春の道端Ⅱ

| コメント(0)

春の土手や道端で、色が変わったように見えるのが、このヒメオドリコソウの

軍団です。花は小さいのに、頭頂部の葉の色を変えて自己主張しています。

DSC_2361600.jpg

小さな花は、葉の間から守られているように咲くのが不思議。まだ冷たい風の

吹く季節ですから保温でしょうか。面白い。

DSC_2362600.jpg

花が傘をかぶって踊っているように見えるから踊り子草だそうで、初夏から夏に

向けて、オドリコソウというもっと大きな花があり、それと比べて、こちらは

ずっと小さいのでヒメがついたヒメオドリコソウとなります。

DSC_2385600.jpg

アップで撮った全体は、なんとなくユーモラスな雰囲気がありますね。

葉が毛羽立っているのも、雪も降りかねない季節の防護対策のようです。

冷たい風に吹かれながら、身近な春を楽しみました。

DSC_2382600.jpg

コメントする

http://www.shippouyaki.net/blog/hpwomiru.jpg

ウェブページ

七宝焼の家