jpg

もう少し楽しそうにしてみます。小鳥は、迷惑そう?

これから来年に向けて活躍してくれそうですね。1,200円の七宝焼体験です。

DSC_0146600.jpg

ベネチアンガラスペンダントの新作をご覧ください。七宝焼の家大堀由里作です。

ガラスフュージング技法になります。

DSC_0008600.jpg

ベネチアンガラスは、ガラス棒の中に小さい花や星の模様を埋め込んで

棒状にしたもので、それを更に小さく切ってビーズサイズになっています。

金太郎飴と同じですね(笑

DSC_0006600.jpg

様々な模様があるので、好みで組み合わせられます。裏の無い型で作って

あるので、後ろの色が少し反映されています。

DSC_0012600.jpg

ガラスフュージング技法は、七宝焼の家オンラインショップの

ガラスペンダントトップに同じ作り方のものがあります。

DSC_0016600.jpg

枠の無いものは、たくみの里七宝焼の家で、体験出来るものもあります。

ガラスアクセサリーですが、秋の装いにも似合いますね。

DSC_0018600.jpg

先日買い物中にアクセサリーや腕時計など、ちょっと外して置く時にも使える

小皿を見つけました。それぞれアヒルとネコがついていて、この二つしか

残っていなかったので、衝動買いしてしまいました。早速、七宝焼き

ピアスを乗せて撮ってみました。カルガモ親子のように見えます(笑

ピアスは、七宝焼の家オンラインショップで販売している重ね焼き技法

#006です。

DSC_0133600.jpg

同じくショップで販売しているガラスフュージングのピアスも。

クリスマスをイメージした色合いに、光を反射するように作ったものです。

白に似合いますね。

DSC_0135600.jpg

こちらは、ネコにベネチアンガラスの指輪を乗せてみました。

色々な方法で使えそう。小皿のおかげで、またワクワク出来て嬉しいです。

DSC_0136600.jpg

七宝焼きイヤリング#001

七宝焼の家オンラインショップで販売しているイヤリング、ウサギの

耳を借りてつけて見ました。何だか面白くなりましたね。お姫様みたい。

昔、浅草のかんざしやさんで、憧れながら見上げたお姫様かんざしを

思い出してしまいました(笑

DSC_0124600.jpg

このイヤリングは、重ね焼き技法でオンラインショップでは、2,800円で

販売しています。ピンクのベースにピンクの濃淡と黄色のフリットを

乗せて焼成しました。フリットはガラスの粒なので、溶けると、その

大きさの分広がり、柔らかな模様が出来上がります。

優しい色合いは、見ているだけでも楽しくなりますね。

DSC_0126600.jpg

深い赤を七宝焼きで

落ち着いた秋を感じさせる、深い赤のブローチが出来上がりました。

子供の頃、秋の終わりや冬の始まりに、えんじ色のセーターを着るのは、

とてもオシャレに感じたものです。そんな想いを代弁するかのように、

七宝焼の家の大堀由里が作った、Deep redのブローチをご覧ください。

DSC_0108600.jpg

白ネコのディスプレイ用皿を見つけたので、活躍してもらいます。

アクセントに乗せたチタンガラスが光を受けて、その色を大いに発揮していますね。

このポイントは、ブルズアイガラスのチタンガラスを溶かして、熱いうちに棒状に

伸ばし更に小切りにしたものを焼き、七宝焼きの上に乗せて焼成したと言う事です。

う~ん、かなり込み入っていますね。

DSC_0112600.jpg

いつものごとく、鏡に乗せて青空にも協力してもらいました。留め金が確認できると

思いますが、その上にリングがあるので、チェーンを通してペンダントにしていただく

事も出来ます。今のところ、試作提案品ですので、七宝焼の家の店頭には並びませんが

いずれ販売出来ると思います。お楽しみにしていただけると嬉しい限りです。

DSC_0115600.jpg

七宝焼き白のピアス

七宝焼き白のピアス、ご覧ください。白の上に透明ガラスビーズを

乗せました。巾約1㎝位の小さなハート型です。

DSC_0084600.jpg

ガラスビーズが、光の具合で少し色の変化を見せるところが、小さなピアスの

大きなポイントですね^-^

DSC_0090600.jpg

これもどのような色合いにも似合います。鏡に乗せて青空と出窓の外の風景を

バックにしてみました。

DSC_0086600.jpg

これは、モノクロではありませんが、光の具合です。それでもほのかにビーズの

色が出ているのが面白いですね。

実物は、たくみの里七宝焼の家のショーケースでご覧になれます。

DSC_0077600.jpg

ガラスの小粒ピアス

今日はガラスの小粒ピアスをご覧ください。これもたくみの里七宝焼の家の

ショーケースからピックアップしてきました。5~6㎜のホントに小さなガラス粒

ですが、意外な面白さを見つけました。

DSC_0048600.jpg

わかりやすいように、光を受ける方向を変えて撮ってみると、上は赤、下は、

ピンクに見えますね。これは楽しい!などと思ってしまいました。

DSC_0063600.jpg

出窓の外の紅葉をバックにしてみると、木の実のようにも感じられます。

小さな赤を身に着ける楽しさって、格別なような気がしてきました。嬉しい

小粒のアクセサリーです。

DSC_0058600.jpg

本日は、七宝焼きリボンの形のピアスをご覧ください。

技法は、七宝焼の家オンラインショップに掲載しているバレッタと同じ

重ね焼きになります。その他の項目のゴルフマーカーとも同じです。

ベースの色で印象も随分変わりますよね。透明なビーズが日を受けて

きれいです。華やぐ場所でも活躍しそうですね。

DSC_0068600.jpg

耳元で揺れるピンクのリボン......楽しくなります。

体験も出来ますし、たくみの里の七宝焼の家でもご覧になれます。

お好みの色で、作ったり、それをプレゼントするのも嬉しいですね。

ピアスの体験は、2,000円~です。

DSC_0100600.jpg

新作ベネチアンガラスのペンダントⅡ、本日は、ピンクの可愛らしい一品を

ご紹介いたします。同じくシルバーの枠ですが、全体がシルバーの上に

ベネチアンガラスをデザインしたものです。

DSC_0964600.jpg

ベネチアンガラスは、見ているだけでも楽しくなるガラス細工のビーズです。

それを組み合わせて行くのも又ワクワクする作業になりますね。

DSC_0966600.jpg

全体がシルバーの枠ですので、裏面にシルバーの刻印があり、オレンジ色が

美しいです。鏡に乗せて出窓の外も借景しました。オールシーズン楽しめます。

DSC_0968600.jpg

チェーンもシルバーをつけましたので、双方ともで8,000円と少しお値段も

高めですが、プレゼントには最適と思われます。たくみの里七宝焼の家で、販売して

おりますので、お早めにご連絡ください。℡0278-64-2064 月曜は定休で

9:00~16:00までです。

DSC_1008600.jpg

七宝焼の家オンラインショップ商品の詳細をこのブログでご紹介

してきましたが、まだショップにはあげていない新作を一足早く

ご覧いただこうと思います。ベネチアンガラスのペンダントです。

DSC_0948600.jpg

枠はシルバーですので、落ち着いた輝きがあり、ベネチアンガラスと

同系色の上でも浮き立ちますね。

DSC_0949600.jpg

光を通すので、繊細な輝きも見ることができます。実際に身に着けていただく時は

下の色が反映してくると思います。それも楽しみですね。

DSC_0950600.jpg

秋も深まって、装いを楽しむ上で、大いに活躍してくれることでしょう。

皮ひも付きで、7,500円です。たくみの里七宝焼の家で、販売しています。

直接ご連絡いただく場合は、℡0278-64-2064まで、9:00~16:00に受け付けております。

尚、月曜は定休日です。

DSC_0954600.jpg

小菊をお供にⅡ

前回のピンクベースにしたものの色違い、ブルーのご紹介です。

さしずめ、秋晴れの青空に小菊、といったイメージですね。

こちらは、細い皮ひもにしました。

DSC_0904600.jpg

深い色にも負けないですね。これからの装い向けになります。

たくみの里七宝焼の家で、手作り体験していただけます。

ベネチアンガラスの配置も変えて、お好みの色で作れますね。

DSC_0932600.jpg

ピンクのと同じように窓際で撮ってみました。うっすら緑に見えるのは、蔦の葉です。

あの葉が紅葉してくるのも楽しみですね。

DSC_0933600.jpg

ネットでのご購入は、七宝焼の家オンラインショップでしていただけます。そちらでは、

ペンダントトップのみの販売で皮ひもは別売りとなっています。ご了承ください。

小菊をお供に

可愛い小菊を並べたような七宝焼きのペンダントが本日の出番です。

七宝焼の家オンラインショップでは、#Pe008として登場しています。

リング状の銅板にピンクの釉薬をしき、ベネチアンガラスの粒を配置しました。

DSC_0895600.jpg

たくみの里七宝焼の家で、製作体験も出来ます。お好みの色やデザインで

楽しめますね。画面上では、大き目に見えますが、約4㎝位のサイズです。

サイズは、サイトでご確認いただけます。

DSC_0922600.jpg

次回は、同じ形でブルーのものをご紹介いたします。お楽しみに。

ネット上でのご購入は、七宝焼の家オンラインショップをご覧ください。

わが町の城巡り

| コメント(0)

「時は今! いざ出陣」と題して、たくみの里周辺にある城巡りを

七宝焼の家の福田茂が企画いたしました。みなかみ町には、昨年来

大変に有名になった名胡桃城の他にも、いくつもの城址があります。

旧三国街道の両サイドに、かつて地域の拠点となった、その城址を

尋ねます。今は、言われなければ全く想像がつかないような所でも

話を聞くと、いにしえにロマンが湧いてくるから不思議です。

その場所の持つ雰囲気を感じるからでしょうか。そろそろ定員になって

きましたが、ご一緒に楽しんでいただければと思います。

tokiima.jpg