2017年10月アーカイブ

古希のお祝い

10月9日(月曜)丸沼高原のペンションCou屋(くうや)さんに行ってきました。

その日は、体育の日でしたので、仕事が終わってからでしたが、たくみの里からは、

車で1時間半までかかりません。途中の峠にトンネルが出来たので、ビックリするほど

早く着きました。ありがたいです。

IMG_1129.JPG

娘や孫たちが、私の古希のお祝い(9/5) 、孫の誕生(10/22)、ひ孫の誕生日(10/6)、

もう一人の孫が東京に行ってしまう独立記念日を兼ねての

「まとめてお祝いお泊まり」を企画してくれました。

このCou屋さんは、娘や孫たちにとっても、思い出の多いペンションです。

東京から先に着いていた娘家族に、奥様がお茶を入れてくれました。

手作りのお菓子を添えて。

IMG_1074.JPG

お部屋は、落ち着いた色合いでお出迎えのメッセージがありました。

こういうのって、嬉しいものですね~

薪ストーブがある場所は、上の写真の所で、実にくつろげる空間でした。

heya.jpg

美味しい食事の後、奥様がケーキをプレゼントしてくれました。

サプライズです! 

クッキーにそれぞれのお祝いを書いてくれています。楽しくて大感激ですね~

IMG_1082.JPG

色んなお祝いなので、歌も唄わず点火です。

ペンション中に歓声が響きわたるほどでした。

IMG_1078600.jpg

立っている孫と寝転んでいるひ孫は、1年9か月違いです。この二人が

我が家の現在のアイドル。泣いたり笑ったり、大変な子育てを一歩引いて

見ていられるのが、70歳になった特権でしょうか。ありがたいです。

IMG_E1164.JPG

翌日は、よく晴れて気持ちの良い朝を迎えることが出来ました。焼き立てパンと

美味しい朝食をいただいて、ゆっくりさせてもらって帰ってきました。

ここは、以前我が家がペンションをやっていたところなので、同業のペンションの

奥様にもご挨拶、旧交を温めてきました。短時間ですが、心に残る良い旅でした。

ありがたかったです。

kouyou.jpg

七宝焼き白のピアス

七宝焼き白のピアス、ご覧ください。白の上に透明ガラスビーズを

乗せました。巾約1㎝位の小さなハート型です。

DSC_0084600.jpg

ガラスビーズが、光の具合で少し色の変化を見せるところが、小さなピアスの

大きなポイントですね^-^

DSC_0090600.jpg

これもどのような色合いにも似合います。鏡に乗せて青空と出窓の外の風景を

バックにしてみました。

DSC_0086600.jpg

これは、モノクロではありませんが、光の具合です。それでもほのかにビーズの

色が出ているのが面白いですね。

実物は、たくみの里七宝焼の家のショーケースでご覧になれます。

DSC_0077600.jpg

ガラスの小粒ピアス

今日はガラスの小粒ピアスをご覧ください。これもたくみの里七宝焼の家の

ショーケースからピックアップしてきました。5~6㎜のホントに小さなガラス粒

ですが、意外な面白さを見つけました。

DSC_0048600.jpg

わかりやすいように、光を受ける方向を変えて撮ってみると、上は赤、下は、

ピンクに見えますね。これは楽しい!などと思ってしまいました。

DSC_0063600.jpg

出窓の外の紅葉をバックにしてみると、木の実のようにも感じられます。

小さな赤を身に着ける楽しさって、格別なような気がしてきました。嬉しい

小粒のアクセサリーです。

DSC_0058600.jpg

本日は、七宝焼きリボンの形のピアスをご覧ください。

技法は、七宝焼の家オンラインショップに掲載しているバレッタと同じ

重ね焼きになります。その他の項目のゴルフマーカーとも同じです。

ベースの色で印象も随分変わりますよね。透明なビーズが日を受けて

きれいです。華やぐ場所でも活躍しそうですね。

DSC_0068600.jpg

耳元で揺れるピンクのリボン......楽しくなります。

体験も出来ますし、たくみの里の七宝焼の家でもご覧になれます。

お好みの色で、作ったり、それをプレゼントするのも嬉しいですね。

ピアスの体験は、2,000円~です。

DSC_0100600.jpg

たくみの里 豊楽祭り2017

たくみの里豊楽祭りが、本日10月22日(日)行われます。場所は

道の駅たくみの里 豊楽館です。2017年の収穫をたくさんの方々と祝う

収穫祭ですので、たくみの里周辺の豊かな実りを味わっていただいたり、

遠くは、静岡からのお茶のサービスや販売もあります。どれも美味しそうですね~

阿波踊りも参加したいくらいです^-^

hourakumaturi2017ura058.jpg

一見の価値があるのは、烏天狗の大みこしです。地元の有志の方々が

作って、たくみの里に常時飾られていますが、年に一度、この時に担がれて、

町を練り歩き、お披露目されます。七宝焼の家キャンドルの家

前も通ってくれますので、その時は、祭りムード最高潮の気分です。(お店が

あるので、中々会場には行かれません><;)今日もお天気が回復して、滞りなく

笑顔の一日となりますように。

hourakumaturi2017057.jpg

猿ヶ京武者行列2017

10月21日(土)当日になってしまいましたが、たくみの里にも近い猿ヶ京温泉の

三国街道で、本日武者行列が行われます。猿ヶ京温泉には、上杉謙信がさした

杖が根付き、花を咲かせたと言われる見事な桜の大木があります。

謙信がこの三国街道を行軍したのは有名で、それにちなみ有志が凛々しい甲冑姿で、

町を練り歩くというイベントです。艶やかな着物姿の姫❔も参列すると思います。

musyahyouretu2017059.jpg

飲食ブースでは、謙信ではなく、上杉けんちんうどんも振舞われ、楽しいおまつり

となることでしょう。天候に恵まれ、寒かったり風が強かったりしませんように。

笑顔のあふれる一日になりますように。

musyahyouretu2017ura060.jpg

不動の滝

9月25日(月曜)定休日ですので、主人と出かけた帰りにたくみの里に近い

不動の滝を見に行ってきました。

私は初めてですが、冬は滝が凍るので、写真を撮る人には、知る人ぞ知るの場所です。

地元の方が大切にしている所ですので、ちゃんと草刈りもされていて、驚きました。

IMG_0825600.jpg

少し登り始めると可愛い花!ヤマホトトギスです。調べたらヤマジノホトトギスとも

言うようです。

IMG_0822600.jpg

たくみの里では、7,8月頃咲いていました。標高が少し高いので、今年の

見納めが出来ました。

IMG_0820600.jpg

登り切った所にお堂がありました。到着! 神聖な雰囲気も感じます。

IMG_0792600.jpg

その奥に、不動の滝。

IMG_0794600.jpg

ここまでしか近寄れませんでしたが、この雰囲気はやはり格別です。

汗も引いて、水音と鳥の声だけの中で暫し佇んでいました。

IMG_0798600.jpg

お参りして帰る道で、色鮮やかなアザミが目に飛び込んできました。

虫たちも夢中になっています。そろそろ花も終盤、生き物も忙しいですね。

IMG_0788600.jpg

新作ベネチアンガラスのペンダントⅡ、本日は、ピンクの可愛らしい一品を

ご紹介いたします。同じくシルバーの枠ですが、全体がシルバーの上に

ベネチアンガラスをデザインしたものです。

DSC_0964600.jpg

ベネチアンガラスは、見ているだけでも楽しくなるガラス細工のビーズです。

それを組み合わせて行くのも又ワクワクする作業になりますね。

DSC_0966600.jpg

全体がシルバーの枠ですので、裏面にシルバーの刻印があり、オレンジ色が

美しいです。鏡に乗せて出窓の外も借景しました。オールシーズン楽しめます。

DSC_0968600.jpg

チェーンもシルバーをつけましたので、双方ともで8,000円と少しお値段も

高めですが、プレゼントには最適と思われます。たくみの里七宝焼の家で、販売して

おりますので、お早めにご連絡ください。℡0278-64-2064 月曜は定休で

9:00~16:00までです。

DSC_1008600.jpg

七宝焼の家オンラインショップ商品の詳細をこのブログでご紹介

してきましたが、まだショップにはあげていない新作を一足早く

ご覧いただこうと思います。ベネチアンガラスのペンダントです。

DSC_0948600.jpg

枠はシルバーですので、落ち着いた輝きがあり、ベネチアンガラスと

同系色の上でも浮き立ちますね。

DSC_0949600.jpg

光を通すので、繊細な輝きも見ることができます。実際に身に着けていただく時は

下の色が反映してくると思います。それも楽しみですね。

DSC_0950600.jpg

秋も深まって、装いを楽しむ上で、大いに活躍してくれることでしょう。

皮ひも付きで、7,500円です。たくみの里七宝焼の家で、販売しています。

直接ご連絡いただく場合は、℡0278-64-2064まで、9:00~16:00に受け付けております。

尚、月曜は定休日です。

DSC_0954600.jpg

子持神社 子の権現さま

先日たくみの里の近くにある、子(ね)の権現さまにお参り

してきました。土地の人でなければ到底分からないという場所に

あります。つまり田んぼの奥の細い道をどんどん山の中に入って行きます。

主人の軽トラでやっと到着。 鳥居には、子持神社と書いてあります。

IMG_0742.JPG

主人が調べものをしていて、場所を確かめたく、田畑で作業をしている

人に聞きながら、やっと探し当てました。後日、ここに連れてきてもらうために

私は人にもらった杖を2本持参です。

IMG_0752.JPG

ようやっとお社が近くなってきました。参道の階段は、苔がついていて

滑る上に、崩れていて足を乗せることもできない所もあります。

IMG_0755.JPG

なんとか、たどり着きました。この子の権現さまは、足の悪い人が治して

もらうため、家族や親せきがその人の履き物を持って、お願いに

お参りするそうです。私も両膝が痛いのですが、敢えて自分で登ってみました。

IMG_0761.JPG

ご本尊は、この囲いの中の小さな祠だそうです。お社の中ではなく、裏側にある

というのが不思議ですね。

辺りは、鬱蒼としていて、熊がいつ出てきてもおかしくないような

所でした。ご利益はともかくとして、いつもいる場所の近くに発見した

不思議スポットでした。

IMG_0772.JPG

小菊をお供にⅡ

前回のピンクベースにしたものの色違い、ブルーのご紹介です。

さしずめ、秋晴れの青空に小菊、といったイメージですね。

こちらは、細い皮ひもにしました。

DSC_0904600.jpg

深い色にも負けないですね。これからの装い向けになります。

たくみの里七宝焼の家で、手作り体験していただけます。

ベネチアンガラスの配置も変えて、お好みの色で作れますね。

DSC_0932600.jpg

ピンクのと同じように窓際で撮ってみました。うっすら緑に見えるのは、蔦の葉です。

あの葉が紅葉してくるのも楽しみですね。

DSC_0933600.jpg

ネットでのご購入は、七宝焼の家オンラインショップでしていただけます。そちらでは、

ペンダントトップのみの販売で皮ひもは別売りとなっています。ご了承ください。

小菊をお供に

可愛い小菊を並べたような七宝焼きのペンダントが本日の出番です。

七宝焼の家オンラインショップでは、#Pe008として登場しています。

リング状の銅板にピンクの釉薬をしき、ベネチアンガラスの粒を配置しました。

DSC_0895600.jpg

たくみの里七宝焼の家で、製作体験も出来ます。お好みの色やデザインで

楽しめますね。画面上では、大き目に見えますが、約4㎝位のサイズです。

サイズは、サイトでご確認いただけます。

DSC_0922600.jpg

次回は、同じ形でブルーのものをご紹介いたします。お楽しみに。

ネット上でのご購入は、七宝焼の家オンラインショップをご覧ください。

みなかみユネスコエコパーク登録が決定し、みなかみ町の自然の素晴らしさ、

自然を生かして人が暮らしている融合が、世界に認められました。

写真をクリックすると大きくなります。別ウィンドウですので、右端の×で

閉じられます。

ekopark2040.jpg

水が美味しくて、その流れの美しさは、県境に連なる山々が浄化してくれて

いるのではないかと思います。またここに住む人も、それをとても大切に

しています。その思いが今回の登録達成に繋がりました。

写真をクリックすると大きくなります。別ウィンドウですので、右端の×で

閉じられます。

ekopark3041.jpg

この町で生まれた人、移り住んだ人、様々な人たちが、この自然に

魅せられていると思います。これからも益々自然に注目し、大切に

愛着を持って暮らしていくことでしょうね。

ちなみに、たくみの里も移行地域として「日々のくらしと経済活動を

行う中で豊かな森と水の持続的な利用を積極的に行うエリア」として

この地域の名を連ねています。

ekopark1039.jpg

先日、登録記念式典がありました。その時に配られたリーフレット(上)と

記念の品(下)です。人も自然の一員として共に暮らしていきたいですね。

IMG_1007.jpg

秋色ブローチⅢ

秋色ブローチのご紹介三作目です。私個人は、この色が一番好きです。

実に渋い色ではありますが、存在感がなさそうで、でも、

他をしっかり際立たせそうな密かな力を持つ・・・などと言ったら

いささかオーバーですね。

この形が光と影を見せてくれます。ガラスの質感もその陰影でとらえることが

出来ますね。

DSC_0839600.jpg

明るい色にも負けない存在感がありますが、下の色を、ブローチが反映しています。

DSC_0887600.jpg

更に、渋さを増して、落ち着きます。別ものに見えてきませんか?

DSC_0870600.jpg

では、この色には合うでしょうか。

バックの色の可愛さが引き立ちました。

色を楽しむ組み合わせ、様々試してみたくなりました。ワクワクしますね。

DSC_0892600.jpg

彫金版の七宝焼きアクセサリーは、こちらでもご覧いただけます。

秋色ブローチⅡ

秋色ブローチ二番目にご紹介するのは、前回と同じ形でグリーン系です。

こちらも七宝焼の家オンラインショップでは、#Br006になっています。

ショップでは、色の再現が難しいので、バックの色を変えて撮ってみました。

七宝焼き彫金版ブローチグリーン#Br006-1

七宝焼きは、ガラス製品になりますので、光の当たり具合で印象も随分

変わりますよね。

ショップでは、再現出来ないものをブログで詳細していきたいと思っております。

七宝焼き彫金版ブローチグリーン#Br006-2

このブローチは、横長サイズ約5㎝、縦の長い所で2㎝と、かなり小さいものです。

こうしてアップすると大きく見えてしまいますが、彫金版の刻印をお確かめ

いただきたくて、鮮明にしてみました。グリーンの葉がそろそろ少なくなって

きたので、アクセサリーでお楽しみいただけると嬉しいです。

七宝焼き彫金版ブローチグリーン#Br006-3

七宝焼オンラインショップでご覧いただく色も実際に近くなっています。