七宝焼の最近のブログ記事

今日、12月7日(木)~4日間 沼田市にあるギャラリーAlgoさんにて

X'mas SOUQ (クリスマス スーク)2017が開かれます。

20組の作家さんたちが、それぞれのクリスマスの思い出をよせるとと共に

丹精込めた作品を、展示販売していただけます。

2017souq1.jpg

ギャラリーALGOを運営する小倉香さんは、大石商店の名前で出展です。

タイルアートの作家でもあるので、その作品が、また楽しみです。

2017souq2.jpg

たくみの里七宝焼の家の大堀由里は、深い赤の七宝焼アクセサリーを何点か

ご披露いたします。皆様の作品を見るだけでなく、買い求められるのが嬉しく、

この一年の自分へのご褒美にもしたいと、今からワクワクしています。

DSC_0109600.jpg

七宝焼きで干支の犬

2017年12月1日、いよいよ師走に入りましたね。気分は、ちょっと

慌ただしくなっていますが、七宝焼きで来年の干支の犬を作りましたので

ご覧ください。可愛かったり、面白かったり、奇妙だったりで、ひと時

楽しんでいただけると嬉しいです。

1200円の体験で出来るワンちゃん、どなたでも作っていただけます。

DSC_0290600.jpg

他の犬も加わって、お散歩です。

DSC_0300600.jpg

小さい犬も参加しましたね。楽しそう♪

DSC_0307600.jpg

こちらは、奇妙! ブルーと黄色の目を持って、面白可愛く出来ました。

DSC_0308600.jpg

この三匹は、なんだか悪そうです(笑  いたずらワンちゃんでしょうか。

DSC_0310600.jpg

細い犬も入って、勢揃い。大きなワンちゃん以外は、体験はありません。

IMG_1442600.jpg

最後に、キャンドルの家のいたずら犬さんと対決場面です。

いたずら犬のくわえた、お肉の争奪戦でしょうか。どちらも可愛い顔をしていて、

戦う様子でもありませんね。きっとプレゼントでしょう。めでたしめでたし。

DSC_0293600.jpg

七宝焼き深紅のバラ

真っ赤なバラが七宝焼きで咲きました。ブローチです。

彫金版という技法で、あらかじめ銅板にバラが浮き彫りにされていて

そこに、釉薬(ガラスの微粉末)で濃淡をつけながら色付けしていきます。

バラは、その香りと共に大きな魅力を持つ花ですよね。

こうして七宝焼きで作られていても、なんだか目を引きます。

DSC_0275600.jpg

ちょっと暗めにしても、かえってその花の持つ力のようなものが、引きたつ

感じがしてきます。枯れることのない真紅のバラ、私も欲しくなってきました(笑

たくみの里七宝焼の家で販売しています。2,800円です。バラではありませんが、

同じ技法のブローチ七宝焼の家オンラインショップでも販売しておりますので、

是非ご覧ください。

DSC_0280600.jpg

七宝焼きの新しい仲間

たくみの里七宝焼の家の銅板に、新しい仲間が入りました。

来年の干支、戌年にちなんで、犬の形です。たくさんの材料の中に

大きく目立っていて、何色の犬にしようかなと考えるのも楽しくなります。

穴がないので、そのまま飾るか、別売りのピンを付けて

ブローチとしてお使いいただけます。

DSC_0137600.jpg

小鳥の飾り物と一緒に撮ってみました。犬が楽しそうに見えてくるのは

私だけかな?笑)

DSC_0142600.jpg

もう少し楽しそうにしてみます。小鳥は、迷惑そう?

これから来年に向けて活躍してくれそうですね。1,200円の七宝焼体験です。

DSC_0146600.jpg

先日買い物中にアクセサリーや腕時計など、ちょっと外して置く時にも使える

小皿を見つけました。それぞれアヒルとネコがついていて、この二つしか

残っていなかったので、衝動買いしてしまいました。早速、七宝焼き

ピアスを乗せて撮ってみました。カルガモ親子のように見えます(笑

ピアスは、七宝焼の家オンラインショップで販売している重ね焼き技法

#006です。

DSC_0133600.jpg

同じくショップで販売しているガラスフュージングのピアスも。

クリスマスをイメージした色合いに、光を反射するように作ったものです。

白に似合いますね。

DSC_0135600.jpg

こちらは、ネコにベネチアンガラスの指輪を乗せてみました。

色々な方法で使えそう。小皿のおかげで、またワクワク出来て嬉しいです。

DSC_0136600.jpg

七宝焼きイヤリング#001

七宝焼の家オンラインショップで販売しているイヤリング、ウサギの

耳を借りてつけて見ました。何だか面白くなりましたね。お姫様みたい。

昔、浅草のかんざしやさんで、憧れながら見上げたお姫様かんざしを

思い出してしまいました(笑

DSC_0124600.jpg

このイヤリングは、重ね焼き技法でオンラインショップでは、2,800円で

販売しています。ピンクのベースにピンクの濃淡と黄色のフリットを

乗せて焼成しました。フリットはガラスの粒なので、溶けると、その

大きさの分広がり、柔らかな模様が出来上がります。

優しい色合いは、見ているだけでも楽しくなりますね。

DSC_0126600.jpg

深い赤を七宝焼きで

落ち着いた秋を感じさせる、深い赤のブローチが出来上がりました。

子供の頃、秋の終わりや冬の始まりに、えんじ色のセーターを着るのは、

とてもオシャレに感じたものです。そんな想いを代弁するかのように、

七宝焼の家の大堀由里が作った、Deep redのブローチをご覧ください。

DSC_0108600.jpg

白ネコのディスプレイ用皿を見つけたので、活躍してもらいます。

アクセントに乗せたチタンガラスが光を受けて、その色を大いに発揮していますね。

このポイントは、ブルズアイガラスのチタンガラスを溶かして、熱いうちに棒状に

伸ばし更に小切りにしたものを焼き、七宝焼きの上に乗せて焼成したと言う事です。

う~ん、かなり込み入っていますね。

DSC_0112600.jpg

いつものごとく、鏡に乗せて青空にも協力してもらいました。留め金が確認できると

思いますが、その上にリングがあるので、チェーンを通してペンダントにしていただく

事も出来ます。今のところ、試作提案品ですので、七宝焼の家の店頭には並びませんが

いずれ販売出来ると思います。お楽しみにしていただけると嬉しい限りです。

DSC_0115600.jpg

七宝焼き白のピアス

七宝焼き白のピアス、ご覧ください。白の上に透明ガラスビーズを

乗せました。巾約1㎝位の小さなハート型です。

DSC_0084600.jpg

ガラスビーズが、光の具合で少し色の変化を見せるところが、小さなピアスの

大きなポイントですね^-^

DSC_0090600.jpg

これもどのような色合いにも似合います。鏡に乗せて青空と出窓の外の風景を

バックにしてみました。

DSC_0086600.jpg

これは、モノクロではありませんが、光の具合です。それでもほのかにビーズの

色が出ているのが面白いですね。

実物は、たくみの里七宝焼の家のショーケースでご覧になれます。

DSC_0077600.jpg

本日は、七宝焼きリボンの形のピアスをご覧ください。

技法は、七宝焼の家オンラインショップに掲載しているバレッタと同じ

重ね焼きになります。その他の項目のゴルフマーカーとも同じです。

ベースの色で印象も随分変わりますよね。透明なビーズが日を受けて

きれいです。華やぐ場所でも活躍しそうですね。

DSC_0068600.jpg

耳元で揺れるピンクのリボン......楽しくなります。

体験も出来ますし、たくみの里の七宝焼の家でもご覧になれます。

お好みの色で、作ったり、それをプレゼントするのも嬉しいですね。

ピアスの体験は、2,000円~です。

DSC_0100600.jpg

小菊をお供にⅡ

前回のピンクベースにしたものの色違い、ブルーのご紹介です。

さしずめ、秋晴れの青空に小菊、といったイメージですね。

こちらは、細い皮ひもにしました。

DSC_0904600.jpg

深い色にも負けないですね。これからの装い向けになります。

たくみの里七宝焼の家で、手作り体験していただけます。

ベネチアンガラスの配置も変えて、お好みの色で作れますね。

DSC_0932600.jpg

ピンクのと同じように窓際で撮ってみました。うっすら緑に見えるのは、蔦の葉です。

あの葉が紅葉してくるのも楽しみですね。

DSC_0933600.jpg

ネットでのご購入は、七宝焼の家オンラインショップでしていただけます。そちらでは、

ペンダントトップのみの販売で皮ひもは別売りとなっています。ご了承ください。

小菊をお供に

可愛い小菊を並べたような七宝焼きのペンダントが本日の出番です。

七宝焼の家オンラインショップでは、#Pe008として登場しています。

リング状の銅板にピンクの釉薬をしき、ベネチアンガラスの粒を配置しました。

DSC_0895600.jpg

たくみの里七宝焼の家で、製作体験も出来ます。お好みの色やデザインで

楽しめますね。画面上では、大き目に見えますが、約4㎝位のサイズです。

サイズは、サイトでご確認いただけます。

DSC_0922600.jpg

次回は、同じ形でブルーのものをご紹介いたします。お楽しみに。

ネット上でのご購入は、七宝焼の家オンラインショップをご覧ください。

秋色ブローチⅢ

秋色ブローチのご紹介三作目です。私個人は、この色が一番好きです。

実に渋い色ではありますが、存在感がなさそうで、でも、

他をしっかり際立たせそうな密かな力を持つ・・・などと言ったら

いささかオーバーですね。

この形が光と影を見せてくれます。ガラスの質感もその陰影でとらえることが

出来ますね。

DSC_0839600.jpg

明るい色にも負けない存在感がありますが、下の色を、ブローチが反映しています。

DSC_0887600.jpg

更に、渋さを増して、落ち着きます。別ものに見えてきませんか?

DSC_0870600.jpg

では、この色には合うでしょうか。

バックの色の可愛さが引き立ちました。

色を楽しむ組み合わせ、様々試してみたくなりました。ワクワクしますね。

DSC_0892600.jpg

彫金版の七宝焼きアクセサリーは、こちらでもご覧いただけます。

秋色ブローチⅡ

秋色ブローチ二番目にご紹介するのは、前回と同じ形でグリーン系です。

こちらも七宝焼の家オンラインショップでは、#Br006になっています。

ショップでは、色の再現が難しいので、バックの色を変えて撮ってみました。

七宝焼き彫金版ブローチグリーン#Br006-1

七宝焼きは、ガラス製品になりますので、光の当たり具合で印象も随分

変わりますよね。

ショップでは、再現出来ないものをブログで詳細していきたいと思っております。

七宝焼き彫金版ブローチグリーン#Br006-2

このブローチは、横長サイズ約5㎝、縦の長い所で2㎝と、かなり小さいものです。

こうしてアップすると大きく見えてしまいますが、彫金版の刻印をお確かめ

いただきたくて、鮮明にしてみました。グリーンの葉がそろそろ少なくなって

きたので、アクセサリーでお楽しみいただけると嬉しいです。

七宝焼き彫金版ブローチグリーン#Br006-3

七宝焼オンラインショップでご覧いただく色も実際に近くなっています。

秋色ブローチⅠ

9月最後の日になりました。2017年もあと3か月で終わり・・・

なんて考えると、落ち着かなくなりそうなので、秋、晩秋、冬と

移っていく季節を大いに楽しみましょう。ということで、秋らしく色づいた

葉の形の七宝焼ブローチを、3回にわたってご紹介していきたいと思います。

七宝焼の家オンラインショップで#005の赤い葉のブローチが一番手です。

DSC_0820600.jpg

彫金版と言って、銅板にあらかじめ模様が彫られており、そのラインが見えるように

透明ガラスの釉薬を乗せ焼成します。

銅板の形によって、炉の中で釉薬が溶けて動き、自然の濃淡が出来上がります。

元は、金属なのに、透明感を持つガラス製品に生まれ変わりました。

DSC_0880600.jpg

七宝焼の家は、キャンドルの家も併設していて、ジェルキャンドル作りが出来ます。

そこで使うカラーサンドは、色が豊富なので、そのうちの一つに乗せてみました。

このような色にも、似あいますね。

DSC_0886600.jpg

七宝焼の家オンラインショップは、こちらからどうぞ。

前回ご紹介したアイスグリーンのネックレスを、別角度で

ご覧いただこうと思います。

裏引きは、ブルー系の色になっていますので、反射するものの上に

乗せて撮ってみました。

DSC_0720600.jpg

このシルバーのアクセサリーは、たくみの里七宝焼の家では、人気の

高い商品です。実際に七宝焼き作り体験で、製作していただくことも

出来るので、お好みの色やデザインの一品を得ることも出来ますね。

DSC_0697600.jpg

暑さの盛りから比べたら、格段の差があるのに、まだまだ暑く

感じる毎日ですね、まさしく残暑。もう少し涼を求めて、

見た目も涼し気なシルバーのネックレスをご紹介します。

小さいサイズですので、軽くて着け心地もとても良いです。

DSC_0571600.jpg

アップでご覧ください。アイスグリーンがいかにも涼し気です。

裏は、カラーの裏引きになっています。

トップは、シルバーで2㎝に満たない小さなものです。メッキの

チェーンが付いて3,200円。トップのみの販売は、オンラインショップに

アップいたします。他の色は、また後日ご紹介させていただきます。

DSC_05716001.jpg

七宝焼きの技法の中に、シルクスクリーンというのがあります。

下絵を描いた銅板に色を埋め込んで行き、額絵のように完成させます。

季節柄、鯉のぼりを描いたものを作りましたので、お披露目です。

これは、若いスタッフが昨年10月に生まれた自分の甥にプレゼントする予定です。

細かい部分のにじみなどは、さておいて、時間と根気の要る作業は、

健やかな成長を願う思いが、一層伝わるのではないでしょうか。

ご覧いただきお楽しみください。

鯉のぼりの額絵

新しい技術で

| コメント(0)

七宝焼の家の大堀由里が、新しい技術を取得して完成させた作品を

お披露目します。

七宝焼きとシルバーのワイヤーの組み合わせで、ワイヤーは強度を高め

しっかりと固定されています。ワイヤーの性質は、力を加えるとどんどんと

その強度を増していくのが面白いものです。これは、まだ販売はしておりませんが、

技術を更に向上させて、お求めの方のお手に届くよう精進していきます。

DSC_0499600.jpgDSC_0513600.jpg

春の装いに

| コメント(2)

桜の開花は、各地で進んでいますが、山沿いでは名残りの雪の

お便りも。 でも装いは、春! に決めたいですよね。

ショップサイトで春を楽しめるアクセサリーをご紹介します。

ベネチアンガラスを小さい花に見立てて、春そのものの様な

ペンダントを作りました。リング状なので、皮ひもを通すと

安定します。皮ひもは別売りになりますがご参考にしてください。

DSC_1067500.jpg