2020年4月アーカイブ

4月の終わりに

| コメント(1)

4月30日、里山では春も終わりになりつつあります。この桜並木が見えるところが

私のいつもの散歩コースです。重ねた年齢の体には散歩が仕事の一つです^-^

IMG_5730.JPG

桜並木は、赤谷川の土手になっていて、今は雪解け水の放流で勢いを増しています。

この水は、猿ヶ京温泉にある赤谷湖から発していて、いくつかの小さい川の

合流もあります。

IMG_5509600.jpg

並木には、何種類かの桜が植えてあって、これはもうサクランボ?と思いきや、

まるで花が縮こまってしまったような... 前に通った時ソメイヨシノのように

咲いていたと思いましたが。来年は種類も良く見て木との意思の疎通を

図ることにしましょう。

IMG_5695.JPG

こちらは、山桜の種類ですね。これらは5日前の25日に撮ったものですが、

後ろの桃のような花は、ちょうど盛りのようでした。先始めが寒かったので、

桜も含めて花は長持ちしていつまでも楽しませてもらいました。

IMG_5723.JPG

可愛いシジミチョウがタンポポの蜜を吸うのに夢中です。こんなに近づいて

いるのにね。"二つ折りの恋文が 花の番地を探しています"というのを思い出しました。

IMG_5729.JPG

田んぼにも水が張られて、田植えの季節になっていきますね。木々の葉の色も

濃くなって、初夏。そして夏には、みんなで海や山や川でも自由に遊べますように。

IMG_5731.JPG

本日は、七宝焼ピアス#018のご紹介です。 ピアスの上段中央にある

#009のピンクと同じ技法で重ね焼きになります。

DSC_2305600.jpg

重ね焼き技法というのは、その名の通り何色か重ねているわけですが、

その都度焼成していますので、単色にはない、色の変化と深みがでます。

DSC_2302600.jpg

このような優しい色合いになるのも、その重ね具合によるもので、作り手の

経験がものを言いますね。

DSC_2297600.jpg

ピアスの金具は、シリコンになっているので、金属アレルギーのある方にも

安心です。プレゼントにはうってつけですね。

詳細は、七宝焼の家オンラインショップこちらになります。

DSC_2300600.jpg

指輪が二つ続きましたので、今日は七宝焼のイヤリングをご覧ください。

DSC_2325600.jpg

明るいブルーが嬉しいです。黄色や水色が菜の花やネモフィラの花を

思わせて、楽しくなります。

DSC_2332600.jpg

イヤリングの留め具は、バネ式で調整も出来ます。ピアスの穴を開けていない方

にも嬉しいプレゼントになりますね。

DSC_2333600.jpg

今、お出かけするのが困難ですから、そんな時こそワクワクするような明るく

綺麗な色のものを身に着けて、楽しい気分で過ごせたら良いですね。

そのような思いも込めて、プレゼントはいかがでしょうか。

七宝焼の家オンラインショップにて、詳細をご覧ください。

DSC_2335600.jpg

七宝焼指輪#Ri011

| コメント(0)

七宝焼指輪の宝石色、ブルー系をご覧ください。

DSC_2505600.jpg

このブルー、実際の色をWeb上で出すのがとても難しく、まだ微妙に

違います。もっと良い色だと思うのですが...

DSC_2514600.jpg

もう少し、グリーンが微妙に感じられて、落ち着いた印象の指輪です。

DSC_25206001.jpg

七宝焼の魅力をフルに表現出来て、しかも唯一無二の色合いです。

どなたが装っても似合うことでしょう。母の日のプレゼントとしてもぜひどうぞ。

DSC_2533600.jpg

赤が可愛い指輪をご覧いただこうと思います。

DSC_2487600.jpg

技法は宝石色です。フリーサイズで、七宝部分は対角線が1㎝になります。

指輪の枠が華やかな感じなので、七宝部分を引き立てています。

DSC_2491600.jpg

赤い指輪は、年齢を問わず装っていただけて、大変喜ばれること請け合いです。

母の日のプレゼントには、最適ですね。

DSC_2495600.jpg

普段アクセサリーを身に着けない方でも、手が華やかになるのは、とても

ワクワクなさることでしょう。

DSC_2501600.jpg

光によって赤の発色も変わるので、お手元を眺めるのも楽しみの一つになりますね。

DSC_2496600.jpg

可愛い指輪、七宝焼の家オンラインショップで販売しております。

詳細をぜひご覧ください。

DSC_2499600.jpg

母の日に向けて

| コメント(0)

GWが目前ですが、今年は外出を控えてなんとか楽しく過ごしていただきたいですね。

5月になって子供の日を楽しんだら、次は何と言っても母の日❣ ワクワクしながら、プレゼントを

考えましょう。

DSC_2294750.jpg

七宝焼の家オンラインショップでも、これから何度もアクセサリーのご提案をさせて

いただきたいと思います。

ということで、七宝焼のイヤリングです。大きく見えますが、直径2㎝です。

DSC_2272750.jpg

技法は宝石色で、白に近い半透明のヒスイになっています。半透明にしたのは、下地に銀箔を

使用していて、微妙な光の反射を楽しめるからです。

DSC_2275750.jpg

年齢や季節を問わず装っていただける、品の良いものに仕上がりました。

母の日のプレゼントには最適だと思います。七宝焼の家オンラインショップ

ピアス・イヤリング詳細を掲載いたしましたので、ぜひご覧ください。

DSC_2289750.jpg

土手の桜並木

| コメント(2)

4月19日(日)赤谷川沿いの土手を散歩しました。といっても自宅の側ですが。

桜並木を独り占め、贅沢ですね~

IMG_5614.jpg

並木のソメイヨシノとは違う種類もさいていました。低い木は、桜ではないようです。

桃とか、アンズでしょうか、こんど誰かに聞いてみます。

IMG_5615.jpg

桜の頃って、風が強いですね。スマホの連射でようやく花をとらえました。

IMG_5629.jpg

田んぼに水を張る準備が整って、側溝の水流が勢いをましています。

IMG_5610.jpg

川柳の新芽が鮮やかだと思っていたら、花が咲いていたんですね。

近くで見られたので、この沢山の黄色にビックリ。風に吹かれて花粉も飛び散って

いることでしょう。

IMG_5638.jpg

足元には、タンポポ。まだ冷たい風に首をすくめているように見えます。

でも、この色には、温かさを感じますよね。太陽の光を全部もらっているみたい。

IMG_5647.jpg

輪のように咲いている株もありました。春の野は光にあふれていました。

IMG_5648.jpg

庭の花Ⅱ

| コメント(2)

沈丁花の登場です。小さい花が集まって手まりのように形成する自然の造形が

多くの人を魅了しますね。

DSC_2409600.jpg

加えてそれぞれが放つ芳香は、風にのって、車で通り過ぎただけでも、

感知出来る程です。

DSC_2404600.jpg

特に実がなる様子もなく、虫や鳥を誘ってどのように繁殖していくのか、

不思議です。木の成長もゆっくりで植えてから15年経っていますがあまり大きく

なりません。

DSC_2399600.jpg

花の表面は白なのに、外側が濃いピンクなので、それを反映した色が表面に

現れているのもオシャレです。一枝切って、部屋でも香りを楽しませてもらおう

かな?と思ったけど、風に吹かれて漂ってくるのが一番かもしれませんね。

DSC_2408600.jpg

庭の花Ⅰ

| コメント(0)

春は、狭い庭でも勝手に花が咲いてくれます。暑い夏と雪の季節を土の中で

過ごし、一年ぶりに出会えるのは、嬉しいです。

DSC_2364600.jpg

水仙とムスカリ。なんとなく彼らも嬉しそうですね。

DSC_2367600.jpg

オシャレな色合いですよね。虫たちもこの目立つオレンジ色に引き寄せられる

ことでしょう。

DSC_2397600.jpg

こちらは、ヒヤシンス。良い香りを放っています。これも大好きな花です。

DSC_2392600.jpg

ちょうど、虫が止まりました。何の虫かわからないけど、ツヤツヤ。これから

蜜をもらうのかな?

DSC_2368600.jpg

ヒヤシンスは、3本しかありませんが、女王様のように凛としています。

そう思うのは少ないからこそ、かもしれませんが... こうして一時の幸せを

分けてもらえるには、これからの草取りも必須なんですよね。どんどん勢いを増す

草にエネルギーをもらって、大切なものを守っていくことにしましょう。

DSC_2371600.jpg

春の道端Ⅲ

| コメント(0)

今日はスミレです。人の名前にも沢山使われるほど可愛いくて、見つけた時の

嬉しさは、野の花一番でしょうね。

DSC_2374600.jpg

大体が日の当たる温かい所に咲いていて、匂いのあるものや白いもの、花の大きい

ものと、種類も豊富です。ビオラやパンジーとして改良されるほど、昔から

人を魅了してきたのでしょうね。

DSC_2376600.jpg

この子は芝桜の後ろにひっそりと咲いていました。他に仲間もなく、苔の間から

伸びています。来年は、少し増えているといいですね。

DSC_2379600.jpg

芝桜のピンクで、自分を引き立てているみたい。可愛い。

DSC_2380600.jpg

春の野の花の中には、もっと目立たないけど可愛い花が沢山あります。

今度それだけの目的で、カメラを持ち歩き回りたいと思っています。

DSC_2389600.jpg

春の道端Ⅱ

| コメント(0)

春の土手や道端で、色が変わったように見えるのが、このヒメオドリコソウの

軍団です。花は小さいのに、頭頂部の葉の色を変えて自己主張しています。

DSC_2361600.jpg

小さな花は、葉の間から守られているように咲くのが不思議。まだ冷たい風の

吹く季節ですから保温でしょうか。面白い。

DSC_2362600.jpg

花が傘をかぶって踊っているように見えるから踊り子草だそうで、初夏から夏に

向けて、オドリコソウというもっと大きな花があり、それと比べて、こちらは

ずっと小さいのでヒメがついたヒメオドリコソウとなります。

DSC_2385600.jpg

アップで撮った全体は、なんとなくユーモラスな雰囲気がありますね。

葉が毛羽立っているのも、雪も降りかねない季節の防護対策のようです。

冷たい風に吹かれながら、身近な春を楽しみました。

DSC_2382600.jpg

春の道端Ⅰ

| コメント(0)

春の道端は、大小様々な花が咲いていますが、色で目を引くのが、

このカラスノエンドウ。マゼンタ色の濃淡と中央の白、オシャレですよね~

DSC_2356600.jpg

ひと目でマメ科とわかる花と葉の形。ツルが伸びて羽ばたいて行こうとしている

ようにも見えてきます。可愛い花の色の割に、力強い植物です。

DSC_2359600.jpg

庭に生えると厄介者になってしまうほど、広がっていくので抜いていますが、

勝手なもので、野に生えているとこの濃いピンクが嬉しくて、大好きです。

DSC_2360600.jpg

ツルをドウダンツツジに絡ませて、コッソリ立っています。でも結実のための

この色、虫じゃなくても見つけちゃいますね。

DSC_2375600.jpg

濃い色の部分が手のひらを合わせたようなのは、咲き始めでしょうか。

草花がのびのびと咲いていられて、それをみんなで楽しんでいけるように、

祈ってくださいね、カラスノエンドウさん。

DSC_2386600.jpg

ホントに綺麗、可愛い。春の野の花、どこまでつづくかわかりません(笑

DSC_2387600.jpg

2020年桜つづき

| コメント(2)

いつまで見ていても飽きない桜。写真も撮っているときりがありません。

その割にはうまくいきませんが、もう一日つづきにしました。

DSC_2447600.jpg

土手の上に立つと下草の緑も綺麗でした。桜の白が一層綺麗にみえます。

額も可愛いですね。

DSC_2451600.jpg

風がだんだん強くなってきて、みんな後ろ向き。でも枝先の皮?のような所も

良い色合いです。風が見せてくれたかな?

DSC_2456600.jpg

川柳も今が一番綺麗! 遠くの杉林にも山桜が見えます。ウグイスの声も

響いて春爛漫とはこのことでしょう。時が過ぎるのが実に惜しい、とつい思って

しまいました。

DSC_2468600.jpg

下にはカキドオシやイヌフグリが一面に咲いて夢のようでした。自然豊かな

この地とこの一時に生かされて感謝です。

DSC_2483600.jpg

2020年桜

| コメント(0)

4月17日(金曜日)たくみの里周辺はまだ桜が満開です。こちらは、我が家前の

土手の桜です。咲き始めてから気温が低かったため、木全体が生き生きするのに、

時間がかかりました。

DSC_2485600.jpg

なんだかみんな嬉しそう。青空バックは最高ですね。

DSC_2423600.jpg

まだ残るつぼみのピンクが可愛いです。ずーっと見ていたい春の喜び❕

来年は、ここでおにぎりを食べようかな?^-^

DSC_2436600.jpg

桜や川柳の新芽越しに見えるのは、猿ヶ京温泉の赤谷湖から発する赤谷川です。

広い堰があるので、雪解け水の勢いを遮られ大きな水音を立てています。

DSC_2461600.jpg

手入れもされていない土手の桜ですが、毎年楽しませてもらっています。

ありがたいですね。

DSC_2415600.jpg

2020年4月16日

| コメント(0)

2020年4月16日、3か月ぶりにブロク再開です。

例年ですと、新学期が始まり、何となく心がワクワクしてくる季節です。

我が家の前では桜が満開になり、ウグイスの声が響き、小さな花壇のヒヤシンスが

美しさを鼓舞するように芳香を放っています。

自然はいつもと同じなのに、人間は何か大きな転換期を迎えたような

気さえしてきます。世界中に蔓延するコロナ・・・全人類が同じ敵?と

対峙しているこのような時が今までにあったのでしょうか。しっかりと落ち着いて

対応する気持ちが大切な気がします。

DSC_2319600.jpg

4月12日に撮った写真ですが、菜種梅雨でしょうかこの頃は雨続きでしたので、

家の中から撮影です。梅の咲き残りが一輪、桜と柳の新芽、季節が巡っていますね。

DSC_2322600.jpg

こちらは、桂の新芽です。自然から元気をもらえることに感謝です。

DSC_2324600.jpg

http://www.shippouyaki.net/blog/hpwomiru.jpg

ウェブページ

七宝焼の家