七宝焼の最近のブログ記事

七宝焼バレッタのアップ

先日ご覧いただいた七宝焼バレッタを七宝焼の家オンラインショップ

アップしました。宝石のような輝きを持つ七宝焼のアクセサリ-は、大切に

扱っていただけると、長い間使用してもらえて更に親しみが湧いてくるものと

思います。

DSC_0743600.jpg

バレッタ・ピンの項目から、バレッタ#004で掲載しました。

お値段、サイズなどご確認していただけます。ぜひご覧ください。

DSC_0751600.jpg

七宝焼ブレスレット

小さな七宝焼のブレスレットが出来ましたので、ご覧ください。

試作品なので、同じものは販売していませんが、色を重ねた焼き方で

模様なしのものを作っていく予定にしております。

DSC_0127600.jpg

皮ひもに少し、よりを入れてあります。ペアで付けていただく場合は、男性用に

アジャスターを足して長さを調節できるようにしていきます。

飾り部分は、1.5cm位です。店頭に並ぶのをお楽しみにしていただけると嬉しいです。

DSC_0133600.jpg

七宝焼のバレッタ

8月も目前となって、この暑さもあとひと月ほど我慢すれば・・・

と希望を繋げられますね。長い髪をオシャレにまとめて気分転換は

いかがですか? 七宝焼のバレッタをご覧ください。

DSC_0920600.jpg

先日ご覧いただいた天空のペンダントに似た雰囲気です。でもこれは三つの

楕円の銅板を銀箔でくるんで色を重ねました。

DSC_0922600.jpg

天空にも水の中にも見えてきます。どちらも涼し気ですよね。

DSC_0925600.jpg

そろそろ花火や夏祭りで、浴衣を着る機会も増えてくることでしょう。

涼し気なバレッタで髪をまとめれば、浴衣スタイルも完成ですね。

七宝焼オンラインショップにアップいたしますので、少々お待ちください。

DSC_0927600.jpg

星空のペンダント

七夕にご覧いただいた天空を思わせるペンダント七宝焼の家

オンラインショップにアップしました。

30cm長さのやや太めなチェーン付です。

pe02846001.jpg

ブルー系は、濃い色が入っても意外と涼し気ですね。

DSC_0339600.jpg

猛暑の続く中、天空に思いを馳せて、一時の涼をお楽しみください。

DSC_0337600.jpg

いよいよ今日から、四万温泉でのクラフトシアターが始まります。

七宝焼の家の大堀由里も22日(日曜日)まで、七宝作家として芸術劇場の

一員を担います。初めての参加でどのような経験が出来るのか、又は

させていただけるのか、いずれにしても、得ることが多い学びの場と

なることでしょう。ありがたい機会だと思います。たくさんの方が

共に楽しんで、良い時間を過ごしてくださいますように。

DSC_0296600.jpg

たくみの里七宝焼の家は、7月16日(月曜日)営業しております。

3連休の最終日となりますので、お早めにお出かけください。

DSC_0298600.jpg

天空のイメージを胸に

今日は七夕ですね。子供の頃聞いた天の川を挟む織姫と彦星のお話し、

それから何十年も経ちますが、あまり晴れた夜は無かったように思います。

願いを込めて短冊をつるしたワクワク感、現実はともかくとしても(笑

嬉しい思い出です。その天空をイメージした七宝焼ペンダントをご覧

いただこうと思います。

pe0263600.jpg

七夕の夜空は、こんな感じでしょうか。満天の星を見上げたら、きっと願いが

叶っていくような気がしてきますね。

pe0284600.jpg

この方向から見ると、天の川に雲がかかっている様に見えると思いますが、

いかがでしょうか。

pe0287600.jpg

プラネタリウムを思い出しますね。子供の頃、ワクワクして見上げたものです。

pe0281600.jpg

七夕に込めた皆様の願いが叶いますように。

pe0285600.jpg

七宝焼ピンをアップ

先日ご紹介いたしました、七宝焼のピンを七宝焼の家オンラインショップ

アップしました。バレッタと同じ項目にしたので、バレッタ・ピン

で一覧画面が出ます。が、画像の間隔が均一にならず、なんとなく

すっきりしない表示になってしまいましたトホホ。

ブルーが濃い色ですが、なぜか涼し気に感じるとおもったら、以前の浴衣はほとんど

この色と白の組み合わせが多かったですよね。妙に納得でした。七宝焼ピン#001

DSC_1000600.jpg

亜麻色を思わせる仕上がりになった窯変技法。とても良い色だと感じます。

七宝焼ピン#002です。

DSC_1001600.jpg

こちらは、彫金版の模様を浮き立たせる仕上がりに、回りの薄いブルーが上品です。

ゴージャスな感じがします。七宝焼ピン#003 サイズなどは各ページで確認いただ

けるとありがたいです。

DSC_1005600.jpg

七宝焼のピン3種

梅雨が明けましたね、早くてびっくり! 明日から7月ですが、半ばころから

また雨になるかもしれませんね。こんな時、長い髪を束ねたり、アップにしている方も

多いかと思いますが、このようなピンで少しとめるだけというのも

楽で良いのではないでしょうか。七宝焼が髪に良く映えると思います。

DSC_0004600.jpg

技法は、いずれも窯変技法です。銅板の色と釉薬の色の融合がうまく絡み合い

彫金版の模様を引き立たせていると思います。

DSC_0002600.jpg

こちらも同じく窯変技法です。ブルーが綺麗に出ていて、夜空の花火を連想させ

ますね。

DSC_0003600.jpg

少し色の変化しているところは、透明のフリットを乗せてワンポイントを

付けました。濃いブルーが涼しげにも見えます。いずれも近日中にショップで

販売いたしますので、お楽しみにお待ちください。

DSC_0997600.jpg

父の日プレゼントⅡ

6月に入ったので、父の日のプレゼント選びも本格的になりましたね。

七宝焼の家オンラインショップでのおすすめは、お父さんのオシャレを

手助けするループタイです。

DSC_0880600.jpg

旅行やサークル活動に参加する機会も多いと思いますので、

そんな時にも活躍してくれることでしょう。

DSC_0870600.jpg

ループタイは、女性のオシャレにも使われています。ネックレスや

ペンダントとは違う装いが出来ますので、ご両親でお揃い、というのも

良いかもしれません。

DSC_0877600.jpg

たくみの里七宝焼の家では作る事も出来ます。形違いや色違いで、作ってプレゼント!

唯一無二のお品は、感謝の気持ちも大いに伝えられると思います。

DSC_0876600.jpg

記念と思い出に残るプレゼントを、大切な方へお贈りください。

DSC_0874600.jpg

七宝焼きピアス

七宝焼きピアスの小さな丸が出来ましたので、ご覧ください。

以前春色のブルーとグリーン系をご紹介しましたが、同じ形の

ピンクとイエロー系です。こちらも優しい色合いに仕上がりました。

DSC_0853600.jpg

直径は約1㎝、ピアスの金具はシリコンでアレルギーの方にも安心です。

留め具からの全体の長さは、約2.5㎝位になっています。軽くてこれからの季節にも

楽しみが増えますね。

DSC_0856600.jpg

こちらは、ピンクです。この色合いの優しさは、気持ちも穏やかにしてくれるような

気がしてきます。服装やその日のお天気に合わせて、色を変えても楽しそう!

DSC_0860600.jpg

いずれも重ね焼き技法で、3,200円です。オンラインショップでも

アップしていきますので、お楽しみに。

DSC_0851600.jpg

葉っぱのブローチの続き

4月12日にご紹介した、葉っぱのブローチの新色ものを装い風に

撮ってみました。

銅板に直接ダークオレンジを乗せて焼いた、濃い色です。初夏の装いに

はっきりとしたポイントを付けてくれます。

DSC_0685600.jpg

スカーフを丸めて乗せてみました。ちょっとバラ園に行った気分。

DSC_0841600.jpg

銅板に白、焼成後ダークオレンジを乗せ2度目の焼成をしたものは、明るく

仕上がります。

DSC_0688600.jpg

少し光を避けても、オレンジ色そのものですね。

DSC_0683600.jpg

留め金が逆になりますが、向きを変えても面白いと思います。葉脈がはっきりして

やや活発な感じがするのは、葉の形のせいでしょうか。このまま飛んで行って

しまいそうですね(笑

DSC_0690600.jpg

水を思わせる七宝焼のペンダントが出来上がりました。

作者のYuRiによりますと、みなかみ町のウォータースポーツの

イメージだそうで、利根川沿いの美しい緑、水の流れ、源流を生み出す

雪さえも全体の中に組み込んだと言う事です。

DSC_0839600.jpg

ブルーの色が様々に出ていて、七宝本体は、まさに水のイメージピッタリだと

おもいます。湧き出る水の泡のようにも見えますね。

DSC_0824600.jpg

光を少しよけると、落ち着いた色合いになりますね。水の流れが静かな所の

ホッとする雰囲気を感じます。

DSC_0831600.jpg

ペンダントとしてつけた綿の紐のカラーが、山の緑と空の青、

そして調節の為のウッドビーズは、山の木々、白い小粒のトンボ玉が

源流を生み出す雪。さて、利根川のウォータースポーツで味わえる自然を

感じていただけたでしょうか。イメージは人それぞれですが、作者が持った

直感は楽しくて、みなかみ町への愛も思わせるものになりました。

お土産や母の日のプレゼントにいかがでしょうか。たくみの里七宝焼の家で

販売しております。4,200円となります。

DSC_0819600.jpg

七宝焼きで初節句祝い

七宝焼きで初節句のお祝いを作りました。これは、昨年の4月に

七宝焼の家の大堀由里が、初孫にプレゼントしたものなんです。

全部で11個の七宝焼きを作り、デザインしました。

一般的な七宝焼き体験で作れるものもありますし、ちょっと難しい

ものも組み合わせています。個数も多いので、金額的にも高くなり

ご紹介だけになりますが、工夫を凝らしたこんなプレゼントも

楽しいものですね。子供さんたちが、素直で健やかに楽しい毎日を

過ごして行けますように。

hatuzekkusippou.jpg

ねこの七宝焼ペンダント

先日ご覧いただいたロゴ入り台紙に、ねこのペンダントをセットしました。

このねこたちは、横浜赤レンガ倉庫で5月7日まで開かれているねこらんまん展に

出品いたしました。

DSC_0801600.jpg

ねこのペンダントですが、ドラ猫ちゃんのようですね。

ドラ猫も台紙に乗ると、ちょっと立派に見えてくるのは、

私が作ったのではないのに、親バカ的ですね(笑

DSC_0794600.jpg

どの子がお嫁入り、婿入り出来るでしょうか。

沢山のお客様が楽しんでくださると嬉しいです。

DSC_0795600.jpg

春色ピアス

七宝焼きの春色ピアスが出来ました。小さい丸が春風に揺れて

足取りも軽いイメージになります。

DSC_0665600.jpg

ややグリーン系の色が優しい雰囲気となりました。

淡い色合いの服装にも良く似合いますね。

DSC_0704600.jpg

光の当たり具合で、グリーンが少なくなり、ライトブルーになりました。

色を重ねて仕上げているので、こういう変化が面白いです。

DSC_0709600.jpg

こちらは、ブルー系です。

DSC_0701600.jpg

やはり光で、ブルーが濃くなりました。同じ型でピンクも出来ましたので、

次回ご紹介したいと思っております。お楽しみに。

DSC_0697600.jpg

ねこ勢ぞろい

4月25日から横浜赤レンガ倉庫で開かれる、ねこらんまん展に

参加の猫たちをご紹介します。全部は無理なので、一部ですが。

DSC_0667600.jpg

上と同じ型ですが、色や表情で雰囲気も変わりますね。

DSC_0670600.jpg

こうした展示即売会が開かれるのも、ねこ好きがいかに多いか、ということでしょうね。

七宝焼の型も様々あります。これもほんの一部。楽しめます。

DSC_0674600.jpg

こちらは、また雰囲気がガラッと変わります。七宝焼専用のシールを貼って焼成した

ものです。オシャレですね。

DSC_0673600.jpg

さて、黒ネコちゃんたちの表情をお楽しみください。七宝焼の家だけでも

これ以上あるのですから、全国から一同に介したネコちゃんたちは、どの様になる

のでしょうね。お時間がありましたら、ぜひ横浜赤レンガ倉庫で、ねこらんまんを

味わってみてはいかがでしょうか。

DSC_0679600.jpg

葉っぱのブローチNew

七宝焼の家オンラインショップで販売している葉っぱのブローチ

の新色が出来ましたので、ご覧ください。

以前、赤系のものをアップしていましたが、完売となりましたので、

オレンジ系で作りました。重ねた色で随分変化して出来上がっているのが

面白いです。

DSC_0590600.jpg

濃い赤に見えるものは、銅板に直接ダークオレンジの釉薬を塗り焼成した

ものです。

DSC_0575600.jpg

銅板の色とダークオレンジが融合して出来た色合いが面白いですね。

DSC_0576600.jpg

こちらは、銅板に白すけという、白で透明な釉薬を乗せて焼き、その上に

ダークオレンジなので、銅板の色が違うプラスアルファになっています。

DSC_0580600.jpg

白すけって、面白い名前ですが、白で透けている、つまり焼成すると透明になって

光を通す白なので、銅板に刻まれた模様を浮きだたせ、しかも上に乗った色も

反映出来る優れものです。重ね焼き技法の面白さになりますね。

オンラインショップに商品をあげていきますので、お楽しみいただけると幸いです。

DSC_0581600.jpg

七宝焼の家オンラインショップに新しい商品の登録をしました。

DSC_0477600.jpg

新商品と言っても、すでにブログでご紹介いている白が楽しめる

ブローチです。ご紹介では雪のイメージとしましたが、これからの

季節にも十分楽しんでいただけると思います。

DSC_0476600.jpg

入学、入社などのお式にも品良く装いを飾れることでしょう。

プレゼントやご自身のためにも、いかがでしょうか。クールビューティーを

身に着けて新しいスタート、またその方々を応援出来る様な気がします。

3,500円(税込)サイズなどは、こちらでご覧になれます。

DSC_0491600.jpg

卒業・入学に向けて

3月も半ばとなれば、もう卒業式を迎えられた方々もいらっしゃること

でしょう。誠に、おめでとうございます。新しい進路に向けて、

期待を胸にお過ごしかもしれませんね。お祝いに、またご自身への

プレゼントに、ほっこりする七宝焼きのネコのブローチはいかがでしょうか。

DSC_0510600.jpg

落ち着いた色の服装でも、しっかりワンポイントになりますね。

DSC_0522600.jpg

上下とも同じブローチです。ニコニコ顔が可愛くて、いつも身に着けていたくなり

ます。上の画像は、アップなので、実際は、ネコの部分が2㎝強位のサイズです。

DSC_0543600.jpg

こちらは、ベネチアンガラスのビーズで目を付けたので、ビックリ顔のよう。

愛嬌がありますね。

DSC_0531600.jpg

眠そうなのか、寝ちゃっているのか。ゆったり気分になれるネコです。

DSC_0534600.jpg

アララ、この子は口をへの字にしているみたい。遊んでもらいたいのかな?

DSC_0536600.jpg

ネコブームで、SNSでもネコの投稿が沢山あります。飼っていなくても、

可愛いブローチで楽しんだり、癒やされたりも出来ますね。

DSC_0515600.jpg

七宝焼の家のショーケースから、氷のイメージを持っていると

感じたブローチを見つけました。雪の女王からのプレゼント

のようです。製作者の七宝焼の家店主、由里に聞きましたら、

「雪」という名のビーズがあったので、使ったそうです。なるほど!

ベースの白と共に3回の焼成をしています。

DSC_0477600.jpg

写真では、なかなか雪のビーズの存在が出しにくかったです。

DSC_0480600.jpg

カラフルな色合いの中だと、存在感が出ますね。

DSC_0474600.jpg

雪や氷のイメージも少し春めいてきた装いに合いますね。プレゼントや卒業入学の

お式にもお供出来ると思います。たくみの里七宝焼の家のショーケースの中から、

ぜひ見つけてください。3,500円で販売しております。

DSC_0490600.jpg

七宝焼き黒ネコ

七宝焼きの黒ネコをご覧ください。ベネチアンガラスが光によって

色を変化させているのが、特徴的です。

DSC_0360600.jpg

平面に置くと、顔の辺りには窓の外の景色が映り込み面白いですね。お腹の辺りの

変形の四角が上ではオレンジっぽいですが、ここでは、赤くなっています。

DSC_0357600.jpg

斜めから見ると、首部分にある半月のキラキラが際立ち、お腹の四角は、

黄色になりました。

DSC_0384600.jpg

同じキラキラは、しっぽにもあります。

DSC_0386600.jpg

向かって右前脚の付け根、▷と背中の四角部分は、緑色が変化していきます。

さしずめ怪しく光る黒ネコ、というところでしょうか(笑

このフリットは、チタンガラスと言いますが、こうして焼き付けられたものは、

大いに変化が楽しめます。たくみの里七宝焼の家では、チタンガラス乗せ

という技法で一部体験出来ます。また、七宝焼の家オンラインショップでも

同技法の製品もありますので、ぜひご覧ください。

DSC_0385600.jpg

メリークリスマス!

12月25日クリスマスですね~ ついに、って、もうすでに何か

するわけでもないんですけど。子供の頃に味わったワクワク感は、

いやが応もなく、蘇ります。70年も生かしていただいていると、

悲喜こもごものクリスマスを思い出します。どれもすべて良し!

感謝あるのみと思えるのが、最高のプレゼントですね。

七宝焼のクリスマスツリー。額に入れて飾れるようになっています。

今日は雨なので、周りの粒が丁度その雨粒のようにみえてきます。

寒さが和らいで助かりますね。どうぞ良きクリスマスをお過ごしください。

DSC_4857600w.jpg

赤い小さなハート型のイヤリングをご覧ください。

七宝焼きの彫金版技法になります。銅板に刻まれた模様に色が

重なると、自然に濃淡が出来て表情が変わります。元が銅板とは

思えないようなガラスの質感も出てきますね。

DSC_0340600.jpg

このように重なると、リンゴのようにもイチゴのようにも見えてきました(笑   

幅2㎝に満たない小さなハートが、耳元で揺れるのは意外と

目を引くかもしれませんね。

DSC_0350600.jpg

この色合いは、年齢を問わず、装う人を引き立てると思います。イヤリングの

金具をピアスにしたものもありますので、選んでいただけます。

たくみの里七宝焼の家の店舗で販売しています。

DSC_0353600.jpg

今日、12月7日(木)~4日間 沼田市にあるギャラリーAlgoさんにて

X'mas SOUQ (クリスマス スーク)2017が開かれます。

20組の作家さんたちが、それぞれのクリスマスの思い出をよせるとと共に

丹精込めた作品を、展示販売していただけます。

2017souq1.jpg

ギャラリーALGOを運営する小倉香さんは、大石商店の名前で出展です。

タイルアートの作家でもあるので、その作品が、また楽しみです。

2017souq2.jpg

たくみの里七宝焼の家の大堀由里は、深い赤の七宝焼アクセサリーを何点か

ご披露いたします。皆様の作品を見るだけでなく、買い求められるのが嬉しく、

この一年の自分へのご褒美にもしたいと、今からワクワクしています。

DSC_0109600.jpg

七宝焼きで干支の犬

2017年12月1日、いよいよ師走に入りましたね。気分は、ちょっと

慌ただしくなっていますが、七宝焼きで来年の干支の犬を作りましたので

ご覧ください。可愛かったり、面白かったり、奇妙だったりで、ひと時

楽しんでいただけると嬉しいです。

1200円の体験で出来るワンちゃん、どなたでも作っていただけます。

DSC_0290600.jpg

他の犬も加わって、お散歩です。

DSC_0300600.jpg

小さい犬も参加しましたね。楽しそう♪

DSC_0307600.jpg

こちらは、奇妙! ブルーと黄色の目を持って、面白可愛く出来ました。

DSC_0308600.jpg

この三匹は、なんだか悪そうです(笑  いたずらワンちゃんでしょうか。

DSC_0310600.jpg

細い犬も入って、勢揃い。大きなワンちゃん以外は、体験はありません。

IMG_1442600.jpg

最後に、キャンドルの家のいたずら犬さんと対決場面です。

いたずら犬のくわえた、お肉の争奪戦でしょうか。どちらも可愛い顔をしていて、

戦う様子でもありませんね。きっとプレゼントでしょう。めでたしめでたし。

DSC_0293600.jpg

七宝焼き深紅のバラ

真っ赤なバラが七宝焼きで咲きました。ブローチです。

彫金版という技法で、あらかじめ銅板にバラが浮き彫りにされていて

そこに、釉薬(ガラスの微粉末)で濃淡をつけながら色付けしていきます。

バラは、その香りと共に大きな魅力を持つ花ですよね。

こうして七宝焼きで作られていても、なんだか目を引きます。

DSC_0275600.jpg

ちょっと暗めにしても、かえってその花の持つ力のようなものが、引きたつ

感じがしてきます。枯れることのない真紅のバラ、私も欲しくなってきました(笑

たくみの里七宝焼の家で販売しています。2,800円です。バラではありませんが、

同じ技法のブローチ七宝焼の家オンラインショップでも販売しておりますので、

是非ご覧ください。

DSC_0280600.jpg

七宝焼きの新しい仲間

たくみの里七宝焼の家の銅板に、新しい仲間が入りました。

来年の干支、戌年にちなんで、犬の形です。たくさんの材料の中に

大きく目立っていて、何色の犬にしようかなと考えるのも楽しくなります。

穴がないので、そのまま飾るか、別売りのピンを付けて

ブローチとしてお使いいただけます。

DSC_0137600.jpg

小鳥の飾り物と一緒に撮ってみました。犬が楽しそうに見えてくるのは

私だけかな?笑)

DSC_0142600.jpg

もう少し楽しそうにしてみます。小鳥は、迷惑そう?

これから来年に向けて活躍してくれそうですね。1,200円の七宝焼体験です。

DSC_0146600.jpg

先日買い物中にアクセサリーや腕時計など、ちょっと外して置く時にも使える

小皿を見つけました。それぞれアヒルとネコがついていて、この二つしか

残っていなかったので、衝動買いしてしまいました。早速、七宝焼き

ピアスを乗せて撮ってみました。カルガモ親子のように見えます(笑

ピアスは、七宝焼の家オンラインショップで販売している重ね焼き技法

#006です。

DSC_0133600.jpg

同じくショップで販売しているガラスフュージングのピアスも。

クリスマスをイメージした色合いに、光を反射するように作ったものです。

白に似合いますね。

DSC_0135600.jpg

こちらは、ネコにベネチアンガラスの指輪を乗せてみました。

色々な方法で使えそう。小皿のおかげで、またワクワク出来て嬉しいです。

DSC_0136600.jpg

七宝焼きイヤリング#001

七宝焼の家オンラインショップで販売しているイヤリング、ウサギの

耳を借りてつけて見ました。何だか面白くなりましたね。お姫様みたい。

昔、浅草のかんざしやさんで、憧れながら見上げたお姫様かんざしを

思い出してしまいました(笑

DSC_0124600.jpg

このイヤリングは、重ね焼き技法でオンラインショップでは、2,800円で

販売しています。ピンクのベースにピンクの濃淡と黄色のフリットを

乗せて焼成しました。フリットはガラスの粒なので、溶けると、その

大きさの分広がり、柔らかな模様が出来上がります。

優しい色合いは、見ているだけでも楽しくなりますね。

DSC_0126600.jpg

深い赤を七宝焼きで

落ち着いた秋を感じさせる、深い赤のブローチが出来上がりました。

子供の頃、秋の終わりや冬の始まりに、えんじ色のセーターを着るのは、

とてもオシャレに感じたものです。そんな想いを代弁するかのように、

七宝焼の家の大堀由里が作った、Deep redのブローチをご覧ください。

DSC_0108600.jpg

白ネコのディスプレイ用皿を見つけたので、活躍してもらいます。

アクセントに乗せたチタンガラスが光を受けて、その色を大いに発揮していますね。

このポイントは、ブルズアイガラスのチタンガラスを溶かして、熱いうちに棒状に

伸ばし更に小切りにしたものを焼き、七宝焼きの上に乗せて焼成したと言う事です。

う~ん、かなり込み入っていますね。

DSC_0112600.jpg

いつものごとく、鏡に乗せて青空にも協力してもらいました。留め金が確認できると

思いますが、その上にリングがあるので、チェーンを通してペンダントにしていただく

事も出来ます。今のところ、試作提案品ですので、七宝焼の家の店頭には並びませんが

いずれ販売出来ると思います。お楽しみにしていただけると嬉しい限りです。

DSC_0115600.jpg

七宝焼き白のピアス

七宝焼き白のピアス、ご覧ください。白の上に透明ガラスビーズを

乗せました。巾約1㎝位の小さなハート型です。

DSC_0084600.jpg

ガラスビーズが、光の具合で少し色の変化を見せるところが、小さなピアスの

大きなポイントですね^-^

DSC_0090600.jpg

これもどのような色合いにも似合います。鏡に乗せて青空と出窓の外の風景を

バックにしてみました。

DSC_0086600.jpg

これは、モノクロではありませんが、光の具合です。それでもほのかにビーズの

色が出ているのが面白いですね。

実物は、たくみの里七宝焼の家のショーケースでご覧になれます。

DSC_0077600.jpg

本日は、七宝焼きリボンの形のピアスをご覧ください。

技法は、七宝焼の家オンラインショップに掲載しているバレッタと同じ

重ね焼きになります。その他の項目のゴルフマーカーとも同じです。

ベースの色で印象も随分変わりますよね。透明なビーズが日を受けて

きれいです。華やぐ場所でも活躍しそうですね。

DSC_0068600.jpg

耳元で揺れるピンクのリボン......楽しくなります。

体験も出来ますし、たくみの里の七宝焼の家でもご覧になれます。

お好みの色で、作ったり、それをプレゼントするのも嬉しいですね。

ピアスの体験は、2,000円~です。

DSC_0100600.jpg

小菊をお供にⅡ

前回のピンクベースにしたものの色違い、ブルーのご紹介です。

さしずめ、秋晴れの青空に小菊、といったイメージですね。

こちらは、細い皮ひもにしました。

DSC_0904600.jpg

深い色にも負けないですね。これからの装い向けになります。

たくみの里七宝焼の家で、手作り体験していただけます。

ベネチアンガラスの配置も変えて、お好みの色で作れますね。

DSC_0932600.jpg

ピンクのと同じように窓際で撮ってみました。うっすら緑に見えるのは、蔦の葉です。

あの葉が紅葉してくるのも楽しみですね。

DSC_0933600.jpg

ネットでのご購入は、七宝焼の家オンラインショップでしていただけます。そちらでは、

ペンダントトップのみの販売で皮ひもは別売りとなっています。ご了承ください。

小菊をお供に

可愛い小菊を並べたような七宝焼きのペンダントが本日の出番です。

七宝焼の家オンラインショップでは、#Pe008として登場しています。

リング状の銅板にピンクの釉薬をしき、ベネチアンガラスの粒を配置しました。

DSC_0895600.jpg

たくみの里七宝焼の家で、製作体験も出来ます。お好みの色やデザインで

楽しめますね。画面上では、大き目に見えますが、約4㎝位のサイズです。

サイズは、サイトでご確認いただけます。

DSC_0922600.jpg

次回は、同じ形でブルーのものをご紹介いたします。お楽しみに。

ネット上でのご購入は、七宝焼の家オンラインショップをご覧ください。

秋色ブローチⅢ

秋色ブローチのご紹介三作目です。私個人は、この色が一番好きです。

実に渋い色ではありますが、存在感がなさそうで、でも、

他をしっかり際立たせそうな密かな力を持つ・・・などと言ったら

いささかオーバーですね。

この形が光と影を見せてくれます。ガラスの質感もその陰影でとらえることが

出来ますね。

DSC_0839600.jpg

明るい色にも負けない存在感がありますが、下の色を、ブローチが反映しています。

DSC_0887600.jpg

更に、渋さを増して、落ち着きます。別ものに見えてきませんか?

DSC_0870600.jpg

では、この色には合うでしょうか。

バックの色の可愛さが引き立ちました。

色を楽しむ組み合わせ、様々試してみたくなりました。ワクワクしますね。

DSC_0892600.jpg

彫金版の七宝焼きアクセサリーは、こちらでもご覧いただけます。

秋色ブローチⅡ

秋色ブローチ二番目にご紹介するのは、前回と同じ形でグリーン系です。

こちらも七宝焼の家オンラインショップでは、#Br006になっています。

ショップでは、色の再現が難しいので、バックの色を変えて撮ってみました。

七宝焼き彫金版ブローチグリーン#Br006-1

七宝焼きは、ガラス製品になりますので、光の当たり具合で印象も随分

変わりますよね。

ショップでは、再現出来ないものをブログで詳細していきたいと思っております。

七宝焼き彫金版ブローチグリーン#Br006-2

このブローチは、横長サイズ約5㎝、縦の長い所で2㎝と、かなり小さいものです。

こうしてアップすると大きく見えてしまいますが、彫金版の刻印をお確かめ

いただきたくて、鮮明にしてみました。グリーンの葉がそろそろ少なくなって

きたので、アクセサリーでお楽しみいただけると嬉しいです。

七宝焼き彫金版ブローチグリーン#Br006-3

七宝焼オンラインショップでご覧いただく色も実際に近くなっています。

秋色ブローチⅠ

9月最後の日になりました。2017年もあと3か月で終わり・・・

なんて考えると、落ち着かなくなりそうなので、秋、晩秋、冬と

移っていく季節を大いに楽しみましょう。ということで、秋らしく色づいた

葉の形の七宝焼ブローチを、3回にわたってご紹介していきたいと思います。

七宝焼の家オンラインショップで#005の赤い葉のブローチが一番手です。

DSC_0820600.jpg

彫金版と言って、銅板にあらかじめ模様が彫られており、そのラインが見えるように

透明ガラスの釉薬を乗せ焼成します。

銅板の形によって、炉の中で釉薬が溶けて動き、自然の濃淡が出来上がります。

元は、金属なのに、透明感を持つガラス製品に生まれ変わりました。

DSC_0880600.jpg

七宝焼の家は、キャンドルの家も併設していて、ジェルキャンドル作りが出来ます。

そこで使うカラーサンドは、色が豊富なので、そのうちの一つに乗せてみました。

このような色にも、似あいますね。

DSC_0886600.jpg

七宝焼の家オンラインショップは、こちらからどうぞ。

前回ご紹介したアイスグリーンのネックレスを、別角度で

ご覧いただこうと思います。

裏引きは、ブルー系の色になっていますので、反射するものの上に

乗せて撮ってみました。

DSC_0720600.jpg

このシルバーのアクセサリーは、たくみの里七宝焼の家では、人気の

高い商品です。実際に七宝焼き作り体験で、製作していただくことも

出来るので、お好みの色やデザインの一品を得ることも出来ますね。

DSC_0697600.jpg

暑さの盛りから比べたら、格段の差があるのに、まだまだ暑く

感じる毎日ですね、まさしく残暑。もう少し涼を求めて、

見た目も涼し気なシルバーのネックレスをご紹介します。

小さいサイズですので、軽くて着け心地もとても良いです。

DSC_0571600.jpg

アップでご覧ください。アイスグリーンがいかにも涼し気です。

裏は、カラーの裏引きになっています。

トップは、シルバーで2㎝に満たない小さなものです。メッキの

チェーンが付いて3,200円。トップのみの販売は、オンラインショップに

アップいたします。他の色は、また後日ご紹介させていただきます。

DSC_05716001.jpg

七宝焼きの技法の中に、シルクスクリーンというのがあります。

下絵を描いた銅板に色を埋め込んで行き、額絵のように完成させます。

季節柄、鯉のぼりを描いたものを作りましたので、お披露目です。

これは、若いスタッフが昨年10月に生まれた自分の甥にプレゼントする予定です。

細かい部分のにじみなどは、さておいて、時間と根気の要る作業は、

健やかな成長を願う思いが、一層伝わるのではないでしょうか。

ご覧いただきお楽しみください。

鯉のぼりの額絵

新しい技術で

| コメント(0)

七宝焼の家の大堀由里が、新しい技術を取得して完成させた作品を

お披露目します。

七宝焼きとシルバーのワイヤーの組み合わせで、ワイヤーは強度を高め

しっかりと固定されています。ワイヤーの性質は、力を加えるとどんどんと

その強度を増していくのが面白いものです。これは、まだ販売はしておりませんが、

技術を更に向上させて、お求めの方のお手に届くよう精進していきます。

DSC_0499600.jpgDSC_0513600.jpg

春の装いに

| コメント(2)

桜の開花は、各地で進んでいますが、山沿いでは名残りの雪の

お便りも。 でも装いは、春! に決めたいですよね。

ショップサイトで春を楽しめるアクセサリーをご紹介します。

ベネチアンガラスを小さい花に見立てて、春そのものの様な

ペンダントを作りました。リング状なので、皮ひもを通すと

安定します。皮ひもは別売りになりますがご参考にしてください。

DSC_1067500.jpg