深い赤を七宝焼きで

落ち着いた秋を感じさせる、深い赤のブローチが出来上がりました。

子供の頃、秋の終わりや冬の始まりに、えんじ色のセーターを着るのは、

とてもオシャレに感じたものです。そんな想いを代弁するかのように、

七宝焼の家の大堀由里が作った、Deep redのブローチをご覧ください。

DSC_0108600.jpg

白ネコのディスプレイ用皿を見つけたので、活躍してもらいます。

アクセントに乗せたチタンガラスが光を受けて、その色を大いに発揮していますね。

このポイントは、ブルズアイガラスのチタンガラスを溶かして、熱いうちに棒状に

伸ばし更に小切りにしたものを焼き、七宝焼きの上に乗せて焼成したと言う事です。

う~ん、かなり込み入っていますね。

DSC_0112600.jpg

いつものごとく、鏡に乗せて青空にも協力してもらいました。留め金が確認できると

思いますが、その上にリングがあるので、チェーンを通してペンダントにしていただく

事も出来ます。今のところ、試作提案品ですので、七宝焼の家の店頭には並びませんが

いずれ販売出来ると思います。お楽しみにしていただけると嬉しい限りです。

DSC_0115600.jpg