七宝焼の最近のブログ記事

小菊をお供にⅡ

前回のピンクベースにしたものの色違い、ブルーのご紹介です。

さしずめ、秋晴れの青空に小菊、といったイメージですね。

こちらは、細い皮ひもにしました。

DSC_0904600.jpg

深い色にも負けないですね。これからの装い向けになります。

たくみの里七宝焼の家で、手作り体験していただけます。

ベネチアンガラスの配置も変えて、お好みの色で作れますね。

DSC_0932600.jpg

ピンクのと同じように窓際で撮ってみました。うっすら緑に見えるのは、蔦の葉です。

あの葉が紅葉してくるのも楽しみですね。

DSC_0933600.jpg

ネットでのご購入は、七宝焼の家オンラインショップでしていただけます。そちらでは、

ペンダントトップのみの販売で皮ひもは別売りとなっています。ご了承ください。

小菊をお供に

可愛い小菊を並べたような七宝焼きのペンダントが本日の出番です。

七宝焼の家オンラインショップでは、#Pe008として登場しています。

リング状の銅板にピンクの釉薬をしき、ベネチアンガラスの粒を配置しました。

DSC_0895600.jpg

たくみの里七宝焼の家で、製作体験も出来ます。お好みの色やデザインで

楽しめますね。画面上では、大き目に見えますが、約4㎝位のサイズです。

サイズは、サイトでご確認いただけます。

DSC_0922600.jpg

次回は、同じ形でブルーのものをご紹介いたします。お楽しみに。

ネット上でのご購入は、七宝焼の家オンラインショップをご覧ください。

秋色ブローチⅢ

秋色ブローチのご紹介三作目です。私個人は、この色が一番好きです。

実に渋い色ではありますが、存在感がなさそうで、でも、

他をしっかり際立たせそうな密かな力を持つ・・・などと言ったら

いささかオーバーですね。

この形が光と影を見せてくれます。ガラスの質感もその陰影でとらえることが

出来ますね。

DSC_0839600.jpg

明るい色にも負けない存在感がありますが、下の色を、ブローチが反映しています。

DSC_0887600.jpg

更に、渋さを増して、落ち着きます。別ものに見えてきませんか?

DSC_0870600.jpg

では、この色には合うでしょうか。

バックの色の可愛さが引き立ちました。

色を楽しむ組み合わせ、様々試してみたくなりました。ワクワクしますね。

DSC_0892600.jpg

彫金版の七宝焼きアクセサリーは、こちらでもご覧いただけます。

秋色ブローチⅡ

秋色ブローチ二番目にご紹介するのは、前回と同じ形でグリーン系です。

こちらも七宝焼の家オンラインショップでは、#Br006になっています。

ショップでは、色の再現が難しいので、バックの色を変えて撮ってみました。

七宝焼き彫金版ブローチグリーン#Br006-1

七宝焼きは、ガラス製品になりますので、光の当たり具合で印象も随分

変わりますよね。

ショップでは、再現出来ないものをブログで詳細していきたいと思っております。

七宝焼き彫金版ブローチグリーン#Br006-2

このブローチは、横長サイズ約5㎝、縦の長い所で2㎝と、かなり小さいものです。

こうしてアップすると大きく見えてしまいますが、彫金版の刻印をお確かめ

いただきたくて、鮮明にしてみました。グリーンの葉がそろそろ少なくなって

きたので、アクセサリーでお楽しみいただけると嬉しいです。

七宝焼き彫金版ブローチグリーン#Br006-3

七宝焼オンラインショップでご覧いただく色も実際に近くなっています。

秋色ブローチⅠ

9月最後の日になりました。2017年もあと3か月で終わり・・・

なんて考えると、落ち着かなくなりそうなので、秋、晩秋、冬と

移っていく季節を大いに楽しみましょう。ということで、秋らしく色づいた

葉の形の七宝焼ブローチを、3回にわたってご紹介していきたいと思います。

七宝焼の家オンラインショップで#005の赤い葉のブローチが一番手です。

DSC_0820600.jpg

彫金版と言って、銅板にあらかじめ模様が彫られており、そのラインが見えるように

透明ガラスの釉薬を乗せ焼成します。

銅板の形によって、炉の中で釉薬が溶けて動き、自然の濃淡が出来上がります。

元は、金属なのに、透明感を持つガラス製品に生まれ変わりました。

DSC_0880600.jpg

七宝焼の家は、キャンドルの家も併設していて、ジェルキャンドル作りが出来ます。

そこで使うカラーサンドは、色が豊富なので、そのうちの一つに乗せてみました。

このような色にも、似あいますね。

DSC_0886600.jpg

七宝焼の家オンラインショップは、こちらからどうぞ。

前回ご紹介したアイスグリーンのネックレスを、別角度で

ご覧いただこうと思います。

裏引きは、ブルー系の色になっていますので、反射するものの上に

乗せて撮ってみました。

DSC_0720600.jpg

このシルバーのアクセサリーは、たくみの里七宝焼の家では、人気の

高い商品です。実際に七宝焼き作り体験で、製作していただくことも

出来るので、お好みの色やデザインの一品を得ることも出来ますね。

DSC_0697600.jpg

暑さの盛りから比べたら、格段の差があるのに、まだまだ暑く

感じる毎日ですね、まさしく残暑。もう少し涼を求めて、

見た目も涼し気なシルバーのネックレスをご紹介します。

小さいサイズですので、軽くて着け心地もとても良いです。

DSC_0571600.jpg

アップでご覧ください。アイスグリーンがいかにも涼し気です。

裏は、カラーの裏引きになっています。

トップは、シルバーで2㎝に満たない小さなものです。メッキの

チェーンが付いて3,200円。トップのみの販売は、オンラインショップに

アップいたします。他の色は、また後日ご紹介させていただきます。

DSC_05716001.jpg

七宝焼きの技法の中に、シルクスクリーンというのがあります。

下絵を描いた銅板に色を埋め込んで行き、額絵のように完成させます。

季節柄、鯉のぼりを描いたものを作りましたので、お披露目です。

これは、若いスタッフが昨年10月に生まれた自分の甥にプレゼントする予定です。

細かい部分のにじみなどは、さておいて、時間と根気の要る作業は、

健やかな成長を願う思いが、一層伝わるのではないでしょうか。

ご覧いただきお楽しみください。

鯉のぼりの額絵

新しい技術で

| コメント(0)

七宝焼の家の大堀由里が、新しい技術を取得して完成させた作品を

お披露目します。

七宝焼きとシルバーのワイヤーの組み合わせで、ワイヤーは強度を高め

しっかりと固定されています。ワイヤーの性質は、力を加えるとどんどんと

その強度を増していくのが面白いものです。これは、まだ販売はしておりませんが、

技術を更に向上させて、お求めの方のお手に届くよう精進していきます。

DSC_0499600.jpgDSC_0513600.jpg

春の装いに

| コメント(2)

桜の開花は、各地で進んでいますが、山沿いでは名残りの雪の

お便りも。 でも装いは、春! に決めたいですよね。

ショップサイトで春を楽しめるアクセサリーをご紹介します。

ベネチアンガラスを小さい花に見立てて、春そのものの様な

ペンダントを作りました。リング状なので、皮ひもを通すと

安定します。皮ひもは別売りになりますがご参考にしてください。

DSC_1067500.jpg