春・春・春

先週、10cm位の淡雪がありました。日がすっかり昇る頃には、

その名の通り姿を消して、何事もなかったかのよう。 冬の間、たくみの里の

七宝焼の家とキャンドルの家を守ってくれた除雪機も役目を終わり、

撤収となりました。大きな機械がしまわれると、ほっとしますね。

陽だまりでは、いぬふぐりが咲き誇り楽し気です。

IMG_4269600.jpg

七宝焼の家の紅梅もやっとのびのびとして、よい香りを放ちだしました。

この紅梅の写真は、自宅近くのものですが、ほんの少し七宝焼の家のものより

早い気がします。たくみの里はやや標高が高いんですね。

IMG_4249600.jpg

足元に目をやっていぬふぐりをもう一度見ると、みんな飛び出しそうに

見えてきました。蝶々の羽のようです。

IMG_4265600.jpg

でもまだ春の準備中の仲間も。 土に帰ることが出来る時を待っています。

この中に新しい命の元があるとは、ホントに自然はすごい!

無になって時を待つ。そのものですね。

IMG_4238600.jpg

http://www.shippouyaki.net/blog/hpwomiru.jpg

ウェブページ

七宝焼の家