2018年1月アーカイブ

バレンタインデーに

バレンタインデーに気持ちを込めたジェルキャンドルを

作ってみました。プレゼントにいかがでしょうか。

遠くてちょっとわかりずらいですね。

DSC_0448600.jpg

ワイヤーでLoveの文字を作ったチャームが入っています。

キャンドルと言っても、芯を入れなかったので、火は付きません。

DSC_0459600.jpg

上から見るとこんな感じです。チャームは細くて独立しないので、

透明になるガラス棒に寄りかからせました。このガラス棒は、ジェルと

透明度がほぼ同じです。キャンドルの家では、100円で別売りしています。

DSC_0456600.jpg

チャームに赤のビーズがついていますが、黒のものもあります。

いずれも七宝焼の家からもらってきました。キャンドルの家には、

こうした七宝焼の家からのプレゼントで材料が豊富になっています。

ありがたいことですね。この材料は赤、黒の2個しかないので、

こうした製品で黒も作ってみたいと思います。

DSC_0449600.jpg

おらおらで

久しぶりに本を読みました(笑;

芥川賞を受賞した、若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」です。

若竹さんの年代が同じ、ではなく、私の方が上だけど近い(^^; というのが、

共感の第一で、読んでみたいと思いました。

と言ったって、すぐに本屋さんに行けるわけでもなく、Kindle版です。

便利ですよね~ ありがたいです。でも本の貸し借りをして感想を話し合う

ことが出来ないのは、そういう習慣があった者にとっては、やや残念な部分ですが。

それで感想は、というと、やはり方言で書かれたところが妙に親近感があります。

映像を意識したかのような人物の登場が、映画やテレビそのもののよう。

そのまま脚本ですね。

突然失ってしまったご主人と、後に残された自分に戸惑いながらも、意味を見出して

試行錯誤。一人になって出会う自分自身。子供に対しての贖罪の思い、居なくなって

探すのは姿ではなく音だということ、同感同感と、どの場面もうなずけました。

小説は、いいですね。読みだすと、つい夢中になってしまうので、それが困りもの

ですが、また何かに出会うのを楽しみにしようと思っています。

oraorade.jpg

パンダの入ったジェルキャンドルを作りました。パンダの胸には

赤いハートが描かれているので、このオーナメントは、人気でした・・・

というのは、残念ながら入荷の見込みが無くなってしまったので最後の子です。

ジェルキャンドルのオーナメントも世の中の動きに連動していて、

これも上野動物園のシャンシャンのおかげですね。

IMG_1875600.jpg

一時、ゴマフアザラシが大人気でした。各地の川に現れて、その可愛い

表情で人々を魅了したことがありましたね。今は、ガラスオーナメントの

ゴマフアザラシ君も、あまりご用命がありません(笑

IMG_1877600.jpg

時の流れの背景も反映するオーナメント、何が人気となるのか、

なかなか読めないです。そんな世の中の影響を感じるのも、また楽しく

ありがたいですね。

IMG_1876600.jpg

床下消毒しました

先日、専門業者さんにお願いして床下消毒をしてもらいました。

家を建てて15年になったので、節目のメンテナンスです。

5年前にもやってもらいましたが、どのようだったか、すっかり忘れて

しまいました。玄関の様子です。

IMG_1792600.jpg

家の中は、こんな具合。このビニールは業者さんの通路になっています。

面白いですね、逆のトンネルです。

IMG_1790600.jpg

玄関のたたきの下と外側にも薬剤を入れ、1時間半位で終了しました。

これであと5年は、安心です。でも家も何かとお金がかかりますね~(笑;

IMG_1791600.jpg

おはじき

キャンドルの家でジェルキャンドルを作る材料の中に

おはじきがあります。大人も子供も大好きで、カラフルさの

種類も豊富です。透明なガラス部分は、ジェルを注ぐと透き通って

しまうので、中の模様だけが見えてきて、面白い効果も出てきます。

草や波、花のような印象ですね。

DSC_0427600.jpg

赤やオレンジは、お花や花火にも見えますね。

DSC_0430600.jpg

火をつけると一層その模様が引き立ちます。

ohajikiiri600.jpg

鏡に乗せて撮っていたら、窓の外の枯れ木も写って、花や実が

なったようになりました。楽しい材料は、まだまだ他にも

あります。またご紹介していきたいと思っています。

DSC_0436600.jpg

七宝焼き黒ネコ

七宝焼きの黒ネコをご覧ください。ベネチアンガラスが光によって

色を変化させているのが、特徴的です。

DSC_0360600.jpg

平面に置くと、顔の辺りには窓の外の景色が映り込み面白いですね。お腹の辺りの

変形の四角が上ではオレンジっぽいですが、ここでは、赤くなっています。

DSC_0357600.jpg

斜めから見ると、首部分にある半月のキラキラが際立ち、お腹の四角は、

黄色になりました。

DSC_0384600.jpg

同じキラキラは、しっぽにもあります。

DSC_0386600.jpg

向かって右前脚の付け根、▷と背中の四角部分は、緑色が変化していきます。

さしずめ怪しく光る黒ネコ、というところでしょうか(笑

このフリットは、チタンガラスと言いますが、こうして焼き付けられたものは、

大いに変化が楽しめます。たくみの里七宝焼の家では、チタンガラス乗せ

という技法で一部体験出来ます。また、七宝焼の家オンラインショップでも

同技法の製品もありますので、ぜひご覧ください。

DSC_0385600.jpg

トンボ玉2種

先日来より、トンボ玉をいくつかご覧いただきましたが、

今日も又、2種の趣が違うものをご紹介いたします。

黒がベースで、筒状の形です。グリーンと白のマーブルが引き立ちます。

和、洋、なんにでも合いそうです。

DSC_1526600.jpg

こちらは、白ベース。華やかな色はありませんが、マーブルの向きで

楽し気に感じます。フワフワと何かが飛んでいたり、水の流れや

落ちる水滴のようにも見えてきます。これらが、あのバーナーの火から

作り出されたとは思えませんね。一期一会の出逢いでしょうか。

DSC_1524600.jpg

七宝焼の家オンラインショップでも、別のトンボ玉を販売しております。

ぜひご覧ください。

除雪機 

昨年の暮れに、ようやく除雪機を買いました。冬の力強い味方です。

除雪は、もっぱら主人の仕事となっていて、私たち女性陣が出勤する

前にいつもお店の前を綺麗にしてくれています。 が、さすがに74歳の身、

このキツイ作業は、足腰に応えますよね。このマシンに期待をこめます。

DSC_0401600.jpg

この歯が回転して雪をかきこみ、上の吹き出し口から飛ばします。

DSC_0403600.jpg

その威力を期待する積雪があり、マシンの出番がやってきました。

PTNB8564600.jpg

駐車場は、綺麗になりました。丸沼高原でペンションをやっていた時に使って

いたものに比べると、おもちゃみたいだと、主人は言っています。

民家の中ですから、雪を飛ばす場所も限られていて、それも苦労しますね。

でも、この助っ人は、ありがたい存在となることでしょう。

DSC_0404600.jpg

トンボ玉作り体験

たくみの里七宝焼の家では、冬期限定でトンボ玉作り体験が出来ます。

なぜ冬期限定か、というと、火をふくバーナーの上での作業が大変熱く、

スタッフがサポートしますので(ほぼ専任で対応出来る)、

この時期が最適、というわけです。但し完全予約制になっています。

さて、いくつかご覧いただこうと思います。ラインの流れが綺麗に出た

2種類です。

DSC_1517599.jpg

曲線の中に濃淡が出ていて綺麗です。

DSC_1518599.jpg

こちらは、更にぼかしがあって、濃い色のラインが

ハッキリしていますね。

DSC_1519600.jpg

和の美しさを感じる出来栄えになりました。

このようなトンボ玉作り体験をぜひ味わってみてください。

DSC_1521600.jpg

トンボ玉

七宝焼の家では、トンボ玉作りの体験もあります。

完全予約制となっており、最大3名様までです。

バーナーの上で、ガラス棒を回しながら溶かす作業は、

見ている方も、スポーツ感覚さえ持つような真剣さで

受け止めてしまいます。スタッフが丁寧に指導しますので、

楽しんでいただけると思います。2,500円で2つ作れます。

時間は、おおよそ1時間位です。

DSC_09341600.jpg

上の写真で目玉のついたのがありますね。これは、スタッフがちょっと

楽しんで作ったウサギ?ネズミ?の、ようなものです。このようなものは、

作ることが出来ませんが、体験したものは、チョーカーや、かんざしなどに

して装うことが出来ます。尚トンボ玉作り体験は、冬期限定で3月半ば頃までです。

次回また、いくつかをご紹介しようと思います。

尚、製品は、七宝焼の家オンラインショップでも販売しております。

ぜひご覧ください。

DSC_0937600.jpg

キャンドルの家から、新年のご挨拶を申し上げます。

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様にとりまして、より良き一年となりますように。

DSC_0393600.jpg

ガラスオーナメントの犬たちからも、ご挨拶でした。

さて、その後は、三匹で相談しているように見えますね。

DSC_0392600.jpg

窓の外は、雪です。ということは、やはり「庭、駆け回る♪」でしょうか。

元気に飛び回れる健康な一年にしたいものですね。

キャンドルの家は、本日1月4日と明日5日は、お休みいたします。

6日(土)~8日(月)までは、営業しております。

14:30までの受付となっておりますので、お早めにお出かけください。

尚9日(火)からは、3月中頃まで平日休み、土日祝日のみの営業となります。

何卒よろしくお願いいたします。

DSC_0394600.jpg

謹賀新年2018

明けましておめでとうございます。2018年を迎えました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様にとってより良き一年となりますように。

七宝焼きシルクスクリーン技法の額絵に、犬の親子の図柄があり、

戌年にちなんで、若いスタッフが作りました。無心に遊ぶ子犬の様子が可愛いです。

たくみの里七宝焼の家は、1月8日(月曜)まで休まず営業しております。

七宝焼体験は、14時30分位までにご来店ください。

DSC_0376600.jpg