一足早くプレゼント

先日、思いがけなくプレゼントをいただきました。サプライズと共に

一足早いクリスマスですね。ご近所の娘さんから「ちょっと早いけど

おじさんとおばさんにクリスマスプレゼント!」と言って、手作り

クッキーです。可愛いラッピングして持ってきてくれました。嬉しい限りです。

IMG_1599600.jpg

もう一つは、先日X'masスークでご紹介した、ギャラリーALGOさん。

買おうと思って忘れてきたウサギの人形が、まだ残っているかと

お聞きしたら、ALGOさんのものだということで、プレゼントして

もらっちゃいました。なんということでしょう!!!

IMG_1593600.jpg

このウサギ、ぬいぐるみではなくて... 名前を忘れてしまいました が、羊毛を
加工した手作りで、作家さんがプレゼントしてくれたそうです。そして更に
私の元へ。温かい気持ちを大切にして今年が終われることに感謝です。
IMG_E1603600.jpg

シルバー枠に収まったベネチアンガラスのネックレスをご覧ください。

七宝焼の家オンラインショップの製品では、ガラスペンダントトップ

同じ技法のものがありますが、こちらは枠がシルバーなので、少し印象が

変わりますね。

DSC_0997600.jpg

大きさは、縦約2.5㎝、横約2㎝位です。同じくシルバーのチェーンを

つけましたので、お値段は9,000円とちょっと高めです。チェーンの長さは、

45㎝です。

DSC_1004600.jpg

裏引きは、明るいオレンジ色ですので、シルバーの印象をつぶさず

高級感も増しています。プレゼントには、ピッタリですね。

ご用命は、℡:0278-64-2064 又は、yamasankobo.acc@gmail.com まで

ご連絡ください。

DSC_1005600.jpg

ブログ初登場、キャンドルの家のジェルキャンドルのご紹介です。

キャンドルの家は、七宝焼の家に併設されていて、私、福田由美の担当です。

通常は、月・火が定休日ですが、12月からは土日祝日のみの営業と30、31日、

1月1日~3日、6日~8日が営業日、3月半ばまでは土日祝日のみ営業いたします。

そして、このようなジェルキャンドルを作っています。

IMG_1423600.jpg

ジェルキャンドルは、カラフルな砂を重ねていき、その上に

オーナメントや貝、ビー玉など、お好みの材料で飾り付けをします。

サンタクロースの後ろにあるのは、風船という名前のガラスオーナメントです。

通常は、ガラスオーナメント一つが定額となっています。

IMG_1424600.jpg

オーナメントの背の高さと容器の深さによって、砂の入る量が変わって

くるので、このような小さいグラスですと、砂は少しになります。

横から見たら、サンタさんがソリを引いている態勢になっていました(笑

左側に微かに見えるのは、透明なハートのガラスです。これはもう材料が手に入らなく

なってしまったので、おまけに入れました。ハッピーなクリスマスになりますように。

IMG_1427600.jpg

先日もご紹介したベネチアンガラスのチタンガラスを細工した製品

本日は、グリーンの小さなハートをご覧ください。

DSC_0286600.jpg

一見、グリーンのようですが、アップしてみると何種類かの色が見えてきます。

DSC_0282600.jpg

周りは、ブルーのようにも見えますね。

DSC_0252600.jpg

この角度では、ブルーの濃淡が良くわかります。周りは濃いブルーで、中は

ライトブルーの輝きが見えます。不思議ですね。

これは、ベネチアンガラスのチタンガラスを整形加工したものです。

DSC_0257600.jpg

ちょっとアヒルさんに隠れていますが、これは黄色が主役のようですね。

角度によって色合いを変える楽しくて、美しいペンダントだと思います。

たくみの里七宝焼の家で販売しています。チェーン付で3,200円です。

お出での際は、スタッフに声をかけていただいて、ぜひご覧になってください。

DSC_0268600.jpg

今日、12月7日(木)~4日間 沼田市にあるギャラリーAlgoさんにて

X'mas SOUQ (クリスマス スーク)2017が開かれます。

20組の作家さんたちが、それぞれのクリスマスの思い出をよせるとと共に

丹精込めた作品を、展示販売していただけます。

2017souq1.jpg

ギャラリーALGOを運営する小倉香さんは、大石商店の名前で出展です。

タイルアートの作家でもあるので、その作品が、また楽しみです。

2017souq2.jpg

たくみの里七宝焼の家の大堀由里は、深い赤の七宝焼アクセサリーを何点か

ご披露いたします。皆様の作品を見るだけでなく、買い求められるのが嬉しく、

この一年の自分へのご褒美にもしたいと、今からワクワクしています。

DSC_0109600.jpg

たくみの里の新しい藁オブジェ、完成を楽しみに待っていた様子の続きです。

11月18日大分出来上がってきました。置かれた脚立で、大きさが計り知れますね。

1-IMG_1399.jpg

まだ、この時点で私は、牛だとばかり思っていました。草を食べている様子なの

かなぁ、と。それにしては、首も足も太いし、などとね。

前回、画像を間違えて使ってしまいました。修正しましたが、以下の2枚は、

ご覧いただいたものと同じになります。失礼いたしました(汗;

1118600.jpg

西の方角を向いています。どのように出来上がるのでしょうね。

1-IMG_1408.jpg

さて、11月も最終週。通りかかった時に、耳が付いたのを見て、判明しました。

イノシシだったんですね。そしていよいよ完成しました。

IMG_1497.jpg

ジャ~ン! 右前脚の一歩出たところに、動きがあっていいですね。

IMG_1493.jpg

ピンクの目も鋭い!! なんでピンクなんだろう? 赤じゃぁ怖いしね(笑

IMG_1489.jpg

鉛管の鼻の穴が、力強い!!! ^0^

色々な工夫を凝らして、作られた方々、ご苦労様でした。

IMG_1503.jpg

目は、空を見上げているようにも、地面を見据えている様にも感じられます。

コワ可愛く思えてきました。たくみの里に新しい魅力が出来上がりましたね。

日曜日、お客さんが早速ご家族で記念撮影していました。また話題を呼びそう

ですね。

1-11.jpg

たくみの里のワラアート

先日、たくみの里のワラアートで、巨大牛をご覧いただきましたが、その後

たくみの里の入り口に、木と竹を細く裂いたもので骨組みが出来ていました。

興味津々、行き帰りでこの場所を通るので、朝のまだ作業が始まる前に、

寄り道です。

1-IMG_1315.jpg

初めは、牛さんかと思っていましたが、首の部分がすごく太くて

違うようです。なんでしょうか、楽しみです。11月10日に撮りました。

1110600.jpg

11月11日に藁の巻きつけが始まっていたので、翌12日朝に、また寄り道です。

1-IMG_1384.jpg

あの、藁の巨大牛も、こんな風に作っていったんですね。藁を集めるのも、

今は、大変かもしれません。

1112600.jpg

東泉寺という大黒様をお祀りしたお寺さんの前に立っています。中之条町に

抜ける新しい道路に面しているので、多くの人の目に留まることでしょうね。

この続きは、明後日になります。

七宝焼きで干支の犬

2017年12月1日、いよいよ師走に入りましたね。気分は、ちょっと

慌ただしくなっていますが、七宝焼きで来年の干支の犬を作りましたので

ご覧ください。可愛かったり、面白かったり、奇妙だったりで、ひと時

楽しんでいただけると嬉しいです。

1200円の体験で出来るワンちゃん、どなたでも作っていただけます。

DSC_0290600.jpg

他の犬も加わって、お散歩です。

DSC_0300600.jpg

小さい犬も参加しましたね。楽しそう♪

DSC_0307600.jpg

こちらは、奇妙! ブルーと黄色の目を持って、面白可愛く出来ました。

DSC_0308600.jpg

この三匹は、なんだか悪そうです(笑  いたずらワンちゃんでしょうか。

DSC_0310600.jpg

細い犬も入って、勢揃い。大きなワンちゃん以外は、体験はありません。

IMG_1442600.jpg

最後に、キャンドルの家のいたずら犬さんと対決場面です。

いたずら犬のくわえた、お肉の争奪戦でしょうか。どちらも可愛い顔をしていて、

戦う様子でもありませんね。きっとプレゼントでしょう。めでたしめでたし。

DSC_0293600.jpg

七宝焼き深紅のバラ

真っ赤なバラが七宝焼きで咲きました。ブローチです。

彫金版という技法で、あらかじめ銅板にバラが浮き彫りにされていて

そこに、釉薬(ガラスの微粉末)で濃淡をつけながら色付けしていきます。

バラは、その香りと共に大きな魅力を持つ花ですよね。

こうして七宝焼きで作られていても、なんだか目を引きます。

DSC_0275600.jpg

ちょっと暗めにしても、かえってその花の持つ力のようなものが、引きたつ

感じがしてきます。枯れることのない真紅のバラ、私も欲しくなってきました(笑

たくみの里七宝焼の家で販売しています。2,800円です。バラではありませんが、

同じ技法のブローチ七宝焼の家オンラインショップでも販売しておりますので、

是非ご覧ください。

DSC_0280600.jpg

11月も最終週。街は、クリスマスとお正月に彩られてきました。

七宝焼の家オンラインショップにもクリスマスカラーのピアスがあります。

赤と緑、それにピアスの金具が金色で小さいけれど、華やかな印象です。

DSC_0248600.jpg

ショップの画像は少し暗いですが、同じものです。ガラスピアス#004です。

DSC_0250600.jpg

こちらは、以前にも登場したアヒルと一緒の画像です。

お出かけやプレゼントにピッタリ。

七宝焼の家でも販売していますので、他の商品と共にお楽しみ下さい。

DSC_01356001.jpg

ベネチアンガラスの小さな花模様を楽しめるペンダントを

ご覧ください。ベースをシルバーの箔でくるんであるので、

品の良い輝きが出ました。 氷に浮かぶ花のようですね。

DSC_0027600.jpg

落ち着いた色の紐に、当店で作ったトンボ玉の小粒を付けました。

チェーンや皮ひもも良いですが、この組み合わせも、それぞれの良さを

発揮しあっていると感じました。

DSC_0039600.jpg

この作り方は体験出来ませんが、七宝焼の家で販売しています。トンボ玉と

紐付きで4,000円です。ベネチアンガラスのペンダントトップは、七宝焼の家

オンラインショップでも販売しています。

そちらも合わせてお楽しみいただけると嬉しいです。

DSC_0022600.jpg

先日ちょこっとご覧いただいた、巨大なわら牛の再登場です。

場所はたくみの里を北に上がって行って、わら細工の家の手前、

一之宮地蔵のそばです。

IMG_1320600.jpg

側によると、やっぱり大きい! この大きさが嬉しいですよね。

IMG_1321600.jpg

見る方向を変えると景色も良く、実にのどかな気分になります。

IMG_1340600.jpg

背中に何か乗っていますね。

IMG_1329600.jpg

わらで作った子供でしょうか、赤い布と竹のレイキ、笠もつけて

手が込んでいます。

IMG_1331600.jpg

前に回ると大きな目に見られているような気がしてきます。

IMG_1327600.jpg

こちらに回っても、まだ、見ていますね~ ちょっとコワ面白い、です。

IMG_1325600.jpg

後ろの方に行くと、振り向かれているよう。つい、話しかけたくなります。

夜中に歩いてたらどうしよう、なんて想像してしまうほど、リアルな目を

持つわら牛。一見の価値あり、ですね。たくみの里では、この他にも今製作中

で、出来上がりが楽しみですね。

IMG_1336600.jpg

カブで...

先日大きなカブをいただきました。町のスーパーなどでは見かけない

ものですが、柔らかく味もすぐしみて、とても美味しいです。

傷んだところを切ってみると、口の様に見えてきました。

IMG_1366m600.jpg

そばにあった紅茶の葉の出がらしで、目を付けたら

なんと楽しい顔になっています。

IMG_1367600.jpg

その切り取ったものを上に乗せたら、今度はカッパの様!

お店から帰ってきて、夕食を作る時間も少ないのに、つい、遊んで

しまいました(笑) その日の疲れを取るのには、大いに効果満点でした。

IMG_1368600.jpg

ガラスピアス#Gpi002

光が生み出す色を楽しめるピアスをご紹介いたします。

七宝焼の家オンラインショップのガラスアクセサリー・ガラスピアス#002です。

ショップの印象と随分違うように感じますが、同じものです。

DSC_0243600.jpg

左右で光の当たり方を違えてみると、ハッキリわかりますね。

不思議です。

DSC_0223600.jpg

乗せたお皿の向きを変えた時、少し日の光が陰りました。

これも又違った色合いを見せてくれました。

DSC_0226600.jpg

光の入り方で、微妙に色が変わって見えてきます。

右に置いたピアスの下の方が少し色が濃かったので...

DSC_0233600.jpg

カメラをずらしてみたら、緑色に反射しています、面白いですね。

このガラスはベネチアンガラスのチタンガラスで、七宝焼の家の職人(大堀由里)

が、それを加工し製品にしたものです。

オリジナルの輝きを楽しんでいただきたいです。

DSC_0232600.jpg

たくみの里の菊畑

たくみの里の菊畑が満開を迎えています。場所は、一之宮地蔵のある

所で、広々と景色も良く、わら細工の家の近くです。

写真は、クリックすると大きくなります。右端の×で、元に戻ります。

IMG_13471000.jpg

奥の方の紅葉が綺麗ですね。この林の奥にアジサイで有名な泰寧寺さんが

あります。紅葉も美しく、静かな所です。

IMG_1345600.jpg

後ろの方から見られているような気がして振り向くと、一之宮地蔵さんの

向こうに大きな牛!  何だか面白そうです。もっと近寄って見たのは、

言うまでもありませんね。わらで作った牛さんのブログ登場をお楽しみに。

IMG_1342600.jpg

七宝焼きの新しい仲間

たくみの里七宝焼の家の銅板に、新しい仲間が入りました。

来年の干支、戌年にちなんで、犬の形です。たくさんの材料の中に

大きく目立っていて、何色の犬にしようかなと考えるのも楽しくなります。

穴がないので、そのまま飾るか、別売りのピンを付けて

ブローチとしてお使いいただけます。

DSC_0137600.jpg

小鳥の飾り物と一緒に撮ってみました。犬が楽しそうに見えてくるのは

私だけかな?笑)

DSC_0142600.jpg

もう少し楽しそうにしてみます。小鳥は、迷惑そう?

これから来年に向けて活躍してくれそうですね。1,200円の七宝焼体験です。

DSC_0146600.jpg

薪が来ました

先日、我が家に薪が来て、いよいよ冬支度が始まりました。

薪は、毎年買っています。一冬に3回位運んでもらっているんですが、

家の周りに住宅が増えて、今年は一回で済ませるようにしました。

山積みになって、まるで薪屋さんのようになってしまいました。

IMG_1305.JPG

小さな家なので、見る方向によっては、薪に埋もれていますね(笑

IMG_1313.JPG

カエデが見事に紅葉して、燃えるようです。薪に火が付いちゃうでしょうか...そんな

ことはありませんね、アハハ。

IMG_1312.JPG

その隣は、ヤマボウシですが、ちょっと前まで、色とりどりになっていて

私はこのような紅葉が好きです。でも、あっという間に散ってしまいました。

IMG_1198.JPG

春の花と同じように、紅葉も時の経つのを惜しんでしまいますね。じっとガマンの

冬を迎える準備を進めましょう⛄

IMG_1199.JPG

ベネチアンガラスペンダントの新作をご覧ください。七宝焼の家大堀由里作です。

ガラスフュージング技法になります。

DSC_0008600.jpg

ベネチアンガラスは、ガラス棒の中に小さい花や星の模様を埋め込んで

棒状にしたもので、それを更に小さく切ってビーズサイズになっています。

金太郎飴と同じですね(笑

DSC_0006600.jpg

様々な模様があるので、好みで組み合わせられます。裏の無い型で作って

あるので、後ろの色が少し反映されています。

DSC_0012600.jpg

ガラスフュージング技法は、七宝焼の家オンラインショップの

ガラスペンダントトップに同じ作り方のものがあります。

DSC_0016600.jpg

枠の無いものは、たくみの里七宝焼の家で、体験出来るものもあります。

ガラスアクセサリーですが、秋の装いにも似合いますね。

DSC_0018600.jpg

先日買い物中にアクセサリーや腕時計など、ちょっと外して置く時にも使える

小皿を見つけました。それぞれアヒルとネコがついていて、この二つしか

残っていなかったので、衝動買いしてしまいました。早速、七宝焼き

ピアスを乗せて撮ってみました。カルガモ親子のように見えます(笑

ピアスは、七宝焼の家オンラインショップで販売している重ね焼き技法

#006です。

DSC_0133600.jpg

同じくショップで販売しているガラスフュージングのピアスも。

クリスマスをイメージした色合いに、光を反射するように作ったものです。

白に似合いますね。

DSC_0135600.jpg

こちらは、ネコにベネチアンガラスの指輪を乗せてみました。

色々な方法で使えそう。小皿のおかげで、またワクワク出来て嬉しいです。

DSC_0136600.jpg

七宝焼きイヤリング#001

七宝焼の家オンラインショップで販売しているイヤリング、ウサギの

耳を借りてつけて見ました。何だか面白くなりましたね。お姫様みたい。

昔、浅草のかんざしやさんで、憧れながら見上げたお姫様かんざしを

思い出してしまいました(笑

DSC_0124600.jpg

このイヤリングは、重ね焼き技法でオンラインショップでは、2,800円で

販売しています。ピンクのベースにピンクの濃淡と黄色のフリットを

乗せて焼成しました。フリットはガラスの粒なので、溶けると、その

大きさの分広がり、柔らかな模様が出来上がります。

優しい色合いは、見ているだけでも楽しくなりますね。

DSC_0126600.jpg

朝焼けと紅葉

今年は雨が多かったり、曇り空だったり、中々スッキリと晴れた日が

少ないような気がします。でも、朝のほんの少しの時間に見事な朝焼けを

見る日があって、一日のスタートに大いに励まされています。

これは10月の終わり頃撮ったものです。並んだ雲が面白くて撮りました。

IMG_1281.jpg

こちらは最近。家の中から、ふと外を見た時の驚きと言ったら、ありゃしません(笑

IMG_1289.jpg

まず、色が変わらないうちにと、前の公園を入れて撮ってみました。

IMG_1293.JPG

空の様子は、刻々と変わってしまうので、スマホを持って外に飛び出しました。

家のドウダンツツジとカエデの紅葉も負けじと色を照り返しています。

朝の一時でしたが、ありがたい時間に感謝しました。

IMG_1300w.jpg

深い赤を七宝焼きで

落ち着いた秋を感じさせる、深い赤のブローチが出来上がりました。

子供の頃、秋の終わりや冬の始まりに、えんじ色のセーターを着るのは、

とてもオシャレに感じたものです。そんな想いを代弁するかのように、

七宝焼の家の大堀由里が作った、Deep redのブローチをご覧ください。

DSC_0108600.jpg

白ネコのディスプレイ用皿を見つけたので、活躍してもらいます。

アクセントに乗せたチタンガラスが光を受けて、その色を大いに発揮していますね。

このポイントは、ブルズアイガラスのチタンガラスを溶かして、熱いうちに棒状に

伸ばし更に小切りにしたものを焼き、七宝焼きの上に乗せて焼成したと言う事です。

う~ん、かなり込み入っていますね。

DSC_0112600.jpg

いつものごとく、鏡に乗せて青空にも協力してもらいました。留め金が確認できると

思いますが、その上にリングがあるので、チェーンを通してペンダントにしていただく

事も出来ます。今のところ、試作提案品ですので、七宝焼の家の店頭には並びませんが

いずれ販売出来ると思います。お楽しみにしていただけると嬉しい限りです。

DSC_0115600.jpg

たくみの里秋の花まつり

11月4日(土)たくみの里秋の花まつりが行われます。場所は、たくみの里の

一之宮のお地蔵様がある一之宮菊畑です。ここはお地蔵様を守るような大きな桜が

有名で、春には、少し小ぶりで透明感のある花が見事に咲き、心和む場所です。

今年は、そこにわらアートが出現する予定で、初の試みに今からワクワクしています。

akinohanamaturiomote044.jpg

道の駅から歩くと時間がかかりますが、ハイキングだと思うと丁度良い距離

かもしれません。でも、当日は、電気バスも運行されるので、それを利用して

いただくのも良いですね。

img002.jpg

マップを見やすくしようと、カットしました。クリックすると大きくなります。

見えるでしょうか。  大画像の右上の × をクリックすると閉じます。

宿場通りと庄屋通りの分岐、A地点に七宝焼の家とキャンドルの家が

あります。道の駅から一之宮までは、ゆる~くて長い上りですので、行きは電気バス、

帰りは、お散歩でも良いですね。七宝焼の家とキャンドルの家にも是非お立ち寄り

ください。当日はお天気が良くなりますように。冷たい風が吹きませんように^-^

img002cut.jpg

古希のお祝い

10月9日(月曜)丸沼高原のペンションCou屋(くうや)さんに行ってきました。

その日は、体育の日でしたので、仕事が終わってからでしたが、たくみの里からは、

車で1時間半までかかりません。途中の峠にトンネルが出来たので、ビックリするほど

早く着きました。ありがたいです。

IMG_1129.JPG

娘や孫たちが、私の古希のお祝い(9/5) 、孫の誕生(10/22)、ひ孫の誕生日(10/6)、

もう一人の孫が東京に行ってしまう独立記念日を兼ねての

「まとめてお祝いお泊まり」を企画してくれました。

このCou屋さんは、娘や孫たちにとっても、思い出の多いペンションです。

東京から先に着いていた娘家族に、奥様がお茶を入れてくれました。

手作りのお菓子を添えて。

IMG_1074.JPG

お部屋は、落ち着いた色合いでお出迎えのメッセージがありました。

こういうのって、嬉しいものですね~

薪ストーブがある場所は、上の写真の所で、実にくつろげる空間でした。

heya.jpg

美味しい食事の後、奥様がケーキをプレゼントしてくれました。

サプライズです! 

クッキーにそれぞれのお祝いを書いてくれています。楽しくて大感激ですね~

IMG_1082.JPG

色んなお祝いなので、歌も唄わず点火です。

ペンション中に歓声が響きわたるほどでした。

IMG_1078600.jpg

立っている孫と寝転んでいるひ孫は、1年9か月違いです。この二人が

我が家の現在のアイドル。泣いたり笑ったり、大変な子育てを一歩引いて

見ていられるのが、70歳になった特権でしょうか。ありがたいです。

IMG_E1164.JPG

翌日は、よく晴れて気持ちの良い朝を迎えることが出来ました。焼き立てパンと

美味しい朝食をいただいて、ゆっくりさせてもらって帰ってきました。

ここは、以前我が家がペンションをやっていたところなので、同業のペンションの

奥様にもご挨拶、旧交を温めてきました。短時間ですが、心に残る良い旅でした。

ありがたかったです。

kouyou.jpg

七宝焼き白のピアス

七宝焼き白のピアス、ご覧ください。白の上に透明ガラスビーズを

乗せました。巾約1㎝位の小さなハート型です。

DSC_0084600.jpg

ガラスビーズが、光の具合で少し色の変化を見せるところが、小さなピアスの

大きなポイントですね^-^

DSC_0090600.jpg

これもどのような色合いにも似合います。鏡に乗せて青空と出窓の外の風景を

バックにしてみました。

DSC_0086600.jpg

これは、モノクロではありませんが、光の具合です。それでもほのかにビーズの

色が出ているのが面白いですね。

実物は、たくみの里七宝焼の家のショーケースでご覧になれます。

DSC_0077600.jpg

ガラスの小粒ピアス

今日はガラスの小粒ピアスをご覧ください。これもたくみの里七宝焼の家の

ショーケースからピックアップしてきました。5~6㎜のホントに小さなガラス粒

ですが、意外な面白さを見つけました。

DSC_0048600.jpg

わかりやすいように、光を受ける方向を変えて撮ってみると、上は赤、下は、

ピンクに見えますね。これは楽しい!などと思ってしまいました。

DSC_0063600.jpg

出窓の外の紅葉をバックにしてみると、木の実のようにも感じられます。

小さな赤を身に着ける楽しさって、格別なような気がしてきました。嬉しい

小粒のアクセサリーです。

DSC_0058600.jpg

本日は、七宝焼きリボンの形のピアスをご覧ください。

技法は、七宝焼の家オンラインショップに掲載しているバレッタと同じ

重ね焼きになります。その他の項目のゴルフマーカーとも同じです。

ベースの色で印象も随分変わりますよね。透明なビーズが日を受けて

きれいです。華やぐ場所でも活躍しそうですね。

DSC_0068600.jpg

耳元で揺れるピンクのリボン......楽しくなります。

体験も出来ますし、たくみの里の七宝焼の家でもご覧になれます。

お好みの色で、作ったり、それをプレゼントするのも嬉しいですね。

ピアスの体験は、2,000円~です。

DSC_0100600.jpg

たくみの里 豊楽祭り2017

たくみの里豊楽祭りが、本日10月22日(日)行われます。場所は

道の駅たくみの里 豊楽館です。2017年の収穫をたくさんの方々と祝う

収穫祭ですので、たくみの里周辺の豊かな実りを味わっていただいたり、

遠くは、静岡からのお茶のサービスや販売もあります。どれも美味しそうですね~

阿波踊りも参加したいくらいです^-^

hourakumaturi2017ura058.jpg

一見の価値があるのは、烏天狗の大みこしです。地元の有志の方々が

作って、たくみの里に常時飾られていますが、年に一度、この時に担がれて、

町を練り歩き、お披露目されます。七宝焼の家キャンドルの家

前も通ってくれますので、その時は、祭りムード最高潮の気分です。(お店が

あるので、中々会場には行かれません><;)今日もお天気が回復して、滞りなく

笑顔の一日となりますように。

hourakumaturi2017057.jpg

猿ヶ京武者行列2017

10月21日(土)当日になってしまいましたが、たくみの里にも近い猿ヶ京温泉の

三国街道で、本日武者行列が行われます。猿ヶ京温泉には、上杉謙信がさした

杖が根付き、花を咲かせたと言われる見事な桜の大木があります。

謙信がこの三国街道を行軍したのは有名で、それにちなみ有志が凛々しい甲冑姿で、

町を練り歩くというイベントです。艶やかな着物姿の姫❔も参列すると思います。

musyahyouretu2017059.jpg

飲食ブースでは、謙信ではなく、上杉けんちんうどんも振舞われ、楽しいおまつり

となることでしょう。天候に恵まれ、寒かったり風が強かったりしませんように。

笑顔のあふれる一日になりますように。

musyahyouretu2017ura060.jpg

不動の滝

9月25日(月曜)定休日ですので、主人と出かけた帰りにたくみの里に近い

不動の滝を見に行ってきました。

私は初めてですが、冬は滝が凍るので、写真を撮る人には、知る人ぞ知るの場所です。

地元の方が大切にしている所ですので、ちゃんと草刈りもされていて、驚きました。

IMG_0825600.jpg

少し登り始めると可愛い花!ヤマホトトギスです。調べたらヤマジノホトトギスとも

言うようです。

IMG_0822600.jpg

たくみの里では、7,8月頃咲いていました。標高が少し高いので、今年の

見納めが出来ました。

IMG_0820600.jpg

登り切った所にお堂がありました。到着! 神聖な雰囲気も感じます。

IMG_0792600.jpg

その奥に、不動の滝。

IMG_0794600.jpg

ここまでしか近寄れませんでしたが、この雰囲気はやはり格別です。

汗も引いて、水音と鳥の声だけの中で暫し佇んでいました。

IMG_0798600.jpg

お参りして帰る道で、色鮮やかなアザミが目に飛び込んできました。

虫たちも夢中になっています。そろそろ花も終盤、生き物も忙しいですね。

IMG_0788600.jpg

新作ベネチアンガラスのペンダントⅡ、本日は、ピンクの可愛らしい一品を

ご紹介いたします。同じくシルバーの枠ですが、全体がシルバーの上に

ベネチアンガラスをデザインしたものです。

DSC_0964600.jpg

ベネチアンガラスは、見ているだけでも楽しくなるガラス細工のビーズです。

それを組み合わせて行くのも又ワクワクする作業になりますね。

DSC_0966600.jpg

全体がシルバーの枠ですので、裏面にシルバーの刻印があり、オレンジ色が

美しいです。鏡に乗せて出窓の外も借景しました。オールシーズン楽しめます。

DSC_0968600.jpg

チェーンもシルバーをつけましたので、双方ともで8,000円と少しお値段も

高めですが、プレゼントには最適と思われます。たくみの里七宝焼の家で、販売して

おりますので、お早めにご連絡ください。℡0278-64-2064 月曜は定休で

9:00~16:00までです。

DSC_1008600.jpg

七宝焼の家オンラインショップ商品の詳細をこのブログでご紹介

してきましたが、まだショップにはあげていない新作を一足早く

ご覧いただこうと思います。ベネチアンガラスのペンダントです。

DSC_0948600.jpg

枠はシルバーですので、落ち着いた輝きがあり、ベネチアンガラスと

同系色の上でも浮き立ちますね。

DSC_0949600.jpg

光を通すので、繊細な輝きも見ることができます。実際に身に着けていただく時は

下の色が反映してくると思います。それも楽しみですね。

DSC_0950600.jpg

秋も深まって、装いを楽しむ上で、大いに活躍してくれることでしょう。

皮ひも付きで、7,500円です。たくみの里七宝焼の家で、販売しています。

直接ご連絡いただく場合は、℡0278-64-2064まで、9:00~16:00に受け付けております。

尚、月曜は定休日です。

DSC_0954600.jpg

子持神社 子の権現さま

先日たくみの里の近くにある、子(ね)の権現さまにお参り

してきました。土地の人でなければ到底分からないという場所に

あります。つまり田んぼの奥の細い道をどんどん山の中に入って行きます。

主人の軽トラでやっと到着。 鳥居には、子持神社と書いてあります。

IMG_0742.JPG

主人が調べものをしていて、場所を確かめたく、田畑で作業をしている

人に聞きながら、やっと探し当てました。後日、ここに連れてきてもらうために

私は人にもらった杖を2本持参です。

IMG_0752.JPG

ようやっとお社が近くなってきました。参道の階段は、苔がついていて

滑る上に、崩れていて足を乗せることもできない所もあります。

IMG_0755.JPG

なんとか、たどり着きました。この子の権現さまは、足の悪い人が治して

もらうため、家族や親せきがその人の履き物を持って、お願いに

お参りするそうです。私も両膝が痛いのですが、敢えて自分で登ってみました。

IMG_0761.JPG

ご本尊は、この囲いの中の小さな祠だそうです。お社の中ではなく、裏側にある

というのが不思議ですね。

辺りは、鬱蒼としていて、熊がいつ出てきてもおかしくないような

所でした。ご利益はともかくとして、いつもいる場所の近くに発見した

不思議スポットでした。

IMG_0772.JPG

小菊をお供にⅡ

前回のピンクベースにしたものの色違い、ブルーのご紹介です。

さしずめ、秋晴れの青空に小菊、といったイメージですね。

こちらは、細い皮ひもにしました。

DSC_0904600.jpg

深い色にも負けないですね。これからの装い向けになります。

たくみの里七宝焼の家で、手作り体験していただけます。

ベネチアンガラスの配置も変えて、お好みの色で作れますね。

DSC_0932600.jpg

ピンクのと同じように窓際で撮ってみました。うっすら緑に見えるのは、蔦の葉です。

あの葉が紅葉してくるのも楽しみですね。

DSC_0933600.jpg

ネットでのご購入は、七宝焼の家オンラインショップでしていただけます。そちらでは、

ペンダントトップのみの販売で皮ひもは別売りとなっています。ご了承ください。

小菊をお供に

可愛い小菊を並べたような七宝焼きのペンダントが本日の出番です。

七宝焼の家オンラインショップでは、#Pe008として登場しています。

リング状の銅板にピンクの釉薬をしき、ベネチアンガラスの粒を配置しました。

DSC_0895600.jpg

たくみの里七宝焼の家で、製作体験も出来ます。お好みの色やデザインで

楽しめますね。画面上では、大き目に見えますが、約4㎝位のサイズです。

サイズは、サイトでご確認いただけます。

DSC_0922600.jpg

次回は、同じ形でブルーのものをご紹介いたします。お楽しみに。

ネット上でのご購入は、七宝焼の家オンラインショップをご覧ください。

みなかみユネスコエコパーク登録が決定し、みなかみ町の自然の素晴らしさ、

自然を生かして人が暮らしている融合が、世界に認められました。

写真をクリックすると大きくなります。別ウィンドウですので、右端の×で

閉じられます。

ekopark2040.jpg

水が美味しくて、その流れの美しさは、県境に連なる山々が浄化してくれて

いるのではないかと思います。またここに住む人も、それをとても大切に

しています。その思いが今回の登録達成に繋がりました。

写真をクリックすると大きくなります。別ウィンドウですので、右端の×で

閉じられます。

ekopark3041.jpg

この町で生まれた人、移り住んだ人、様々な人たちが、この自然に

魅せられていると思います。これからも益々自然に注目し、大切に

愛着を持って暮らしていくことでしょうね。

ちなみに、たくみの里も移行地域として「日々のくらしと経済活動を

行う中で豊かな森と水の持続的な利用を積極的に行うエリア」として

この地域の名を連ねています。

ekopark1039.jpg

先日、登録記念式典がありました。その時に配られたリーフレット(上)と

記念の品(下)です。人も自然の一員として共に暮らしていきたいですね。

IMG_1007.jpg

秋色ブローチⅢ

秋色ブローチのご紹介三作目です。私個人は、この色が一番好きです。

実に渋い色ではありますが、存在感がなさそうで、でも、

他をしっかり際立たせそうな密かな力を持つ・・・などと言ったら

いささかオーバーですね。

この形が光と影を見せてくれます。ガラスの質感もその陰影でとらえることが

出来ますね。

DSC_0839600.jpg

明るい色にも負けない存在感がありますが、下の色を、ブローチが反映しています。

DSC_0887600.jpg

更に、渋さを増して、落ち着きます。別ものに見えてきませんか?

DSC_0870600.jpg

では、この色には合うでしょうか。

バックの色の可愛さが引き立ちました。

色を楽しむ組み合わせ、様々試してみたくなりました。ワクワクしますね。

DSC_0892600.jpg

彫金版の七宝焼きアクセサリーは、こちらでもご覧いただけます。

秋色ブローチⅡ

秋色ブローチ二番目にご紹介するのは、前回と同じ形でグリーン系です。

こちらも七宝焼の家オンラインショップでは、#Br006になっています。

ショップでは、色の再現が難しいので、バックの色を変えて撮ってみました。

七宝焼き彫金版ブローチグリーン#Br006-1

七宝焼きは、ガラス製品になりますので、光の当たり具合で印象も随分

変わりますよね。

ショップでは、再現出来ないものをブログで詳細していきたいと思っております。

七宝焼き彫金版ブローチグリーン#Br006-2

このブローチは、横長サイズ約5㎝、縦の長い所で2㎝と、かなり小さいものです。

こうしてアップすると大きく見えてしまいますが、彫金版の刻印をお確かめ

いただきたくて、鮮明にしてみました。グリーンの葉がそろそろ少なくなって

きたので、アクセサリーでお楽しみいただけると嬉しいです。

七宝焼き彫金版ブローチグリーン#Br006-3

七宝焼オンラインショップでご覧いただく色も実際に近くなっています。

秋色ブローチⅠ

9月最後の日になりました。2017年もあと3か月で終わり・・・

なんて考えると、落ち着かなくなりそうなので、秋、晩秋、冬と

移っていく季節を大いに楽しみましょう。ということで、秋らしく色づいた

葉の形の七宝焼ブローチを、3回にわたってご紹介していきたいと思います。

七宝焼の家オンラインショップで#005の赤い葉のブローチが一番手です。

DSC_0820600.jpg

彫金版と言って、銅板にあらかじめ模様が彫られており、そのラインが見えるように

透明ガラスの釉薬を乗せ焼成します。

銅板の形によって、炉の中で釉薬が溶けて動き、自然の濃淡が出来上がります。

元は、金属なのに、透明感を持つガラス製品に生まれ変わりました。

DSC_0880600.jpg

七宝焼の家は、キャンドルの家も併設していて、ジェルキャンドル作りが出来ます。

そこで使うカラーサンドは、色が豊富なので、そのうちの一つに乗せてみました。

このような色にも、似あいますね。

DSC_0886600.jpg

七宝焼の家オンラインショップは、こちらからどうぞ。

洋種ヤマゴボウ

たくみの里七宝焼の家の近くに洋種ヤマゴボウが生えていて、毎年面白い植物だ

なぁと思いながら眺めています。野草なので草刈りなどで一旦は刈られますが、

強くて、秋には可愛い花が見られます。

IMG_0539600.jpg

花は、赤ちゃんの手のようで、可愛いです。花の中心には、実の形がしっかりと

出来ているのも、この植物の強さの一因かもしれませんね。

IMG_0740600.jpg

何が面白いかというと、この茎の色。私は他にあまり見たことが無く、人目を引く

濃くて華やかな色合いは、自然の生み出す造形として感嘆してしまいます。

これは9月20日頃に撮ったので、そろそろ実も熟して山ブドウのような色になって

いると思います。

IMG_0739600.jpg

緑と濃いピンクの組み合わせ。洋服だったら選ばないだろうなと思っておりましたら、

前回のブログ投稿を思い出しました。ストールとマーブルのブローチ! 何枚か

撮った写真の中に、まさしくありました(笑  

こんな組み合わせも「あり」でしたね。

IMG_0710600.jpg

さて、マーブル技法のブローチ、三個目となりました。

こちらは七宝焼の家オンラインショップ、ブローチの項目で#003

となります。マーブルは、800℃以上の炉の中を、近くで覗きながらの

模様付けですので、作業のスピードとそれをこなす体力も必要ですね。

温度と熱さと時間が生み出した一期一会の色とラインをお楽しみください。

DSC_0782600.jpg

銅板の上に乗せた色を様々な形に引き出して、花畑にいるような模様が出来ました。

七宝焼の家オンラインショップの色合いと少し違うように見えますが、実際は、この

ブログ画像が近いです。

DSC_0779600.jpg

装う色によって、ブローチの雰囲気も変わります、その反対もしかり。カラフルな

色の中の一色を選んでお似合いを探すのも楽しい事になりますね。

DSC_0814600.jpg

七宝焼の家オンラインショップ、ブローチの項目は、こちらとなります。

合わせてお楽しみください。

七宝焼の家オンラインショップ、ブローチの項目で#Br002として

ご紹介しているマーブル技法の七宝焼を更にご案内いたします。

濃紺をベースに白のマーブルを付けました。裏ピンの様子もご覧ください。

七宝焼マーブル技法のブローチ#Br002-1

ジャケットや帽子にも似合うと思います。

七宝焼マーブル技法のブローチ#Br002-2

風が吹く日には、スカーフを止めるピンとしても使っていただけますね。

バックに入れて、お出かけのお供にしてください。

七宝焼マーブル技法のブローチ#Br002-3

こちらからもご覧いただけます。(七宝焼の家オンラインショップ

9月もお彼岸に入るとすっかり秋らしくなってきました。

アクセサリーも又、秋の装いに向けて、落ち着いた色合いを

ご紹介していこうと思います。

七宝焼の家オンラインショップで販売しているブローチを

別角度で撮って順にご案内していきますので、お楽しみいただけると

嬉しいです。

まず、マーブル技法のブローチです。

七宝焼の家オンラインショップでは、ブローチの項目でBr#001として

ご紹介しています。

DSC_0766600.jpg

裏側が見えるように鏡の上で撮りました。

DSC_0763600.jpg

明るい色に乗せると、印象も変わりますね。菊の花と秋の青空、吹く風も全部

盛り込んだような気さえしてきます。ショップサイトもぜひご覧ください。

DSC_0770600.jpg

前回ご紹介したアイスグリーンのネックレスを、別角度で

ご覧いただこうと思います。

裏引きは、ブルー系の色になっていますので、反射するものの上に

乗せて撮ってみました。

DSC_0720600.jpg

このシルバーのアクセサリーは、たくみの里七宝焼の家では、人気の

高い商品です。実際に七宝焼き作り体験で、製作していただくことも

出来るので、お好みの色やデザインの一品を得ることも出来ますね。

DSC_0697600.jpg

暑さの盛りから比べたら、格段の差があるのに、まだまだ暑く

感じる毎日ですね、まさしく残暑。もう少し涼を求めて、

見た目も涼し気なシルバーのネックレスをご紹介します。

小さいサイズですので、軽くて着け心地もとても良いです。

DSC_0571600.jpg

アップでご覧ください。アイスグリーンがいかにも涼し気です。

裏は、カラーの裏引きになっています。

トップは、シルバーで2㎝に満たない小さなものです。メッキの

チェーンが付いて3,200円。トップのみの販売は、オンラインショップに

アップいたします。他の色は、また後日ご紹介させていただきます。

DSC_05716001.jpg

今年も猿ヶ京温泉赤谷湖の空に、鯉のぼりが泳いでいます。

ここは七宝焼の家のある、たくみの里から車で5~6分の所、国道17号線からも

見ることが出来ます。湖面に移る鯉のぼりの影も楽しめて、今まさに

満開の桜と共に遅い春を満喫できます。

DSC_0687600.jpg

谷川岳や新潟との境の山々には、まだまだ雪が沢山残っていて、その景色との対比も

良いものですね。

DSC_0702600.jpg

GW2017

| コメント(0)

ゴールデンウイークに入りましたね。今日は4月29日(土)ですが、この時期は

各地で季節の違いを大きく見ることが出来ます。このみなかみ町では、春の賑わいを

感じる真っ盛り。桜やレンギョウ、チューリップや雪やなぎなどワクワクと咲き揃って

いるところです。春のエネルギーをもう一度感じにいらっしゃいませんか?

たくみの里の近くに猿ヶ京温泉があります。そこの枝垂桜が満開です。この連休中は、

美しく散る姿も見られることでしょう。

DSC_0677.JPG

DSC_0673.JPG

DSC_0668_01.JPG

七宝焼きの技法の中に、シルクスクリーンというのがあります。

下絵を描いた銅板に色を埋め込んで行き、額絵のように完成させます。

季節柄、鯉のぼりを描いたものを作りましたので、お披露目です。

これは、若いスタッフが昨年10月に生まれた自分の甥にプレゼントする予定です。

細かい部分のにじみなどは、さておいて、時間と根気の要る作業は、

健やかな成長を願う思いが、一層伝わるのではないでしょうか。

ご覧いただきお楽しみください。

鯉のぼりの額絵

新しい技術で

| コメント(0)

七宝焼の家の大堀由里が、新しい技術を取得して完成させた作品を

お披露目します。

七宝焼きとシルバーのワイヤーの組み合わせで、ワイヤーは強度を高め

しっかりと固定されています。ワイヤーの性質は、力を加えるとどんどんと

その強度を増していくのが面白いものです。これは、まだ販売はしておりませんが、

技術を更に向上させて、お求めの方のお手に届くよう精進していきます。

DSC_0499600.jpgDSC_0513600.jpg

わが町の城巡り

| コメント(0)

「時は今! いざ出陣」と題して、たくみの里周辺にある城巡りを

七宝焼の家の福田茂が企画いたしました。みなかみ町には、昨年来

大変に有名になった名胡桃城の他にも、いくつもの城址があります。

旧三国街道の両サイドに、かつて地域の拠点となった、その城址を

尋ねます。今は、言われなければ全く想像がつかないような所でも

話を聞くと、いにしえにロマンが湧いてくるから不思議です。

その場所の持つ雰囲気を感じるからでしょうか。そろそろ定員になって

きましたが、ご一緒に楽しんでいただければと思います。

tokiima.jpg

春の装いに

| コメント(2)

桜の開花は、各地で進んでいますが、山沿いでは名残りの雪の

お便りも。 でも装いは、春! に決めたいですよね。

ショップサイトで春を楽しめるアクセサリーをご紹介します。

ベネチアンガラスを小さい花に見立てて、春そのものの様な

ペンダントを作りました。リング状なので、皮ひもを通すと

安定します。皮ひもは別売りになりますがご参考にしてください。

DSC_1067500.jpg

群馬県みなかみ町にある七宝焼の家のオンラインショップができました。

日常で使えるさまざまなアクセサリーを扱っていきます。

00301.jpg